発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

ダウン症の発生率はどのくらい?ダウン症を予測するメカニズムと最新の出生前診断技術

author:dekkun
ダウン症の発生率は?ダウン症を予測するメカニズムと最新の出生前診断技術についてと記載されたイラスト

赤ちゃんの誕生を待ちわびる中、不安な気持ちもあるかもしれません。もしも赤ちゃんにダウン症があった場合、いつ分かるのでしょうか?ダウン症の確率はどの程度あるのでしょうか?この記事では、赤ちゃんのダウン症に関する疑問や不安について、わかりやすく解説します。

大切な命を守るために、ダウン症と新出生前診断とは

医師のイラスト

ダウン症は、染色体の異常によって起こる病気で、妊娠中の赤ちゃんにも発生する可能性があります。名称の由来は、19世紀にこの疾患を初めて発見したJohn Langdon H. Down(ダウン氏)にちなんで付けられました。年齢や遺伝などの要因が影響するため、妊婦さんや家族にとっては心配な問題です。そこで、最新の検査技術である「新出生前診断」が注目されています。この検査によって、胎児のダウン症や18トリソミー、13トリソミーなどの異常が早期に発見でき、出産前のリスクを減らすことができます。

ダウン症は、染色体の異常によって起こる病気で、妊娠中の赤ちゃんにも発生する可能性があります。名称の由来は、19世紀にこの疾患を初めて発見したJohn Langdon H. Down(ダウン氏)にちなんで付けられました。年齢や遺伝などの要因が影響するため、妊婦さんや家族にとっては心配な問題です。そこで、最新の検査技術である「新出生前診断」が注目されています。この検査によって、胎児のダウン症や18トリソミー、13トリソミーなどの異常が早期に発見でき、出産前のリスクを減らすことができます。

知っていますか?ダウン症の3つのタイプとその特徴

ダウン症は、染色体の異常によって引き起こされる病気で、赤ちゃんが生まれる前から分かる場合があります。一般的には、「標準型21トリソミー型」として知られていますが、実は、3つのタイプに分類されます。それぞれの特徴や原因について、詳しく解説します。

標準型21トリソミー型

このタイプは、染色体の21番目に3本目の染色体があるために起こります。身体的な特徴としては、平たく小さい顔、小さくて丸い耳、斜めに配置された目などがあります。知的障害や発達の遅れ、心臓や消化器官の問題なども一般的な症状です。

医師のイラスト

モザイク型

モザイク型は、標準型21トリソミー型とは異なり、細胞の中に混ざっている染色体の数が異なるため、身体的な特徴や障害の程度も様々です。発生するタイミングによっても異なるため、症状の出方も個人差があります。

医師のイラスト

転座型

転座型は、染色体の一部が別の染色体にくっついてしまった状態で、染色体の数は正常です。このタイプのダウン症は、他のタイプと比べて身体的な特徴や障害の程度が軽い傾向があります。

医師のイラスト

このように、ダウン症には様々なタイプがあります。正しい知識を身につけ、適切なサポートを受けることで、赤ちゃんや家族の生活をより豊かにすることができます。

赤ちゃんが生まれてからダウン症が分かるの?妊娠中の検査はどんな種類があるの?

家族の表情セット 全身

胎児にダウン症の疑いがある場合、妊娠10~15週頃に行われる超音波検査で確認することができます。この検査では、頭部(首の後ろの部分)の皮膚肥厚や四肢、顔の特徴などを観察し、ダウン症の可能性を調べます。

また、妊娠週数によっては、新型出生前診断(NIPT)、標準的な出生前診断(羊水検査、絨毛検査)、経腟エコー検査があります。NIPTは、母体の血液から胎児のDNAを調べる検査で、非常に高い正確性があるため、確定診断として使われます。一方、羊水検査や絨毛検査は、胎児の細胞を採取して染色体検査を行うため、確実な診断ができますが、流産のリスクがあるため、慎重に行われます。

染色体異常を早期発見、クアトロ(母体血清マーカー)テストについて

これらの検査は、妊娠中にダウン症の可能性を調べるために行われます。しかし、どの検査も完全な確定診断とはなりません。必ずしもダウン症であるという結果が出た場合には、確定診断のために追加検査が必要になることもあります。

