発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

アスペルガー あるある?小学生のアスペルガー症候群と向き合う親のためのガイド

author:dekkun
アスペルガー あるある?小学生のアスペルガー症候群と向き合う親のためのガイドと記載されたイラスト

アスペルガー症候群は、多くの小学生とその親にとって、独自の課題と向き合う必要がある特別な状態です。このガイドでは、「アスペルガー あるある」に焦点を当て、アスペルガー症候群を持つ小学生と向き合う親のための支援を提供します。アスペルガー症候群とは何か、どのように接するべきか、そして子供たちの特性を活かす方法について詳しく探求していきましょう。

アスペルガー症候群について

アスペルガー症候群は、自閉症スペクトラム障害(DSM-5)に分類される障害で、以前はアスペルガー障害とも呼ばれていました。この障害は、対人関係に難しさや特異な興味といった自閉症の特徴を持ちつつ、言語や知的発達に遅れが見られない点が特徴です。一方、高機能自閉症は診断名ではなく、知的発達に問題のない自閉症を指します。

アスペルガー症候群の特徴は、遠まわしな表現や比喩の理解に困難さがあること、相手の感情を読み取るのが難しいこと、ルーチンへの執着、感覚過敏などが含まれます。

この障害の理解と接し方において、以下のポイントが役立つでしょう:

  1. 明確な指示とルールの提供
  2. インフォーマルなコミュニケーションを尊重
  3. 興味を尊重し共感する
  4. 感覚過敏に注意

アスペルガー症候群の人々は個別のニーズが異なるため、個別のサポートと理解が必要です。専門家のアドバイスや家族の協力が重要です。

アスペルガー症候群の特徴的な行動

行動アスペルガー症候群の特徴
感情や反応を読み取りにくい相手の表情や声のトーンから感情を理解しにくい
発言が一方的会話が自己中心的で相互に進行しづらい
大人との会話を好む大人との会話がストレスなくやりやすい
言葉の裏の意味が理解しにくい皮肉や曖昧な表現が理解できないことがある
こだわりが強い変化に不安を感じ、同じ状態やパターンにこだわる
固定観念にこだわる特定の興味を持ち、それに関連した情報を収集したり
同じ動作を繰り返す体の動きや行動パターンを繰り返し、ルールを厳密に守る

アスペルガー症候群:子供と大人の違い

アスペルガー症候群の症状は、子供と大人の間で共通点が多く、大きな違いはあまりありません。一般的に、子供の症状は成長しても持続することが考えられています。

子どもの場合

子供の場合、コミュニケーションや対人関係の困難さにより、友達を作りにくかったり、同じことにこだわったり、運動が苦手でからかわれたり、いじめの対象になることがあります。しかし、子供の環境では、大人からのサポートや学校でのルーチンに従うことができるため、症状がそれほど問題にならないこともあります。

アスペルガー症候群の子供との接し方

接し方のポイント具体的な方法
視覚的な整理を提供イラストや写真を使用して、スケジュールや手順を視覚的に示す。空間を明確に仕切って場所の役割を分かりやすくする。
短く具体的な指示を与える具体的な言葉で指示を伝える。例えば、「車を箱に入れて」と具体的な命令をする。
注意を引いてから伝えるコミュニケーションを始める前に子供の注意を引く。肩を軽く叩いたり、目を合わせたりしてから話す。
成功体験に焦点を当てる子供ができることに焦点を当て、できないことに関して事前や事後にサポートを提供。分かりやすい方法で行動を示し、成功を経験させる。

大人の場合

一方、大人になると、就職活動や仕事で上司、同僚、部下とのコミュニケーションが必要とされる場面が増えます。さらに、職場によっては社交的なスキルや相手の意図を理解する能力が求められますが、これらがアスペルガー症候群の特徴的な弱点となります。そのため、大人になってから初めて対人関係に問題を抱え、医療機関を受診して診断を受けることがあるのです。

アスペルガー症候群の治療と支援

現時点では、アスペルガー症候群の症状を完全に治療する方法はありません。しかし、いくつかのアプローチを通じて、本人のコミュニケーション能力を向上させたり、周囲からのサポートによって困難さを軽減させたりすることができます。

子どもの場合

子供の場合、このようなアプローチは「療育(発達支援)」と呼ばれ、発達に遅れがある子供に対して専門的な教育支援プログラムを提供し、トレーニングを行うものです。これは言語や身体的な発達に遅れのある子供たちに、日常生活での適応をサポートするためのアプローチです。

大人の場合

大人の場合、ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)として知られるアプローチがあります。これは対人関係を改善し、社会的なスキルを向上させるためのトレーニングです。また、アスペルガー症候群の特性を理解し、自己管理を向上させるトレーニングも提供されています。

心理的な苦悩によって不眠症や抑うつ症状が現れる場合、薬物療法が考慮されることがあります。ただし、薬物には副作用や個人差があるため、特に低年齢の子供に対しては慎重なアプローチが必要です。薬物療法を検討する際には、主治医との信頼関係を築き、綿密に相談することが重要です。

アスペルガー症候群の小学生の日常の課題

アスペルガー症候群の小学生は、個別の症状や困りごとが異なるため、一概に同じ問題があるわけではありません。しかし、小学校に通う過程で、社会的なコミュニケーションや対人関係に関する悩みや困難が増えることがあります。

