発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

ヘルプマーク:一人ひとりを大切にする、理解のシンボル

author:dekkun
ヘルプマーク:一人ひとりを大切にする、理解のシンボルと記載されたイラスト

ヘルプマークとは

ヘルプマークは、特定の支援が必要な人々が周囲に配慮を求めるために使用するマークです。このマークは、障害者や慢性疾患を持つ人、妊婦、高齢者、けがをしている人、乳幼児連れの親など、さまざまな対象者に利用されます。ヘルプマークは、他の人々に対して、特定の配慮や援助が必要であることを伝える役割を果たします。

ヘルプマークのデザイン:特定のニーズを優しく伝える目印

ポイントの男性と女性

ヘルプマークのデザインは、個々のニーズや制約を優しく伝えるための目印です。国や地域によって異なるデザインが使用されていますが、一般的には目立つ色やシンボルが取り入れられています。

デザインの例としては、青地に白い車いすのシルエットが描かれたマークがあります。このデザインは、身体的な障害を持つ人々が特に注意を引くことができるように工夫されています。他のデザインでは、赤い背景に白い十字のシンボルが使用されています。これは、医療状態や緊急事態に対する支援を必要とする人々を示すものです。

また、マタニティーマークも特定のニーズを伝えるためのデザインの一つです。青い円形のマークに白い腹部のシルエットが描かれており、妊娠中の女性が快適な姿勢や優先的な座席の利用を求めるために使用されます。

ヘルプマークのデザインは、視覚的に明瞭で目立つものであることが重要です。これにより、周囲の人々が一目でマークを認識し、特定のニーズや制約に対して配慮することができます。ヘルプマークは優しさと理解を伝える道具として大切な役割を果たしています。

優先的な配慮とサービスが提供される場所

公共の場所や交通機関、施設においてヘルプマークを利用することで、特定のニーズを持つ人々が快適に参加できるように配慮が行われます。以下に、具体的な場所と提供されるサービスについて詳しく解説します。

駅や空港

駅と空港のイラスト

空港や駅では、ヘルプマークを身につけた人々に対して、優先的な座席やアクセス、補助サービスが提供されます。例えば、優先搭乗や手荷物の手助け、車いすやモビリティアシストの提供などがあります。これにより、移動の際にスムーズかつ安心して利用することができます。

バスや電車などの交通機関

バスや駅のアイコン

公共の交通機関でも、ヘルプマークを持つ人々に対して特別な配慮が行われます。優先的な座席やスペースの確保、車いすリフトやエスカレーターの利用、アナウンスの支援などが提供されます。これにより、交通機関の利用がより便利で快適なものとなります。

ショッピングモールや施設

ショッピングモールのアイコン

ショッピングモールや公共施設では、ヘルプマークを持つ人々に対してバリアフリーな環境を提供します。優先的な駐車スペースやエレベーターの利用、バリアフリートイレの設置、案内板や表示の支援などが行われます。これにより、快適な買い物や施設の利用が可能となります。

公園や博物館・美術館など

美術館のアイコン

公園や博物館などの公共の場でも、ヘルプマークを身につけた人々に対して配慮が行われます。バリアフリーな施設や展示物の設計、アクセス可能な経路の提供、案内スタッフのサポートなどが行われます。これにより、自然や文化を楽しむ際に制約を感じずに参加できます。

これらの場所では、ヘルプマークを持つ人々に対して優先的なサービスや配慮が提供されることで、安心して日常生活や社会活動に参加できるようになります。

ヘルプマークを持つ人々に対して提供されるサービス

ヘルプマークを持つ人々に対して提供されるサービスには以下のようなものがあります。

優先的な座席やスペース

公共交通機関や施設内には、ヘルプマークを持つ人々が利用できる優先的な座席やスペースが設けられています。これにより、疲労を軽減し、快適に移動や滞在をすることができます。

補助サービスの提供

特定のニーズを持つ人々に対しては、補助サービスが提供されます。例えば、車いす利用者には車いすリフトやスロープの利用支援、視覚障害者には案内スタッフや点字案内の提供などがあります。これにより、移動や利用における障壁を取り除き、スムーズに活動できる環境が整います。

