発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

回避性パーソナリティ障害を理解する ~自分自身と向き合い、自己肯定感を高めるために~

author:dekkun

回避性パーソナリティ障害は、自己表現が苦手で、人との関わりを避けがちになる精神障害の一つです。傷つくことや失敗を極度に恐れ、社会生活に支障をきたすこともあります。しかし、回避性パーソナリティ障害の人たちは、とても優しく思いやりのある人が多いとされています。この記事では、回避性パーソナリティ障害の症状や原因、診断方法、治療法、そして生き方について、解説していきます。

回避性パーソナリティ障害とは

回避性パーソナリティ障害は、人との関わりを避けたいという思いが強く、自己表現が苦手で、自己評価が低くなりがちな精神障害の一種です。社交不安障害やうつ病とも似た症状が見られることがありますが、区別することが必要です。診断は精神科医が行うことができます。

回避性パーソナリティ障害の原因

回避性パーソナリティ障害の原因は明確ではありませんが、遺伝的要因や環境的要因が関与していると考えられています。また、過去のトラウマやネガティブな経験、人間関係のトラブルなどが、回避性パーソナリティ障害の発症に関係していると考えられています。例えば次のようなことが考えられるます。

  • 幼少期のトラウマ
  • 虐待
  • 家庭内の問題
  • 社交不安障害の発症
  • 学校でのトラブル
  • あるいは性格や個性に関する要因 など

幼少期における虐待やトラウマ

幼少期における虐待やトラウマが、回避性パーソナリティ障害の発症に関与しているという研究結果もあります。幼少期に感じた安全な環境の欠如や、親や保護者からじゅうぶんな愛情や関わりなどをを受けられなかった経験が、回避性パーソナリティ障害の原因となる場合があると考えられます。

人との関わりを避けたいという気持ち

また、社交不安障害(いわゆるあがり症のこと)と同じように、人との関わりを避けたいという特徴があることから、社交不安障害の発症と関連していると考えられています。また、学校でのトラブルや人間関係の問題などが原因となり、回避性パーソナリティ障害が発症することもあります。

回避性パーソナリティ障害の症状

回避性パーソナリティ障害の症状には、以下のようなものがあります。

  • 人との関わりを避ける
  • 自己表現が苦手で、人前で話すことができない
  • 新しいことに取り組むことを避け、ルーティンに固執する
  • 自己評価が低くなりがちで、批判的な見方をする
  • 社交不安障害やうつ病のような症状が見られる

回避性パーソナリティ障害の診断

回避性パーソナリティ障害の診断は、精神科医が行うことができます。診断には、患者の症状や家族歴、過去の経験などを詳しく聞き取り、症状に該当するかどうかを判断します。また、回避性パーソナリティ障害の診断には、DSM-5(精神障害の診断と統計マニュアル)の基準が用いられます。

回避性パーソナリティ障害の治療

回避性パーソナリティ障害の治療には、認知行動療法や心理療法、薬物療法が用いられます。認知行動療法では、自己否定的な考え方を改善するために、具体的な行動を通じて認知を修正することを目的としています。心理療法では、過去のトラウマやネガティブな経験を処理し、自己肯定感を高めることを目的としています。また、薬物療法では、抗不安薬や抗うつ薬などが用いられ、症状の改善を図ることができます。

回避性パーソナリティ障害は、人との関わりを避けたいという思いが強く、自己表現が苦手で、自己評価が低くなりがちな精神障害の一種です。原因は明確ではありませんが、遺伝的要因や環境的要因が関与していると考えられています。診断は精神科医が行い、治療には認知行動療法や心理療法、薬物療法が用いられます。早期の治療を受けることで、症状の改善が期待できます。

回避性パーソナリティ障害に向いている仕事

回避性パーソナリティ障害の人には、人との接触が少ない、自分だけで黙々と作業できる仕事が向いています。例えば、ライターやエディター、コンピュータープログラマー、ラボ技術者などが挙げられます。また、人と接することが必要な仕事でも、相手が限定されたものであれば、上手に対処することができます。

