発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

パニック障害になりやすい人の特徴と発作時の対処法!【理解と対策へのガイド】

author:dekkun
パニック障害になりやすい人の特徴と発作時の対処法!【理解と対策へのガイド】と記載されたイラスト

パニック障害は突然の恐怖や不安の波に襲われる、厳しい症状を伴う精神的な障害です。どのような人がパニック障害になりやすいのか、また、その発作が起きたときにどう対処すべきなのかを理解することは、症状の緩和と適切な対応につながります。この記事では、パニック障害になりやすい人の特徴と発作時の対処法について詳しく解説します。

パニック障害とは?強い恐怖と不安による日常生活への影響

パニック障害の概要

パニック障害は、身体的な原因がないにも関わらず突然の動悸、呼吸困難、めまいといった発作を繰り返す精神疾患です。これらの発作は、閉鎖的な空間や乗り物内で特に発生しやすいですが、安全な場所に移動したときにも起こり得ます。

パニック障害の影響

この状態が長引くと、うつ病のリスクが高まることがあります。また、発作への恐怖から外出や職場への行き来が困難になるなど、日常生活や社会生活に深刻な影響を与える可能性があります。パニック障害は、発作の恐怖だけでなく、生活全体に広範な影響を及ぼすことも少なくありません。

パニック障害の原因に関する理解

パニック障害の原因はまだ完全には解明されていませんが、いくつかの可能性が考えられています。

脳の機能と警告システム

脳の深い部分である脳幹に問題があると、通常は私たちを危険から守る脳の警告システムが間違って作動してしまうことがあります。これが突然のパニック発作につながると考えられています。

神経伝達物質のバランス

ノルアドレナリン、セロトニンなどの神経伝達物質が正常に機能しないと、パニック障害を引き起こす可能性があります。これらの物質は脳内の情報伝達に重要な役割を果たしています。

体質や遺伝的要因

個人の体質や遺伝的な要因も、パニック障害に影響を与えることがあります。特に遺伝的な要因は、家族歴によって一部確認されています。

これらの要因が複合的に作用することで、パニック障害が発症するとされています。

パニック障害とその症状についての理解

パニック障害は突発的な恐怖や不安に襲われる病気です。ここでは、その主要な症状と病態について簡潔に説明します。

パニック発作

症状の急激な発生

動悸、発汗、震え、息苦しさなどの症状が突然に現れます。

症状特徴
動悸心拍数が急激に増加し、胸の中で心臓が激しく打つ感覚。
発汗突然の冷や汗が全身に現れ、特に手のひらや額に顕著。
ふるえ手足が制御不能なほど震えることがあり、震えが全身に及ぶことも。
息切れ感息苦しさや、深呼吸ができない感覚。
窒息感喉が締め付けられるような、息ができない恐怖感。
胸の不快感胸部に圧迫感や痛みを感じることがあります。
吐き気胃の不快感から吐き気に至ることがあります。
めまい立っていられないほどのめまいやふらつきを感じることがあります。
寒気や熱感体温調節の乱れにより、寒気や異常な熱感を感じることがあります。
感覚の異常手足のしびれや、体の一部が感覚を失うような症状が現れることがあります。
非現実感自己や周囲が非現実的に感じられる状態。
死の恐怖突然死ぬのではないかという強い恐怖感。
正気を失う恐怖自分が正気を失ってしまうのではないかという恐怖。

予測不能

発作はリラックスしているときでも突然起こり得ます。ストレスが関係していない場合もあります。

持続時間

症状は約20~40分で最高潮に達しますが、命に関わる危険はありません。

予期不安

次の発作への恐怖

次の発作への恐れが強くなり、これがさらなるストレスとなることがあります。

外出の避ける傾向

発作の恐怖により、外出を控える傾向が見られます。

広場恐怖症

特定の場所への恐怖

パニック発作が起きる可能性のある場所や状況への強い恐怖感が生じます。

行動の制限

日常生活における活動範囲が狭くなり、最悪の場合、外出自体が難しくなることもあります。

治療の重要性

これらの症状は、放置すると生活に大きな支障をきたす可能性があります。適切な治療とサポートが必要です。

このようにパニック障害は、日常生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。心療内科や精神科への早期の相談が推奨されます。