アクセシブルな環境の整備

ヘルプマークを持つ人々の利便性を高めるために、公共の場所や施設ではアクセシブルな環境が整備されています。バリアフリートイレやエレベーター、手すりの設置、段差の解消などが行われます。これにより、車いす利用者やモビリティに制約のある人々が自由に移動できるようになります。

スタッフのサポート

ヘルプマークを持つ人々に対しては、施設のスタッフがサポートを提供します。案内や誘導、質問への回答、必要な情報の提供などが行われます。こうしたサポートにより、利用者は安心して施設を利用することができます。

ヘルプマークは、個々のニーズや制約を理解し、配慮を求めるための重要な手段となっています。公共の場所や交通機関、施設において提供されるサービスにより、ヘルプマークを持つ人々は安心して日常生活を送ることができます。これによって、社会全体が包括的で優しい環境を実現する一歩となるのです。

ヘルプマークの力:優しさと理解を通じた共に支える社会の実現

ヘルプマークを使うことにより、特定のニーズを持つ対象者は周囲の人々に対して配慮を求めることができます。ヘルプマークは、身につけることで目立ちやすく、その人の状況や要望を理解してもらいやすくなります。以下では、具体的なヘルプマークの例を挙げながら、配慮が提供される具体的なサービスについて詳しく解説します。

車いすマークの力:バリアフリーな環境と利便性の向上

車イスマーク

例えば、車いすマークを身につけた人々は、バリアフリーな施設や車いす専用の駐車スペースの利用などの配慮が提供されます。バリアフリーな施設では、車いすでの移動がスムーズに行えるように、段差や障害物の解消、バリアフリートイレの設置などが行われています。また、車いす専用の駐車スペースは、利便性を高めるために位置が近くなるように配置されています。これにより、車いすを使用する人々は独立した移動や利用が可能となります。

マタニティーマークの力:快適な移動と安心した利用の実現

マタニティマーク

同様に、マタニティーマークを身につけた妊婦に対しても配慮が行われます。優先的な座席の提供や荷物の持ち運びの手助けなどが行われることがあります。公共交通機関や施設では、妊婦が快適に利用できるように、座席の確保やエレベーターの優先利用、手荷物のサポートなどが行われます。これにより、妊婦は身体的な負担を軽減し、安心して移動や活動をすることができます。

互いの理解と共感による包括的な社会の実現

周囲の人々は、ヘルプマークを見ることでその人の状況を理解し、配慮や支援を提供することができます。上記のように車いすマークを持つ人には、障害による移動の制約があることを理解し、バリアフリーな環境や優先的なサービスを提供することができます。また、マタニティーマークを持つ妊婦には、身体的な負担や特別なニーズに対して配慮することができます。

このような配慮と支援によって、対象者はより快適で自由な社会参加を実現することができます。ヘルプマークは、互いに理解し合い、思いやりの心を持って支え合う社会を築くための一つの手段となります。それぞれの個々の状況や制約を尊重し、共感と配慮の輪を広げることで、より包括的な社会の実現に向けた一歩を踏み出すことができるのです。 ヘルプマークの重要性は、優しさと理解を促し、共に支え合う社会の実現につながります。私たちはヘルプマークを通じて、一人ひとりの個々のニーズを尊重し、互いに寄り添うことでより包括的な社会を築いていくことが重要です。そして、ヘルプマークがもたらす配慮と支援を通じて、誰もが自由に社会に参加できる場を創り出すことが求められています。

ヘルプカードってなに?個別のニーズを伝え、コミュニケーションを円滑化するカード

様々な職種のひとが並んでいるアイコン

ヘルプカードは、ヘルプマークと同様の目的を持つカードです。ヘルプカードは、特定の支援が必要な人々が必要な情報を伝えるために使用します。例えば、自閉症スペクトラム障害を持つ人が、カードに自分の特性や必要なサポート方法を書いておくことで、他の人々に対してコミュニケーショーションの円滑化を図ることができます。 ヘルプカードは、個々のニーズや要望に合わせて作成されます。カードには、例えば以下のような情報が記載されることがあります。

個別のニーズを伝えるためのカスタマイズ可能なサポートカード

へルプカードは、個々のニーズや要望に合わせて作成されます。カードには、例えば以下のような情報が記載されることがあります。

対象者の特性や制約

例えば、自閉症スペクトラム障害や聴覚障害、視覚障害など、対象者の特性や制約を簡潔に伝えることができます。

サポートや配慮の方法

対象者が必要とする具体的なサポートや配慮の方法をカードに明記することで、周囲の人々に適切な支援を提供してもらうことができます。例えば、コミュニケーションの支援や、時間の余裕をもって対応してほしい、音量を調整してほしいなどです。

