発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

【障がいを持つ子どものための未来設計】施設入所支援とグループホームの選択肢

author:dekkun
【障がいを持つ子どものための未来設計】施設入所支援とグループホームの選択肢と記載されたイラスト

障がいを持つお子様を抱える家族にとって、親がいなくなった後の子どもの将来は深刻な懸念事項です。このコラムでは、そんな家族が直面する重要な選択肢である施設入所支援とグループホームについて掘り下げます。どちらのオプションがあなたの子どもに最適か、それぞれの利点、対象者、そして関わる費用について詳しく解説し、将来の計画に役立つ情報を提供します。

障がいを持つお子様のための施設入所支援の種類と役割

「施設入所支援」とは、障がいを持つ方々に夜間や必要な時に提供される特別なサービスです。この支援は、さまざまな種類の障がいを持つ方々を受け入れる施設で提供されます。具体的には、以下のような施設があります。

施設入所支援の種類とそれぞれの対象者

施設の種類対象者
身体障害者を主とした入所支援施設主に身体障害者(身体障害のある知的障害者も可)
知的障害者を主とした入所支援施設大多数が身体障害を伴わない知的障害者
重症心身障害児者を主とした入所支援施設医療的ケアが必要な重度複合障害児者
障害種別に関係なく受け入れ可能な入所支援施設障害の種類に関わらず受け入れ

障がいを持つ方のサポート、施設入所支援とは何か?

「施設入所支援」とは、障がいを持つ方々が施設に滞在する際に受けられる大切なサポートのことです。このサポートは特に夜間に重要で、入浴、排せつ、食事といった基本的な介護から、日々の生活に関する相談やアドバイスまで含まれます。つまり、このサービスは障害を持つ方々が日常生活をより快適に過ごすために必要な支援を提供するものです。

誰が受けられる? 施設入所支援の対象者をわかりやすく解説

施設入所支援の対象者は、特定の条件を満たす障がいを持つ方々です。ここでその条件を簡単に説明します。

生活介護サービスを受けている方

これには、障害支援区分が4以上の方(50歳以上では区分3以上)が含まれます。

自立訓練や就労移行支援を受けている方

これらのサービスを受けている方で、施設での入所が必要かつ効果的と判断される方、または通所が困難な方。

生活介護を受けている障害支援区分4以下の方

50歳以上では区分3以下。これらの方は、市町村等が利用の組み合わせの必要性を認めた場合に該当します。

就労継続支援B型を受けている方

市町村等が利用の組み合わせの必要性を認めた場合。

法施行時の身体・知的障害者施設の利用者

特定旧法受給者も含まれます。

法施行後に旧法施設に入所し継続している方

これは、障がい者福祉法が施行された後に、旧来の法律に基づく障害者施設に入所し、そこに継続して滞在している方を指します。このグループには、新しい法律の施行後も施設でのサービスを継続して受けている方が含まれます。

平成24年4月の児童福祉法改正時に障害児施設に入所している者。

これは、2012年(平成24年)4月に児童福祉法が改正された時点で、障害児施設(指定医療機関を含む)に入所していた方々を指します。改正前に入所していた障害児は、改正後も引き続き施設内でサービスを受けることが可能です。

以上の条件を満たす方々が、施設入所支援のサービスを受けることができます。詳細は厚生労働省の公式ウェブサイトをご覧ください。

施設入所支援の利用料

施設入所支援の利用料は、基本的に利用者の収入に基づいた1割の自己負担となります。ここで、その負担額の計算方法を簡単に説明します。

18歳以上の利用者の場合

利用者本人と配偶者の所得に基づいて、毎月の自己負担の上限額が決定されます。

18歳未満の利用者の場合

児童を監護する保護者が属する世帯(住民基本台帳に登録されている世帯)の所得に基づいて、自己負担の上限月額が設定されます。

ただし、サービスにかかる費用の1割が上限月額より低い場合は、その低い金額を支払います。このシステムは、家庭の経済的負担を軽減しつつ、必要な支援を提供するためのものです。

施設入所支援の受給期間

施設入所支援の受給期間は、最大で3年間です。この期間は、1か月単位で市町村が認定し、家族の状況やニーズに合わせて更新することが可能です。つまり、受給できる期間は継続的に見直され、必要に応じて延長することができます。これにより、障がいを持つ方々とその家族が柔軟にサポートを受けられるように配慮されています。

施設入所支援で受けられるサービスの全容

施設入所支援では、障がいを持つ方々が日々の生活を快適に送るために、以下のようなさまざまなサービスを受けることができます。

居住の場の提供

安全で快適な住居が提供されます。

日常生活の介助

入浴、排せつ、食事、着替えなどの日常的な支援が行われます。

食事の提供

栄養バランスを考慮した食事が提供されます。

相談と助言

生活に関する相談やアドバイスが受けられます。

健康管理

健康状態のチェックや必要なケアが行われます。

施設入所支援を受ける際には、日中の活動サービスと合わせて利用されることが一般的です。ただし、施設内で提供される日中のサービス以外の障害福祉サービスの利用は、原則としてできません。また、共同生活住居や施設に入所している間は、短期入所の利用も原則としてできません。

