発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

共感覚とは? 視覚や聴覚が混ざり合う現象について分かりやすく解説!

author:dekkun
共感覚とは?と記載されたイラスト

共感覚とは、1つの感覚によって別の感覚が呼び起こされる現象のことを指します。例えば、音楽を聴くと色や形、動きなどの視覚的なイメージが浮かび上がることが挙げられます。この記事では、共感覚の基本的な仕組みや種類、また共感覚を生かしたアート作品や共感覚のテストについて分かりやすく解説します。

専門的な内容を加えた解説例

共感覚は、1つの感覚によって別の感覚が呼び起こされる現象であり、知覚の多重性の一種とされています。共感覚は、網膜や脳の異常によって引き起こされる場合もありますが、一般的には創造性や感性に優れた人に多く見られる傾向があります。また、共感覚は脳の情報処理の仕組みにも関係しており、感覚情報の統合を担う異所性脳領域(cross-modal brain areas)によって制御されることが知られています。

共感覚は、音色に対する色彩や、音楽に対する形や動きなど、様々な種類があります。これらの共感覚は、それぞれの感覚が脳内で結びつき、相互に影響し合うことで生じます。共感覚を持つ人は、自己表現や感性表現に優れており、アートや音楽などの創造的な分野で活躍することが多いとされています。

音楽に対する形や動きの共感覚

1つ目の具体例は、音楽に対する形や動きの共感覚です。例えば、ある人にとって、音楽を聴くと空間が動いているように感じるといった現象があります。この場合、音楽が持つリズムやテンポによって、脳内で空間の形や動きと結びついて感じられるという現象が起こっています。

この共感覚を生かしたアート作品としては、デジタルアートなどが挙げられます。例えば、空間に映し出された音楽に合わせて、壁や床が動くような映像作品があります。これは、音楽に対する形や動きの共感覚を生かして、空間を演出しているものです。

音色に対する味覚の共感覚

2つ目の具体例は、音色に対する味覚の共感覚です。例えば、ある人にとって、特定の音色が甘い味がするといった現象があります。この場合、音色が持つ特徴や特定の感覚が、脳内で味覚と結びついて感じられるという現象が起こっています。

この共感覚を生かしたアート作品としては、音楽を聴きながら食事を楽しむ「音楽と食のペアリング」が挙げられます。例えば、特定の音楽に合わせて、甘い料理や辛い料理などを提供することで、音色と味覚の共感覚を生かした食体験を楽しむことができます。

共感覚に関する参考サイト

これらのサイトを参考にすることで、共感覚についてのさらなる理解を深めることができます。

  • 共感覚JPは基本的な知識から、研究成果や実際に体験できるイベントなど、様々な情報が掲載されています
  • アートと共感覚」をテーマにした展覧会の紹介。共感覚を生かしたアート作品の展示や、共感覚をテーマにしたワークショップなどが開催されています。
  • 「共感覚」に関する研究成果が掲載されている科学誌「Frontiers in Psychology」の論文。共感覚についての最新の研究成果を知りたい方にはおすすめです。

共感覚の種類

共感覚には、様々な種類があります。例えば、音色に対する色彩や、音楽に対する形や動きなどがあります。共感覚は一般的には、知覚の異常として捉えられることもありますが、実際には創造性や感性に優れた人に多く見られる傾向があります。

共感覚を生かしたアート作品には様々な種類があります。これらの作品は、観客に直接的に共感覚を体験させることで、感性や創造性を高めることができるため、注目されています。

共感覚には、音覚-色彩型や音覚-形状型、音覚-味覚型、音覚-触覚型など、様々な種類があります。

音覚-色彩型

音楽や音色に対して、特定の色が見えるという現象です。例えば、高音が黄色く見えたり、低音が青く見えたりする場合があります。この現象は、音楽や音色が脳内で色彩と結びついているために起こると考えられています。具体例としては、音楽に合わせて映像やライティングを演出するライブイベントなどがあります。

音覚-形状型

音楽や音色に対して、特定の形や動きが浮かび上がるという現象です。例えば、高音が尖っている形や、低音が丸い形としてイメージされる場合があります。この現象は、音楽や音色が脳内で形や動きと結びついているために起こると考えられています。具体例としては、音楽に合わせて作られた映像作品やダンスパフォーマンスなどがあります。

