発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

【子どもの癇癪の理解と対応】原因、対処法、および発達との関連について

author:dekkun
【子どもの癇癪の理解と対応】原因、対処法、および発達との関連についてと記載されたイラスト

このコラムでは、子どもが癇癪を起こす原因とその背後にある発達の側面を深く掘り下げます。また、発達障害と癇癪の関連性についても考察し、日常生活での予防策や対応方法についても解説していきます。保護者や教育関係者が子どもの癇癪に対してより理解を深め、適切に対応できるようになることを目指しています。

癇癪(かんしゃく)の理解:年齢別特徴と意味、習慣化の問題点

癇癪(かんしゃく)とは?

癇癪は、子どもが大声で泣いたり、奇声を発したりする感情の激しい状態です。言葉で気持ちを表現できない時に起こりやすく、コミュニケーション手段として習慣化することもあります。子どもによって異なりますが、以下のような行動が見られます。

  • 床に寝転がって泣き叫ぶ
  • 物を投げたり、頭を物にぶつける
  • 頭を床や壁に打ちつける
  • 他人を殴る、蹴る
  • 手がつけられないほど暴れる
    これらは突発的に起こることがあり、過度な場合は自傷行動や他害行動に発展することもあります。

子どもが癇癪を起こす理由とその意味

子どもが癇癪を起こす原因は様々で、それぞれの背景や癇癪の役割を理解することが重要です。

乳児期の癇癪:生理的な反応として

乳児期の癇癪は、空腹、眠気、痛み、おむつの不快感などによって引き起こされます。これは赤ちゃんのコミュニケーション学習の一環であり、保護者の対応が重要です。

1歳頃の癇癪:コミュニケーションのため

1歳頃には、保護者の意向と自分の意向の違いに反応するようになります。これは子どもが自己と保護者が別の存在であることを理解し始めた成長の表れです。

イヤイヤ期の癇癪:自分の意見を主張する

2歳~3歳の「イヤイヤ期」では、子どもが言葉を使って自分の意見を主張します。例えば、おもちゃを取り上げられた際の癇癪は、そのおもちゃを取り戻すための手段として起こります。

癇癪の長期的な展望

癇癪は赤ちゃんから幼児期、児童期に見られ、思春期や成人期にも続くことがあります。発達段階や状況によって原因は異なりますが、癇癪は「不都合を取り除こうとする試み」と「困っているサイン」の両方として捉えることができます。

癇癪と発達障害の関連性と違い

癇癪が頻繁に起こることは必ずしも発達障害を意味するわけではありませんが、発達障害のある子どもでは特定の傾向が癇癪の引き金となることがあります。以下は、発達障害と癇癪の間の関連性を示す要素です。

感覚の問題とこだわり

自閉スペクトラム症(ASD)を持つ子どもは、感覚過敏のために通常は気にならない刺激に過剰反応し、癇癪を起こすことがあります。また、予期せぬ変更やこだわりが癇癪の原因になることもあります。

自己表現の困難さ

言葉の理解や表現にアンバランスがある場合、子どもは自分の意思や気持ちを伝えるのが困難で、これが癇癪の背景になることがあります。特に知的発達障害を持つ子どもは、言葉以外の表現も苦手であり、伝えられないフラストレーションが癇癪を引き起こす可能性があります。

他者との意図の調整の困難さ

ASDのある子どもは他人の気持ちや意図を理解するのが難しいため、自分と他人の意図を調和させるのが困難です。ADHDを持つ子どもは、「やりたい」という気持ちを制御するのが難しく、感情が爆発的に表れることがあります。

気持ちのコントロールの難しさ

発達障害を持つ子どもは、自己調整や衝動性のコントロールが難しい傾向があり、ストレスが蓄積して癇癪を引き起こすことがあります。

これらの要素を理解することで、発達障害のある子どもに見られる癇癪の背景をより深く理解し、適切な支援を提供することができます。

子どもの癇癪への対処法とクールダウンの手順

1. 子どもの安全を最優先に

子どもが癇癪を起こした際、まずは安全を確保することが重要です。怪我のリスクを最小限に抑えるため、危険な物を取り除き、必要に応じてクッションや枕を使って保護します。例えば、子どもが頭を壁に打ちつける動作がある場合、柔らかい物を間に挟んで衝撃を和らげることが大切です。このようにして子どもの身体的安全を確保し、同時に精神的な安心感を提供することで、癇癪がエスカレートするのを防ぎます。