施設入所を希望する場合は、障害福祉サービス利用申請書に加え、都道府県の手続きが必要です。利用を検討している方は、お住まいの市町村役場の福祉窓口にお問い合わせください。このサービスを通じて、障がいを持つ方々の生活がより充実し、サポートされることを願っています。

親亡き後の準備、グループホームと施設入所支援の違いを理解する

親がいなくなった後、障がいを持つお子様のケアについて考える際、グループホームと施設入所支援の違いを理解することが重要です。

グループホーム

主に夜間に利用される共同生活住居です。ここでは、日常生活のサポートが提供され、入浴、食事、排せつなどの介護や、生活上の相談や援助が行われます。グループホームは、家庭的な環境の中で、少人数の利用者が共に生活し、必要に応じたサポートを受けます。

施設入所支援

一方で、施設入所支援は、グループホームで提供される夜間のサービスに加え、デイサービスのような日中のサービスも一体的に提供されるシステムです。これにより、利用者は昼夜を通じて、より包括的なケアを受けることができます。施設入所支援では、健康管理や生活スキルの向上、レクリエーション活動など、多様なサービスが日中にも提供されます。

親がいなくなった後のお子様のケアを計画する際、これらの違いを理解し、お子様のニーズや生活スタイルに最適な選択をすることが大切です。親として、子どもに最適な環境を提供するために、これらの情報を参考に適切な決断を下してください。

「施設入所支援」と「グループホーム」の違い

施設入所支援グループホーム
概要障がいを持つ人々に対して、24時間体制で包括的なケアを提供する施設です。比較的自立した障がい者が少人数で共同生活を送る住居形式です。
サービス日中の活動支援、医療ケア、生活スキルの向上など、幅広いサービスが提供されます。主に夜間の介護や生活上の支援に重点を置いていますが、日中は各自で活動することが一般的です。

親亡き後の対応策!施設入所支援とグループホームのメリットとデメリット

障がいを持つお子様の将来を見据えたサポート体制を紹介します。施設入所支援とグループホームの違いを理解し、それぞれのメリットとデメリットを考慮した上で、最適な選択をするための指針を提供します。

施設入所支援のメリット

継続的なケア

親がいない後も、安定して専門的なケアを受け続けることが可能。これにより、障がいを持つ子どもが一定の生活の質を保ちながら成長することができます。

安心の医療サポート

24時間体制での医療サポートがあり、緊急時の対応や定期的な健康管理が可能。健康状態の変化にも迅速に対応できる安心感があります。

生活スキルの向上

日常生活の中で生活スキルの習得や社会参加の機会が豊富にあるため、子どもの自立を促進します。

施設入所支援のデメリット

親族との距離

家族と離れ、面会の機会が限られるため、親子の絆が希薄になるリスクがあります。

環境の変化

親元を離れて新しい環境に順応する必要があり、特に初期はストレスを感じることがあります。

個人の自由度の制限

施設の規則やスケジュールに従う必要があるため、個人の自由度が制限されることがあります。

グループホームのメリット

家庭的な環境

親がいなくなった後でも、比較的小規模で家庭に近い環境で生活でき、居心地の良さが保たれます。

コミュニティの形成

他の居住者との交流を通じて、新しいコミュニティが形成され、社会的なつながりが育まれます。

自立支援

日中の自由度が高く、自立した生活を送るための支援が充実しているため、生活スキルの向上につながります。

グループホームのデメリット

専門的ケアの限界

24時間体制の医療ケアや特定のニーズに対する専門的なサポートが限られることがあり、場合によっては外部のサポートが必要になるかもしれません。

安定性の問題

グループホームの運営状況によっては、サービスの質や安定性にバラツキが生じることがあります。

孤立のリスク

小規模なコミュニティであるため、内部での孤立や外部との関わりが限られることがあり、社会的な孤立を感じるリスクがあります。

これらの施設の特徴を把握し、親がいなくなった後の子どものケアに関する計画を立てる際には、それぞれのメリットとデメリットを考慮し、子どもの個性やニーズに最も適した選択をすることが重要です。また、施設の見学や体験入居を通じて、実際の環境やサービスを確認することも有効です。

まとめ

障がいを持つ子どもを持つ家族にとって、適切な支援体制を選ぶことは、愛する子どもの幸せな未来を守るために不可欠です。施設入所支援とグループホームは、それぞれ独自のメリットを持ち、お子様のニーズに合わせた選択が可能です。今回のコラムが、あなたの大切な決断の一助となれば幸いです。将来への一歩を踏み出す際に、必要な情報とサポートを得ることが、あなたとお子様の充実した生活への鍵となります。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
4
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説と記載されたイラスト

ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説

「ギフテッド」という言葉は、特別な才能や能力を持つ人々を指すものですが、その特徴や顔立ちは一目では分かりません…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today