発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

小学生が楽しく学べる!2024年最新プログラミング教材

author:dekkun
小学生が楽しく学べる!2024年最新プログラミング教材と記載されたイラスト

プログラミングは、今や子どもたちの重要なスキルの一つとして注目されています。2024年、新しい学習ツールや教材が続々と登場し、小学生が楽しみながらプログラミングを学べる環境が充実しています。この記事では、小学生におすすめのプログラミング教材を厳選してご紹介します。子どもたちが創造力と論理的思考を養いながら、プログラミングの基礎を楽しく学べる教材をピックアップしました。

小学校でのプログラミング教育の目的と実態

プログラミング教育の目的

2020年から小学校で始まったプログラミング教育は、子どもたちに複雑なプログラミング言語を教えることを目的としているわけではありません。主な目的は、物事を論理的に考える「プログラミング的思考」を育むことにあります。これにより、子どもたちは問題解決能力や創造性を高めることが期待されています。

プログラミングは独立した教科ではない

プログラミング教育は国語や算数といった独立した教科として扱われているわけではありません。多くの場合、算数や理科の授業の中でプログラミング的な思考を取り入れる形で教えられています。また、一部の学校では総合的な学習の時間を利用してプログラミング教育を行っています。

パソコンを使わないプログラミング学習

すべてのプログラミング教育がICT機器を使うわけではありません。アンプラグド・プログラミングと呼ばれる方法では、カードや本、おもちゃを使って、コンピューターなしでプログラミングの基本的な考え方を学びます。これにより、子どもたちはより身近なものを使ってプログラミング的思考を養うことができます。

小学生がプログラミングを学ぶメリット

小学生がプログラミングを学ぶことには、数多くの利点があります。これらは子どもたちが将来、多様な分野で活躍するための基盤を築くのに役立ちます。

社会で求められる基礎教養が身につく

現代社会ではIT化が進んでおり、プログラミングは様々な業界で必要とされています。プログラミング教育を受けることで、子どもたちはこれからの社会で必要とされる重要な基礎教養を身につけることができます。

論理的思考力と問題解決能力が養われる

プログラミング教育は、ただコーディングを学ぶだけでなく、論理的思考や問題解決能力を育むことにも繋がります。これらのスキルは学校の勉強はもちろん、日常生活や将来の職業においても非常に重要です。

ICTスキルが向上する

プログラミング学習を通じて、子どもたちはICT機器に親しみ、基本的な操作スキルやタイピングスキルを身につけます。これらのスキルは今後の学業や職場で大いに役立つことでしょう。

プログラミング教育を受けることにより、子どもたちは将来的に社会で求められる知識やスキルを習得し、自信を持って活躍できるようになるのです。

例えば?プログラミングを通じて身につく具体的なスキル

プログラミングを学ぶことで得られるスキルは非常に多岐にわたります。ここでは、プログラミング教育を通じて子どもたちがどのような能力を身につけることができるのか、いくつかの例を挙げてみましょう。

1. タイピングスキルの向上

コンピューターを使ったプログラミング学習を通じて、子どもたちはタイピングスキルを自然と向上させることができます。これは今後、学業や職場でのコンピューター作業の効率化に直結します。

2. 論理的思考力の強化

プログラムを組む過程で、子どもたちは「もし〜ならば〜」という条件分岐や繰り返し処理など、論理的な構造を理解し適用することを学びます。これは数学的思考や科学的なアプローチにも役立ちます。

3. 創造性と表現力の向上

プログラミングは、単にコードを書くだけではなく、自分のアイデアを形にする過程でもあります。子どもたちは、ゲームやアニメーション、アプリケーションの開発を通じて、自身の創造性と表現力を養うことができます。

4. 問題解決能力の養成

プログラミング学習中に遭遇するエラーやバグを解決する過程は、子どもたちにとって貴重な問題解決の経験となります。この経験は、他の学問や日常生活の中で直面する問題に対するアプローチ方法にも影響を与えます。

