発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

生きづらさを感じるあなたへ「発達障害 診断」で自分を理解し、セルフチェックで一歩を踏み出そう

author:dekkun
生きづらさを感じるあなたへ「発達障害 診断」で自分を理解し、セルフチェックで一歩を踏み出そうと記載されたイラスト

日常生活の中で「なんだか生きづらい」と感じる瞬間はありませんか?そんなあなたの悩みが、もしかすると発達障害のサインかもしれません。発達障害とは、学習やコミュニケーション、注意の集中などに影響を及ぼす神経発達の特性です。このコラムでは、「発達障害 診断」の重要性と、セルフチェックを通じて自己理解を深める方法について解説します。

「ちょっと違うかも?」自分の発達特性に気づくチェックリスト

日々の小さな失敗や、人とのコミュニケーションでのズレに悩んでいませんか?おっちょこちょいだったり、あわてんぼうだったり、時には周りとのペースが合わないことで叱られることも。これまでそれを自己の努力不足だと感じていたかもしれませんが、もしかしたら、それはあなたの個性、脳の特性に起因するものかもしれません。

チェックリストで自己発見

生きづらさの背後にある自分の発達特性を理解するために、医療機関でも使われるチェックリストを活用してみましょう。自分自身を知ることは、問題への理解と対処の第一歩です。

特性を知るメリット

自分の特性を理解することで、日常生活での小さな工夫や、必要に応じたカウンセリング、さらには専門的なサポートの利用が容易になります。

行動への呼びかけ

自分の発達特性に気づくことは、より良い未来への一歩です。チェックリストを使って、今すぐ自己理解の旅を始めましょう。自分の特性を知り、それに合ったサポートを受けることで、毎日をもっと快適に過ごせるようになります。

発達障害とは?

発達障害には、自閉症スペクトラム障害、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などがあります。これらは子ども期に始まり、大人になっても続く特性で、社会生活や職場での対人関係に影響を与えることがあります。

診断の重要性

専門家による適切な診断は、自分の特性を理解し、必要なサポートを受けるための第一歩です。診断を受けることで、個々の困りごとに合わせた支援や治療を受けることが可能になります。

大人のADHDセルフチェックリスト、あなたの症状を探る

この自己チェックリストは、大人におけるADHDの特性を理解するためのものです。

注意点

  • このチェックリストは、あなたのADHDの特性を理解するためのもので、正式な診断ツールではありません。
  • ADHDには似た症状を示す他の疾患もありますので、最終的な診断は専門の医療機関での評価が必要です。

自己理解を深め、必要なサポートを得るための第一歩として、このチェックリストを活用してみてください。

ADHDセルフチェックリスト

タスクの完遂が困難ですか?

  • 仕事やプロジェクトの最後の仕上げが特に難しいと感じることは、頻繁にありますか?

計画的な作業が苦手ですか?

  • 計画が必要な作業を行う際、どれほど頻繁にタスクの順序を決めるのに苦労しますか?

約束や用事を忘れがちですか?

  • 大切な約束や用事を忘れることが、どの程度の頻度で起こりますか?

考えることを先延ばしにしますか?

  • 熟考が必要なタスクを先延ばしにする、または避けることは、しばしばありますか?

長時間座っているのが苦手ですか?

  • 長く座っている必要がある時に、手足を動かしたり落ち着きがなくなったりする頻度はどれくらいですか?

過度に活動的になることがありますか?

  • 何もせずにはいられない、過度に活動的になることが、どれくらい頻繁にありますか?

集中を維持するのが困難ですか?

  • 読書や作業中、注意が散漫になり集中を続けるのが難しいことはどれくらいの頻度でありますか?

急な衝動に駆られることがありますか?

  • 衝動的に物を買ったり、衝動的に決断を下すことが頻繁に起こりますか?

他人の話を聞いているときに気が散りやすいですか?

  • 他人が話しているときに、話に集中できずに他のことを考えてしまうことはどれくらいありますか?

物事を始めるのに時間がかかりますか?

  • 新しいプロジェクトやタスクを始める際、実際に取りかかるまでに無駄に時間を使ってしまうことはどれくらいの頻度でありますか?

これらの質問に答えることで、自分の行動パターンや発達特性についての理解を深めることができます。もし多くの質問に「はい」と答えた場合は、専門家に相談することをお勧めします。

大人のASDセルフチェックリスト、自己理解のためのステップ

ASD(自閉症スペクトラム障害)は大人になっても様々な形で表れることがあります。

重要な注意点

  • このチェックリストは、ASDの可能性を探るためのツールであり、専門家による診断に代わるものではありません。
  • ASDの特性は人それぞれであり、専門家による評価と診断が正確な理解には不可欠です。

大人の自閉症スペクトラム障害(ASD)セルフチェックリスト

他人の感情や意図を理解するのが難しいですか?

  • 他の人と話している時に、彼らが感じていることを理解するのは難しいですか?

社交的な場でどう振る舞えばよいか分からないことがありますか?

  • 社交的な場面で、適切な行動がわからず戸惑うことがよくありますか?

集団で働いたり、活動することが難しいですか?

  • チームでの作業やグループ活動が特に困難を感じることはありますか?

他人の期待を理解するのが難しいですか?

  • 他人があなたに何を望んでいるのか、把握するのが難しいですか?

計画的な作業を行う際、作業を順序立てるのが難しいですか?

  • 計画性が求められるタスクを行う時に、順序を決めるのに苦労しますか?

普通の感触で不快感を感じることがありますか?

  • 他の人が気にしないような感触が肌に触れると、強い不快感を覚えますか?

特定の音に過敏で、耳を塞がなければならないことがありますか?