2. 癇癪中は過度な関わりを避ける

癇癪が起きている最中は、子どもに過度な注意を向けないようにします。多くの声かけや身体的な介入は、逆に子どもの興奮を高め、状況を悪化させる可能性があります。落ち着くまで子どもを静かに見守り、必要に応じて別の活動に注意を向けさせます。この時、親の冷静な対応が子どもを安心させ、自然に感情を処理する機会を与えます。過剰な関与を避けることで、子どもは自分の感情を自己管理する力を養う機会を得ることができます。

3. 落ち着いたら即座に褒める

子どもが癇癪から落ち着いた後、すぐにその行動を褒めて正のフィードバックを与えます。これにより、子どもは自分で感情をコントロールする方法を学ぶことができ、安心感を感じることができます。褒めることは、子どもの自己効力感を高め、将来的に癇癪の発生を予防するための重要なステップです。褒める際は、具体的にどの行動が良かったのかを指摘し、子どもが自分の行動を理解しやすくすることが大切です。

4. 感情を言葉で表現することを励ます

癇癪後、子どもに感情を言葉で表現することを奨励します。これにより、子どもは感情を効果的にコミュニケーションするスキルを身につけ、将来的に癇癪を適切に管理する能力を育てることができます。言葉で感情を表現する練習を通じて、子どもは自分の感情をより深く理解し、他者とのコミュニケーションにおいてもスムーズに感情を伝えることができるようになります。

5. 親自身の感情管理を意識する

子どもの癇癪への対応中、親自身も冷静を保つことが重要です。親が落ち着いていれば、子どもも安心しやすくなり、癇癪の対処がスムーズに進みます。親の感情管理は、子どもにとってのモデルとなり、感情のコントロール方法を学ぶ上での良い手本となります。自身の感情に気をつけることで、子どもに安定した環境を提供し、癇癪の対処においても効果的なアプローチをとることができます。

日常生活での対策による子どもの癇癪予防

癇癪は一度始まると鎮めるのが難しいため、日常生活で癇癪が起こりにくい環境を整えることが重要です。

刺激の過敏性への配慮

子どもは特定の刺激に敏感に反応することがあります。そうした刺激を取り除いたり減らしたりすることで、癇癪を予防することが可能です。例えば、騒がしい環境や強い光が苦手な場合、静かな場所を提供する、照明を柔らかいものに変えるなどの対策が有効です。

対策テーブル

刺激の種類具体的な対策
騒音静かな部屋を用意する、防音対策をする
強い光照明を調節する、カーテンを閉じる
物理的な不快感快適な服装を選ぶ、部屋の温度を調整する

言葉掛けによる見通しの提供

子どもは急な変更にストレスを感じやすく、それが癇癪の原因となることがあります。次の行動に移る前に「〇〇したら、ご飯にしようね」といった具体的な言葉掛けをすることで、子どもは心の準備をすることができます。また、視覚的な手段を用いることで、子どもに計画の変更をより分かりやすく伝えることができます。

対策テーブル

言葉掛けの内容具体的な方法
次の行動の予告「終わりの5分前にはお知らせするね」など事前に伝える
スケジュールの視覚化絵や写真でスケジュールを示す
タイムリミットの設定タイマーを使って時間を視覚化する

子どもの特性に合わせた環境調整

子どもの感覚過敏やこだわりに応じて、環境を調整することも大切です。例えば、特定の環境や状況が苦手な場合はそれを避ける、こだわりが強い場合やおもちゃの取り合いが起きる際は、おもちゃの数を増やすなどの対応が有効です。

対策テーブル

子どもの特性具体的な対策
感覚過敏苦手な環境や状況を避ける
こだわりおもちゃの数を増やす、好きなアクティビティを提供する
コミュニケーションの困難分かりやすい言葉や手助けをする

これらの対策は、子どもが日常生活で感じるストレスを軽減し、癇癪の予防に役立ちます。

気持ちを伝えるツールを使う

子どもは言葉で気持ちを伝えるのが難しいことがあります。この際、絵カードやコミュニケーション支援アプリのような視覚的ツールを使って、気持ちを伝える方法を教えると効果的です。また、「困ったらどうするか」を教えることで、子どもがネガティブな感情を上手に処理できるようサポートします。

コミュニケーションツール活用テーブル

ツールの種類具体的な使用例
感情カード「落ち着いている」「少しイライラしている」などの感情を表す絵を描いたカードを使う
コミュニケーションアプリ絵や写真を使って気持ちを表現するアプリを活用する
具体的なセリフ「困ったときは『困った』って言うんだよ」といった具体的な言葉を教える

