発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

子どもの発達が気になる?2歳からの早期発見とADHD(注意欠如・多動症)の症状とチェックリスト

author:dekkun

子どもの発達には様々な要素がありますが、注意欠如・多動症(ADHD)はよく見られる神経発達障害です。ADHD(注意欠如・多動症)の特性がはっきりと現れるのは、早くても2歳ごろからですが、一般的には診断されるのは7歳ごろからが多いです。このコラムでは、子供の発達に関心をお持ちの皆さんに向けて、ADHDの症状と早期発見のためのチェックリストや相談機関などをご紹介します。

ADHDの症状:2歳からのサインに注目!

女性医師のイラスト

ADHDの症状には、注意力の欠如や過活動が顕著になる特徴があります。以下に、2歳からの子供のADHDのサインに注目して解説します。

子供の注意力の欠如や過活動が顕著になる症状について

注意力の欠如(注意力不足)のサイン

子どもが指示を聞かない、簡単な作業に集中できないなど、注意力が短く散漫な傾向があります。また、退屈な状況や興味のない活動ではますます集中が難しくなることもあります。例えば、次のようなことを参考にしてください。

  1. おもちゃを片付けてなどと指示しても、聞き入れずに他のことに興味を持ってしまう
  2. 簡単なパズルやブロック積みなどの遊びでも、短い時間しか集中できない
  3. 長時間の車の移動や待ち時間の間、子供は座っていることが難しく、不満やイライラを示すことがある

過活動(多動性)のサイン

座っていることが難しく、絶えず体を動かしたがる傾向が見られます。駆け回ったり、ジャンプしたりすることがよくあります。また、一つの場所や活動に留まることが難しく、落ち着いていられないことがあります。例えば、次のようなことを参考にしてください。

  • 公園で他の子供たちと一緒に遊ぶ際、走り回ったりジャンプしたりすることが好き
  • 長時間の座ったままの活動よりも、身体を動かすことに興味がある

衝動性のサイン

子供が思わぬ方向に行動や発言を進めたり、自分の番を待たずに話をすることがあります。危険な状況に対して無頓着な行動をとることもあります。また、他の人が期待するほど待つことができず、割り込むことが多いです。例えば、次のようなことを参考にしてください。

  • 家族と一緒に公園に行った際、予定していなかった方向に走り出したりすることがある
  • 人や物に対して興味を持ち、思わず触ったり声を出したりすることがある
  • グループでの会話や家族の会話に参加する際、自分の番を待たずに話し始めたり、他の人の話を割り込んだりすることがある
  • 急なに階段を駆け上がったり、危険な道路に飛び出そうとすることがある

これらのサインは、2歳の子供がADHDの特徴を示している可能性を示唆しています。ただし、子供の個性や発達段階によっても異なる場合がありますので、専門家に相談することをおすすめします。早期の気づきと適切なサポートによって、子供の発達や日常生活の品質を改善することができます。

早期に気づくために、2歳からの兆候を見逃さないように

早期に気づくために、2歳からの兆候を見逃さないようにすることは、子供の発達や支援において非常に重要です。以下に、具体的なポイントを解説します。

注意力の欠如に注目しましょう


2歳の子供の注意力の欠如に注目しましょう。子供が指示を聞かなかったり、親などからの指示に反応しなかったりすることがあります。また、簡単な活動やゲームに最初は興味を示しても、すぐに飽きてしまい、次のことに移りたがる傾向が見られます。退屈な状況や興味のない活動では、ますます集中することが難しいようです。これらの兆候を観察することで、早期に気づき、適切なサポートを提供することができます。

大切なのは、子供の発達に対して優しく寄り添い、兆候やサインに敏感になることです。子供が指示に反応しづらい理由や短い集中力の背後には、彼ら自身の特性や個性があることを理解しましょう。早期の気づきと適切なサポートは、子供の成長や発達に大きな影響を与えます。

過活動や体の動きに気を配りましょう

子供の過活動や体の動きに気を配りましょう。子供が座っていることが苦手で、絶えず体を動かしたり歩き回ったりする傾向が見られるかもしれません。また、子供が駆け回ったりジャンプしたりすることが好きで、元気いっぱいな行動が目立つかもしれません。一つの場所や活動に長く留まることが難しく、なかなか落ち着いていられないようです。

これらの兆候を観察することで、早期に気づき、適切なサポートを提供することができます。子供の発達に関心をお持ちの方々にとって、子供の行動や特徴を優しく理解することは重要です。専門職の方々と協力しながら、子供の成長をサポートしていきましょう。

これらの兆候が2歳の子供に現れる場合、子供の発達に関して注意欠如・多動症(ADHD)の可能性が考えられます。心配や不安を抱える親御さんにとっては、これは重要な一歩です。子供の行動をじっくりと観察し、兆候に敏感になりましょう。専門家や医療従事者と協力して、適切なサポートを受けることができます。子供の成長をサポートする方法を見つけましょう。

