発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

”人の気持ちがわからない“は病気のサイン?大人のASDと向き合う方法

author:dekkun
”人の気持ちがわからない“は病気のサイン?大人のASDと向き合う方法と記載されたイラスト

「なぜ、人の気持ちが理解できないのだろう?」多くの大人が抱えるこの疑問。時には病気のサインとして、自閉症スペクトラム障害(ASD)が関係していることがあります。ASDは、社会的コミュニケーションの困難や特定の行動の繰り返しなど、さまざまな特徴を持つ複雑な状態です。しかし、適切な理解と対処があれば、生活はより豊かなものになります。このコラムでは、ASDについての基本知識と、他者の感情を理解する際に直面する挑戦、そしてそれに対処する方法を探ります。

感情が読み取れない?大人のASDと日常の『あるある』シチュエーション

感情の読み取りに困難を抱える大人のASD。日々のコミュニケーションで起こる、わかりにくいが現実的なシチュエーションを、わかりやすく紐解きます。

あいまいな表現が理解できない

自閉症スペクトラム障害(ASD)のある人は、間接的または抽象的な言葉を理解しにくいことがあります。具体的な指示がないと行動に移すのが難しく、日常生活でのコミュニケーションに影響を受けることがあります。

表現誤解されやすい意味
「ここをきれいにして」どの場所か、どの程度清掃するかが不明瞭
「気をつけて」具体的な対策がわからない

思ったことをそのまま言ってしまう

ASDのある人は、自分のルールや感覚に基づいてストレートに発言することがあります。これは、暗黙の了解や社会的なルールに対する理解が不足しているため、時に周囲を戸惑わせることがあります。

状況発言例
会議での意見交換「もう決めたら?」
同僚の提案に対して「それは無理だ」

こだわりが強い

ASDのある人は、特定の興味や習慣にこだわりを見せることがあります。日常の習慣やルーチンへの固執は、柔軟な対応を難しくすることがあります。

こだわり具体例
食事の時間いつも同じ時間に昼食をとる
着用する服の色特定の色の服しか着ない

ASDとの向き合い方、理解の一歩

ASDとは?

ASD(自閉症スペクトラム障害)は、生まれつきの脳機能の特性で、発達障害の一つです。親のしつけや環境ではなく、先天的な要因によって生じます。これにはASDの他に、ADHD(注意欠陥・多動性障害)や限局性学習障害などが含まれます。

ASDの影響

ASDの特性により、社会生活や日常のコミュニケーションに困難が生じることがあります。これが原因で、本人や周囲がストレスを抱え、時にはうつ病や引きこもりなどの二次障害に繋がることもあります。

支援の重要性

ASDに関連する困りごとや悩みは、適切な支援を受けることで改善が見込まれます。発達障害への理解が高まっている現在、多くの支援機関が存在します。

ASDの診断基準

ASDの診断基準には、対人相互反応、対人コミュニケーションの困難、特定の行動や興味へのこだわりが含まれます。これらはアメリカの精神障害の診断・統計マニュアル第五版(DSM-5)に基づいています。

コミュニケーションの難しさを乗り越えて、ASDとADHDが引き起こす誤解とその対策

相手を誤解させずに伝えるコツ:ASDやADHDによるコミュニケーションの難しさを克服するための具体的なアドバイスと実践ポイントを紹介します。

コミュニケーションの誤解

会話中に意図せず相手を怒らせたり、気分を害させたりすることがあります。これは、ASDやADHDの特性による行動に起因することが多いです。ASDの場合、目線が合わない、声の大きさが不適切などの特徴があり、ADHDの場合は、貧乏ゆすりや手遊びなどが見られます。

特性具体例
ASD目線が合わない、声の大きさが不適切
ADHD貧乏ゆすり、手遊びなどの多動

効果的なコミュニケーションのための実践ポイント

効果的なコミュニケーションを実現するためには、相手に気を使いながら話すことが重要です。例えば、話しかけられたら「はい」と返事し、体を相手に向けるなど、基本的なコミュニケーションのルールを守ることが大切です。

行動実践ポイント
返事「はい」と返事し、体を相手に向ける
呼びかけ相手の名前を先に呼び、用件は相手の都合を確認してから

自分自身の変化の重要性

他者を変えることは難しいため、まずは自分自身を変えることに注力しましょう。小さな一歩から始め、少しずつ改善していくことが、自分自身や周囲の見方に変化をもたらします。

