発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

癇癪とは―子どもの癇癪の原因と対処法、癇癪と発達障害の関連性とは?癇癪を起こす前の予防策も紹介

author:dekkun
子どもの癇癪とはと記載されたイラスト

癇癪とは、子どもが感情的な状態に陥り、激しく泣いたり、叫んだり、周りの物を投げたりすることを指します。子どもが自分の気持ちを表現する手段が限られているため、癇癪を起こすことがあります。特に、欲求不満やストレス、疲れがたまっているときに起こりやすくなります。

このような状態に陥った場合、周囲の大人は子どもに対して落ち着かせるようにサポートすることが重要です。子どもの気持ちを受け止め、理解しようとすることが大切です。また、癇癪を防ぐためには、十分な休息やリラックスできる時間を与え、ストレスを解消することが必要です。

癇癪を起こした場合には、子どもが自分で感情をコントロールすることを教えることも大切です。例えば、深呼吸をする、好きなものを見たり聴いたりする、自分の気持ちを言葉で伝えるなどの方法があります。親や保護者は、子どもの感情表現や自己コントロールを促し、子どもが健やかに成長できるように支援することが必要です。

この記事では、癇癪の原因や年齢別の特徴、発達障害との関連性、クールダウン方法などについてご紹介します。癇癪の原因には、欲求不満やストレス、過度の疲れ、感情的な刺激などが挙げられます。発達段階によっても、癇癪を起こす原因や行動は異なります。また、癇癪を起こす頻度や継続時間が長い場合には、発達障害や心理的問題が原因であることもあります。

癇癪とは

家族の表情セット 全身

子どもが突然癇癪を起こすことがあります。子どもは感情表現や自己コントロールが未熟なため、自分の気持ちをうまく表現できないときに癇癪を起こすことがあります。また、一部の子どもは自分自身を傷つける自傷行為を行ったり、他人を傷つける他害を行うことがあります。このような状況には、保護者の方が不安になることもあるでしょう。

子どもの癇癪は、一般的には発達段階の中での自己主張や感情表現の一環として見られます。幼児期において、言葉で自分の気持ちを表現することが未熟であるため、感情が高ぶると声を荒げたり、物を投げたり、泣いたりすることで、自分の気持ちを伝えようとする行動が癇癪です。

癇癪は、子どもの成長段階に応じた発達的な変化により、年齢によってその表現や原因も異なってきます。例えば、1歳ごろの赤ちゃんの場合は、ご機嫌なときにも癇癪を起こすことがありますが、これは、欲しいものを手に入れられないといった、基本的な欲求不満によるものです。2歳ごろからは、自己主張が強くなるため、自分の思い通りにならないと癇癪を起こすことが多くなります。

癇癪には次のようなものがあります

  • 声を荒げて大声を出す、泣き叫ぶ
  • 手足をバタバタと振り回したり、激しく動かす
  • 壁や床を蹴ったり、叩いたり、頭を打ち付ける
  • 物を投げたり、壊したりする
  • 周りの人を攻撃したり、押したりする

癇癪を起こした場合には、冷静に対処することが大切です。子どもの気持ちを受け止め、理解しようとすることが必要です。また、クールダウン方法として、子どもに十分な休息やリラックスできる時間を与え、ストレスを解消することも効果的です。さらに、適切なコミュニケーションや感情の表現の仕方を教え、子どもが自己コントロールを身につけるようにサポートすることも重要です。

癇癪=発達障害?

