発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

言葉の選び方が重要!パニック障害を抱える人には避けるべき言葉

author:dekkun
言葉の選び方が重要!パニック障害を抱える人には避けるべき言葉と記載されたイラスト

パニック障害を抱える人に対する配慮と理解は、言葉選びから始まります。このコラムでは、パニック障害の人に言ってはいけない言葉とその理由、そしてサポートの方法について掘り下げます。言葉一つでその人の気持ちが大きく変わることを理解し、適切なコミュニケーションを目指しましょう。

パニック発作の心理的背景

パニック発作は、長期的なストレスやトラウマが自律神経の調整機能を破綻させた結果、交感神経の過剰反応によって引き起こされます。これにより、動悸や息切れなどの症状が突然に現れます。過去のトラウマや現在のストレスが、パニック発作の主な要因となっています。

自律神経の調整不全

パニック発作は、自律神経の過剰な反応によって発生します。ストレスや不安が原因で交感神経が活性化し、副交感神経とのバランスが崩れると、心拍数の上昇や息苦しさなどの身体的症状を引き起こします。

精神的な負担とトラウマ

過去のトラウマや現在の家族や職場の問題など、継続的な精神的ストレスが自律神経の調整機能に影響を及ぼします。これらの持続的なストレス源は、パニック発作の根底にある主な要因です。

症状の出現

ストレスや不安により、自律神経が適切に機能しなくなると、動悸、息切れ、めまい、吐き気などの症状が突然現れます。これらは、身体が感じる嫌悪刺激への過敏な反応です。

パニック障害の人に言ってはいけない言葉10選

パニック障害を持つ人への言葉選びは非常に重要です。彼らはしばしば発作を経験するため、周囲からのサポートや理解が必要です。しかし、以下のような言葉は避けたほうがよいでしょう。

1. 「また発作?」「こんなところで困るよ」

理由

パニック発作は予期せぬタイミングで起こるもので、本人にとっても制御不能です。このような言葉は本人を罪悪感や無力感に陥れ、発作への不安を増幅させる可能性があります。また、周囲の理解不足を感じさせ、孤立感を強めることがあります。

代わりに言うべき言葉

「大変だね、どうやってサポートできるかな?」のように、理解を示しサポートを申し出る言葉が適しています。発作を見守り、落ち着くのを待つ姿勢を示すことが大切です。

2. 「気持ちの持ちようだよ」「甘えじゃないの?」

理由

これらの言葉は、パニック障害が単なる精神的な弱さや甘えからくるものと誤解していることを示しています。これにより、本人は自分の症状を否定され、理解されていないと感じるでしょう。また、罪悪感や自己嫌悪を増大させる原因になりえます。

代わりに言うべき言葉

「大変だね、どうしたら楽になると思う?」といった、共感と理解を示す言葉が適しています。問題を一緒に解決しようとする姿勢が重要です。

3. 「考えすぎだよ」

理由

パニック障害の本人は、自分の感じる恐怖や不安が非常にリアルであり、単なる「考えすぎ」とは違います。この言葉は本人の経験を過小評価し、彼らの苦しみを理解せずに切り捨てることになりかねません。

代わりに言うべき言葉

「どんな気持ちか教えてくれる?」と尋ねることで、本人の感じている不安や恐怖を共有し、理解を深めることができます。寄り添う姿勢を見せることが重要です。

4. 「落ち着いて」

理由

パニック障害の人は発作中に非常に高い緊張状態にあり、「落ち着いて」という言葉は彼らにとっては実行不可能な要求となり得ます。このような言葉は逆に彼らをより緊張させ、発作を悪化させる可能性があります。

代わりに言うべき言葉

「一緒に深呼吸しようか」と提案し、落ち着ける行動を一緒に行うことで、リラックスに導く手助けができます。サポートする姿勢を示すことが大事です。

5. 「大したことないよ」

理由

この言葉はパニック障害の本質を理解せず、その経験を軽視することを意味します。本人の不安や苦痛を否定し、孤立感を増すことになります。

代わりに言うべき言葉

「大変そうだね、どうサポートできるかな?」という形で、苦痛を理解し支援を申し出る言葉が適切です。

6. 「もっと強くなりなよ」

理由

この言葉は、パニック障害が精神的な弱さからくると誤解していることを示しています。本人は既に精神的に追い詰められているため、この言葉はさらにプレッシャーを加えることになります。

