発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

知っておきたい!児童発達支援とは?サービスの内容、費用、申請手順を解説

author:dekkun
知っておきたい!児童発達支援とは?サービスの内容、費用、申請手順を解説と記載されたイラスト

子どもの成長と発達は、多くの親にとって重要な関心事ですが、発達に課題を抱えるお子さんを持つ家庭では、適切な支援が必要不可欠です。児童発達支援は、そんな家庭を支えるための制度であり、多くの子どもたちにとって、その利用が成功の鍵となります。このコラムでは、児童発達支援の基本的なサービス内容、利用にかかる費用、そして具体的な申請手順について専門家が解説します。これにより、必要なサポートを必要とするすべての家庭が、どのようにして支援を受けられるかを理解し、その過程をスムーズに進められるようになることを目指しています。

児童発達支援とは?未就学児を対象とした総合的なサポート

児童発達支援とは?未就学児を対象とした総合的なサポートと記載されたイラスト

児童発達支援は、障害のある小学校就学前の6歳までの子どもたちが対象の通所支援サービスです。この制度は、子どもたちが社会に適応しやすくなるよう、日常生活の自立支援や機能訓練を提供します。また、保育園や幼稚園に類似した遊びや学びの場も提供しており、子どもたちの成長と発達を全面的にサポートすることを目的としています。

児童発達支援の主なサービス内容

日常生活の自立支援食事の取り方、トイレトレーニングなど、日常生活で必要な基本的な動作を教えます。
機能訓練物理的、感覚的な運動を通じて、身体的な機能を向上させるトレーニングを行います。
認知と行動のサポート認知発達を促す活動や、社会的な振る舞いを学ぶための支援を提供します。
言語・コミュニケーション能力の向上言葉の理解と使用を助ける活動を行います。
社会的スキルの発達他の子どもたちとの適切な関わり方を学ぶことで、集団生活への適応を支援します。

児童発達支援を利用するための手続き

児童発達支援を利用するには、「障害児通所受給者証」が必要です。この受給者証は、お住まいの自治体で申請し、必要な書類を提出することにより発行されます。具体的な申請手続きや必要書類については、最寄りの福祉窓口で確認してください。

児童発達支援の利用頻度と形式

児童発達支援は、子どものニーズや発達状況に応じて、週に数日から毎日通う形式が選べます。支援は個別または小集団で提供され、それぞれの子どもの発達に合わせたカスタマイズされたプログラムが組まれます。

児童発達支援は、障害のある子どもたちが将来、自立し社会生活を送るための重要なステップです。この支援を通じて、子どもたちは日常生活のスキルを身につけ、社会的な振る舞いやコミュニケーション能力を向上させることができます。もし児童発達支援の利用を考えている場合は、早めに関連する情報を集め、適切な手続きを進めることが望ましいです。

児童発達支援の概要、誰が対象で、どんな支援が受けられるのか

児童発達支援は、未就学の障害のある子どもたちが日常生活や社会生活に適応できるように設計された支援制度です。このサービスは、小学校に入学する前の子どもたちに焦点を当てており、個々の発達のニーズに応じた支援を提供しています。

児童発達支援の対象者

対象と記載されたアイコン
対象年齢主に未就学児、つまり6歳までの子どもが対象です。
対象条件療育が必要と認められる子ども。具体的には、乳幼児健診や保育園、幼稚園での観察を通じて、特別な支援が必要であると判断された場合が含まれます。

支援内容

児童発達支援では、以下のような総合的なサービスを提供しています。

日常生活スキルの支援食事のマナー、トイレトレーニングなど、基本的な自立活動を支援します。
運動・感覚スキルの向上運動機能の発達を促す様々な活動を通じて、感覚処理能力を強化します。
認知・行動のサポート問題解決能力の向上や適切な行動スキルの獲得を助けます。
言語・コミュニケーション能力の育成言葉の理解と使用を助け、効果的なコミュニケーションを促進します。
社会的関わりの支援 他の子どもたちや大人との適切な社会的交流を支援します。

障害者手帳の必要性

まるを持つ女性のイラスト

児童発達支援を利用するために障害者手帳が必須ではありません。地域によっては、障害の診断書や支援が必要であるとの医師の意見書があれば、自治体を通じて受給者証が発行され、必要なサポートを受けることが可能です。

児童発達支援事業所の役割とサービス

児童発達支援事業所の役割とサービスと記載されたイラスト

児童発達支援事業所は、障害を持つ未就学児童に対して、その成長と発達をサポートするための様々なサービスを提供する施設です。これらの事業所は子どもたち一人ひとりのニーズに応じた個別支援計画を基に、専門的な療育や訓練を行います。