3人悩んでいる人が並ぶイラスト

一方、癇癪が頻繁に起こる場合や長時間続く場合は、発達障害や心理的な問題が考えられます。自閉症スペクトラム障害やADHDなどの発達障害がある場合、癇癪を起こすことが多く見られます。また、ストレスや疲れが原因となって癇癪を起こす場合もあります。

癇癪を起こす前には、子どもの機嫌が悪くなっていることが多いため、早めに予防策を講じることが大切です。具体的には、子どもに対して十分な注意や愛情を与え、ストレスを減らすことが必要です。また、子どもに自己主張や感情の表現の仕方を教え、十分なコミュニケーションをとることも重要です。癇癪が起きた場合は、冷静に対処し、子どもの気持ちを受け止めることが大切です。

癇癪の原因、発達障害との関連性、クールダウン方法などについてご紹介します。癇癪の原因には、欲求不満やストレス、過度の疲れ、感情的な刺激などが挙げられます。また、発達段階によっても、癇癪を起こす原因や行動は異なります。さらに、癇癪を起こす頻度や継続時間が長い場合には、発達障害や心理的問題が原因であることもあります。

子どもが癇癪を起こすのはなぜ? その理由と、子どもと向き合うためのコツ

子どもが癇癪を起こす理由は、その場の状況や子ども自身の特性や気質によって異なります。子どもが癇癪を起こす背景やその役割について考えてみましょう。

癇癪を起こす子どもには、欲求不満やストレス、過度の疲れ、感情的な刺激などが原因となることが多いです。また、言葉で自分の気持ちをうまく表現できない場合にも、癇癪を起こすことがあります。子どもが癇癪を起こす目的は、その場の状況や子どもの特性によって異なりますが、基本的には自分の欲求を満たしたり、周囲の大人や他の子どもたちとのコミュニケーションを取るために行われることが多いです。

子どもが癇癪を起こした場合には、周囲の大人は冷静に対処することが必要です。子どもの感情を受け止め、理解しようとすることが大切です。また、子どもが自分自身の気持ちをうまく表現できるように、言葉やコミュニケーションの仕方を教えることも必要です。子どもが健やかに成長するためには、子ども自身が自分の気持ちを理解し、自己コントロールを身につけることが大切です。

乳児期の癇癪:赤ちゃんの感情表現やコミュニケーションの一つとして考える

家族の表情セット 全身

乳児期には、生理的な刺激や状況によって癇癪が引き起こされることがあります。例えば、空腹や眠気、痛み、おむつが濡れたなどの生理的な不快を赤ちゃんは泣くことで表現します。

保護者は赤ちゃんの泣き声に応じ、あやしたりミルクをあげたりといった生理的な不快を解消するお世話をします。この関わりによって、赤ちゃんはコミュニケーションを学んでいきます。

乳児期の癇癪は、生理的な要求が満たされなかったときに起こることが多く、赤ちゃんが自分の感情や意思を表現する手段の一つとなります。保護者は、赤ちゃんが癇癪を起こしたり泣いたりすることを、赤ちゃんが必要としている生理的要求に応えるための重要なサインと受け止めることが大切です。癇癪が起こったときには、赤ちゃんの表情や声をよく観察し、赤ちゃんの要求に応じるように努めましょう。赤ちゃんが自分自身を表現するために必要な信頼や安心感を与え、コミュニケーションを育むことが大切です。

1歳ころからの癇癪:コミュニケーションのための表現方法として理解する

納得した様子の人が鳴らすイラスト

1歳ごろになると、保護者のしたいことと自分のしたいことが違う場合があることをぼんやりと分かり始めるようになります。このころから、子どもは保護者の行為に対して拒否的な反応を示すことがあります。癇癪を起してしまうのは、子どもにとってどうしても不都合で回避したい出来事があるようなときでしょう。

この時期の子どもは、言葉や表情、態度などで自分の気持ちを伝えることがまだ苦手です。そのため、子どもが癇癪を起こすことで、保護者に自分の気持ちを伝えようとしている場合があります。また、癇癪を起こすことで自分自身を守ろうとする場合もあります。

子どもが癇癪を起こしたときは、保護者は冷静になって、子どもの気持ちを理解しようと努めることが大切です。子どもが言葉で表現できない気持ちを汲み取り、子どもが納得できるように説明をするなど、子どもとのコミュニケーションを大切にしましょう。また、子どもの気持ちを受け止めながら、安全に保護するために、環境の整備や危険を回避する対応も必要です。