変化のステップ実践例
自己改善小さな変化から始める、一歩一歩進む
セルフモニタリング他者の視点や専門家の意見を参考にする

【発達障害と感情のズレ】人の気持ちを読み解くヒント

皮肉の理解が難しい

ASDのある人は、皮肉を直接的な言葉として受け取りやすいです。言葉の背後にある感情や意図を読み取るのが苦手なため、誤解が生じることがあります。

具体例対処法
皮肉として「いつも時間に正確で素晴らしいね」と言われたが、実際は遅刻が多いため、皮肉と気づかない皮肉や比喩を含む言葉遣いに慣れるために、異なる状況や文脈での言葉の使い方を学ぶ

他人の気持ちに配慮するのが難しい

ASDやADHDを持つ人は、他人の感情に配慮しながら発言するのが難しいです。直接的すぎる言葉遣いが誤解を招くことがあります。

具体例対処法
相手の提案に対して「それは無意味だ」と直接的に反対意見を述べるが、相手は不快に感じる言葉選びを工夫し、「もう少し詳しく説明してもらえますか?」のように柔らかい表現を使う

【発達障害とコミュニケーション】相手の気持ちを理解するための方法

相手の意図を確認する

発達障害のある人がコミュニケーションを円滑にするために重要なのは、「相手が何を求めているか」を確認することです。自分と相手の認識のずれを避けるため、積極的に質問しましょう。尊重的な言葉で確認することが、効果的なコミュニケーションの鍵です。

具体例対処法
相手:「このプロジェクトの進捗を報告してくれますか?」
あなた:「報告書を作成することで合っていますか?」
相手:「いいえ、口頭で要約してください」
言葉を確認し、明確な指示を受けます

自己の特性を説明する

自分の特性を他人に伝えることができる場合、自分の特性を詳しく説明することが役立ちます。自分の特性を説明することで、他人の理解が深まります。

具体例対処法
あなた:「新しいアイデアを思いつくのが得意ですが、評価を気にすることがあります。率直なフィードバックをお願いします」自分の特性を共有し、他人に理解を求めます

パターンを認識する

他人の感情や行動のパターンを観察し、異なる視点を理解する訓練を行います。ただし、ルールに過度に固執しないように気をつけましょう。

具体例対処法
Aさん:「会議中に質問を受けると緊張する人がいます」
ノート:「会議中に質問を受ける → 緊張する可能性」
他人の行動を観察し、異なる視点を理解するための情報を記録します

あなたの地域で利用できる相談先ガイド

ASDや発達障害を抱える方々とその家族へ。あなたの地域で利用できる多様な支援機関を紹介します。

発達障害者支援センター

発達障害に関連する多様な相談に応じます。診断がなくても、発達障害の可能性がある場合に相談できます。サポート内容は自治体により異なります。

障害者就業・生活支援センター

障害のある方の就業と生活に関する相談を行います。経済的な悩みから日常の問題まで幅広くサポートします。

就労移行支援事業所

安定した就業を目指す障害福祉サービスを提供。全国の事業所で生活リズムの安定や職業スキル習得をサポートします。

精神保健福祉センター

心の健康に関する相談に対応。専門家の紹介やカウンセリング、精神的な健康問題へのサポートを提供します。

地域活動支援センター

地域での社会参加や活動を支援する施設です。日中活動の提供や社会とのつながりをサポートし、自立した生活を促進します。

まとめ

「人の気持ちがわからない」と感じることは、決してあなた一人だけの問題ではありません。ASDは多くの人々に影響を与えており、適切なサポートと理解があれば、充実した生活を送ることが可能です。このコラムを通じて、ASDに対する理解を深め、感情の理解に苦労している方々やその周囲の人たちが、より良いコミュニケーションと相互理解の道を見つけられることを願っています。もしASDの疑いがある場合は、専門家に相談することをお勧めします。あなたの経験が、他の誰かの支えになるかもしれません。

dekkun.で相談しよう!

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
4
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
発達障害の子どもたちが夢中になる遊び方アイデア!室内外で楽しむ活動とおすすめおもちゃとはと記載されたイラスト

発達障害の子どもたちが夢中になる遊び方アイデア!室内外で楽しむ活動とおすすめおもちゃとは

親御さんや育てる方々が常に模索しているのが、発達障害のある子どもたちが楽しめる遊び方です。どの子どももそれぞれ…

calendar_today
8
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
9
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today
10
通所受給者証の取得から活用まで!デメリット、割引施設、グレーゾーンを徹底解説と記載されたイラスト

通所受給者証の取得から活用まで!デメリット、割引施設、グレーゾーンを徹底解説

児童発達支援や放課後等デイサービスを利用するためには、「通所受給者証」が必要です。しかし、この受給者証の取得プ…

calendar_today