音覚-味覚型

音楽や音色に対して、特定の味がするという現象です。例えば、高音が甘く、低音が苦い味がする場合があります。この現象は、音楽や音色が脳内で味覚と結びついているために起こると考えられています。具体例としては、音楽に合わせて料理を提供する「音楽と食のペアリング」といったイベントがあります。

音覚-触覚型

音楽や音色に対して、特定の質感や触感が感じられるという現象です。例えば、高音がサラサラとした触感や、低音がゴツゴツとした質感として感じられる場合があります。この現象は、音楽や音色が脳内で触覚と結びついているために起こると考えられています。具体例としては、音楽に合わせて作られた触覚体験装置を使った展示などがあります。

以上のように、共感覚には様々な種類があります。個人差があるため、同じ音楽や音色に対して、異なる共感覚を持つことがあります。また、共感覚は創造性や感性を高めることができるため、アートや食文化などの分野でも注目されています。共感覚を生かしたアート作品や食体験などは、自分自身の共感覚を知るきっかけとなるかもしれません。また、共感覚は脳の情報処理の仕組みにも関係しているため、共感覚を研究することで、脳科学や認知心理学などの分野にも貢献することができます。

共感覚を生かしたアート作品

共感覚を生かしたアート作品には、音楽や映像作品、絵画などがあります。共感覚を生かしたアート作品は、視聴者や鑑賞者が自分自身の感性を刺激され、自分自身の感性を高めることができます。共感覚を生かしたアート作品を見ることで、自分自身の感性を知るきっかけにもなることがあります。共感覚を生かしたアート作品には、以下のような具体例があります。

シンセステシア・アート音楽に合わせて描かれた絵画や映像作品など、音楽と視覚的な表現を融合させたアート作品です。
例えば…
・ヴァシュリ・クライス:色彩音楽による作品『ファラオ』(2002)
・コンラート・ショープフ:音楽による光彩画『イレーシャン』(2007)
・ミシェル・オールト:音楽に合わせて描かれたキャンバス作品『クリスタルガーデン』(2002)
感覚アート触覚に着目したアート作品で、例えばモチーフが具体物である彫刻や造形作品などがあります。
例えば…
・リリアン・ヌビル:人体の感覚をテーマにしたインスタレーション『サークル・アンド・サンド』(2014)
・アヌシュカ・シャルマ:陶芸作品のタッチ感に着目した作品『ウェイトレス』(2019)
・クリスティアン・ボルス:鋼鉄やコンクリートなどの建材を組み合わせた触覚的な彫刻作品『スクラップユニバース』(2011)
シアターテクノロジー舞台演出に映像やライティングを組み込むことで、音楽や物語に対して視覚的な表現を加えたアート作品です。
例えば…
・ジュリー・テイモア:映像と舞台演出を融合させたミュージカル『ライオンキング』(1997)
・カナダ・ルミナト:光と音楽のインスタレーション『ミラージュ』(2017)
・ドミニク・シュローダー:映像と舞台演出を融合させたオペラ『椿姫』(2017)
デジタルアートコンピューターやプログラムを用いたアート作品で、例えば音楽に合わせて壁や床が動く映像作品などがあります。
例えば…
・ユニコーン:音楽に合わせて壁や床が動くデジタルアート『グローブ』(2017)
・リウ・ボルドン:音楽と映像を融合させたデジタルアート作品『プリズムスピリット』(2017)
・マルコム・マクラーレン:ミュージックビデオ『ビッグ・アップ・トゥ・マイ・フォー・ファーザー』(1989)
香りアート香りと視覚的な表現を融合させたアート作品で、例えば香りに合わせて展示空間が構成された展示会などがあります。
例えば…
・香取慎吾:音楽に合わせて香りが放たれるライブ『香音~KANON~』(2008)
・ダイアナ・サンドベック:香りを空間に取り入れたインスタレーション『ユア・ノーズ・カン・ピック・アップ・ザ・ソング』(2004)
・クリスチャン・アストゥー:香りと
音と光のインスタレーション音と光によって、空間や物体を表現したアート作品です。
例えば…
・ユーリ・スズキ:光と音楽のインスタレーション『アウル』(2019)
・イアン・ホブソン:音と光による映像作品『L-プレート』(1999)
・レイ・チャールズ:音楽に合わせた光の演出を取り入れたライブ『エル・モンテ・レイ』(1965)

