発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

脳性麻痺をわかりやすく解説!症状、治療、そして明るい未来

author:dekkun
脳性麻痺をわかりやすく解説!症状、治療、そして明るい未来と記載されたイラスト

脳性麻痺(Cerebral Palsy、CP)は、多くの人々にとって馴染みのない疾患かもしれませんが、その理解は非常に重要です。この疾患は、個人や家族にとって生活に影響を与える可能性があるものの、適切な知識とケアによって、明るい未来が築かれることがあります。このコラムでは、脳性麻痺について詳しく探求し、その症状や治療方法に焦点を当て、希望に満ちた未来を見つけるための情報を提供します。脳性麻痺の理解とサポートは、この疾患を抱える人々とその周りの人々にとって不可欠なものです。

脳性麻痺について理解しよう

脳性麻痺(Cerebral Palsy、CP)は、赤ちゃんがお腹の中で育つとき、または生まれた直後に脳にちょっとしたトラブルが起きてしまった結果、体が思うように動かしにくくなる病気の一種です。脳性麻痺は、赤ちゃんが2歳までに体の動きに問題があることがわかります。特に、首が座ったり、寝返りを打ったり、座ったり、はいはいを始めたり、歩き始めたりする頃に、おかしな動きや遅れが目につくことがあります。なぜ、脳がトラブルを抱えると体が思うように動かしにくくなるのか解説していきます。

脳性麻痺の原因

脳性麻痺は、次の3つの主な原因があります。

  1. 黄疸が原因のビリルビン脳症: 赤ちゃんが生まれたばかりの頃に黄疸にかかると、その黄疸のせいで脳にトラブルが起こることがあり、ビリルビンっていう物質が脳に影響を与えます。
  2. 酸素不足で起こる低酸素性虚血性脳症: 出産のときに、赤ちゃんに十分な酸素が行き渡らないことがあります。その結果、脳に酸素が足りなくなってしまい、トラブルが起こること。
  3. 出生前または生まれた直後の脳の問題: 赤ちゃんの脳に先天的な問題がある場合や、感染症にかかったり、早産だったりすることで、脳にトラブルが生じること。

脳性麻痺の兆候

脳性麻痺の兆候は人それぞれ異なるけれど、一般的に次のようなことが起こります。

  • 体をコントロールしにくい
  • 歩き始めたり、はいはいを始めたりするのが遅れる
  • 特定の手や足を使いにくいことがある
  • おかしな姿勢をとりやすいことがある

大切なことは、脳性麻痺の症状は個人によって異なるため、同じように見えても人それぞれです。

脳性麻痺の分類

脳性麻痺(Cerebral Palsy、CP)は、発症時期と症状によって分けられます。わかりやすく説明します。

出生前脳性麻痺

赤ちゃんがおなかの中にいるとき、脳に何か問題が起きた場合に、出生前に脳性麻痺が発症します。原因は脳の形がおかしい、お母さんの感染症、薬物や毒物の影響、赤ちゃんに栄養が届かないなどが考えられます。

周生期脳性麻痺

赤ちゃんが生まれた後、出生前または出生直後に低酸素状態、脳出血、感染症などが原因で、短期間で脳性麻痺が発症します。

後天性脳性麻痺

生まれてから2年以内に、髄膜炎、脳炎、脳出血などが原因で脳に損傷が起きる場合に発生します。ただし、2歳以上で脳に損傷が起きた場合は脳性麻痺とはみなされません。

脳性麻痺の発症場所に基づく分類

分類特徴
単麻痺一つの肢(手または足)に麻痺が現れます。
対麻痺左右の下肢(足)の両方に麻痺が見られます。
片麻痺片側の半身に麻痺が存在します。
三肢麻痺片麻痺に加えて、反対側の上肢または下肢にも麻痺が見られます。
両麻痺左右の上肢と左右の下肢に麻痺が見られますが、通常下肢の麻痺がより重度です。
四肢麻痺左右の上肢と左右の下肢に麻痺が見られます。
五肢麻痺四肢麻痺に加えて、呼吸筋にも麻痺が見られます。
両片麻痺(重複片麻痺)左右の上肢と左右の下肢に麻痺が見られますが、通常上肢の麻痺がより重度です。

脳性麻痺の症状の種類

  1. 痙直型: 筋肉がいつも緊張していて、体が固定されている感じがします。筋肉の緊張が高まり、姿勢が変わることがあります。
  2. アテトーゼ型: 姿勢を保つのが難しく、筋肉の緊張が変動し、不随意の動きもあります。自分の意志とは関係なく体が動くことがあります。
  3. 運動失調型: 小脳の損傷により、姿勢が不安定で運動がコントロールしづらくなります。筋肉の緊張が低く、バランスを保つのが難しいことがあります。
  4. 混合型: 痙直型とアテトーゼ型が組み合わさったり、他の症状が同時に現れたりすることがあります。混合型には、重度の知的障害があることもあります。