  • 煩わしい音に対して非常に敏感で、それを避けるために耳をふさぐことがありますか?

人との会話中、話の順番がわからなくなることがありますか?

  • 他人との会話で、自分が話すべき時か聞くべき時かが分からなくなることがありますか?

自分の感覚に圧倒される時、一人になる必要がありますか?

  • 強い感覚的刺激を受けた時、落ち着くために一人の空間が必要ですか?

友達作りや社交的な関係が理解できないことがありますか?

  • どのようにして友達を作り、人と親しくなるかが分からないことはありますか?

表情や身振りの意味を理解するのが難しいですか?

  • 他人の表情やジェスチャーの意味を読み取るのが困難ですか?

細部に注目し、全体像を見失うことがありますか?

  • 物事を見る時、細かい部分に目が行きがちで、全体を捉えるのが難しいですか?

言葉を文字通りに受け取りすぎることがありますか?

  • 人の言葉をいつも直接的に受け取り、裏の意味に気づかないことがありますか?

突然の変化に強く反応し、動揺することがありますか?

  • 予期せぬ変更や、計画が変わると、非常に動揺することはありますか?

新しいルーチンや変更に適応するのが困難ですか?

  • 日常のルーチンや習慣が変わると、それに適応するのが難しく、ストレスを感じますか?

これらの質問に答えることで、自分の行動パターンや発達特性についての理解を深めることができます。もし多くの質問に「はい」と答えた場合は、専門家に相談することをお勧めします。

発達障害の診断を受けるにはどこへ行けばいい?

発達障害の診断は専門の医師によってのみ行われます。診断を検討している場合、まずは医療機関以外の専門機関で相談をしてみるのも一つの方法です。また、地域によっては医療機関のリストを提供しているところもあります。

子どもの場合

適切な医療機関の選び方

  • 診断は専門医がいる医療機関で行われます。小児科、児童精神科、小児神経科、発達外来が主な診断場所です。
  • 大学病院や総合病院も選択肢に含まれます。

診断前のアクション

  • 診断を受ける前に、専門機関で相談することも一つの方法です。
  • 地域によっては、発達障害に対応している医療機関のリストが提供されています。

大人の場合

適切な医療機関の選び方

  • 成人期の発達障害も小児期と同じく、専門医がいる医療機関で診断が可能です。
  • 精神科や心療内科、成人の発達外来が診断場所として考えられます。

診断を受けるためのステップ

  • 診断のためには、まずは医療機関での相談から始めます。
  • 大人の場合も、地域によっては対応している医療機関のリストが有用です。

共通の注意点

  • 医療機関を選ぶ際には、どのようなサポートや治療が提供されているかを確認しましょう。
  • 日本小児神経学会などの専門機関が提供する情報も参考になります。
  • 予約待ちや診断までの時間が長くなることもあるため、早めの対応が推奨されます。

発達障害の診断方法を理解しよう

発達障害の診断は、血液検査や脳画像診断といった物理的な方法ではなく、行動や発達の観察に基づいて行われます。ここでは、その診断プロセスをわかりやすく説明します。

国際的な診断基準の利用

医師は『DSM-5‐TR』や『ICD-11』などの国際的な診断基準を用いて、患者の症状を評価します。

診断プロセス

  • 医師は問診や行動観察、心理検査や発達検査を通じて、症状が診断基準に合致しているかを判断します。
  • 特定の症状が半年以上継続しているなど、一定の期間症状が持続していることも、診断の重要な要素となります。

診断のための情報収集

  • 医師は、患者の現在の状況だけでなく、過去の発達歴や健康状態についても詳細に聞き取ります。
  • 成育歴、学校や職場での評価、健康記録なども診断に役立てられます。

受診のための準備

  • 診察前に患者の発達や行動に関する重要な情報をまとめておくと、医師との対話がより有意義になります。
  • どの年齢であっても、患者が抱える問題点や気になる症状について整理し、医師に伝えることが大切です。

発達障害の診断は、患者自身の理解と適切な支援を受けるための第一歩です。子どもも大人も、同じ丁寧な評価プロセスを経て、その人に合った支援や介入が提供されることが重要です。

発達障害の診断:子どもから大人までのアプローチ

発達障害の診断は年齢に関わらず、観察と様々な検査を通じて行われます。以下は、子どもでも大人でも共通の診断プロセスについての説明です。

観察とヒアリング

診断の第一歩は、本人や関係者からの詳細な情報収集(ヒアリング)と、日常の行動観察です。

スクリーニング検査

ASDなどの場合、親面接式や個別式のスクリーニング検査が用いられます。これには、PARS-TRや新装版CARS、ADOS-2などが含まれます。

知能検査と発達検査

知能検査(例:WISC-Ⅴ、田中ビネー知能検査)は、知的能力の偏りや全般的な発達状況を評価します。これらは、学齢期だけでなく、適宜成人にも適用されることがあります。

その他の評価

MRI検査や脳波測定なども、必要に応じて行われることがあります。これは、脳の構造や機能に関する情報を提供します。

二次障害についての理解

二次障害は、発達障害に付随して生じる可能性のある追加的な問題です。これは、子どもだけでなく大人にも関連する問題です。

診断の総合的判断

最終的な診断は、これらの検査結果や情報を総合的に評価し、国際的な診断基準に照らして行われます。

発達障害の診断プロセスは、子どもから大人まで一貫して行われるものであり、適切な支援と介入を行うための重要なステップです。

まとめ

生きづらさを感じることは、決して一人で抱え込むべきではありません。セルフチェックは、より良い自己理解と適切なサポートへの一歩です。自分自身や周りの人との関係を改善し、より充実した日々を送るために、今、行動を起こしましょう。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
8
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
9
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today