発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

大人の癇癪はストレスや不安が原因?自己コントロールのためのアンガーマネジメント

author:dekkun
大人の癇癪はストレスや不安が原因?自己コントロールのためのアンガーマネジメントと記載されたハートマークを中心としたイラスト

大人の癇癪とは、怒りやイライラが爆発的になってしまい、周りの人や物を傷つけることがある状態のことを指します。一般的には、ストレスや疲れ、不安や焦りなどが原因で発生することが多く、癇癪を起こす人は、その状態に陥る前に自己コントロールができなくなってしまいます。

大人が癇癪を起こす背景にある、ストレスや不安を理解する

癇癪を起こす原因は、さまざまなものがあります。ストレスや疲れ、不安や焦り、孤独感、過剰な期待など、日常的な環境や状況が引き金になることが多いです。また、トラウマや発達障害を抱えている場合にも、感情のコントロールに問題が生じることがあります。

そのため、日々の生活習慣の改善やストレスマネジメント、コミュニケーション能力の向上などが大切です。また、アルコールや薬物の使用や睡眠不足など、生活習慣にも注意する必要があります。

癇癪を起こす原因は人によって異なるため、自分自身の状況をよく理解し、必要に応じて専門家の相談を受けることが大切です。適切な対処法を見つけ、感情のコントロールを上手に行いましょう。

大人になっても癇癪は起こる?原因と向き合い、よりよい人間関係を築くために

女性医師のイラスト

大人になっても癇癪は起こり得ます。その原因は、ストレスや不安など様々なものが考えられます。しかし、自分自身が癇癪を起こす原因を理解することで、より良い人間関係を築くことができます。

癇癪を起こす原因には、過去のトラウマやストレス、人間関係の問題などがあります。これらの原因に対して自己分析を行うことで、自分自身を客観的に見つめることができます。自分自身を客観的に見ることで、感情をコントロールし、より良い人間関係を築くことができます。

自分自身をコントロールする技術、それがアンガーマネジメント!

アンガーマネジメントは、アメリカで発祥した心理教育プログラムです。1980年代に、心理学者のレイ・ノヴァコフスキー博士が「怒りのコントロール」というトレーニングを開発し、これがアンガーマネジメントの基礎となりました。

ハートを支えるてのアイコン

「アンガーマネジメント」という言葉は聞いたことがあっても、実際にどのようなものか、具体的にイメージできない人もいるかもしれません。アンガーマネジメントとは、怒りやイライラといったネガティブな感情をコントロールし、ポジティブな方向に向けるための技術です。

アンガーマネジメントを身につけることで、ストレスや不安、怒りといったネガティブな感情を上手にコントロールすることができます。その結果、自己コントロールができるようになり、人間関係を改善したり、自分自身を高めることができます。

自分自身を守るために。大人が取り組むべき癇癪対処法とアンガーマネジメント

アンガーマネジメントの基本的な考え方は、「怒りを感じることは悪いことではない」ということです。怒りを感じたとしても、それをうまくコントロールすることができると、自分自身や周りの人に対して良い影響を与えることができます。アンガーマネジメントには、怒りを感じた時に行うべき行動や技術があります。

アンガーマネジメントの具体的な対処法

男性医師のイラスト
  • 深呼吸やリラックス法
  • 思い出すこと
  • コミュニケーション能力の向上
  • 肯定的な思考の持続

深呼吸やリラックス法

怒りを感じたら、深呼吸やリラックス法を行い、自分自身を落ち着かせることが大切です。深呼吸やリラックス法には、瞑想、ヨガ、プログレッシブ・マッスル・リラクセーション法などがあります。

思い出すこと

怒りを感じたら、自分自身に問いかけて、自分自身を客観的に見ることが大切です。また、怒りを感じた原因を思い出すことで、自分自身の気持ちを整理することができます。

コミュニケーション能力の向上

怒りを感じたとき、相手に対して理解を示すことが大切です。相手とのコミュニケーション能力を向上させることによって、怒りをうまく伝えることができます。

肯定的な思考の持続

怒りを感じた時に、自分自身の考え方を変えることが大切です。肯定的な思考を持続することで、怒りを感じることを減らすことができます。

癇癪を起こす人におすすめのチェックリスト

以下のようなチェックリストを作成することで、癇癪を起こす人自身が自己評価をすることができます。ただし、チェックリストを行うことで、癇癪を起こす人が自分自身を客観的に見ることができ、アンガーマネジメントに取り組むことができます。

リストアイコン
  • 怒りを感じた時に、自分自身を落ち着かせることができるか?
  • 怒りを感じた時に、自分自身に問いかけることができるか?
  • 怒りを感じた時に、相手に対して理解を示すことができるか?
  • 怒りを感じた時に、肯定的な思考を持続することができるか?