これらのスキルは、小学生の時点で楽しみながら身につけることができ、将来どのような分野に進んでも役立つ普遍的な能力となります。プログラミング教育は、子どもたちにとって豊かな未来を築くための重要な一歩と言えるでしょう。

2024年度新大学入試でのプログラミング出題

2024年度からの新大学入試共通テストにおいて、「情報」科目にプログラミングが出題されることが決まりました。この変化は、今後の教育方針においてプログラミングの重要性が増していることを示しています。

高等学校での情報科目との関連性

2022年度より高等学校では「情報Ⅰ」が必修化され、生徒たちはより専門的なプログラミングを学ぶようになります。この授業では、さまざまなプログラミング言語が扱われ、生徒たちは実際のコーディング技術を身につけていきます。

大学入試でのプログラミング出題への対応

大学入試におけるプログラミングの出題内容はまだ詳細が明らかになっていませんが、高度な内容が出題される可能性があります。そのため、小学校時代からプログラミングに親しむことは、将来的に大学入試において有利に働く可能性が高いです。

小学生から始めるプログラミングのメリット

小学生のうちからプログラミングを学ぶことで、基本的なプログラミング的思考や知識を身につけることができます。これは、将来的に高等学校での学習や大学入試に向けた準備になり、スムーズな学習進度を期待できます。

このように、小学生の時から始めるプログラミング学習は、将来の教育やキャリアにおいて大きなアドバンテージとなるでしょう。プログラミングは単なるスキルの習得を超え、論理的思考や問題解決能力を養うことにもつながるため、多面的なメリットが期待できます。

将来の選択肢拡大!プログラミングの学習が子どもにもたらすメリット

現代社会では、身の回りの多くのものがプログラムによって動かされています。スマートフォン、家電、交通システム、コンピュータソフトウェア、銀行のシステムなど、プログラミングは日常生活のさまざまな場面で欠かせないものとなっています。これに伴い、プログラミングスキルを持つ人材への需要は幅広い分野で高まっており、IT人材の不足が日本での深刻な課題となっています。

IT人材不足とプログラミングスキルの重要性

人口減少という日本の社会問題と併せ、IT人材の不足は今後も続くと予想されます。このため、政府はIT業界の人材育成に力を入れ、多くの支援策を打ち出しています。将来、このような環境下では、プログラミングスキルを持つことがさらに大きなアドバンテージとなり、IT分野での活躍が期待されるようになるでしょう。

プログラミングスキルの幅広い活用

また、プログラミングスキルはIT業界に限らず、さまざまな業界での商品開発や業務効率化にも役立てられています。これはプログラミング学習が、プログラマーやシステムエンジニアになることだけでなく、多種多様なキャリアパスを選択するための基盤となることを意味しています。

多面的な能力の育成

プログラミング教育が小学生にもたらすメリットは多岐にわたります。この学習を通じて、子どもたちはただコードを打つ技術以上の、多面的な能力を身につけることができます。

プログラミング思考と問題解決能力の向上

プログラミング教育の根底にある「プログラミング思考」は、子どもたちが物事を論理的かつ順序立てて考える力を養います。問題に直面したとき、何が原因で、どのように解決すれば良いのかを自ら考え、試行錯誤のプロセスを経て解決策を見出す力は、プログラミングだけでなく日常生活や将来の学習・仕事においても大きな力となります。

想像力・創造力の促進

プログラミングは、与えられた課題に対して子ども自身が独自の解決策を考え出す活動です。このプロセスでは、子どもたちの想像力と創造力が刺激され、自分だけのオリジナルなプログラムや作品を生み出す喜びを経験します。

英語力の向上

プログラミング言語は、その多くが英語で書かれています。プログラムを作成する過程で英単語に触れる機会が増え、自然と英語への親しみや理解が深まります。これは、グローバル化が進む現代社会において、子どもたちにとって貴重な英語学習の機会となるでしょう。