共感覚の簡単なテスト

共感覚を持っているかどうか、簡単なテストで判断することができます。例えば、音楽を聴いたときに、色や形、動きなどの視覚的なイメージが浮かび上がるかどうかをチェックすることができます。また、自分自身の感覚を知るためにも、共感覚のテストを行うことが有効です。

【共感覚テストチャート】

共感覚の簡単なテストについて、チャートなどでわかりやすく内容を追加いたします。以下のようなテストを用意しましたので、ご参考ください。

(※このテストは一般的な共感覚の傾向を確認するためのものであり、診断などには使用できません。)

問題あなたはどのように感じますか?
1あなたが好きな音楽に色はありますか?
2香水や柔軟剤の香りに色は感じますか?
3数字やアルファベットに色を感じますか?
4食べ物の味に形は感じますか?
5触れたものに味や音楽が感じられますか?
6光の明るさに音楽が感じられますか?
7温度や湿度に色を感じますか?

テストの解説

問題1から7までの質問に答えると、共感覚の傾向がわかるとされています。以下にそれぞれの問題について説明します。

問題あなたはどのように感じますか?
1あなたが好きな音楽に色はありますか?
音楽に色を感じる人は、シンセステシアの傾向がある可能性があります。
2香水や柔軟剤の香りに色は感じますか?
香りに色を感じる人は、シンセステシアの傾向がある可能性があります。
3数字やアルファベットに色を感じますか?
文字に色を感じる人は、シナステジアの傾向がある可能性があります。
4食べ物の味に形は感じますか?
味覚に形を感じる人は、ミラー感覚の傾向がある可能性があります。
5触れたものに味や音楽が感じられますか?
触覚に味や音楽を感じる人は、シンエステジアの傾向がある可能性があります。
6光の明るさに音楽が感じられますか?
光に音楽を感じる人は、光音覚の傾向がある可能性があります。
7温度や湿度に色を感じますか?
温度や湿度に色を感じる人は、気象覚の傾向がある可能性があります。

テスト結果は、あくまで一般的な傾向を示すものであり、個人差や状況によって異なる場合もあります。しかし、このようなテストを通じて自分自身が共感覚に関する感覚を持っているかどうか、またどのような傾向があるかを知ることができるかもしれません。

また、共感覚に関するテストは様々なものが存在します。例えば、アルファベットや数字に対して色を感じる傾向を調べる「シナステジア・テスト」や、音楽に色を感じる傾向を調べる「シンセステシア・テスト」、香りに色を感じる傾向を調べる「オドロクティック・テスト」などがあります。これらのテストを受けることで、より詳しい共感覚の傾向を知ることができます。

以上のように、共感覚に関するテストは、自分自身がどのような感覚を持っているかを知る上で役立つものです。また、テスト結果を通じて、自分自身の感性を深め、新たな感性を発見することができるかもしれません。

共感覚と発達障害の関係性

発達障害とは、脳の発達に異常があり、コミュニケーションや社会性、行動、興味関心などに問題がある状態を指します。このような発達障害の子どもたちには、共感覚の傾向が見られることがあります。

共感覚を持つ子どもたちの特徴

共感覚を持つ子どもたちは、音や色、形、味、匂いなどの感覚を組み合わせて感じることができ、創造性や想像力に優れ、アートや音楽などに興味を持つことが多いとされています。また、共感覚の傾向が強い子どもたちは、感覚に過敏であることがあり、過剰反応や不快感を示すことがあります。

共感覚を生かした支援策

共感覚を持つ子どもたちは、アートや音楽、その他の創造的な活動によって自己表現をすることができ、それによってストレスを解消したり、心の支えとなることがあります。そのため、発達障害を持つ子どもたちにも、共感覚を生かしたアートセラピーなどが有効な支援策として注目されています。