イヤイヤ期からの成長(2~3歳ころ):言葉で自分の気持ちを表現し、自己主張する力を育む

オッケーとしている人の並ぶイラスト

2歳、3歳のころになると、言葉も加わって「いやっ!」などといいながら自分の意見を主張するようになります。これがいわゆる「イヤイヤ期」といわれる時期です。周囲の人と言葉でコミュニケーションができる子どもであれば、苦痛や拒否、要求などを適切に表現して伝え、助けを求めることができるでしょう。

例えば、おもちゃを取り上げられてしまって癇癪を起している子どもの状況を考えてみましょう。おもちゃを取り上げられた子どもにとっては「おもちゃが自分の手元からなくなったこと」が不都合なことです。そのおもちゃを取られたという状況をなくすために、手段として癇癪を起こすという行動の流れになります。

イヤイヤ期の子どもたちは、自分自身が主体的に自分の意見を表明し、自分自身の要求を叶えることができるようになっていく成長期です。保護者は、子どもの感情や要求を理解することが重要です。子どもの気持ちを受け止め、話し合いをすることで、子どもの自己主張する力を育てていくことが大切です。また、保護者が子どもの気持ちに寄り添い、子どもが自分の意見を言いやすい環境を整えることも必要です。

成長しても終わらない?癇癪のある生活を考える

驚いている人の並ぶイラスト

幼児期や児童期においては、言葉で表現することが難しい感情やストレスが原因となって癇癪を起こすことがあります。例えば、友達とのトラブルや学校でのストレスなどが考えられます。

思春期や大人になっても癇癪が続く場合には、感情やストレスをうまくコントロールできていないことが原因となっている場合があります。また、精神的な問題や発達障害などの病気が原因である場合もあります。

癇癪を起こしているときには、その原因を探ることが大切です。原因を理解することで、癇癪を予防することができます。癇癪を起こす前には、リラックスした状態を作ったり、適切なコミュニケーションを行ったりすることが有効です。また、癇癪を起こしてしまった場合には、落ち着かせる方法や解決策を見つけることが大切です。

癇癪と発達障害の違いと関係性について

癇癪と発達障害は別々のものですが、関連があることがあります。発達障害のある子どもたちが癇癪を起こす傾向があるのは、感覚の問題やこだわり、自分の意思や気持ちを他者に伝えるのが苦手、他者と自分の意図をすり合わせるのが苦手、気持ちのコントロールが難しいという特徴が、癇癪の原因となることがあるためです。

たとえば、物事の順序やパターンが変わることに過剰に反応することがある自閉症スペクトラム障害(ASD)の子どもは、お気に入りのおもちゃを取り上げられたときに癇癪を起こすことがあります。また、注意欠陥・多動性障害(ADHD)の子どもたちは、刺激に敏感で落ち着きがなく、感情のコントロールが苦手なため、怒りや苛立ちがたまりやすく、癇癪を起こしやすい傾向があります。

ただし、発達障害を持っているからといって必ずしも癇癪を起こすわけではありません。発達障害のある子どもたちは、癇癪を起こすきっかけがある場合に限り、より頻繁に癇癪を起こすことがあると言われています。癇癪を起こす原因をしっかりと理解し、子どもたちが適切な支援を受けながら健やかに成長できるように保護者がサポートしていくことが大切です。

発達障害(自閉スペクトラム症、ADHDなど)のある子どもによく見られる4つの傾向が癇癪に与える影響とは?