妊娠初期に採取された母体の血液中の特定の物質を調べることで、胎児に染色体異常がある可能性があるかどうかを検査する方法です。検査結果は数値で表示され、特定の範囲内であれば異常がないとされます。異常が示唆される場合、より詳しい検査が必要となることがあります。

医師のイラスト

確実な方法として知られている羊水検査とは

羊水検査は、お腹に注射器を挿入して胎児の周囲にある羊水を採取し、染色体異常や先天性疾患を調べる検査方法です。確実性が99%以上あるため、ダウン症などの確定診断に用いられています。ただし、お腹に注射器を挿入するため、流産のリスクが0.3%程度あることがあります。この検査は、母体が高齢や妊娠中の問題がある場合に行われることが多く、医師とよく相談し、十分な理解をしたうえで決断することが大切です。

医師のイラスト

絨毛検査でわかる染色体異常の可能性

絨毛検査は、胎盤になる前の組織を採取する検査方法で、妊娠14週から21週頃に行われます。腹部に針を刺して組織を採取するため、羊水検査同様に流産リスクが0.5%程度あると言われています。羊水検査と比べると、絨毛検査では染色体異常だけでなく、遺伝子疾患や代謝異常なども調べることができます。ただし、羊水検査よりも流産リスクが高いため、検査を受ける際には慎重に判断することが必要です。

医師のイラスト

新しい出生前診断「NIPT」とは?ダウン症の確率を高精度に判定する検査方法

NIPT(Non-Invasive Prenatal Testing)は、母体の血液検査を通じて、お腹の中にいる赤ちゃんの染色体異常を調べる検査です。羊水検査や絨毛検査のようなリスクがなく、非常に安全性が高く、しかも高い確実性を誇ります。ただし、非確定的検査のため、陽性反応を示しても必ずしもダウン症やトリソミーの疾患を発症しているわけではありません。

医師のイラスト

おなかの中からわかる、ダウン症発生メカニズムと出生前診断

子どもが何か調べているイラスト

ダウン症は、染色体異常が原因で生じる先天性疾患のひとつです。おなかの中にいる段階から確認することができるため、出産前に検査を行うことができます。

最新の出生前診断技術では、「NIPT(Non-Invasive Prenatal Testing)」や「NIPT+」といった検査方法があり、母体の血液から胎児の染色体異常を非侵襲的に検出することができます。また、羊水検査や絨毛検査といった従来の検査方法もありますが、流産や出血などのリスクがあるため、医師との十分なコミュニケーションが必要です。

ただし、検査によっては正確性に限界がある場合もありますし、検査結果によっては、親たちは悩ましい選択を迫られることもあります。検査結果によって不安や心配が大きくなることもあるかもしれませんが、医師や専門家との相談や、支援団体の利用などを通じて、一歩ずつ進んでいくことができます。

NIPT(Non-Invasive Prenatal Testing)

NIPTは、母体の血液中から胎児のDNAを検査する方法です。採血が必要なため、従来の出生前検査である羊水検査や絨毛検査に比べて、非侵襲的で簡単な方法として注目を集めています。また、NIPTでは、胎児の染色体異常の有無だけでなく、性別も確認することができます。

NIPTについてはこちらのサイトがオススメです。NIPT Japan

医師のイラスト

これらのサイトでは、NIPTの仕組みや、どのような検査があるのか、検査のメリットやデメリット、安全性や精度などについて詳しく解説しています。また、NIPTの受け方や検査の費用、保険適用についても解説されているため、NIPTに関する情報を正確に理解することができます。NIPTを受けるかどうか悩んでいる人は、こうした情報を参考にして、医師や専門家との相談を行うことが大切です。

NIPT+

NIPT+は、NIPTにプラスして、胎児の染色体異常以外に、染色体の微小欠失や疾患遺伝子の変異、染色体の多重性などを検査する方法です。NIPT+によって、より詳細な染色体検査が可能になり、さまざまな疾患のリスクを評価することができます。

