発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

発達障がいの中学生の学習支援、親が実践できる7つの方法

author:dekkun
発達障がいの中学生の学習支援、親が実践できる7つの方法と記載されたイラスト

中学生の学習は時に困難を伴うことがありますが、発達障がいを抱える子どもたちにとっては、その難しさが一層顕著に現れることもあります。親として、子どもの学習をどのようにサポートすれば良いのか、一緒に考えていきましょう。このコラムでは、発達障がいの中学生に親が行える支援方法を7つご紹介します。また、異なるタイプの特性や学習をしない理由についても理解していただけるよう、詳しく掘り下げていきます。

発達障がいを持つ子どものサポート方法

本文:発達グレーゾーンや発達障害を持つ子どもたちを育てる母親の皆さんへ、役立つサポート方法をご紹介します。発達障がいを理解し、子どもたちの特性に合わせたアプローチを取ることで、彼らの学校生活を豊かにする手助けができます。わかりやすく実践可能な知識をご提供いたします。

発達障がいとは

発達障がいとは、自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害など、脳の働き方による障害のことです。これは生まれつきの特性であり、本人の努力不足や親の育て方とは無関係です。子どもたちの成長段階で異なる特性が現れることもあり、理解が必要です。

発達障がいの3つのタイプ

発達障がいは、主に以下の3つのタイプに分けられます。

ADHD(注意欠如・多動症)不注意や多動性が特徴で、学校生活に影響を及ぼすことがあります。多動性は成長に伴い収まることもありますが、継続的なサポートが必要です。
ASD(自閉スペクトラム症)強いこだわりやコミュニケーションの困難さがあり、理解と配慮が必要です。関心のある分野で輝く可能性もあります。
SLD(限局性学習障がい)特定の学習分野において困難を抱えるタイプです。勉強が難しいと感じることが多いため、適切な学習方法を見つけることが重要です。

子どもたちの特性を理解し、彼らが輝ける環境を提供することが大切です。

発達障がいの中学生への勉強サポートのコツ

発達グレーゾーンや発達障害を抱える中学生のお子さんを持つお母さん方へ、学習をサポートするためのアプローチをお伝えします。子どもたちの特性に合わせて、効果的な支援方法を見つけましょう。理解しやすい方法でお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

ADHD(注意欠如・多動症)の場合

ADHDの子どもの主な特徴は以下の通りです。

  • 集中力が続かない
  • 宿題や提出物を忘れがち
  • 計画的に物事を進められない

勉強をしない理由は、集中力の持続が難しいためです。自宅学習では工夫を凝らして復習することで、授業への参加や自信をつけるチャンスを増やしましょう。

ASD(自閉スペクトラム症)の場合

ASDの子どもの主な特徴は以下の通りです。

  • 対人関係が苦手
  • 特定の分野に興味を持つ
  • 外界からの刺激に過敏

興味がある分野には集中しやすいですが、関心のない学習には苦手意識が生じることがあります。学校の科目には柔軟なサポートが必要で、コミュニケーションのサポートもお忘れなく。

SLD(限局性学習障がい)の場合

SLDの子どもの主な特徴は以下の通りです。

  • 特定の学習分野に苦手意識
  • 書き写すのが難しい
  • 読解が遅い

特定の分野で苦労することがあるため、学習方法を工夫してやりがいを感じさせてあげることが重要です。難しいと感じても、達成感を味わえるようにサポートしましょう。

お子さんの特性に合わせたサポート方法を見つけ、学習の楽しさや自信を育む手助けをしていきましょう。

発達障がいの中学生との効果的な学習サポート法

発達障がいの子どもたちの学習をサポートする際、特性に合わせたアプローチが重要です。また、子どもたちの心理的側面も考慮して支援を行うことが大切です。ここでは、発達障がいの中学生が勉強しない理由と、そのために親が実践できる7つの方法をご紹介します。子どもたちの性格や状況に応じて適切なサポートを提供し、彼らの成長を支えましょう。

子どもの発達障がいを理解し共感を示す

発達障がいについて正しい知識を持つことで、子どもたちの気持ちや必要なサポートを理解できます。子どもたちは自分を理解してくれる親の存在を感じることで、率直に相談したり助けを求めたりしやすくなります。

子どもたちの置かれた状況に共感し、寄り添う姿勢が大切です。

適度なサポートを提供する

発達障がいの子どもたちは理解のある環境で育つことが重要ですが、過度な心配や特別な配慮は不安感を引き起こすことがあります。

親が代わりに行動するのではなく、子どもたち自身が積極的に取り組む姿勢をサポートしましょう。程よいサポートを通じて、必要なときに手を差し伸べることが大切です。

進歩した点を褒めて成長を励ます

発達障がいの中学生は注意が向けられることが多く、自分にできないことに焦点を当ててしまうことがあります。しかし、進歩した点や成果を褒めることで、自信を持つことができます。

親からの肯定的な評価は子どもたちにとって重要であり、前向きな姿勢を養う助けになります。自信をつけることで、苦手な分野にも前向きに取り組むことができるでしょう。

無理強いせずに学習の機会を提供する

発達障がいの子どもたちは努力しても学習が難しいと感じることがあり、無理に勉強をさせることは逆効果です。特に学業に対するストレスが大きい場合は、無理強いせず学習の機会を提供することが重要です。