興味の強さやこだわりが原因? 癇癪と関係する発達障害の特徴

ASD(自閉スペクトラム症)のある子どもには、感覚過敏だけでなく、こだわりも見られることがあります。例えば、特定のものにこだわりを持っていたり、決まったルーティンをこだわりをもって守ったりすることが挙げられます。このようなこだわりが強いと、普段と異なる状況や環境に対して適応できなくなり、癇癪を起こすことがあります。

また、ADHD(注意欠如・多動症)のある子どもには、感覚刺激に対する過敏さがないものの、過剰なエネルギーや集中力の欠如から、普段と異なる状況に適応できずに癇癪を起こすことがあります。

いずれの場合でも、子どもの感覚過敏やこだわり、注意欠如や多動性などの個性を理解し、子どもが快適に過ごせるような環境を整えることが大切です。

自分の意思や気持ちなど伝えることが苦手な子どもたちの癇癪

癇癪が強い背景には、言葉の理解と表出の発達のアンバランスが影響していることがあります。特に、知的発達症を併存する場合は、言葉の発達全般に遅れが見られたり、身振りや手振りなど言葉以外での表現も苦手であるため、要求を伝えるための手段として癇癪を起こしやすくなると考えられます。

また、感覚の過敏性や同一性保持、余暇の乏しさなども癇癪の原因となります。例えば、過敏に反応する感覚を持つ子どもは、周りにとっては気にならない刺激でも過敏に反応して癇癪を起こすことがあります。同一性保持については、子どもたちが習慣やルーチンを好むことが多く、それが乱れると不安を感じたり、癇癪を起こしたりすることがあります。余暇の乏しさについては、刺激が少ない環境で過ごすことが多い場合、子どもたちは自分で自由に遊ぶことができず、ストレスを感じることがあります。このように、癇癪が起こる背景には、様々な要因が絡み合っていることがあります。

意思の調整が苦手な子どもたちの癇癪

発達障害のある子どもたちは、他者とのコミュニケーションや共同行動が困難な場合があります。このような状況で癇癪が起きることもあります。癇癪を起こす原因としては、自分の意見を通そうとする意固まりや、相手の意見や気持ちを理解できないことなどが挙げられます。

ASD(自閉スペクトラム症)がある子どもの場合、相手の気持ちや意図を理解することが難しいため、自分と相手の意図を調整することが苦手になります。こだわりがあるため、自分のルールやペースに合わせて動こうとすることもあります。

一方、ADHD(注意欠如・多動症)がある場合は、自分がやりたいことに没頭してしまうため、相手の気持ちを理解してもその気持ちを譲ることができず、感情が表面化して癇癪を起こすことがあります。

癇癪を起こす原因には、発達段階によって異なるものがあるため、子どもの状況や環境をよく観察することが大切です。そして、子どもが何を求めているのか、どうして怒りを表現しているのかを理解し、適切に対処することが必要です。

気持ちや感情のコントロールが難しい

発達障害のある子どもたちは、感情のコントロールが難しい傾向があります。例えば、怒りや悲しみ、喜びといった感情が非常に強く表出することがあります。このため、ストレスが蓄積されると、不快な状況に対して過剰に反応したり、怒りや不満を爆発させて癇癪を起こすことがあります。特に、ADHD(注意欠如・多動症)がある場合には、衝動性が高いために感情をコントロールすることがより困難になることがあります。このような場合には、感情を適切にコントロールするための方法を学ぶことが重要となります。

子どもの癇癪時の対応とクールダウン方法

クールダウンの方法については、以下のようなものがあります。

  • 静かな場所に移動する
  • 声をかけずに見守る
  • 深呼吸やリラックス法を促す
  • 話を聞いてあげる
  • 安全な場所にいることを確認する

静かな場所に移動する

癇癪を起こした子どもを、静かで落ち着いた場所に移動させることで、周りの刺激を減らし、気持ちを落ち着かせることができます。

声をかけずに見守る

癇癪中の子どもに対して、冷静に声をかけて説得するよりも、静かに見守ることが大切です。子ども自身が自分の感情を受け止め、コントロールするための時間を与えることができます

深呼吸やリラックス法を促す

深呼吸やリラックス法を促すことで、子どもの心身の緊張を和らげることができます。例えば、ゆっくりと深呼吸を促し、体を揺らすなどの方法があります

話を聞いてあげる

子どもが癇癪を起こした理由や気持ちを聞いてあげることで、子ども自身が気持ちを整理し、落ち着くことができます。ただし、この方法は癇癪中には難しいため、一旦クールダウンしてから行うようにしましょう。