脳性麻痺の症状

脳性麻痺の症状は、個人によって異なりますが、一般的なものは次の通りです。

  • 赤ちゃんの時期では、症状がわかりにくいことがあります。
  • 徐々に運動の遅れや変わった姿勢が現れます。
  • 正常な発達に必要な反射や姿勢の制御がうまくいかないことが特徴です。

合併症や二次障害

  • てんかん発作(約40%の患者が経験)
  • 知的障害(麻痺の範囲によって異なります)
  • 視覚や聴覚の問題
  • 食べ物を飲み込むのが難しい食事や嚥下の問題
  • 骨や関節の変形
  • 呼吸の問題

いつわかる?脳性麻痺の診断と兆候

脳性麻痺の診断は、特に早期には難しく、以下の理由から慎重に行われます。

  1. 発達の複雑さ:発達は非常に複雑で、個人差が大きいためです。
  2. 早期の兆候が少ない:脳性麻痺の兆候は、通常、生後数週間から数か月後に現れるためです。
  3. 診断に必要な要素:脳性麻痺を診断するためには、出生歴、子どもの観察、筋肉の状態を総合的に判断する必要があります。

診断には様々な方法があり、脳の障害の原因を特定するために画像検査や血液検査も行われます。保護者が発達について心配する場合、医療機関で相談することができます。特に、以下の症状が見られる場合、脳性麻痺の可能性を考慮します。

  1. 未熟児または新生児脳症の成育歴がある「リスク児」のフォローアップが必要な場合。
  2. 運動の発達が遅れている場合。座る、立つ、歩くことが遅れている場合など。
  3. 左右の運動がバランスを欠いている場合。片方の手が非常に優れているなど。
  4. 異常な筋緊張、特に痙縮(筋肉の硬さ)または弛緩性(フロッピー)がみられる場合。

健診時にも相談が可能で、1歳半までの健診を利用して医療専門家に相談することができます。

脳性麻痺の治療と療育とは

脳性麻痺は、脳の損傷によって引き起こされます。しかし、幸いなことに、脳の損傷自体は治癒しないものの、適切な治療や療育によって、運動や姿勢の問題を改善し、自立した生活を目指すことができます。治療の重要性は、脳性麻痺の型と重症度に依存します。

筋肉を緊張し続けることは、筋肉を硬直させ、改善が難しくなる可能性があります。そのため、早期からの治療と療育が非常に重要です。単なるリハビリだけでなく、個々の状況に合わせた運動方法や生活環境を工夫することも大切です。これにより、脳性麻痺のある人とそのサポーターは、新たな可能性を見つけ、活用することができます。

治療方法説明
リハビリテーション理学療法と作業療法を組み合わせ、運動や姿勢の問題の改善を行います。
薬物治療筋肉の緊張を和らげる薬剤(ジアゼパム、フェノバルビタール、塩酸エペリゾン、塩酸チザニジン、エチゾラム、バクロフェンなど)を投与します。
整形外科的治療ギブスや装具の使用、選択的緊張筋解離術などの手術を行い、関節の固定や姿勢の補正を行います。
ボツリヌス毒素治療ボツリヌス毒素(ボトックス®)を筋肉に注射して痙縮を和らげます。
バクロフェン髄腔内投与バクロフェンを腹部にポンプで供給し、脊髄髄腔内に薬剤を持続的に投与して痙縮を軽減します。
脳外科的治療選択的脊髄後根切除術や深部脳刺激術などの脳外科的手術が行われることもあります。

リハビリテーションによる治療について

リハビリテーションによる治療は、通常、脳性麻痺の患者さんがリハビリテーションセンターや専門のリハビリテーション科を提供する病院で行われます。日本リハビリテーション医学会のウェブサイトなどを通じて、専門医やリハビリテーション医師がいる施設を見つけることができます。個人の症状や状態に合わせて治療が行われ、以下に示す代表的なリハビリテーション方法があります。

理学療法

運動療法と物理療法の組み合わせです。運動療法では、運動や姿勢の問題を改善するために様々な種類の運動が行われます。物理療法では、電気刺激、マッサージ、温熱療法などが使われ、痛みを軽減します。

作業療法

理学療法で改善されたスキルを、日常生活や職場で活用できるようにする訓練が行われます。例えば、肩関節の可動域を向上させ、その範囲を最大限に利用するために、日常的な活動を通じてスキルが練習されます。