緊急連絡先や重要な情報

必要に応じて、緊急時の連絡先や医療情報、アレルギー情報などをカードに記載することもできます。これにより、対象者が支援やケアを必要とする状況で、迅速かつ正確な対応が可能になります。

ヘルプカードは、個人が日常生活で利用するだけでなく、公共の場や商業施設、学校などでも有効なツールとなります。例えば、学校では教職員が児童・生徒のヘルプカードを把握し、適切なサポートや配慮を提供することができます。ヘルプカードの利用は、双方向の理解と共感を促進するための重要な手段です。周囲の人々に対して特定のニーズや制約を伝えることで、対象者の生活品質や参加度が向上し、包括的な社会の構築に寄与することが期待されます。

ヘルプマークの病気一覧:優しい言葉で相手に自身の状況を伝える

ヘルプマークは、身体的な制約や特定の病気を持つ人々が、周囲の人々に自身の状況を理解してもらうために使用されます。以下に、いくつかの一般的な病気や状態の例を優しい言葉とともに解説します。なお、これは一部の例であり、病気や状態の種類は多岐にわたることをご了承ください。

自閉症スペクトラム障害(ASD)

自閉症スペクトラム障害を持つ人々は、コミュニケーションや社会的な相互作用の困難を抱えています。ヘルプマークを使うことで、周囲の人々に自身の特性や支援方法を伝えることができます。例えば、ヘルプカードに「私は自閉症スペクトラム障害を持っています。コミュニケーションに時間がかかることがありますが、お互いに優しく理解しましょう」と書かれていると、相手に配慮してもらえるでしょう

高齢者など

高齢者なども、ヘルプマークを利用することで周囲に自分の状況を伝えることができます。例えば、ヘルプカードに「私は高齢者です。歩行に支障がありますので、ゆっくりと歩くことをお願いします」と記載されていると、歩行速度や歩行スペースに配慮してもらえるでしょう。

障がいを伴う精神疾患

精神疾患を持つ人々も、ヘルプマークを利用して自分の状況を伝えることができます。例えば、ヘルプカードに「私は精神疾患を抱えています。予期せぬパニック発作が起こることがありますので、穏やかな状況を保つようお願いします」と記載されていると、周囲の人々が理解し、状況を適切に対応してくれるでしょう。

難聴・聴覚障がい

難聴や聴覚障害を持つ人々も、ヘルプマークを使って自分の状況を伝えることができます。ヘルプカードには、例えば「私は難聴です。口話や文字でのコミュニケーションをお願いします」と書かれていると、相手が口話や文字でのコミュニケーションを利用することで円滑なコミュニケーションが図れます。

疾患やアレルギーなど

特定の疾患やアレルギーを抱える人々も、ヘルプマークを使って配慮を求めることができます。ヘルプカードには、例えば「私は重度の食物アレルギーを持っています。食事についてご配慮いただけると助かります」と記載されていると、飲食店などで特別な配慮や代替メニューの提供を受けることができるでしょう。

ヘルプマークを使うことにより、上記のような病気や状態を持つ人々は、周囲の人々に対して自身の状況や必要な配慮を優しく伝えることができます。これにより、相手が理解しサポートしてくれることで、より共感的で支え合いのある社会を築くことが可能となります。

まとめ

ヘルプマークは、特定のニーズや制約を持つ人々が周囲に自分の状況を理解してもらうためのシンボルです。色やデザインが目立ちやすく、公共の場所や交通機関、施設などで利用されます。ヘルプマークを身につけることで、優先的な座席やアクセス、補助サービスなどが提供され、より快適な社会参加が実現します。ヘルプマークは、個々のニーズや制約を理解し、配慮を求めるための重要な手段であり、優しさと理解を促し、共に支え合う社会の実現に向けた一歩となります。

参考サイト

東京都ホームページ助け合いのしるし ヘルプマーク

こちらのコラムも参考にどうぞ

ヘルプマークは、特定のニーズや制約を持つ人々が周囲に自分の状況を理解してもらうための重要な手段として、社会で広…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
4
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today