安全な場所にいることを確認する

癇癪中の子どもが危険な状態に陥らないよう、安全な場所にいることを確認しましょう。例えば、窓や鋭利な物の近くにいないかなどを確認すると良いでしょう。

ハートマークを支えているアイコン

クールダウンの方法には、子どもに合わせた方法を選ぶことが大切です。また、冷静かつ安全に対応するためにも、事前に対応方法を家族や保育園、学校などで共有することが重要です。

癇癪を予防するためにできる普段からの対策

発達に遅れがる又は発達障害のある子どもが癇癪を起こす場合、そのきっかけにはさまざまな要因があります。しかし、一度癇癪が始まってしまうと、子どもは自分自身をコントロールすることができず、周囲の大人もその場を取り繕うことができなくなってしまいます。

そこで、癇癪を治すためには、日頃から子どものストレスを減らし、感情をコントロールするスキルを身につけることが重要です。具体的には、子どもが日常的に行う習慣を工夫することでストレスを軽減することや、子どもが感情を表現しやすい環境を整えることが挙げられます。また、子どもが感情をコントロールするためのツールを提供することも有効です。

これらの対策は、子どもの癇癪を予防するとともに、子どもが自分自身をコントロールするためのスキルを身につけることにもつながります。そうすることで、子どもは将来的に自己調整ができるようになり、社会で生きていく上で必要なスキルを身につけることができます。

癇癪を起こしにくい子育て環境の作り方

刺激環境の工夫

発達に遅れ又は発達障害のある子どもたちは、刺激に過敏に反応する場合があります。例えば、物音や光、におい、触覚など、普通の人にとっては何の問題もない刺激でも、その子にとっては不快で過負荷となってしまうことがあります。そのため、その子にとって適切な刺激を与え、過剰な刺激を避ける環境を整えることが大切です。具体的には、騒音や光の強い場所を避けたり、無駄に騒がないようにしたり、香水や柔軟剤などの刺激臭の強いものを避けたり、柔らかくて体にフィットする衣服を着せたりすることが考えられます。また、子どもが嫌がる刺激を避けるだけでなく、好きな刺激を積極的に与えることも大切です。

自己コントロールを促す言葉がけ

子どもが気持ちの切り替えをしやすい環境づくりを意識しましょう。子どもたちにとって気持ちの切り替えは難しいことです。遊びを中断されたりすることは大きなストレスになり、癇癪を引き起こす要因の一つになることがあります。そこで、子どもが気持ちの切り替えをしやすい環境を整えることが大切です。具体的には、次の行動を予測しやすい声掛けやスケジュールの変更を文字や絵、写真などで視覚的に示すことが効果的です。また、感覚過敏の場合は、避けるべき環境やこだわりが強いおもちゃの数を増やすなど、子どもたちの特性に合わせて環境を整えることも大切です。

気持ちを伝えるのが苦手な子どもにおすすめ!気持ちを伝えるツールの活用法

子どもが自分の気持ちをうまく表現することができない場合、感情を伝えるためのツールを使うことが有効です。具体的には、絵カードや感情表現の表を用意することで、子どもが自分の感情を視覚的に表現することができます。また、手話やジェスチャーなど、身体で表現する方法を用いることもあります。

これらのツールを用いることで、子どもは自分の気持ちを表現することができ、また、大人側も子どもの気持ちを正確に理解することができます。ただし、子どもに合ったツールを選ぶことが大切であり、子ども自身が使いやすいツールを選ぶようにしましょう。

PECS(Picture Exchange Communication System)

PECS(Picture Exchange Communication System)は、絵カードを用いてコミュニケーションをする方法のひとつで、言葉に苦手意識を持っている発達障害のある子どもたちが、自分の意志や欲求を伝える手段として用いられます。

この方法では、事前に用意された絵カードの中から、自分が欲しいものやしたいことを示すカードを選び、相手に渡すことで意思疎通を図ります。例えば、飲み物やおやつが欲しいときに、それを示すカードを取り出して相手に渡すことで、自分の要望を伝えることができます。