言語聴覚療法

話すことや聞くこと、嚥下(飲み込み)に関する問題がある場合、発声練習や嚥下訓練などが行われます。詳細な方法については専門家の指導を受けることが大切です。

装具療法

関節を固定して支持し、歩行や運動機能を改善するのに使用されます。また、姿勢の維持や補正にも役立ちます。特に、非麻痺側上肢抑制療法と呼ばれる方法では、麻痺のない肢体部分を拘束し、麻痺した肢体の動きを改善させる効果があります。

治療法は個々の状態に合わせて選択され、患者さんが日常生活の様々な活動を自立して行えるよう支援します。さらに、ボツリヌス療法や薬物療法など、リハビリテーション以外の治療方法も検討されることがあります。治療計画は患者さんの状態や必要に応じて調整されます。

愛と理解をもって子供の成長を促す、脳性麻痺の療育の鍵

脳性麻痺の子供が「座ることはできても、座った状態からうつぶせになれない」という場合、我々の役割は子供がスムーズにうつぶせになれる方法をサポートすることです。最適な方法や遊び方については、理学療法士などの専門家と協力しましょう。練習の内容や頻度、時間は、子供の個別の状態と脳性麻痺の程度に合わせて調整されます。

自発的な学びが大切

介助の方法は専門家から学べますが、子供自身が自分から行動しようとする姿勢がとても重要です。例えば、子供が座ってお気に入りのおもちゃで遊んでいるとき、自分からうつぶせになる方法を学ぶための学びが生まれます。

子供の動機づけ

子供が自発的に動こうとする動機づけが大切です。子供が興味を持つものを活用して、自分からうつぶせになろうとする機会を提供しましょう。子供がおもちゃに興味を示すなら、自分からうつぶせになって取ろうとするでしょう。こうした状況で学びが進みます。

子供が試行錯誤できる環境を提供

子供が自分から試行錯誤しやすい環境づくりが重要です。失敗から学ぶ機会を提供しましょう。例えば、床にクッションを置いて、子供が転んでも怪我をしない環境を整えることが役立ちます。

イメージを促す

体の動きを具体的に示すために、人形などを使う方法があります。子供に体の動かし方を分かりやすく示しましょう。例えば、人形を使って、床に座った状態からうつぶせになる方法を見せることができます。

多様な方法を試す

同じ方法だけでなく、さまざまな方法を試してみましょう。スキルを習得するためには、多様な方法を経験することが大切です。遊びを多彩にして、子供が飽きないように工夫しましょう。

繰り返し練習

スキルを習得するために、何度も練習しましょう。子供の成長に合わせて練習内容を調整し、成功体験を積むことが大切です。

ポジティブなサポート

子供の励ましはとても重要です。子供が努力する姿に対して、笑顔や拍手を贈りましょう。子供が頑張る姿勢をサポートし、自信を持たせてあげましょう。

具体的な遊びや方法については、専門家の助言を受けるか、関連の書籍を参考にしてみてください。

脳性麻痺の方々とその家族を大切に支えるためのサポート制度が用意されています

脳性麻痺のある方々には、多くの支援制度が用意されています。自治体によって細かな違いはありますが、以下のような制度があります。

産科医療補償制度

この制度は、脳性麻痺が分娩時に原因として起きた場合に適用されます。たとえば、医療ミスによって脳性麻痺が発生した場合でも、最大3,000万円の補償が支給され、原因の調査や情報提供も行われます。ただし、加入している医療機関での出産が条件です。補償の対象となる年齢期限があるので、早めに申請が必要です。

障害者手

身体障害者手帳や療育手帳を取得することで、さまざまな支援を受けられます。医療費の助成や補装具の提供、公共料金の割引、就労や学校へのサポートなど、障害の程度に応じて様々な福祉サービスが利用できます。手帳の取得方法については厚生労働省のウェブサイトで詳しく説明されています。

特別児童扶養手

この制度は、障害のある子どもを養育する家庭を支援するためのものです。子どもが20歳になるまで、毎年4月、8月、12月に保護者もしくは養育者に金額が支給されます。支給金額は障害の程度によって異なり、所得制限があるため、収入が一定額を超える場合には支給されないことがあります。

障害年金

脳性麻痺の程度に応じて、毎月支給される年金制度です。受給条件や支給額は個別に設定されており、個人ごとに異なります。詳細な情報は日本年金機構のウェブサイトで確認できます。

障害者控

障害のある人々は、所得税、住民税、相続税などの税金を減免するための優遇制度を受けることができます。障害者控除は障害の程度によって異なり、家族や同居者も適用される場合があります。詳細は国税庁のウェブサイトで調べられます。