サービスの種類と提供形態

通園タイプ

保育園や幼稚園のように毎日通うタイプの事業所があります。これは日常的な支援が必要な子どもたちに適しています。

週数回通園タイプ

週に数日だけ通い、必要な支援を受ける形式もあります。これは比較的軽度の支援が必要な場合や家庭とのバランスを取りたい家族に適しています。

提供される主なサービス

聴能訓練や言語聴覚訓練

特定の発達課題に対応するための専門的な訓練を行います。

保育所等訪問支援

地域の保育園や幼稚園に訪問し、保育環境での支援を提供します。これにより、児童が集団生活に適応できるようサポートします。

利用条件とプロセス

2人の医者のアイコン

児童発達支援を利用するためには、通常、医師の診断書や意見書が必要です。その後、自治体による審査を経て受給者証が発行され、指定されたサービスの利用が可能になります。サービスの利用頻度や期間は、子どもの発達状態や家庭のニーズに応じて決定されます。

サポートの重要性

ハートを抱く男女のイラスト

児童発達支援事業所では、ただ子どもにサービスを提供するだけでなく、家族全体への支援も重視しています。適切なアセスメントと保育所や幼稚園との連携により、子ども一人ひとりに最適

化されたサポートを提供することが可能です。これにより、児童が社会的なスキルや必要な行動を学び、家庭生活や将来の学校生活で成功するための基盤を築くことができます。

児童発達支援事業所の目指す成果

児童発達支援事業所の究極の目標は、障害を持つ子どもたちが自分たちの最大のポテンシャルを引き出し、自立した日常生活を送れるようにすることです。以下のような成果を目指しています。

児童発達支援事業所の目指すものとはと記載されたイラスト
日常生活の自立食事、着替え、トイレなどの基本的な生活スキルの自立を支援します。
社会的適応社会的なルールや適切な行動を学び、他の子どもたちとの関わりを通じて社会性を育みます。
学習能力の向上基本的な学習スキルや問題解決能力の向上をサポートし、将来の教育の成功につなげます。

家族への支援も充実

家族への支援も充実と記載された笑顔の夫婦のイラスト

児童発達支援事業所では、子どもだけでなく家族に対しても支援を提供します。これには、親が子どもの障害を理解し、日常生活でどのようにサポートするかのガイダンスも含まれます。また、親同士の交流の場を提供することで、相互支援のネットワークを形成し、情報交換や経験の共有が行えるよう支援しています。

児童発達支援事業所は、障害を持つ子どもたちとその家族にとって貴重なリソースです。個々のニーズに合わせたサービス提供により、子どもたちの発達を促進し、家族が直面する課題を軽減します。適切なサポートと情報を得ることで、家族は子どもの成長を効果的にサポートすることができるようになります。

児童発達支援事業所のスタッフとは?専門性と役割

専門職と記載されたイラスト

児童発達支援事業所では、障害を持つ子どもたちへの適切なサポートを提供するために、さまざまな専門職が協力しています。これらのスタッフは専門的な資格を持ち、発達支援に関する研修を受けています。

主なスタッフとその役割

児童発達支援管理責任者

この職員は、利用する子どもたちの個別支援計画を作成し、プログラムの質を管理します。事業所には少なくとも1人の管理責任者が常勤で勤務しており、サービスの提供が円滑に行われるよう監督します。

児童指導員・保育士

子どもたちの日々の療育活動を直接指導するのがこのスタッフの役割です。保育士や教育のバックグラウンドを持つ指導員が、遊びや学習活動を通じて子どもたちの発達を促します。

機能訓練担当職員

言語聴覚士、理学療法士、作業療法士など、専門性の高い職員がこのカテゴリに含まれます。これらのスタッフは、特定の発達領域や機能の改善を目指し、専門的な訓練を提供します。

スタッフの専門性と研修

児童発達支援事業所のスタッフは、定期的に発達障害支援に関する最新の研修を受け、その知識と技術を日々の業務に活かしています。これにより、子ども一人ひとりに最適な支援を提供し、その発達を促進することが可能になります。

児童発達支援事業所のスタッフは、それぞれが専門的な知識と技術を持ち、子どもたちの様々なニーズに応じたサポートを提供します。彼らの専門性は、子どもたちが自立し、社会的なスキルを習得するための重要な基盤となります。家族も、これらの専門家と協力して、子どもの発達を全面的に支援することができるのです。

児童発達支援事業所の利用方法とは?時間と頻度

児童発達支援事業所は、障害を持つ未就学児を支援する施設であり、利用方法は事業所によって様々です。主に以下のようなタイプがあります。

赤ちゃんとお母さんのアイコン
全日型通園タイプ朝送迎があり、給食を提供し、午後に帰宅する保育園型のサービスです。
部分通園タイプ日中は保育園や幼稚園に通い、降園後に児童発達支援事業所を利用します。
療育専門タイプ特定の療育活動や機能訓練に特化し、必要に応じて通所します。

各事業所は開所時間や利用可能な日数について独自のルールを設けており、子どもや保護者の状況に合わせた利用計画を立てることが可能です。

利用回数と利用料金の設定

利用回数と利用料金の設定と記載されたイラスト

利用する回数や日数は、子どもの発達ニーズや保護者の希望に応じて、受給者証を通じて認定されます。この受給者証は地域の自治体から発行され、事業所の利用条件や利用料金に影響を与えます。