PECSは、視覚情報を利用するため、言葉に苦手意識を持っている子どもたちでも、絵カードを選ぶことで自分の意思を表現することができるため、コミュニケーションの手段として有効な方法のひとつです。また、絵カードを用いることで、子どもたちが言葉を学ぶための土台となる「コミュニケーションの基礎」を構築することができるとされています。

PECSは、絵カードの作成や使い方を学ぶことができるセミナーや教材があり、家庭での取り入れ方も学ぶことができます。ただし、使用するには指導者や支援者の指導が必要であり、十分な理解とトレーニングが必要です。

PECSとは?

PECSの発祥は、1985年にアメリカのデラウェア州にあるシラコーズ研究所のロリ・フロストとアンディ・ボンダーによって開発されました。彼らは、自閉症スペクトラム障害を持つ子どもたちが言語を習得するのに苦労していることに着目し、身体的に使えるシンボルでコミュニケーションを取る方法を考案しました。その後、PECSは世界中で広く普及し、多くの子どもたちのコミュニケーションの手段として活用されています。

・PECS日本語版公式サイト http://www.pecs-japan.com/

・PECSの使い方について解説された動画(英語) https://www.youtube.com/watch?v=fWfuPdDAGTg

・PECSに関するQ&A集(英語) https://pecs-unitedkingdom.com/resources/faqs/

・PECSを用いた事例紹介(英語) https://www.pecs.com/index.cfm?&menuid=15&parentid=1

・PECSの導入方法や使い方を解説した書籍(日本語) 『PECS(ピクス)で支援する 知的障がい・発達障がいの人のコミュニケーション』(齊藤幹夫著、誠信書房、2015年)

AAC(Alternative and Augmentative Communication)

非口語コミュニケーションのためのツールです。音声合成機能を備えたタブレットやコミュニケーションボードを用いることで、言葉によるコミュニケーションが困難な人でも、コミュニケーションをすることができます。

AAC(Alternative and Augmentative Communication)は、意思疎通が困難な人がコミュニケーションをとるための補助的な手段です。言語障害、知的障害、自閉症スペクトラム障害などの発達障害を持つ人や、事故や病気で言語機能を失った人が利用することができます。AACは、言葉以外で情報を伝える手段のことで、手話、筆談、絵カード、音声出力装置、コンピューターなど、様々な手段があります。特に、PECS(Picture Exchange Communication System)は、AACの一種で、絵カードを使って意思疎通を行う方法です。

AACを利用することで、コミュニケーションにおいて生じるストレスを減らし、意思疎通の質を向上させることができます。また、自分の意見や希望を自己表現することで、自尊心や自己肯定感の向上にもつながります。しかし、AACは個々のニーズに合わせて選定・提供される必要があります。

AACとは?

AACの歴史は古く、19世紀には、手話や筆談を使用することが行われていました。しかし、現代のAACデバイスの起源は、20世紀初頭の電気療法装置から始まります。1950年代から1960年代にかけて、電気療法装置は、身体障害者に対するコミュニケーションの手段として利用されるようになりました。その後、1960年代から1970年代にかけて、AACは、身体障害のある人々のコミュニケーションの手段として研究が進められ、徐々に普及していきました。現在では、様々な形態のAACが開発され、使用されています。

以下はAACについてわかりやすく説明されたサイトの一部です。

シンボルコミュニケーション

絵やシンボルを用いてコミュニケーションをする方法です。単語や文章では表現できないことも、絵やシンボルを使うことで伝えることができます。

シンボルコミュニケーションとは、図形やアイコン、写真、絵などを使ってコミュニケーションをする方法のことです。主に、言葉を使うことが難しい人や、言葉を使うことができてもコミュニケーションがうまくできない人に利用されます。