移動支援

移動が難しい人々を支援するために、地域で提供されるサービスです。例えば、ガイドヘルパーによる同行援護や行動援護が行われており、通学や通勤の支援も含まれます。自治体によってサービス内容が異なるため、詳細は各地方の自治体に問い合わせてみましょう。

これらの制度は、脳性麻痺のある方とその家族が生活をより快適にし、必要なサポートを受けられるように設計されています。地域によっては追加の助成制度が提供されることもあるため、住んでいる地域の要件を確認してみてください。

脳性麻痺の学校選び、多様な選択肢と支援

脳性麻痺は、その症状の多様性から、学校選びも検討が必要です。子供に合った環境で適切な支援を受けられることが、成長にとって重要です。以下は、脳性麻痺の子供のための学校選びについての情報です。

学校選びの選択肢特徴適した子供のタイプ
特別支援学校肢体不自由児に適した環境。知的障害の子供には重複障害学級あり。肢体不自由児、知的障害の子供
通常学級での在籍学校側の理解と協力が必要。刺激的な環境で成長可能。肢体不自由児、脳性麻痺の子供
障害児通所支援日常生活の動作や生活能力向上のための施設。肢体不自由児、全ての子供
インクルーシブ教育の実現すべての子供が同じ場所で教育を受ける取り組み。全ての子供、障害のある子供、障害のない子供

子供の個別のニーズに合わせて学校選びを検討し、子供が最良の環境で学び、成長できるようサポートしましょう。

「脳性麻痺の将来の生活は個別であり、自立のためには家族と専門家のサポートが不可欠

脳性麻痺の将来の生活は一人ひとり異なりますが、自立への道には家族や専門家のサポートが欠かせません。詳しく見てみましょう。

脳性麻痺の将来の生活:個別の道筋

脳性麻痺はその症状が一人ひとり異なります。このため、将来の生活については個別の道筋が必要です。多くの保護者が専門家に尋ねる疑問は、「子どもは将来、自立して生活できるのか?」というものです。これに対する答えは、その子の具体的な状況に依存します。

自立へのサポート:家族の役割

子どもの自立を支えるために、家族の役割は非常に重要です。保護者は子どもに対してできるだけ多くのことを自分で行えるように励まし、サポートする必要があります。同時に、子どもには支援を受けることが大切であることも伝えなければなりません。家族の励ましとサポートが子どもの生きる意欲を引き出し、自己努力へとつながります。

専門家との連携

脳性麻痺の子どもの状態や進行を理解し、適切な支援を提供するために、専門家との連携が欠かせません。理学療法士や作業療法士などの専門家が子どもの発達や健康状態を評価し、最適なリハビリテーションプランを立案します。家族と専門家との協力が、子どもの将来に向けた成功の鍵です。

依存先を増やす自立

脳性麻痺の自立は、自分でできることを増やすだけでなく、支援を受けるための「依存先」を増やすことも含みます。リハビリテーションを通じて、自身の身体での行動範囲を広げるだけでなく、周りの人々とのつながりや関係を育てることも大切です。これによって、子どもはより豊かな社会生活を築き、自立への道を歩んでいくことができます。

脳性麻痺に関するよくある質問

「脳性麻痺」とはどのような疾患なのでしょうか?

「脳性麻痺」という言葉は、実は病気を指すものではありません。脳性麻痺は、出産前後に脳の一部に損傷が生じた結果生じる後遺症です。この損傷は、未熟児の出産や仮死などが原因とされています。脳は、運動の制御(運動神経)、感覚の受容(感覚神経)、思考や記憶などの高次の機能(高次神経)を担当しています。脳性麻痺の影響は、損傷がどの部分に起きたかによって異なり、それに応じて患者の症状も異なります。例えば、歩行が難しいが会話能力が高い子供もいれば、手の動きが制限されてしまうが言葉でコミュニケーションが取れる子供もいます。しかし、ほとんどの脳性麻痺の患者は、主に運動の発達に遅れや障害が現れます。手足のこわばり(痙直型)、過度な運動(アテトーゼ型)、バランスの難しさ(失調型)など、さまざまな運動障害のタイプがあります。

脳性麻痺は治療可能なのでしょうか?