利用料金と自己負担

児童発達支援の費用は主に以下のように設定されています。

基本負担額
利用者はサービス費用の1割を負担します。残りの9割は国と自治体からの給付によってカバーされます。

所得に応じた負担上限

  • 非課税世帯: 0円
  • 年収920万円以下: 最大4,600円
  • 年収920万円以上: 最大37,200円

また、おやつ代や教材費などの実費が必要な場合があります。自治体によっては追加の助成が提供されることもありますので、詳細はお住まいの地域の窓口で確認してください。

多子軽減措置と食費減免

複数の子どもが同時にサービスを利用する家庭には、多子軽減措置が適用され、第2子以降の利用料が割引されます。また、食費に関しても、収入に応じて減免措置が設けられています。

児童発達支援事業所は、障害を持つ未就学児に対して、その成長と発達を支援する重要な役割を担っています。利用方法や費用については事業所や地域によって異なるため、事前にしっかりと調査し、家族のニーズに最適なプランを選ぶことが大切です。

児童発達支援利用のための手続きの流れ

利用手続きと記載された女性のアイコン

児童発達支援を利用するための手続きは、以下のステップに分かれています。

  1. 利用相談

    市区町村の福祉相談窓口や障害児相談支援事業所に相談をします。ここで、どのようなサービスが必要かについての聞き取りや、地域の児童発達支援事業所の情報提供が行われます。各市区町村によって申請の流れや必要な書類が異なるため、この段階で詳細を確認することが大切です。

  2. 施設見学・個別相談

    実際に利用したい事業所を訪れて見学を行い、体験が可能な場合はそれも行います。利用プランについて具体的な相談をし、事業所から必要な書類(意見書など)を作成してもらいます。

  3. 申請書類の提出

    受給者証を取得するために、市区町村の福祉担当窓口に障害児通所給付費支給申請書や障害児支援利用計画案を提出します。この際、所得を証明する書類や、あれば療育手帳や障害者手帳を提示します。手帳がなくても、医療機関の意見書を提出することで申請が可能です。

  4. 調査・審査

    市区町村が子どものサポートニーズに適したサービス量(日数)を検討するための調査や審査を行います。これには面接調査や訪問調査が含まれ、家庭の状況や子どもの発達ニーズに応じた適切なサービスが決定されます。

  5. 受給者証の交付

    審査を通過した後、受給者証が交付されます。これにより正式にサービスの利用が開始されます。受給者証の受け取り方法は郵送や直接受け取りなど、市区町村によって異なります。

  6. 事業所との契約・支援計画の作成

    受給者証と障害児支援利用計画を持参し、事業所と正式な契約を結びます。その後、子どもと保護者との面談を通じて個別の支援計画が作成され、サービスの提供が開始されます。

以上のステップを踏んで、児童発達支援の利用がスタートします。各ステップにおいて、保護者は市区町村や事業所と密接に連携し、適切なサポートを受けるための手続きを進めるこめることが重要です。利用開始後も、定期的な評価と計画の見直しが必要となります。これにより、子どもの発達に応じて必要な支援を適切に調整し、継続的に最適な環境を提供していくことができます。

注意点

男女2人のアイコン

事前の準備

利用する前に必要な情報収集や書類準備をしっかりと行い、何が必要かを明確にしておくことが重要です。

施設選び

見学や体験を通じて、施設の雰囲気やスタッフの対応を確認し、子どもに合った場所を選ぶことが大切です。

連携の重要性

保育所や幼稚園、地域の支援機関との連携を図りながら、一貫性のある支援を心がけましょう。

継続的なフォローアップ

定期的な評価と計画の見直しを行い、子どもの成長に合わせて必要な支援を調整していくことが重要です。

児童発達支援を利用することで、障害のある子どもが社会に適応しやすくなるような支援を受けることが可能です。親としては、プロセスを理解し、積極的に関与することで、子どもがより良い支援を受けられるようにサポートすることが求められます。また、各ステップにおいては、専門家の助けを借りながら、最適なサポートを確保するための努力が不可欠です。

通所受給者証の取得から活用まで!デメリット、割引施設、グレーゾーンを徹底解説と記載されたイラスト
児童発達支援や放課後等デイサービスを利用するためには、「通所受給者証」が必要です。しかし、この受給者証の取得プ…
calendar_today

まとめ

児童発達支援の活用は、お子さんの発達に大きな違いをもたらすことができます。今回ご紹介したサービスの内容、費用、申請手順を踏まえて、適切な準備と理解を持って進めれば、その効果を最大限に引き出すことが可能です。疑問や不安を感じたら、早めに関連する専門機関に相談することが重要です。親が情報を得て行動することで、お子さん一人一人がその可能性を最大限に発揮できる環境を整える手助けとなるでしょう。今後も家庭と支援機関が連携を取りながら、一人でも多くの子どもたちがその成長と発展を遂げられるよう努めていくことが望まれます。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today