発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

ヘルプマークがもらえる人とは?入手方法と配布について

author:dekkun
ヘルプマークがもらえる人とは?入手方法と配布についてと記載されたイラスト

ヘルプマークは、特定のニーズや制約を持つ人々が周囲に自分の状況を理解してもらうための重要な手段として、社会で広く利用されています。病気や障害を抱える方々がヘルプマークを身につけることで、配慮やサポートの提供を受けることができ、より快適で自由な社会参加を実現することができます。

ヘルプマークはどんな人がもらえるの?

ヘルプマークは、外見からは分からない援助や配慮を必要としているさまざまな方々が利用できます。例えば、義足や人工関節を使用している方、妊娠初期の方、がんや難病などの病気を抱える方、聴覚や言語、資格に関する障害を持つ方などが該当します。

特に、発達障害、知的障害、精神障害を持つ方もヘルプマークを利用することができます。ヘルプマークは外見上では分からない「見えないヘルプ」を伝えるためのマークであり、そのような方々が社会で支援や配慮を受けることを促す役割を果たしています。

これらの方々は、外出先で困ったりトラブルに遭う可能性があるため、ヘルプマークの利用によって不安を軽減することができます。

ヘルプマークの病気等一覧

ヘルプマークの対象となる病気や状態は多岐にわたりますが、以下に一般的な病気や状態の一部をご紹介します。なお、これは一部の例であり、全ての病気や状態を網羅しているわけではありません。

身体的な制約

義足や人工関節の装着者
車いす利用者
シンドロームや先天性の異常を持つ方

難病・慢性疾患

がん(癌)
糖尿病
結核
心臓病
高血圧
慢性腎臓病
緑内障
パーキンソン病

精神障害・心の病気,発達障害など

自閉症スペクトラム障害(ASD)
統合失調症
双極性障害(躁うつ病)
うつ病
不安障害
ADHD(注意欠陥多動性障害)
PTSD(心的外傷後ストレス障害)

難聴・聴覚障害

難聴者
補聴器や人工内耳を使用する方
全聾者

上記は一部の例ですが、ヘルプマークの利用は個々のニーズや制約を尊重するために設けられています。詳細な病気や状態のリストは地域によって異なる場合がありますので、ご利用の地域の関連機関や公式ウェブサイトで確認することをおすすめします。

ヘルプマークをもらうには

ヘルプマークの入手方法は、地域や都府県によって異なる場合がありますが、一般的には以下のような手順で受け取ることができます。

配布場所の訪問

お住まいの都府県の指定された配布場所を直接訪れます。これは、各都府県の関連機関や福祉サービスセンター、市役所などで行われることが多いです。ヘルプマークの配布場所は主に次の通りです。

  • 都道府県、市区町村役場の担当課窓口(福祉課など)
  • 保健所・保健(福祉)センター
  • 福祉センター
  • 市民センター
  • 障害者相談センター
  • 地下鉄各駅(東京都)

無料配布

配布場所で、ストラップタイプの「ヘルプマーク」が無料で提供されます。必要な数量や種類のヘルプマークを受け取ることができます。

書類や特別な申請の不要

一般的に、ヘルプマークの受け取りには書類の記入や特別な申請は必要ありません。障害手帳の提示も必要ありません。

代理人による受取りも可能

ご家族や代理人が配布場所に出向いてヘルプマークを受け取ることも可能です。身体的な制約や他の都合で自身が直接訪れることができない場合でも、代理人による受取りが認められています。

ただし、具体的な入手方法や配布場所は地域によって異なるため、ご利用の地域の関連機関や公式ウェブサイトを確認することが重要です。正確な情報を入手して、スムーズにヘルプマークを受け取ることができるでしょう。

まとめ

ヘルプマークは、特定のニーズや制約を持つ人々が周囲に自分の状況を理解してもらうための重要な手段です。病気や障害を抱える方々がヘルプマークを利用することで、配慮やサポートの提供を受けることができます。ヘルプマークの対象となる病気や状態は多岐にわたります。身体的な制約を持つ方々、難病や慢性疾患を抱える方々、精神障害や心の病気を持つ方々、難聴や聴覚障害を持つ方々などが該当します。発達障害や精神障害を抱える方々もヘルプマークを利用することができます。ヘルプマークは外見からは見えない援助や配慮を必要とする方々に対して、他の人々に自身の状況を伝えるための有効な手段となっています。

ヘルプマークを入手するためには、各都府県の配布場所を訪れる必要があります。障害手帳の提示や特別な申請は不要であり、無料で提供されるストラップタイプのヘルプマークを直接受け取ることができます。代理人による受取りも認められており、利用者の身体的な制約や都合に配慮しています。

ヘルプマークは、社会において理解と支援を促すための重要な存在です。ヘルプマークを身につけることで、周囲の人々に自身の状況を伝えることができ、より快適で自由な社会参加を実現することができます。私たちはヘルプマークを通じて、互いの個々のニーズを尊重し、共に支え合う社会を築いていくことが重要です。そして、ヘルプマークがもたらす配慮と支援を通じて、誰もが自由に社会に参加できる場を創り出すことが求められています。

参考

東京都保健福祉局 ヘルプマークとは?

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
8
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today