NIPTのメリット

NIPTは、非侵襲的であり、羊水検査や絨毛検査と比べて、流産や出血などの合併症のリスクが低いため、出生前診断の中でも安全性が高い方法とされています。また、NIPTでは、胎児の染色体異常の有無を早期に確認することができるため、早期のケアや支援が可能になります。

NIPTのデメリット

NIPTは、検査の精度に限界がある場合があります。また、NIPTでは、検査の結果によって、親たちが悩ましい選択を迫られることもあります。検査結果によって不安や心配が大きくなることもあるかもしれませんが、医師や専門家との相談や、支援団体の利用などを通じて、一歩ずつ進んでいくことができます。

以上のように、NIPTやNIPT+は、より安全で簡単な方法として注目されています。ただし、NIPTは検査の精度に限界がある場合があるため、選択肢を決定するためには他の出生前検査との組み合わせや、検査結果を確認するための追加検査が必要になる場合があります。検査結果によって不安や心配が大きくなることもあるかもしれませんが、必要な情報を正確に理解し、適切な支援を受けることで、親たちが納得のいく決断を下すことができます。NIPTやNIPT+は、ダウン症の疑いを指摘された人や高齢出産を考えている人にとって、新しい出生前検査として、より多くの情報を提供することができます。しかし、NIPTやNIPT+を受けるかどうかは、個人の判断となるため、医師や専門家と十分な相談を行うことが重要です。

卵子の減数分裂から見える、染色体異常のメカニズムとその影響

人間が生まれるためには、男性の精子と女性の卵子が合体する必要があります。この際に卵子や精子の染色体数に異常があると、染色体異常を持った胎児が生まれる可能性があります。ここでは、特に女性の卵子における減数分裂と染色体異常のメカニズムについて説明します。

減数分裂とは?

体細胞の分裂には、2つの細胞が同じ染色体数を持った状態でできる有糸分裂と、減数分裂があります。減数分裂とは、卵巣で卵子が作られる際に起こる分裂のことで、1つの細胞が2回分裂することで、卵子を作り出す過程です。

医師のイラスト

減数分裂と染色体異常

減数分裂は、体細胞の有糸分裂とは異なり、2回目の分裂の前に染色体の複製が行われません。そのため、減数分裂では染色体数が半分になるため、女性の卵子は染色体数23本で1つの細胞になります。

 しかし、この減数分裂の過程で、染色体がうまく分配されないことがあります。例えば、染色体が2つ以上入ったり、1つも入らなかったりする場合があります。このような異常が起きると、卵子が受精された場合、染色体異常を持った胎児が生まれることがあります。

医師のイラスト

このように、女性の卵子における減数分裂と染色体異常のメカニズムを知ることは、ダウン症をはじめとする染色体異常の予防や治療につながる重要な研究分野となっています。

以下は、卵子の減数分裂と染色体異常のメカニズムについて解説している参考サイトです。

背景を知って理解を深めよう、ダウン症と社会的・文化的・経済的な背景の関係について

様々な人が並んでいるイラスト

ダウン症には、年齢や遺伝的な要因に加え、社会的・文化的・経済的な背景が深く関わっています。例えば、高齢出産が増加する背景には、出産年齢を遅らせる女性たちが増えていることが挙げられます。また、医療技術の進歩により、出生前検査や遺伝子検査が普及し、妊娠中に障がいが発覚することが増えています。これらは、社会的・文化的な背景や医療システムの変化によって引き起こされた現象です。

さらに、社会的・文化的な背景には、偏見や差別などもあります。ダウン症を抱える人々やその家族が、理解や支援を受けられるかどうかは、周囲の人々の意識や社会的な環境にも大きく影響されます。また、経済的な背景によって、医療費や支援体制が異なり、地域や社会の福祉制度によって差が出ることもあります。

以上のように、ダウン症と社会的・文化的・経済的な背景の関係は、原因と結果の関係ではなく、相互に関係しあっています。社会的・文化的・経済的な環境によって、ダウン症を抱える人々がどのような支援やサポートを受けられるかが大きく左右されるため、そのような環境の整備が求められています。

ダウン症が気になる、気にする理由

医師のイラスト

ダウン症は一般的な知識が少なく、違いを理解することが難しいことがあるため、人々はダウン症に興味を持つことがあります。また、社会的に求められる「正常」な状態と比較して、異なる特徴を持つことがダウン症に関心を持つ要因となるかもしれません。しかし、ダウン症に対しては偏見や差別が存在するため、言葉遣いや行動には注意が必要です。また、ダウン症を持つ人やその家族に対して適切な支援や理解を示すことが大切です。

ダウン症の人々は、個性的で豊かな人生を送ることができます。私たちは、ダウン症を抱える人々を差別するのではなく、理解し、受け入れることが大切だと思います。

なぜ偏見が生まれるの?