例えば、自閉症スペクトラム障害(ASD)の人や、言語障害、知的障害などを持つ人にとって、自分の意思や欲求を表現することは難しい場合があります。そこで、図形やアイコン、写真、絵などを用いることで、自分の欲求や意思を表現することができるようになります。

シンボルコミュニケーションには、様々な種類があります。中でも、PECS(Picture Exchange Communication System)は、図形やアイコンを使ってコミュニケーションを行う方法の一つで、子どもの言語能力や発達に応じて段階的に導入されます。

また、AAC(Alternative and Augmentative Communication)という用語は、言語障害や意思疎通の困難な人に対して、言葉以外の方法でコミュニケーションを行うことを指します。シンボルコミュニケーションはAACの一種であり、図形やアイコン、写真、絵を使ってコミュニケーションをする方法の一つとして捉えることができます。

シンボルコミュニケーションとは

シンボルコミュニケーションの歴史は古く、盲唖教育や聴覚障害者のための手話など、非言語的なコミュニケーション手段が古代から存在しています。しかし、現代的なシンボルコミュニケーションの形が整えられたのは、1950年代にアメリカの言語学者であるチャールズ・ハレルが発案したとされています。彼は、自閉症スペクトラム障害の子どもたちがコミュニケーションをするための手段として、アイコンを用いたシンボルコミュニケーションの方法を開発しました。それ以来、シンボルコミュニケーションは、コミュニケーション障害を抱える人たちのための有効な手段として広く普及しています。

以下のサイトが参考になるかもしれません。

予防策としてのルール作り

子どもにとって、規則やルールを知っていることは、安心感や予測可能性を与えてくれます。特に発達障害を持つ子どもたちは、予測不可能なことが苦手であるため、ルールを決めておくことで、自分が何をすべきかを明確にすることができます。

また、発達障害を持つ子どもたちは、行動の工夫が苦手である傾向があります。そのため、癇癪を起こしたときにどのような対処をするのか、どのような行動が望ましいのかを事前に決めておくことで、親子間のストレスを軽減することができます。

さらに、ルールを決める際には、子どもが理解しやすいように分かりやすい言葉や図を使うとよいでしょう。また、ルールが適用される状況や場所を明確にすることで、子どもがルールに従いやすくなります。

繰り返し、子どもと話し合いながらルールを見直すことも重要です。子どもが成長するにつれて、ルールに合わせた行動を取ることができるようになってくるため、柔軟に対応することが必要です。

子どもと一緒に作るルールで共有することが大切

「ルールを一緒に決める」という方法は、子どもが自分自身や周りの人とうまくコミュニケーションをとるための一つの手段です。子どもと一緒にルールを決めることで、子どもは自分がどういう行動をするべきか、どういう状況でどうすればいいのかを理解しやすくなります。また、ルールが決まっていることで、子どもが自分のしたいことをやる前に、ルールに則って判断する力も身につきます。

例えば、おもちゃの取り合いでトラブルになる場合は、「一人が使っている間は、もう一人は待っている」というルールを決めることができます。また、一番になれないときに癇癪を起こしてしまう場合は、「一人ずつ順番になるようにする」というルールを決めることもできます。このように、ルールを決めることで、子どもの自己主張やルールに従う力、ルールを守ることができる自信などを育てることができます。

子どもと一緒に考える、癇癪時の対処方法

子どもと一緒に考えた対処法は、子どもが落ち着くことのできる方法を選ぶことが重要です。例えば、好きな匂い袋を嗅ぐ、特定の言葉をつぶやく、新聞紙を破る、落ち着く場所を決めるなどが挙げられます。子どもによって落ち着く方法は異なるため、子どもと一緒に試行錯誤して見つけることが大切です。また、子どもが編み出したエピソードも参考になることがあります。あらかじめ対処法を決めておくことで、怒りの対処において子どもが自分で考える力を養うことにもつながります。