焦らずに子どもたちが学びやすい環境を整え、彼らが自信を持って学習に取り組めるようにサポートしましょう。

学習の良い手本を示す

子どもたちに学習を奨励するためには、親自身が学ぶ姿勢を見せることも有効です。親が学習に取り組む姿を見ることで、子どもたちは自らも学習意欲を高めることができます。

親の努力を見て「自分も頑張ろう」という気持ちが芽生え、学習への取り組みが活発化するかもしれません。

対話を交えて学習を進める

親が子どもたちに対して質問をする形で学習を進めることで、彼らは問題解決に集中することができます。単独で学習するよりも、対話形式で進めることで集中力を保ちやすくなります。

適切なタイミングで親が質問を投げかけ、子どもたちが達成感を感じる手助けをしましょう。

専門家の助言を得る

発達障がいに関する専門家の助言を得ることは、子どもたちと向き合ううえで大切な一歩です。専門家の意見を聞くことで、新たなアプローチやアイデアが浮かび、子どもたちにとってポジティブな影響をもたらすかもしれません。

専門機関やカウンセラーを通じて相談し、最適な支援方法を見つけましょう。

発達障がいについて相談できる代表的な専門機関
スクールカウンセラー
市区町村の子育て相談窓口
児童相談所・発達障がい者支援センター
病院の心療内科

発達障がいの中学生に関するよく寄せられる疑問にお答え

最後に、発達障がいを持つ中学生についてのよく寄せられる疑問に対してお答えしてみましょう。少しでも多くの情報を手に入れて、不安を和らげていくことが大切です。

「発達障がい=勉強ができない」と言われますが、本当でしょうか?

「発達障がい=勉強ができない」とは限りません。ただし、発達障がいの特性によって勉強が難しい場面もあるかもしれません。例えば、集中力や興味の持続が難しいため、学習方法の工夫が必要です。

授業で理解が難しい場合は、学校外での復習や得意な分野の強化に注力することが大切です。発達障がいがあるからといって、将来の可能性がないわけではありません。自分の得意な分野を伸ばし、自信を持って進んでいくことが大切です。

発達障がいグレーゾーンの中学生にはどのような特徴がありますか?

「発達障がいグレーゾーン」とは、病院での診断基準を満たさないが、類似の特徴がある場合を指します。

中学生の発達障がいグレーゾーンの特徴は以下の通りです。

ADHD
注意力散漫で授業に集中しづらい
時間の感覚が不安定
行動が予測困難
ケアレスミスが多い
ASD
対人関係が苦手で友達とのコミュニケーションが難しい
特定の興味に強い集中を見せる
感覚過敏なことがある
LD
読み書きや計算が難しく、特定の学習分野に苦労
授業中の集中が難しいことがある
勉強のやる気がなかなか湧かない

グレーゾーンの中学生も、学習や日常生活において支援が必要な場合があります。専門家のアドバイスを得ながら、個々の特性に合わせたサポートを提供してあげることが大切です。

発達障がいの中学生に適した学習方法は何ですか?

発達障がいの中学生に適した学習方法は、その子の特性によって異なります。

一般的なアプローチは、次の点を考慮することです。

個別のサポート
一人ひとりの特性を理解し、その子に合った学習計画や方法を立てることが大切です。集中力を保つための工夫や興味を引き込む工夫を取り入れましょう。
ポジティブなアプローチ
できたことを褒めることで、自信を持って取り組む姿勢を養います。成功体験を重ねることで、学習へのモチベーションが高まることがあります
専門家のアドバイス
教育や心理学の専門家からアドバイスを受けることも有益です。専門家は効果的な学習戦略やアプローチを提案してくれるでしょう。

まとめ

発達障がいを持つ中学生の学習支援に関する知識は、親として持っておくべき重要な要素です。子どもたちの特性や個々のニーズに合わせた適切なアプローチを取ることで、彼らが持つ可能性を最大限に引き出し、充実した学校生活を送る手助けをすることができます。ぜひこのコラムで紹介した方法を参考にし、子どもたちの成長を支えていきましょう。

dekkun.に相談しよう

弊社所属の専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・児童指導員 ・理学療法士 ・言語聴…

looks 人気の療育コラム

1
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
2
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
3
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
4
3歳児の発達と発達障害のチェックリストと記載されたイラスト

3歳児の発達と発達障害のチェックリスト

子供の成長と発達は、親にとって喜びと不安を伴う重要な時期の一つです。特に3歳は、子供の発達において重要な節目の…

calendar_today
5
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
6
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
7
WISC(ウィスク)検査について:具体的な検査内容から結果の見方までと記載されたイラスト

WISC(ウィスク)検査について:具体的な検査内容から結果の見方まで

WISC(ウィスク)検査は、子どもや青少年の知能を測定するための一般的な検査です。WISCは"Wechsler…

calendar_today
8
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
9

子どもの発達が気になる?7歳の子供に関する発達障害のチェックリスト

発達障害のチェックリストとは? 発達障害のチェックリストは、医師、心理士、教育者、保護者などが子供の発達を評価…

calendar_today
10

大人の癇癪はストレスや不安が原因?自己コントロールのためのアンガーマネジメント

大人の癇癪とは、怒りやイライラが爆発的になってしまい、周りの人や物を傷つけることがある状態のことを指します。一…

calendar_today