自分に向いている仕事を選ぶことで、自己肯定感を高める

回避性パーソナリティ障害の人たちは、自分に向いている仕事を選ぶことで、自己肯定感を高めることができます。たとえば、自分の興味や関心がある分野の仕事を選ぶことで、やりがいを感じることができます。また、自分で自分を評価できる仕事を選ぶことで、自己評価が高まり、自信を持つことができます。ただし、回避性パーソナリティ障害の人たちが仕事で問題を抱えることもあります。たとえば、社交的な場面がある仕事や、チームでの作業が求められる仕事において、ストレスを感じることがあるでしょう。そのため、自分に合った職場環境を選ぶことが重要です。

回避性パーソナリティ障害の人が適性を発揮できる仕事

回避性パーソナリティ障害の人たちは、社交的な場面が苦手で、人との接触を避けがちになるため、在宅勤務やフリーランスの仕事が向いています。最近では、テレワークやフリーランスの仕事が増えており、自分に合った働き方を見つけることができます。

在宅勤務やフリーランスの仕事など

在宅勤務やフリーランスの仕事には、以下のような特徴があります。

  • 自分でスケジュールを調整できるため、自分のペースで仕事を進めることができる。
  • 社交的な場面が少なく、人との接触を避けることができる。
  • 自宅やカフェなど、自分が集中できる場所で仕事をすることができる。

回避性パーソナリティ障害の人たちは、自分に合った働き方を探すことで、ストレスを減らし、充実した生活を送ることができます。ただし、在宅勤務やフリーランスの仕事には、孤独感やモチベーションの低下などの問題もあるため、自己管理が重要となります。自分自身のリズムを見つけることで、仕事と生活のバランスを保ちながら、充実した生活を送ることができます。

自己肯定感を高める自分らしさの見つけ方

回避性パーソナリティ障害の人たちは、人との接触を避けがちであるため、社交的な場面での人間関係やコミュニケーションが苦手な場合があります。しかし、それでも自分自身の価値観や興味に応じた活動を続けることが大切です。

自分自身を発見できる趣味・スポーツ・文化活動

趣味やスポーツ、文化活動に参加することで、自分自身の楽しみを見つけることができます。趣味やスポーツ、文化活動には、共通の目的を持った人たちとの交流や、自分自身の成長や発見を得られる場合があります。自分に合った活動を選び、ストレスを減らし、自己肯定感を高めることが大切です。

おすすめの趣味やスポーツ

おすすめの趣味やスポーツは、個人差がありますが、以下のようなものがあります。

  • 手芸やDIY
  • 読書や映画鑑賞
  • 音楽や楽器演奏
  • 写真撮影や美術
  • 散歩や自然散策
  • 水泳やヨガなどの個人競技

これらの趣味やスポーツには、自分自身のペースで行うことができるため、自己肯定感を高めることができます。また、共通の趣味を持った人たちとの交流がある場合、人とのつながりを感じることができます。

アメリカの作家、シルビア・プラスが手芸や編み物を趣味としていたことが知られています

アメリカの作家、シルビア・プラスが手芸や編み物を趣味としていたことが知られています。彼女は、手芸や編み物を通して、自分自身と向き合い、ストレスを減らすことができたと述べています。

オーストラリアの心理学者、ジョー・サンプソンが、回避性パーソナリティ障害の人におすすめのスポーツ

オーストラリアの心理学者、ジョー・サンプソンが、回避性パーソナリティ障害の人におすすめのスポーツとして、ヨガや水泳、ピラティスを挙げています。これらのスポーツは、個人で行うことができるため、自己肯定感を高めることができます。

dekkun.楽天Room

 回避性パーソナリティ障害の人が自分らしく生きる

オススメアイテム多数掲載中

回避性パーソナリティ障害の人は、自分自身の興味や好みに合わせた趣味やスポーツを見つけることが大切です。自分自身のペースで行えることが重要であり、自分自身をストレスから解放することができます。

