発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

大人のADHDとは?女性に見られる独特の特徴

author:dekkun
大人のADHDとは?女性に見られる独特の特徴と記載されたイラスト

ADHDは、子供時代に最もよく診断されますが、大人になっても続くことがあります。特に女性においては、その症状や影響が異なることがあり、しばしば見過ごされがちです。このコラムでは、大人の女性が経験するADHDの独特な特徴に焦点を当て、理解を深めることを目指します。ADHDが日常生活にどのように影響を及ぼすのか、また、女性特有の症状は何か、そしてそれらをどのように管理し、支援することができるのかについて探求します。

大人の女性とADHD、気づきにくい「不注意」の特徴

ADHDは男性と女性で表れ方が違います。特に、大人の女性には「不注意」の特徴が多く見られます。これは、男性の場合の「すぐに怒る」や「衝動的に行動する」などの目立つ特徴とは異なり、周りの人が気づきにくいんです。では、女性のADHDでよくある具体的な特徴を見てみましょう。

大人の女性に見られるADHDの具体的な特徴

特徴
お金の使い方が大雑把
スケジュール管理が苦手
ケアレスミスが多い
衝動買いにより経済的な困窮に陥ることも
他者と金銭トラブルを起こすことも
購買欲が我慢できない
優先順位がたてられない
本来真っ先にやるべきことを先延ばし
予定を詰め込みすぎてキャパオーバー
状況を考えずに引き受けてしまうことも
忘れ物が多い
複数の指示を出されると混乱してしまう

このような不注意は、短期記憶の容量が少ないために起こりやすいとも言われています。

気付きにくい5つのサインに注目

1. 不注意が目立つ

大人の女性のADHDでは、「不注意」が特に顕著です。これは、仕事でのミスが多い、時間管理が苦手、部屋の片付けができないといった形で現れます。子供の頃から忘れ物が多かったり、宿題を先延ばしにする傾向があります。家族が無意識にサポートしてしまうこともありますが、大人になると二次障害として表れることがあります。この不注意は、ADHD以外の原因で起こることもあり、診断が難しい部分です。

2. 気分変動が顕著

ADHDの女性には、気分の変動が特に顕著に現れることがあります。月経前症候群(PMS)や躁うつ病との関連が深いこともあり、周期的な気分の変動やイライラが目立つことがあります。これらの症状はADHDの背後に隠れていることも多く、他の原因との区別が難しいです。このため、ADHDとの合併を見逃さないことが重要です。

3. 人間関係が不安定

ADHDを持つ女性は、人間関係を築くことには得意ですが、それを維持することが難しいとされます。衝動的な行動や気分の変動が原因で、人間関係が短期間で終わることが多いです。対人関係のトラブルや、感情的な衝動をコントロールすることが難しい場合もあります。これは、ADHDの特徴のひとつであり、関係性の不安定さが目立つ特徴です。

4. 成人してからの発見が多い

ADHDの女性は、症状が目立たないため、診断が成人になってからとなるケースが多いです。社会生活でのルールが厳格になると、これまで見逃されていたミスが目立ち始めることがあります。また、多忙な生活やストレスの増加により、以前はカバーできていた症状が顕著になることもあります。

5. 二次障害が出やすい

ADHDの女性は、過剰適応や長期間の未治療により、二次障害の発生リスクが高まります。うつ病や摂食障害、パーソナリティ障害などが合併することがあります。社会生活や個人生活において、ADHDが原因でストレスを感じ続けると、これらの二次障害が発生することがあります。早期の発見と適切な対処が重要です。

大人の女性におけるADHD診断の難しさ

ADHDって何?

ADHDとは、不注意、多動、衝動行動といった特徴を持つ生まれつきの発達障害です。子どもの頃は男の子に多いですが、大人になると男女比が1対1に近くなります。だから、女性の場合、大人になるまで診断されないことが多いんです。

女性のADHDの診断が難しい理由

明確な症状が少ない

女性のADHDでは、多動や衝動行動が目立たないことが多いです。成人するまでは、特有の症状が表れにくい場合もあります。主な症状は「不注意」です。

不注意は他の原因でも起こる

「不注意」は女性のADHDの典型的な症状ですが、ADHD以外の原因で不注意が生じることもあります。たとえば、自閉症スペクトラムや知的障害、うつ病などでも見られます。

過剰適応の影響

女性は自分自身で症状を抑え込む「過剰適応」をすることがあります。周りの人がサポートすることで、さらに症状が隠れがちになります。その結果、二次障害が先に目立つこともあります。

診断が遅れるデメリット

診断が遅れると、長期間にわたってストレスが続いたり、必要な療育や薬での治療を受けられなかったりします。そのため、二次障害が起こるリスクが高まります。

女性のADHDでは、早期発見と早期診断がとても大切です。そのためには、女性特有のADHDの治療について知ることが重要です。

大人の女性のADHDへの対応、日々の生活をラクにするためのアプローチ

大人の女性がADHDで困ったとき、私たちは2つの方法をおすすめします。

環境調整:快適な生活空間を作る

この方法は、生活環境や人間関係を、自分にとって過ごしやすいように整えることです。たとえば、聴覚過敏の方が使うイヤープラグやノイズキャンセリングのヘッドホン、周りの目が気になる方が使うパーティションなどがあります。これらは、他の人には不思議に思われるかもしれませんが、自分の特性を理解し、周囲にも理解してもらうことが大切です。

精神療法:考え方や行動のトレーニング

この方法は、思考の偏りを改善し、状況に合わせた適切な行動が取れるようにするトレーニングです。これには認知行動療法が含まれます。このトレーニングでは、感情のコントロールや状況の捉え方を変える練習をします。例えば、怒りをうまく管理する方法や、物事をポジティブに捉える方法などです。

まとめ

大人の女性におけるADHDの特徴について理解を深めることは、この問題に直面している多くの人々へのサポートを強化する第一歩です。私たちは、ADHDのある女性が直面する困難を理解し、適切な支援を提供することで、彼女たちが自分の可能性を最大限に発揮できるよう支援することができます。このコラムが、ADHDのある女性たちと彼女たちを支える人々にとって有用な情報源となり、より良い理解と対応の道を開くことを願っています。

dekkun.で相談しよう!

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
7
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
8
発達障害の子どもたちが夢中になる遊び方アイデア!室内外で楽しむ活動とおすすめおもちゃとはと記載されたイラスト

発達障害の子どもたちが夢中になる遊び方アイデア!室内外で楽しむ活動とおすすめおもちゃとは

親御さんや育てる方々が常に模索しているのが、発達障害のある子どもたちが楽しめる遊び方です。どの子どももそれぞれ…

calendar_today
9
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today