具体的なサインを通じて、子供の行動や発達の特徴について理解を深めましょう。

虫眼鏡を持っている男の子のアイコン

子供の行動や発達の特徴をより詳しく理解するために、以下の具体的なサインや兆候に注目して観察することが大切です。

指示への反応、短い集中力、興味のない活動への関心の低下

注意力の欠如(注意力不足)のサインとして、子供が指示を聞かないことがあります。親や教師からの指示に対して反応せず、注意を払わない態度を示すことがあります。また、簡単な活動やゲームにはじめは興味を示すものの、すぐに飽きてしまい、次のことに移りたがる傾向が見られます。長時間の集中が難しいようです。さらに、退屈な状況や興味のない活動に対しては、ますます注意を集中させるのが難しいようで、子供はすぐに飽きてしまうことがあります。

これらの兆候を観察することで、子供の行動や発達の特徴をより深く理解することができます。発達に疑問を持つ子育てをしている方や専門職の方にとって、これらのサインへの注意は重要です。子供の成長をサポートするためには、早期に気づき、適切な支援を提供することが必要です。

過活動(多動性)のサインについて

過活動(多動性)のサインとして、子供が座っていることが難しく、絶えず体を動かしたり歩き回ったりする傾向が見られます。静かに座ることが苦手であり、身体を動かすことが好きです。また、子供は活発な動きを好み、駆け回ったりジャンプしたりすることが多いです。さらに、新しい場所や活動に対してはなかなか落ち着いていられず、一つの場所や活動に長く留まることが難しいようです。

これらの兆候を観察することで、子供の過活動の特徴や行動パターンを理解することができます。発達に疑問を持つ子育てをしている方や専門職の方々にとって、これらのサインへの注意は重要です。子供の適切なサポートや発達の促進のためには、早期に気づき、適したアプローチを取ることが必要です。

早期発見に役立つチェックリスト

リストアイコン

早期発見に役立つ2歳児を対象としたADHDのチェックリストです。お子さんの行動と照らし合わせながら参考にしてください。

注意力の欠如(注意力不足)

指示への反応指示や要求に対して、なかなか反応しないことがあります。
短い集中力簡単なゲームや活動にはじめは興味を示しますが、すぐに飽きてしまい、次のことに移りたがる傾向があります。
注意が散漫興味のない活動や退屈な状況では、ますます注意を集中することが難しいようです。

過活動(多動性)

座っていられない静かに座ることが難しく、絶えず体を動かしたり歩き回ったりすることがあります。
活発な動き駆け回ったりジャンプしたりすることが好きで、常にエネルギッシュな行動を示します。
長く留まることが難しい一つの場所や活動に長く留まることが難しく、落ち着いていられないようです。

衝動性

自制が難しい思わぬ行動や発言をすることがあり、自制力に欠ける傾向が見られます。
待つことが難しい順番や待ち時間に耐えることが難しく、イライラや不安を感じることがあります。

以上のチェックリストは、2歳児の早期発見に役立つ目安となるものです。ただし、これらのサインがすべて当てはまるからといって必ずしもADHDであるとは限りません。疑問や懸念を抱えた場合は、専門家に相談することが重要です。お子さんの発達をサポートするために、このチェックリストを参考にしてみてください。

ひとりで悩まずに専門家や相談機関へ相談しましょう

具体的な相談先の例をいくつかご紹介します。お住まいの地域によって異なる場合があるため、ご利用の際には最新の情報を確認してください。

かかりつけ医や小児科の専門医

お子さんの発達や行動に関する懸念を持っている場合、まずは信頼できるかかりつけ医や小児科専門医に相談することをおすすめします。小児科医は一般的に発達障害やADHDについての知識を持っており、適切な評価や紹介先の提案ができます。また3歳児検診などでの相談や保健師などにも相談しましょう。

保育園

お子さんが保育園に通っている場合は、担当の保育士さんなどに相談することも可能です。保育関係者は子供の発達や行動に関して経験と専門知識を持っており、適切なサポートなどを提案してもらえることがあります。

児童発達支援センターや障がい児相談支援事業者、役所など

児童発達支援センターや障がい児相支援事業者では、不安を感じていることなど相談に応じ、必要な情報の提供や障がい福祉サービスとの連絡調整などを具体的にサポートしてくれます。役所などはそこにどのような機関があるのかなど地域の情報をより具体的に提供してくれるので相談してみましょう。

まとめ

早期の発見は子供の発達にとって重要です。記事では、ADHDの症状と早期発見のためのチェックリストを紹介しました。子供が2歳から示す兆候に注目しましょう。注意力の欠如や集中力の短さ、過活動、衝動性などが見られるかもしれません。チェックリストを使って子供の行動を評価し、心配な点があれば専門家に相談しましょう。早めのサポートは子供の将来に良い影響を与えます。

子育ては時に不安や疑問を抱えることもありますが、あなたの愛情と支えが子供の成長をサポートする大きな力となります。小さな一歩でも子供の未来に向けて進んでいきましょう。一緒に子供の成長を見守り、サポートしましょう。

こちらのコラムも参考にしてください

1歳児から2歳児の発達と発達障害のチェックリストと記載されたイラスト
1歳児から2歳児の成長は目覚ましいものです。日々新しいスキルを習得し、環境との関わりを深めていきます。しかし、…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today