このように、プログラミング教育は子どもたちにとって単に技術を学ぶだけでなく、思考力、創造性、言語能力といった複数の能力を同時に育む貴重な学習機会となります。これらの能力は、どれも将来子どもたちが社会で生きていく上で重要なものとなるため、小学生のうちからのプログラミング学習は非常に意義深いものと言えるでしょう。

小学生向けプログラミング学習!ビジュアルプログラミング言語の活用

小学生に適したプログラミング学習方法として、ビジュアルプログラミング言語が推奨されています。この方法では、複雑なコードを記述する代わりに、視覚的なブロックやカードを使ってプログラミングの基礎を学びます。

プログラミング言語とは?

プログラミング言語とは、コンピュータに対して命令を出すための言語です。これを使うことで、Webサイトやアプリ、ゲームなどを作ることができます。プログラミング言語は大きく「記述式言語」と「ビジュアルプログラミング言語」に分けられます。

ビジュアルプログラミング言語の特徴

ビジュアルプログラミング言語は、特にプログラミング初学者や子どもたちに向けた教育ツールとして開発されています。色と形で区別されたブロックを画面上で組み合わせることによって、プログラムの流れを視覚的に理解しやすくします。

なぜ小学生にビジュアルプログラミング言語がおすすめか?

直感的な理解

視覚的なブロックを使うことで、子どもたちはプログラミングの概念を直感的に理解できます。

間違いの検出と学習

多くのビジュアルプログラミングツールには、エラーや論理的な矛盾を指摘してくれる機能があり、子どもたちが自分の間違いから学ぶことを助けます。

創造性の促進

ビジュアルプログラミング言語は、子どもたちが自分のアイデアを形にしやすくするため、創造性を高める効果が期待できます。

このように、ビジュアルプログラミング言語を活用することで、小学生はプログラミングの基礎を楽しく学びながら、将来的にさまざまな分野で活用できる知識とスキルを身につけることができます。

小学生におすすめのビジュアルプログラミング言語

小学生向けのビジュアルプログラミング言語は、子どもたちが楽しみながらプログラミングの基礎を学べるよう設計されています。ここでは4つのおすすめ言語を紹介します。

Scratch(スクラッチ)

  • MITメディアラボ開発の言語で、ゲームやアニメーション作成が可能。
  • 8歳から16歳向けにデザインされており、カラフルなブロックを直感的に操作できます。
  • 無料で利用可能で、ジュニア・プログラミング検定に対応しています。

Viscuit(ビスケット)

  • 絵を描いてプログラミングができるユニークな言語。
  • 小学校の授業でも使用されており、スマホやタブレットで利用可能。
  • 「メガネ」という仕組みを使って絵を動かし、無料でダウンロードが可能です。

Springin’(スプリンギン)

  • 自分の描いた絵を動かすことができるアプリ。
  • 絵日記感覚で楽しめ、マーケティング感覚も養えます。
  • 完全無料で、作品の売買ができる独自のシステムが特徴です。

QUREO(キュレオ)

  • ゲーム作りを通じてプログラミングの基礎を学べる体験。
  • プログラミング能力検定に対応したカリキュラムを提供。
  • タイピング練習や自動成績判定システムも搭載しています。

これらの言語やプラットフォームは、子どもたちがプログラミングの楽しさを感じながら、論理的思考や問題解決能力を育てるのに適しています。小学生のうちからこれらのツールを活用し、将来の幅広い選択肢のための基礎を築きましょう。

まとめ

プログラミングはただのスキル以上の価値を持ち、子どもたちの創造力、問題解決能力、そして未来への対応力を育みます。2024年最新のプログラミング教材を活用して、子どもたちに楽しく学び、成長する喜びを提供しましょう。今回紹介した教材を通じて、子どもたちがデジタル世界をより深く理解し、将来にわたって役立つスキルを身につけることができます。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
9
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today