発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

発達障害と知的障害の違いとは?違いを知り、就労への架け橋を築こう!

author:dekkun
発達障害と知的障害の違いとは?違いを知り、就労への架け橋を築こう!と記載されたイラスト

親として、また社会の一員として、発達障害と知的障害の違いを正確に理解することは、子どもたちが健やかに成長し、社会に参加するための第一歩です。このコラムでは、これらの障害の基本的な違いと特徴を解説し、就労移行支援の重要性について考察します。発達障害と知的障害を持つ人々が、彼らの能力を最大限に発揮し、充実した職業生活を送るために、私たち社会ができることは何かを探求します。

発達障害って何?子どもたちの可能性を広げるために知っておきたいこと

発達障害とは、生まれつきまたは幼少期に見られる、特定のスキルや能力の発達に遅れがある状態を指します。これは、同年齢の子どもたちと比べて顕著な遅れや困難がある場合に該当します。

発達障害の主な特徴

コミュニケーションの困難言葉の理解や表現、非言語コミュニケーションが難しいことがあります。
社会的スキルの遅れ人との関わり方や共感、人間関係の構築が難しい場合があります。
運動能力の遅れ細かい動作や大きな動作、バランスを取ることが難しいことがあります。
学習の困難情報処理の速度が遅い、注意力が散漫などの特徴があります。

発達障害の種類

注意欠如・多動性障害(ADHD)注意が散漫で、物事を最後まで集中して行うのが難しい。衝動的な行動や過度な活動性も見られます。
自閉症スペクトラム障害(ASD)コミュニケーションの困難、繰り返しの行動、特定の興味や趣味に強くこだわる傾向があります。
学習障害(LD)読み書きや計算が難しい。知的能力は平均以上であるにも関わらず、特定の学習領域で困難が見られます。
発達性協調運動障害(DCD)運動スキルの発達が遅れ、日常生活の動作やスポーツが難しい。

サポートの重要性

発達障害は、生まれつきあるいは幼少期からの特徴ですが、適切なサポートや環境を整えることで、多くの場合、困難を乗り越えることが可能です。早期発見と適切な対応が重要です。発達障害を持つ人々は、他者とは異なる視点や考え方を持ち、社会に新しい価値をもたらすこともあります。その可能性を信じ、サポートすることで、より良い社会を築くことができます。発達障害の子どもたちが持つ独特の才能や強みに注目し、彼らの成長と発展を応援しましょう。

知的障害って何?日常生活でのサポートのポイント

知的障害は、一般的な知的機能が平均よりも顕著に低く、日常生活のスキルにおいても制限がある状態を指します。18歳未満での知的能力や日常生活スキルの遅れとして現れることが一般的です。

知的障害の主な特徴

認知能力の制限学習、記憶、問題解決などの認知機能が平均よりも低いことがあります。
日常生活のスキルの制限自己ケア、社会的スキル、家庭や職場でのタスクなど、日常生活に必要なスキルの習得が難しいことがあります。
適応行動の制限新しい環境や状況に適応するのが難しいことがあります。

知的障害の原因と程度

原因

遺伝的要因、母体の健康や妊娠中の問題、出産時の合併症、早産、感染症や栄養不足などが原因として考えられます。

程度の分類

軽度IQが50-69。適切なサポートと教育で独立した生活が可能。
中度IQが35-49。日常生活スキルの習得が難しく、サポートが必要。
重度IQが20-34。基本的な自己ケアスキルの習得が難しく、常にサポートが必要。
極度IQが20未満。全ての面でサポートが必要。

知的障害のある人々へのサポート

知的障害を持つ人々は、彼らの能力やスキルの範囲内で最善を尽くして生活しています。彼らには他者と異なる視点や感受性があり、これが社会に新しい価値をもたらすこともあります。知的障害のある人々の可能性を信じ、適切なサポートや環境を提供することで、彼らがより充実した生活を送ることができるよう努力しましょう。彼らの個性を理解し、サポートすることで、彼らもまた社会の大切な一員として活躍できます。

「発達障害」と「知的障害」の違いを知って、子どもたちを適切にサポートしよう

「発達障害」と「知的障害」は、しばしば混同されがちですが、実は異なる特性や原因を持つ障害です。ここでは、これらの障害の主な違いとそれぞれへの適切な対応について解説します。

両者の定義の違い

発達障害知的障害
生まれつきまたは幼少期に発症し、言語、運動、社会的スキルなど特定の領域での発達が遅れる障害です。 一般的な知的機能が平均よりも顕著に低く、日常生活のスキルにも制限がある状態です。全般的な知的能力の低さが特徴です。