対処法やルールを決めておく

子どもと一緒にルールを決めたり、怒りを感じたときの対処法を考えたりすることも有効です。子どもが冷静になれる方法を一緒に考え、それを日常生活に取り入れることで、癇癪の発生を予防できます。

ルールと対処法設定テーブル

対策の種類具体的な内容
ルールの共同決定一緒にゲームやおもちゃのルールを決める
対処法の共同考案「怒ったときにはどうするか」を一緒に考える
落ち着くための活動匂い袋を嗅ぐ、魔法の言葉をつぶやく、新聞紙を破るなどの活動を決める
安心できる場所の設定家や学校で落ち着ける場所を指定する
快適な行動布団や毛布にくるまるなど、心地よい行動を採用する

これらのコミュニケーションツールの使用やルール設定を通じて、子どもが感情を適切に処理し、癇癪の発生を予防することが期待できます。

癇癪への不適切な対処方法とその影響

子どもの癇癪には適切な対応が必要であり、不適切な対応は癇癪を悪化させることがあります。

子どもの癇癪に冷静に対応する

子どもが癇癪を起こしているとき、保護者は感情的にならずに冷静に対応することが重要です。癇癪に巻き込まれて感情的になると、子どもへの適切な対応が難しくなります。子どもが物を投げたり攻撃的になったりする場合は、適切な距離を保つことが大切です。癇癪中の子どもの言動には深い意味を読み取らず、「子どもが苦しんでいる」と捉え、適切に対処しましょう。

不適切な対処方法

対処方法影響
感情的な叱責子どもの混乱と癇癪のエスカレーション
物で解決を図る癇癪を起こすと報酬があるという学習

乳児期の子どもへの対応の重要性

乳児期の子どもの泣き声やぐずりは、保護者との信頼関係を築くための重要なコミュニケーション手段です。この時期の子どもの要求に応えることは、その後の感情の発達にとって基礎を築くことになります。したがって、乳児期の子どもの要求には、適切に応対することが求められます。

このように、子どもの癇癪に対する適切な対応は、子どもの感情の発達にとって重要であり、癇癪を悪化させないためにも必要です。

子どもの頻繁な癇癪に対処するための早期相談

子どもの過剰な癇癪には専門的な対応が必要であり、保護者が一人で対応するのは困難です。早期に専門家への相談を検討することが推奨されます。

相談可能な施設とその機能

子育て支援センター

  • 乳幼児とその親が交流し、育児相談や情報提供を受けられる場。
  • 市区町村ごとに設置されており、育児の不安を相談できる。

児童発達支援事業所・放課後等デイサービス

  • 子どもの特性に応じた支援や療育プログラムを提供。
  • 言語聴覚士や理学療法士などの専門家による支援が受けられる。

発達障害者支援センター

  • 発達障害の当事者やその関係者(保護者、教師など)を支援。
  • 年齢に関わらず相談可能で、子どもの問題行動に関する専門的知見を持つ。

医療機関

  • 癇癪が極端で医療的な介入が必要な場合に利用。
  • 「発達外来」や「小児神経科」「児童精神科」で診断・支援を受けられる。

早期相談の重要性

子どもが頻繁に激しい癇癪を起こす場合、早めに専門家への相談をすることが非常に重要です。特に、自傷行動や他人に危害を加えるような行動が伴う場合には、医療機関への相談が必要になることもあります。保護者一人で全てを抱え込むのではなく、専門家からのサポートを積極的に求めることで、子どもにとって適切な対応策を見つけることが容易になります。専門家の助言や支援を受けることにより、子どもの癇癪に効果的に対処することが可能となり、家庭内のストレスを軽減できます。

まとめ

子どもの癇癪に対する理解と対応は、彼らの健やかな発達をサポートする上で非常に重要です。このコラムを通じて、癇癪の原因、発達障害との関連、そして実用的な予防策や対応法について理解を深めていただけたことと思います。最後に、日々の育児において癇癪に直面した際、この記事が役立つ情報源となることを願っています。子どもの発達をサポートする旅は続きますが、この知識がその一助となれば幸いです。

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト
2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
4
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
9
ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説と記載されたイラスト

ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説

「ギフテッド」という言葉は、特別な才能や能力を持つ人々を指すものですが、その特徴や顔立ちは一目では分かりません…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today