癇癪が原因で生じる病気や障害とは?

発達障害や精神疾患などの精神的な病気や障害が、癇癪を起こす原因となることがあります。注意欠陥・多動性障害(ADHD)や自閉症スペクトラム障害(ASD)、双極性障害などが挙げられます。これらの障害を持つ人は、自己コントロールが難しい場合があり、アンガーマネジメントに取り組むことが重要です。

癇癪と発達障害の関係性とは?理解と対処法について

男性医師のイラスト

特に、癇癪を起こす人の中には、注意欠陥・多動性障害(ADHD)や自閉症スペクトラム障害(ASD)を持つ人が多いことが知られています。これらの障害を持つ人は、刺激に敏感であったり、思考回路が速かったりするため、ストレスを感じることが多く、癇癪を起こすことがあります。癇癪を起こさないようにするために、以下のような対処法があります。

自己分析をして原因を見つける

自分自身が癇癪を起こす原因を理解することが大切です。自己分析を行うことで、自分自身がどのような状況で癇癪を起こしやすいか、どのようなことがストレスになっているかを知ることができます。

ストレス解消法を実践する

ストレスがたまりやすいため、ストレス解消法を実践することが大切です。ストレッチや深呼吸、ウォーキングなど、自分に合ったストレス解消法を見つけることが重要です。

周囲の理解を得る

周囲の人に自分自身がどのような状況で癇癪を起こしやすいか、どのようなことがストレスになっているかを伝えることで、理解を得ることができます。

アンガーマネジメントを学ぶ

アンガーマネジメントとは、怒りを上手にコントロールするためのスキルです。アンガーマネジメントを学ぶことで、自分自身の感情をコントロールし、癇癪を起こさないようにすることができます。

癇癪を起こさないためには、自己分析やストレス解消法、アンガーマネジメントの学習、周囲の理解を得ることが大切です。これらの対処法を実践することで、より健康的な生活を送ることができます。

アンガーマネジメントの診断

アンガーマネジメントの診断には、精神科医や臨床心理士に相談することができます。専門家は、癇癪を起こす原因や、アンガーマネジメントの方法を診断し、適切なアドバイスを行います。また、オンラインでアンガーマネジメントの診断を受けることもできます。アンガーマネジメントに取り組むことで、怒りをコントロールする技術を身につけ、ストレスや不安を軽減することができます。

aaa女性医師のイラスト

まとめ

大人の癇癪は、怒りやイライラが爆発的になってしまい、周りの人や物を傷つけることがある状態のことを指します。ストレスや疲れ、不安や焦りなどが原因で発生することが多く、アンガーマネジメントによって予防することができます。癇癪を起こす人にとっては、人間関係に悪影響を与えることがあり、自己コントロールができなくなる場合があるため、アンガーマネジメントに取り組むことが重要です。また、発達障害を持つ人は、癇癪を起こしやすい場合があるため、専門家のアドバイスを受けることも大切ます。具体的なアンガーマネジメントの対処法としては、深呼吸やリラックス法、思い出すこと、コミュニケーション能力の向上、肯定的な思考の持続などが挙げられます。また、癇癪を起こす人自身が自己評価を行うことができるチェックリストを作成することも有効です。

癇癪を起こす原因やアンガーマネジメントに関する診断には、精神科医や臨床心理士に相談することができます。癇癪を起こす原因には、発達障害や精神疾患などがあるため、自己評価や診断によって、適切な対処法を見つけることが大切です。

アンガーマネジメントには、自分自身や周りの人を守るための重要な技術や方法があります。怒りをうまくコントロールすることで、ストレスや不安を軽減し、人間関係を改善することができます。アンガーマネジメントに取り組むことで、自己コントロールの技術を身につけ、より健康的な人間関係を築くことができます。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
8
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today