代わりに言うべき言葉

「一緒に乗り越えよう」と声をかけ、サポートと理解を示すことが重要です。

7. 「そんなに心配しないで」

理由

パニック障害を持つ人は、自分の状況や感情に深く悩んでいるため、この言葉はその苦しみを理解せず、軽視するものとなります。

代わりに言うべき言葉

「どうしたら心配が減るか一緒に考えよう」と提案し、共に解決策を見つける姿勢が効果的です。

8. 「それくらいで…」

理由

この言葉は、本人の感じている苦痛や不安を軽んじ、その経験を無価値にすることになります。

代わりに言うべき言葉

「それは大変だったね」と共感を示し、彼らの経験を尊重することが大切です。

9. 「何をそんなに怖がっているの?」

理由

この言葉は、パニック障害の恐怖が非合理的なものと捉え、本人を責めることになります。

代わりに言うべき言葉

「具体的に何が怖いのか教えてくれる?」と尋ね、本人の感情に寄り添うことが重要です。

10. 「もう治ったでしょ?」

理由

パニック障害は一朝一夕で治るものではなく、長期間の治療やサポートが必要です。この言葉は治療の過程を理解せず、急かすことになります。

代わりに言うべき言葉

「今、どんな感じ?」と現在の状態に関心を持ち、その過程を理解しようとする姿勢が適切です。

パニック障害を持つ人々が直面する挑戦と支援への道

パニック障害は、予期せぬ瞬間に激しい不安や恐怖を体験することが特徴です。これらの発作は精神的にも肉体的にも大きな負担となり、周囲の理解とサポートが不可欠です。特に、適切なコミュニケーションは、彼らの不安を軽減し、心の安寧をもたらすための重要な要素です。

パニック障害に対する共感とサポートを示すコミュニケーション

仕事のストレスや日常の悩みに対して

相手がストレスや悩みを打ち明けた際は、共感の言葉で応えましょう。「それは本当に大変だね。君の感じていることがよく分かるよ。何か手伝えることがあれば言ってね」という言葉は、理解とサポートの意思を示します。

人前での発言や行動に関する恐怖がある場合

相手が人前での行動に対して恐怖を感じているときは、「人前での話は誰でも緊張するものだよ。一緒に練習してみる?それとも、他の方法で支援できることがあるかな?」とサポートを申し出ると良いでしょう。

適切なコミュニケーションは、相手の状態を理解し、共感を持って接することが鍵です。言葉は力強いツールであり、相手に安心感を与えるものであるべきです。適切なサポートと共に、相手のペースやニーズを尊重することで、信頼関係を築き、安心感を与える助けとなります。

パニック障害の回復へのアプローチ

パニック障害の治療には、医療専門家やカウンセラーとの連携が重要です。適切な治療プログラムの受講は、自律神経のバランスを回復し、パニック発作の改善に役立ちます。また、家族や友人の緊密なサポートも、回復プロセスにおいて大きな助けとなります。

パニック障害の克服には、周囲の理解とサポートが欠かせません。患者に寄り添い、適切な支援を提供することで、彼らが日常生活をよりスムーズに送ることができるようにしましょう。

まとめ

パニック障害を抱える人へのコミュニケーションは、適切な言葉選びがカギとなります。今回紹介した言葉を避け、理解と共感を示すことで、彼らの日々の挑戦をサポートすることができます。言葉の力を正しく使い、支え合う環境を作り出しましょう。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10

大人の癇癪はストレスや不安が原因?自己コントロールのためのアンガーマネジメント

大人の癇癪とは、怒りやイライラが爆発的になってしまい、周りの人や物を傷つけることがある状態のことを指します。一…

calendar_today