以下は、アスペルガー症候群の小学生が経験する代表的な困りごとの一部です。

代表的な困りごとの一例

困りごとアスペルガー症候群の小学生の特徴
1. 空気を読むのが難しい社交的な場面で適切な行動が難しい
2. 悪気なく傷つける言葉を使う他人を傷つけずに意思疎通が難しい
3. 名前を呼ばれても反応しない自分の名前に気付かないことがある
4. マイペースな行動が目立つ自分のペースで物事を進める傾向がある
5. 冗談や誇張表現が理解しづらいユーモアや表現方法が理解しにくい
6. 指示が明確でなければ動けない具体的な指示がないと行動できない
7. こだわりが強い予定やルールにこだわり、変更が難しい
8. 例外を認めない一度決めたことに柔軟さを持ちにくい
9. 一方的な話し方自分の興味や好きなことについて話し続ける

アスペルガー症候群のある小学生へのサポート方法

親ができるアスペルガー症候群のある小学生へのサポート方法を紹介します。子どもの特性を理解し、日常生活でのコミュニケーションや課題に向き合うことが重要です。学校に通う小学生は、親のサポートによって適応力を高め、友達との良好な関係を築くことができます。子どもは成長する過程でコミュニケーションスキルを向上させますが、親のサポートが不可欠です。

書いて伝える

日常生活では、言葉ではなく書いて情報を伝える方法を試みましょう。アスペルガー症候群の子どもは口頭の指示よりも書かれた情報を理解しやすいことがあります。例えば、帰宅後のスケジュールを紙に書いて示すことで、理解が深まります。予定変更にも対応できるよう、スケジュールのパターンを子どもに教えてください。

具体的な説明

抽象的な言葉ではなく、具体的な説明を心がけましょう。アスペルガー症候群の子どもは具体的な指示を必要とし、それがないと忘れたり誤った行動をとることがあります。指示を出す際には、簡潔かつ具体的に伝えることが効果的です。例えば、持ち物チェックリストを作成したり、タスクを順番に説明することが役立ちます。

できることを褒める

子どものできることに焦点を当て、積極的に褒めましょう。褒めることで子どもは喜びを感じ、やる気を引き出すことができます。感情の理解が難しい場合でも、成果に対して肯定的なフィードバックを提供しましょう。褒めることで、子どもの強みを伸ばすことができます。

要求を一方的に押し付けない

要求を一方的に押し付けず、子どもが自発的に取り組む意欲を育てましょう。子どもにとって、自分から進んで行動することが大切です。押し付けるよりも、協力し、子どもが自分から取り組む意欲を高める方法を探しましょう。

相手の感情を読む

日常生活で相手の表情や会話を通じて感情を理解する訓練を行いましょう。感情を読む力は将来に役立つスキルであり、アスペルガー症候群の子どもでも向上させることが可能です。視覚的な方法や肯定的な表現を用いて、感情の理解を支援しましょう。

家庭内のルールを設定

家庭内で共有するルールを設定しましょう。これにより、子どもは臨機応応に対処する力を養うことができます。家庭内のルールを話し合い、子どもにルールを守る大切さを理解させましょう。これは学校や社会での協力にも役立ちます。

特性を活かした学習

子どもの特性を活かした学習方法を導入しましょう。アスペルガー症候群の子どもはコツコツと自分のペースで学習することが得意です。学習スケジュールを具体的に立て、特性を理解した上でサポートしましょう。

ソーシャルスキルトレーニング(SST)を検討

療育の一部としてソーシャルスキルトレーニング(SST)を検討しましょう。これは社交性やコミュニケーション能力を向上させるプログラムで、専門のサポートを受けることができます。子どもの成長に合わせて適切な方法を選びましょう。

ASD(アスペルガー症候群)の小学生への薬物治療について

ASD(アスペルガー症候群)の小学生への支援方法に、薬物治療も一つの選択肢として考えられます。生まれつきの特性を完全に治すことは難しいですが、症状の管理や抑制のために薬物が処方されることがあります。たとえば、発作を抑える薬や不安を和らげるための抗不安薬が含まれます。

また、ASDは適応障害やうつ病などの二次的な障害を引き起こす可能性があるため、これらの障害が発生した場合にも薬物治療が検討されることがあります。二次的な障害は、例えば過度な叱責を受けたり、心的な負担が大きくなったときに発症することがあります。

子どもの日常生活をサポートするための薬物治療となりますので、医師からの説明やアドバイスをしっかり受けて、子どもにとって適切な治療を行うようにしましょう。

アスペルガー症候群やASDの子どもへの相談先

アスペルガー症候群やASDの子どもがいる場合、保護者や本人はさまざまな悩みや課題に直面し、学校だけでなく日常生活でも不安や心配事が出てくることがあります。そのようなときには、頼れる相談先を知っておくことが大切です。以下は、アスペルガー症候群やASDの子ども向けの相談先をまとめた表です。あなたの住所に合わせて該当する施設を調べてみてください。

相談先名称
保健センター
子育て支援センター
児童発達支援事業所
発達障害者支援センター

地域ごとに問い合わせ先が異なるため、詳細な情報を公式HPで確認しましょう。

まとめ

アスペルガー症候群に関するこのガイドが、小学生のアスペルガー症候群を持つ子供たちとその家族にとって貴重な情報源であることを願っています。子供たちが自分自身を受け入れ、成長し、幸福な人生を築くのをサポートする一助となり、親御さん方にとっては子供たちとのより強い絆を築く手助けになることを願っています。アスペルガー症候群という独自の旅路で、お互いに支え合い、成長していくことを願っています。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
8
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
9
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today