自分らしい生き方を見つけるために考えること

回避性パーソナリティ障害の人たちは、精神科医の指導の下で、認知行動療法や心理療法などを受けることで、症状の改善が期待できます。認知行動療法では、自分自身の思考や行動を客観的に見直し、ポジティブな思考や行動に変えることで、自己肯定感を高めることができます。また、心理療法では、自分自身の問題や感情を客観的に見つめ、解決策を見つけることができます。 回避性パーソナリティ障害の人たちは、自分自身を理解し、自分自身に合った生き方を見つけることが大切です。周囲の人たちとの関係性に悩んでいる場合は、専門家やカウンセリングを受けることで、問題の解決や症状の改善につながることもあります。

回避性パーソナリティ障害の診断テスト

リストアイコン

回避性パーソナリティ障害の診断は、専門医が行うことが望ましいですが、簡易的なテストもあります。例えば、「MSPSS」というスケールは、社会支援の程度を測定することができ、回避性パーソナリティ障害の診断にも有用です。しかし、自己診断やインターネット上での診断は、正確な診断とはなりませんので注意が必要です。

回避性パーソナリティ障害の診断に用いられる専門的なテスト例

回避性パーソナリティ障害の診断に用いられる専門的なテストには、以下のようなものがあります。

  • AVPDカテゴリー
  • DGPAスケール
  • IPDEスケール

これらのテストは、精神科医や心理士などの専門家が実施し、回避性パーソナリティ障害の診断に用いられます。診断には、症状の程度や期間、社会的・職業的な支障なども考慮されます。

一般的な簡易テスト

また、一般的な簡易テストとしては、以下のようなものがあります。

  • 回避性パーソナリティ障害スケール
  • 対人不安スケール
  • 自己愛性パーソナリティ障害スケール
  • 神経症傾向チェックリスト

これらのテストは、一般的にインターネット上でも入手可能ですが、正確な診断には至りませんので、診断を受けることをおすすめします。

回避性パーソナリティ障害の診断には、専門家の意見が必要です。自己診断や簡易テストでは、正確な診断ができないため、注意が必要です。

回避性パーソナリティ障害のチェック

男性医師のイラスト

回避性パーソナリティ障害のチェックリストには、「回避性パーソナリティ障害尺度(AVOIDANT)」などがあります。これらのチェックリストは、自己診断や簡易的なスクリーニングに利用されます。ただし、これらのチェックリストを使用しても、正確な診断ができるわけではありません。診断は、専門医が適切に行う必要があります。

回避性パーソナリティ障害のチェックの具体的

回避性パーソナリティ障害のチェックには、以下のような具体例があります。

  • 回避性パーソナリティ障害尺度(AVOIDANT)
  • 回避性パーソナリティ障害チェックリスト(APCL)
  • 回避性パーソナリティ障害質問票(APQ)

これらのチェックリストは、一般的に自己診断や簡易的なスクリーニングに利用されます。例えば、「AVOIDANT」は、20個の質問に答えることで回避性パーソナリティ障害の傾向を測定することができます。

しかし、これらのチェックリストを使用しても、正確な診断ができるわけではありません。診断は、専門医が適切に行う必要があります。自己診断や簡易テストによって診断を受ける場合、誤診が生じる可能性があるため、注意が必要です。

回避性パーソナリティ障害のチェックは、自己診断や簡易的なスクリーニングに役立つ場合がありますが、正確な診断には専門家の意見が必要です。

まとめ

回避性パーソナリティ障害は、人との関わりを避けたいという思いが強く、自己表現が苦手で自己評価が低くなりがちな精神障害です。診断は専門医によって行われますが、簡易的なテストやチェックリストも存在します。治療方法としては、認知行動療法や心理療法、薬物療法などがあります。また、回避性パーソナリティ障害の人には、自分に合った働き方や趣味・スポーツ・文化活動などを見つけることが大切です。自己診断や簡易テストによる診断は、正確な診断に至らない場合があるため、専門家の意見を仰ぐことが重要です。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
7
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today