共感覚を持つ子どもたちの支援策の具体例

就学前
  • 家庭での共感覚を生かした遊びの提供

音楽やアートなど、共感覚を生かした遊びを提供することで、自己表現の機会を与えます

  • 療育や相談支援の利用

子どもの特性に合わせた療育や相談支援を受けることで、共感覚に関する理解を深め、子どもの発達をサポートします

  • 早期発見と早期対応

共感覚を持つ子どもたちの特徴を理解し、早期に発見して適切な支援を受けることで、将来的な問題を未然に防ぎます

就学後
  • 特別支援教育などの活用

共感覚を持つ子どもたちの特性に合わせた特別支援教育を活用し、学校生活に適応しやすい環境を整えます。

  • アートセラピーの活用

アートセラピーによって、自己表現力やコミュニケーション力、ストレス解消などを促します。

  • 個別支援の実施

個別支援によって、子どもたちの課題に対応し、最適な支援を行います

  • 保護者や教師の研修

共感覚に関する知識や理解を深めることで、保護者や教師が適切な支援を行えるようになります

共感覚を生かした療育やアートセラピーなどが有効な支援策として注目されています。また、早期に発見し、早期に適切な支援を行うことが、将来的な問題を未然に防ぐためにも大切です。

発達障害と共感覚の関係性

一方、発達障害を持つ子どもたちは、社会的・行動的な問題を抱えることが多く、環境への適応やストレス管理などが難しいとされています。しかし、共感覚の傾向がある子どもたちは、感覚に過敏であることが発達障害においても共通する傾向であり、その点では共通性が見られます。

共感覚を持つ子どもたちが、発達障害を持つ場合には、療育や支援が必要になることがあります。例えば、過剰反応や不快感を示す傾向がある場合には、適切な刺激療法や行動療法が有効とされています。

共感覚と発達障害に関する理解の重要性

以上のように、共感覚と発達障害には一定の関係性があるとされていますが、個人差があり、共感覚の傾向があるからといって発達障害を持っているわけではなく、また逆に発達障害を持っているからといって共感覚の傾向があるわけではありません。しかし、共感覚を持つ子どもたちが、自分自身の感性を発揮することができる環境を提供し、その才能を伸ばす支援策が必要であるとされています。

子育てをしている家族や発達に悩みや遅れ、またこだわりや発達障害を持つ当事者にとって、共感覚に関する理解は大切です。共感覚を持つ子どもたちが、アートや音楽などの活動によって自己表現をすることができ、ストレス解消や自己肯定感の向上に繋がる可能性があるためです。また、共感覚を持つ子どもたちの特性に理解を持ち、療育や支援を適切に受けることが、子どもたちの成長につながることもあるためです。

共感覚に関する知識や理解を深めることは、子育てをする上で役立つことがあります。自分自身や自分の子どもが共感覚を持っているかどうかを知ることで、その特性を生かした支援策を考えることができるからです。また、発達障害についても、共感覚に関する理解は必要不可欠であり、適切な支援策を考える上で役立つことがあります。

以上のように、共感覚と発達障害には一定の関係性があるとされていますが、その関係性は複雑であり、個人差があることを忘れてはなりません。共感覚に関する理解と知識を深めることで、子どもたちの成長や発達につながることがあるため、子育てをしている家族や発達に悩みや遅れ、またこだわりや発達障害を持つ当事者にとっては、重要な情報となるでしょう。

まとめ

共感覚とは、1つの感覚によって別の感覚が呼び起こされる現象であり、アート作品やテストを通じて自分自身の感性を知ることができます。共感覚を持っている人は、創造性や感性に優れており、その能力を生かしたアート作品やクリエイティブな活動に興味を持つ人も多いです。子育てをしている家族や発達に疑問や悩み、発達障害の子どもを育てている家族にとっても、共感覚の理解は重要です。共感覚を生かしたアート作品や、共感覚のテストを通じて、子どもたちの感性を刺激することもできます。共感覚について、今一度理解を深めるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

飾りのイラスト

気軽にお問い合わせください

個別相談専用ダイヤル

※ 受付時間:平日 10:00 ~ 20:00

個別相談専用メールフォーム

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
8
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today