ダウン症に対する偏見が生まれる主な原因は、誤解や無知によるもの、さらにはマスメディアやSNSによる偏った報道や情報、描写も影響していると言われています。また、社会的な差別や偏見の根底には、人々が異なる者を対象として「他者化」する傾向があるという見方もあります。このような偏見が生まれることで、ダウン症を持つ人やその家族が差別や排除を受けることがあるため、社会全体で偏見をなくすための取り組みが必要です。

「ダウン症を産む人の特徴」というキーワードが多く検索されています

医師のイラスト

「ダウン症を産む人の特徴」というキーワードが多く検索されるのは、ダウン症を持つ子どもを出産することに不安や恐怖を感じている人が多いからです。例えば、高齢出産や遺伝的な要因がある家族に多いといった情報を知りたいと思う人もいるでしょう。また、ダウン症の子どもを持つ家族や友人を持っている人が、その背景や特徴を知りたいと検索することもあるかもしれません。検索する気持ちに寄り添いながら、ダウン症を持つ人々やその家族に対する理解と支援が必要であることを広く知ってもらうことが大切です。

また、ダウン症は生まれつきの障がいであるため、子どもを授かることに対する期待や、育児に関する不安や困難がある場合もあります。そのため、周囲の人々がダウン症について不安や疑問を抱くことがあります。

高齢出産の増加による影響

現代社会においては、出産年齢が高い女性たちが増えていることが挙げられます。この背景には、結婚や出産を遅らせる女性たちが増えていることや、女性が社会進出することによる社会構造の変化などがあります。年齢が上がることで、染色体異常が起こりやすくなるため、ダウン症の発症リスクも高くなります。特に、35歳以上の女性ではそのリスクが大きく上昇します。

出生前診断や遺伝子検査の普及による影響

妊娠中に出生前診断や遺伝子検査を受けることが一般的になったことで、ダウン症のリスクがあることが分かった場合に、ダウン症を産む可能性のある女性たちが検索をすることもあります。これは、医療技術の進歩によって、障がいの発見がより早く、正確に行われるようになった結果です。

ダウン症を抱える人々への理解や支援に対する関心の高まり

近年、障がいを抱える人々への理解や支援に対する関心が高まっています。そのため、ダウン症を抱える人々やその家族が、情報や支援を得ることができるよう、インターネットでの検索が行われることもあります。また、障がいを抱える人々の生活や支援について、広く社会に向けて発信することも重要とされています。

高齢出産や出生前診断、社会の意識の変化などがダウン症を産む人の特徴というキーワードが検索される背景となっています。それに伴い、ダウン症を抱える人々やその家族への理解や支援を促す情報が広く求められるようになっています。

まとめ

妊娠中において、ダウン症の可能性を出生前診断で確認することができますが、これについては様々な意見があります。また、出生前診断は100%症状を特定できるわけではなく、出生後に診断されることもあるため、注意が必要です。

同時に、現在のダウン症を持つ子どもたちが生きる社会の中での実情を知り、情報を得ることが大切です。医療や教育機関は発展しており、それぞれが持つ素晴らしい面を見つけ伸ばすことができるよう、適切なサポート方法を見つけることが重要です。

こちらも参考にどうぞ

ダウン症とは、遺伝子の異常によって引き起こされる状態であり、主に知的障害と特定の身体的特徴を伴います。このコラ…
calendar_today
ダウン症の子供たちは、個別の発達のペースを持っています。一般的に、言語や運動の発達に遅れがみられることがありま…
calendar_today
ダウン症は、染色体21番の三本目のコピー(トリソミー21)が存在することによって引き起こされる遺伝子の異常です…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today