発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

理解しよう!反社会性パーソナリティ障害のサイン、原因、そして変化への一歩

author:dekkun
理解しよう!反社会性パーソナリティ障害のサイン、原因、そして変化への一歩と記載された写真

私たちの周りには、見えない障害を抱えて生活している人々がいます。その一つが、しばしば誤解されがちな反社会性パーソナリティ障害です。この障害は、特定の行動パターンや心理的特徴によって特徴づけられますが、多くの場合、理解されにくいものです。この記事では、反社会性パーソナリティ障害の基本的な特徴、症状、原因を探り、どのようにしてこれらの挑戦に立ち向かい、可能な治療法やサポートを見つけることができるのかを深く掘り下げていきます。

反社会性パーソナリティ障害とは?

反社会性パーソナリティ障害は、個人の欲望や楽しみのために他人をだます、無謀な行動を取るといった特徴があります。これらの行動は良心の声をあまり感じずに行われることが多いです。

他人の権利に対する配慮の欠如

この障害を持つ人は、通常なら他人の権利や感情を尊重する場面でも、自分の利益や望みを優先させてしまいます。その結果、時に法律を破ることもあります。

発生率と性別の差

この障害は人口の約1~3.6%に見られ、特に男性に多いことが知られています。実際、女性に比べて男性に6倍も多く見られるとされています。

反社会性パーソナリティ障害の症状と特徴

他人への配慮の欠如

この障害を持つ人は、他人の気持ちや立場を理解しにくいです。他人を傷つけたり、だましたりしても、罪悪感を感じないことが多いです。また、自分の行動を正当化し、他人を非難することもあります。

衝動的行動

未来の計画を立てるのが苦手で、突然の行動を取ることがよくあります。急に引っ越しをしたり、人間関係を変えたりすることも。危険な運転や違法薬物の使用など、リスクの高い行動に出ることもあります。

極端な無責任さ

極端に無責任な行動を取ることも特徴の一つです。仕事を急に休んだり、借金を返さないなどの行動を取り、最終的には深刻なトラブルに巻き込まれることも。この無責任さは、他人への配慮の欠如や衝動性とも関連しています。

その他の特徴

表面的には魅力的に振る舞い、知識があるように見せることも。自己評価が高く、自信過剰で、しばしば自分勝手や自己中心的と思われがちです。

反社会性パーソナリティ障害が起こる理由

遺伝からくる影響

この障害が発症する理由の半分は、家族の遺伝に関係していると言われています。つまり、家族の中にこの障害を持つ人がいる場合、発症する可能性が高くなるんです。遺伝子の特定の部分に変わりがあると、この障害が出やすいと考えられています。

育った環境の影響

子どもの頃の環境も大きく影響します。特に、幼少期に愛情を十分に受けなかったり、虐待やネグレクト(放置)があったりすると、道徳心や他人への共感が育ちにくくなります。親との関係がうまく築けないと、他人に対しても感受性が低くなることがあります。

反社会性パーソナリティ障害の診断方法って?

どんな基準で診断するの?

世界中の医師たちは、主に2つの大きな基準を使って診断します。ひとつは世界保健機関の「ICD-10」というもの、もうひとつはアメリカ精神医学会の「DSM-5」というものです。

ICD-10って何?

これは、人が他人の感情に無関心で、社会のルールを無視しやすいかどうか、人間関係を続けるのが難しいか、すぐに怒ったり暴力的になったりするか、罪悪感を感じることができるかなどを見ます。子どもの頃から問題の行動があったかどうかも大事です。

DSM-5って何?

DSM-5は、人が他人の権利を無視して行動しているか、よく嘘をついたり、衝動的で、怒りっぽく暴力的か、無謀か、仕事やお金の責任を果たさないか、他人を傷つけても罪悪感を感じないかをチェックします。18歳以上で、子どもの頃からの問題行動の証拠があるかどうかも見ます。ただし、これらの行動が精神病の一部としてではないことが大事です。

反社会性パーソナリティ障害と似た障害の見分け方

他のパーソナリティ障害との違い

精神障害の診断基準であるDSM-5では、パーソナリティ障害を10種類に分けています。これらは、A群(変わった行動)、B群(感情的な行動)、C群(不安な行動)の3つのグループに分類されます。反社会性パーソナリティ障害はB群に属しており、他のB群に属する障害との区別が大切です。

障害の種類特徴違い
境界性パーソナリティ障害情緒が不安定反社会性パーソナリティ障害の人ほど攻撃的ではない
演技性パーソナリティ障害他人に世話を焼かせるために行動反社会性パーソナリティ障害の人は利益や権力のために行動
自己愛性パーソナリティ障害自己愛が強い反社会性パーソナリティ障害の人のような衝動性や攻撃性は見られない

発達障害との関連

成人して反社会性パーソナリティ障害と診断される人は、子どもの頃にADHD(注意欠陥多動性障害)だった可能性が高いです。反社会性パーソナリティ障害は18歳以上で診断されますが、15歳以前に問題行動があった場合は「素行症」と呼ばれます。素行症は、自己肯定感が低いなどの理由で、他人を信じられない行動につながることがあります。素行症を防ぐことが、反社会性パーソナリティ障害の予防につながります。

反社会性パーソナリティ障害の治療ってどんな感じ?

治療の難しさ

反社会性パーソナリティ障害の治療は難しいとされています。決まった治療法で必ず効果が出るというわけではありません。主な目標は、社会にうまく適応できるように、考え方や行動パターンを少しずつ変えていくことです。

心理療法

  • 集団精神療法: 同じ障害を持つ人たちと一緒に、グループで話し合ったり活動したりして、社会に適応する方法を学びます。
  • 家族療法: 家族も一緒に治療に参加し、問題行動や症状の解決に取り組みます。特に未成年の場合に有効です。

薬物療法

不安や抑うつなどの症状を和らげるために、薬を使うことがあります。SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)などが使われることも。ただし、薬だけでは根本的な解決にはならないため、心理療法と併用するのが一般的です。

反社会性パーソナリティ障害を持つ人を支える方法

治療は簡単ではない

反社会性パーソナリティ障害は、遺伝的要因や子どもの頃の環境から発症することが多く、簡単に治るものではありません。ですから、周りの人たちは患者さんの背景を理解してサポートしましょう。

否定しすぎない

患者さんの行動をすぐに否定するのではなく、行動の良かった点も認めて、改善点を優しく伝えましょう。過去の経験で自己肯定感が低くなっていることもあるので、できるだけ肯定的なアプローチが大切です。

攻撃的な態度には冷静に

挑発的な態度や敵意を見せることがあっても、感情的にならずに冷静に対応しましょう。何が原因でそうなったのかを理解しようとすることが重要です。

認めてあげる

自己肯定感を高めるためには、彼らの行動や言動を認めることが効果的です。すぐに変化は見られないかもしれませんが、時間をかけて少しずつ変わっていくことが期待できます。

まとめ

反社会性パーソナリティ障害を理解し、適切なサポートと治療を受けることは、個人の回復と社会への適応のために不可欠です。この記事を通じて、障害の背後にある複雑さと、それに直面する人々への深い共感が伝わったことを願っています。もし、あなた自身や身近な誰かが反社会性パーソナリティ障害に関連する挑戦に直面している場合、専門家の助けを求めることは強さの表れです。私たち一人一人が理解を深めることで、より健全でサポートのある社会を築くことができます。

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
4
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説と記載されたイラスト

ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説

「ギフテッド」という言葉は、特別な才能や能力を持つ人々を指すものですが、その特徴や顔立ちは一目では分かりません…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today