発達障害と知的障害の原因

発達障害知的障害
遺伝的要因、妊娠中の母体の健康問題、出産時の合併症などが原因と考えられることが多く、生後すぐや幼少期に特定のスキルの遅れとして現れます。遺伝的要因、母体の感染症や栄養不足、出産時の酸欠、早産などが原因となります。IQの低さは通常、6歳以降に明確になります。

対応やサポートの違い

発達障害知的障害
特定のスキルや機能の遅れに焦点を当てたサポートが必要です。言語療法士によるトレーニング、社会的スキルのトレーニング、興味や趣味を活かした教育方法などが効果的です。全般的な知的能力の低さを考慮したサポートが求められます。日常生活スキルのトレーニング、適切な学習環境の提供、社会的なサポートや職業訓練が重要です。

社会全体でのサポートの重要性

発達障害と知的障害は、それぞれ異なる特性やニーズを持ちます。これらの障害に対する適切な理解と対応を通じて、障害を持つ人々がより良い生活を送ることができるようサポートすることが重要です。社会全体としてこれらの障害に対する理解を深め、適切なサポートを提供することで、障害を持つ人々の可能性を最大限に引き出すことができます。

障害の分類の理由と変化する福祉制度について理解しよう

障害の分類、つまり精神障害、知的障害、発達障害は、単に異なる種類の障害を区別するための方法に過ぎません。球技や陸上競技がさまざまな種目を含むスポーツであるように、これらの障害もそれぞれに独自の特徴を持っています。

なぜ障害を分類するのか?

医療的な観点

分類することにより、それぞれの障害に最適な医療や薬物治療を提供できます。これは、症状を安定させるために重要です。

福祉サービスの提供

社会福祉サービスは、支援が必要な程度と限られた財源の観点から提供されます。また、障害があっても「できることはやる」自立と、「社会への貢献」の原則は、全ての国民に共通する義務と権利です。

福祉制度の変化

日本の福祉制度は、歴史的な背景を持ち、必ずしも十分でもわかりやすいとは言えない現実があります。知的障害者福祉法が昭和35年に成立したのに対し、発達障害は比較的最近になって社会的支援が必要な障害として認識され始めました。これが制度の複雑さの一因です。

「障害者総合支援法」は、障害の種類に関係なく、必要とする支援を幅広く提供することを目指しています。この法律は、障害のある方々への支援を拡充し、より包摂的なアプローチを取ることを目指しています。日本の福祉制度は徐々に変化しており、これらの変化を理解することは、障害を持つ人々をサポートする上で重要です。

就労移行支援事業所って何?障害を持つ人の就労をサポートする制度

「就労移行支援」とは、障害を持つ人々が一般の職場で働くことを目指し、その過程で必要な支援を提供する制度やプログラムのことです。この制度の主な目的は、障害を持つ人々が社会的に自立し、職場で必要とされるスキルや知識を身につけることです。

就労移行支援で学べること

職業的スキルの習得

様々な職業で必要とされる具体的なスキルを学ぶことができます。

コミュニケーション能力の向上

職場での円滑なコミュニケーション方法を学びます。

職場マナーやルールの理解

職場での適切な行動やルールを学びます。

就労移行支援がもたらすメリット

スキルアップ

必要な職業的スキルや知識を習得し、一般の職場での就労がスムーズになります。

自己肯定感の向上

自分の能力や価値を再認識し、自信を持って職場に臨むことができます。

社会参加の促進

社会の一員として活躍し、社会全体の多様性や包摂性を高めます。

経済的自立

一般の職場で働くことで、経済的に自立します。

人間関係の構築

職場でのコミュニケーションを通じて、人間関係や社会的ネットワークを広げます。

就労移行支援は、障害を持つ人々が一般の職場で働く際の大きな助けとなります。この制度を利用することで、彼らは自分の可能性を最大限に発揮し、社会全体の一員として活躍できるようになります。社会全体として障害を持つ人々の就労をサポートし、彼らの可能性を信じることが、より良い社会を築く鍵です。

まとめ

発達障害と知的障害の違いを理解することは、これらの障害を持つ人々が社会に適応し、自立した生活を送るための基盤を築くことに繋がります。就労移行支援は、彼らが自分の能力を発揮し、職場での成功を収めるために不可欠です。我々は、彼らが社会の一員として活躍できるような環境を提供する責任があります。このコラムを通じて、発達障害と知的障害に対する理解を深め、支援の重要性を再認識することを願っています。それぞれの障害を持つ個人が、彼らの強みを活かし、社会で輝くための一助となれば幸いです。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説と記載されたイラスト

ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説

「ギフテッド」という言葉は、特別な才能や能力を持つ人々を指すものですが、その特徴や顔立ちは一目では分かりません…

calendar_today
9
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today