  • 深呼吸や腹式呼吸をする
  • 手を握りしめたり、指をグーパーするなど、身体的な緊張を解きほぐす方法を取る
  • 自分の心の中で数を数える
  • 子どもが好きな音楽を聴く
  • ストレスボールやマッサージ器などを使ってリラックスする
  • アイスノンや冷たい水で顔を冷やす
  • 大きな声で叫ぶ(安全な場所でのみ)
  • 好きなものを食べる

このような方法は、子どもに合わせて工夫することが大切です。また、普段からこうした方法を子どもと話し合いながら実践していくことで、癇癪を起こすことが少なくなるかもしれません。

ルール化することで、子どもが癇癪を起こしているときにも冷静さを取り戻すための方法を持つことができます。具体的に、子どもと一緒にルールを決め、そのルールを守ることで、癇癪が起こりにくい環境を整えることができます。また、子どもが癇癪を起こしているときには、あらかじめ決めた対処方法を使うことで、自分で冷静さを取り戻すことができます。こうした方法を定期的に繰り返すことで、子どもは自分で感情をコントロールする練習をすることができます。

間違った対処は癇癪を悪化させる原因になる

子どもの癇癪に巻き込まれないようにする方法とは?

子どもが癇癪を起こしているとき、周囲の大人が冷静であることが重要です。子どもの癇癪に引きずられて、自分自身が感情的になってしまうと、子どもの状態を改善することができません。また、子どもが暴力行為を行う場合もありますので、大人が自分自身を守ることも必要です。

具体的な対処方法としては、まずは自分自身が落ち着いて深呼吸をするなど、冷静になるための方法を身につけておくことが大切です。また、子どもに対して「大丈夫、落ち着いて話そうね」と声をかけたり、リラックスした音楽をかけたりすることも有効です。

さらに、子どもが暴力行為を行う場合には、物を投げたり蹴ったりすることがありますので、周囲に危険が及ばないように距離を取ることも必要です。落ち着いた後に、子どもと話し合い、どのような行動が不適切であったかを伝えることで、子どもが自己制御力を高めることができます。

子どもへの叱り方には注意が必要です

怒りの感情を持った子どもに対して感情的な叱責をすることは、かえって癇癪を悪化させることがあります。子どもは自分の感情をコントロールすることができず、大人が怒り出すことでより不安定になり、感情的な爆発を起こすことがあります。

そのため、子どもの怒りに対しては、冷静に対処することが大切です。大人が冷静に対応することで、子どもも自分の感情を落ち着かせることができます。冷静に対応するためには、深呼吸や自分に対してポジティブな言葉をかけることが役立ちます。

また、子どもに対して感情的な叱責をする代わりに、感情を表現する方法を教えることも有効です。例えば、怒りや悲しみを紙に書いたり、お絵かきに表現することができます。感情を表現することで、子どもは自分の感情に気づき、自己認識力を高めることができます。

最も大切なのは、子どもの感情に寄り添うことです。子どもは自分の感情に理解されたいと願っています。大人が子どもの感情に共感し、受け止めることで、子どもは安心感を得ることができます。

子どもの癇癪について悩んでいるなら、早めに専門家に相談しよう

子どもの癇癪に悩んでいる保護者は、一人で解決しようとするのは難しい場合があります。自分で対処できない場合や、何度も同じことを繰り返される場合は、早めに専門家に相談することが大切です。専門家は子どもの癇癪に対する知識や経験を持ち、適切なアドバイスをしてくれます。また、保護者のストレスや負担も軽減することができます。癇癪が起きた時の対処法や、日常生活での予防方法を学び、家庭での対処方法を改善することができます。早めに専門家に相談することで、よりよいサポートが得られることが期待できます。

相談先

  • 子育て支援センター
  • 児童発達支援事業所・放課後等デイサービス
  • 発達障害者支援センター
  • 医療機関

ロゴマーク

dekkun.で相談先の検索はもちろん、オンライン療育を利用して相談や療育を受けましょう

飾りのイラスト

気軽にお問い合わせください

個別相談専用ダイヤル

※ 受付時間:平日 10:00 ~ 20:00

個別相談専用メールフォーム

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today