脳性麻痺は、一般的な病気(例: 感冒、腹痛)とは異なり、治療で完全に治ることはありません。しかし、骨や筋肉のように、脳の一部に損傷があっても適切な治療とサポートを受けることで、患者の症状を改善し、日常生活の質を向上させることができます。脳は一度損傷を受けた後、新たに細胞を生成することができないため、残存した部分が働きを補完することになります。この自己修復能力を活かすためにも、適切な治療が重要です。治療を怠ると、発達の機会を失うだけでなく、障害が悪化する可能性もあります。正しいアプローチで治療を行うことで、患者の状態を最善の状態に向けて改善することができます。

脳性麻痺の患者は知能が遅れるのでしょうか?

一般的に、脳性麻痺の患者は知能が遅れると誤解されることがありますが、実際には多くの脳性麻痺の患者が、健常な子供と同様に知能を発展させる可能性を持っています。新生児の知能は生まれたばかりの段階ではほとんど発達していないことが通常ですが、親や周囲の環境との関わりを通じて成長していきます。脳性麻痺の患者も同様に、親の声かけ、愛情表現、抱っこ、おもちゃとの関わりなどによって知恵を育むことができます。成長するにつれて、他の子供たちと一緒に物を触ったり、遊んだりすることで、知恵が発展していきます。運動の発達が遅れることが脳性麻痺の特徴ですが、適切な治療やサポートを受けることで、患者の運動障害を補完し、成長に必要な経験を積むことが大切です。

脳性麻痺にはどのような治療方法がありますか?

脳性麻痺の治療には、薬や手術で傷ついた脳神経細胞を修復する方法はありません。しかし、脳は多くの神経細胞がネットワークを形成し、協力して働く器官です。そのため、脳の一部が損傷しても、残りのネットワークが適切に機能すれば、全体として機能を維持できます。つまり、残った脳を適切に発達させることが治療の中心です。これには、脳性まひの子供の手足の運動を促進し、正しい姿勢を維持させることが含まれます。また、子供がさまざまな刺激を受け、視覚、触覚、聴覚を活性化させることも重要です。これらのアプローチは、リハビリテーションや療育として知られています。

脳性麻痺の子供が手足を動かし、正しい姿勢を取ることが脳の発達に役立つのでしょうか?

通常の赤ちゃんと同様に、脳性麻痺の子供も生まれたときにはまだ十分な動きや能力がありません。しかし、育てる親のケアによって、1~2年の間に歩行や会話などのスキルを発展させることができます。脳性麻痺の子供は、他の子供とは異なる方法で動くことがあります。例えば、這ったり、つま先で立ったりすることがあります。親が正しいアプローチを知らずにそのままにしておくと、誤った動きの習慣が身につき、歩行や手の使用、言語スキルなどの障害がより明確になる可能性があります。
そのため、親が適切な育児を行い、専門のリハビリテーションチームが協力すれば、脳の神経ネットワークは改善し、より良い機能を発揮するようになります。神経ネットワークは子供へのケアや育児方法に大きく影響を受けるため、脳性麻痺の治療には適切なリハビリテーションが不可欠です。

脳性麻痺における理学療法(PT)について教えてください。

前述の通り、脳性麻痺の主要な障害は「運動障害」です。したがって、脳性麻痺の治療において、理学療法(Physical Therapy、PT)は非常に重要な役割を果たします。この運動障害は、手足が「動かない」のではなく、「うまく動かない」、「滑らかに動かない」、「非常に努力が必要ない」といった特徴があります。筋肉そのものの力が弱いわけではなく、筋肉の運動が効果的に行われないことが問題です。
そのため、脳性麻痺の子供に対して「がんばりなさい」とか「その方法は間違っている」といった注意は避けるべきです。彼らは動きたいけれども、効果的な方法がわからないため、サポートが必要です。治療では、無理に動かすことや、痛みを伴うような強制は避け、子供が不安を感じずに運動できる環境を提供します。運動療法は、適切なポジショニングや動作の練習を通じて、子供の発達を促進します。
運動療法の原則は以下の通りです。
①無理にさせないこと。
②口頭で指示だけを出さないこと。
③介助し、誘導すること。
④過剰な介助は避け、子供が自分で動作できるように徐々にサポートを減らすこと。
運動療法は、脳性麻痺の治療の基本であり、専門の理学療法士が指導とサポートを提供します。

まとめ

脳性麻痺は確かに課題の多い疾患ですが、適切な知識、サポート、そして希望に満ちたアプローチによって、その課題を克服し、豊かな未来を築くことができるのです。このコラムが、脳性麻痺に関する理解を深め、治療や支援についての情報を提供する一助となれば幸いです。

最後に、脳性麻痺を抱える人々、その家族、医療専門家、支援者に敬意を表し、明るい未来への一歩を踏み出す勇気を持って歩み続けていくことを願っています。彼らの強さと決意は、私たちにとって感動的な学びの源です。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
7
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today