パニック障害の診断には、特定の症状が一定の条件下で発生するかどうかが重要です。以下に、その診断基準をわかりやすくまとめました。

パニック障害の診断基準

発症のパターン

13項目のうち4項目以上の症状が同時に発生する。

症状のピーク

発症から約10分で最大の症状を迎える。

症状の収束

約30分後に症状が収まる。

頻度

このようなパニック発作が一定以上の頻度で起きる場合、パニック障害と診断される。

主な症状のリスト

  1. 動悸、心悸亢進、心拍数の増加
  2. 発汗
  3. 身震いまたは震え
  4. 息切れ感、息苦しさ
  5. 窒息感
  6. 胸痛、胸部不快感
  7. 嘔気、腹部不快感
  8. めまい、ふらつき、頭が軽くなる感じ
  9. 現実でない感じ、離人症状
  10. コントロール失う恐怖、気が狂う恐怖
  11. 死ぬ恐怖
  12. 異常感覚(感覚麻痺やうずき感)
  13. 冷感または熱感

パニック障害は、これらの症状が特定の状況下で反復して発生することにより診断されます。症状が生活に支障をきたす場合、医療専門家に相談することが推奨されます。

パニック障害の治療方法は、症状の管理と発作の予防に焦点を当てています。以下に、その主な治療法をわかりやすく解説します。

パニック障害の治療法

1. 薬物療法

  • 目的:パニック発作の頻度や強度を減少させる。
  • 使用される主な薬剤
    • SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬):セロトニンのバランスを正常化し、神経伝達を改善。
    • 抗不安薬(少量):短期的な不安や発作の軽減に使用。
  • 服用のポイント:長期的な服用で効果が高まるため、定期的な服用が重要。

2. 精神療法

  • 主な方法:認知行動療法(CBT)
  • 目的:パニック発作の原因となる思考や行動パターンを理解し、それに対処する方法を学ぶ。
  • 具体的なアプローチ
    • 認知の修正:誤った認知(例:「電車に乗ると必ず発作が起きる」)を見つけ出し、それを再評価する。
    • 実践的な訓練:実際に電車に乗るなど、発作が起こらない状況を経験し、不安を和らげる。

注意点

パニック障害の治療は個々に合わせて行う必要がある

人によって発作の原因や症状は異なるため、治療計画も個人の状況に応じて変更されることがあります。

医師の指導のもとで治療を進める

自己判断での薬の調整や治療法の変更は避け、専門医の指導に従うことが大切です。

パニック障害の治療は、薬物療法と精神療法を組み合わせることで、症状の管理と予防に効果的です。定期的な通院と医師との密接な連携により、症状の改善が期待できます。

パニック発作への迅速な対処法、落ち着いて乗り越えるためのステップ

パニック発作が起こった場合、まず落ち着いて呼吸を整えることが大切です。以下はパニック発作に対処する方法です。

  1. リラックスした姿勢をとる

    安心できる環境を探し、リラックスした姿勢をとります。これにより、呼吸がしやすくなります。

  2. 深呼吸をする

    ゆっくりとした呼吸を意識します。具体的には、3〜5秒かけてゆっくり息を吐き、その後3秒かけて息を吸う方法がおすすめです。この呼吸法を5分間ほど続けると、発作が落ち着きます。

  3. 意識をそらす

    発作の症状から意識をそらすことも効果的です。たとえば、静かに数を数える、好きな歌を口ずさむ、何かを食べるなどして、症状に集中しないようにします。

  4. 医師の指示に従って服薬する

    精神科や心療内科で処方された薬がある場合は、医師の指示に従って服用します。薬は症状の緩和に役立ち、安定した状態を保つのに有効です。

パニック障害になりやすい人の特徴と年齢層

パニック障害は特定の性格や生活状況によって発症しやすくなることが知られています。以下に特徴と関連する年齢層を詳しく説明します。

完璧主義・真面目な性格

  • 仕事や勉強に対し、常に完璧を求める真面目な性格。
  • ストレス耐性が低く、自己責任感が強い。
  • 小さな失敗も深く気にし、過剰なストレスを感じる傾向がある。

感受性が高い

  • 感動や感激を深く体験するが、同時にネガティブな感情にも敏感。
  • ストレスや苦痛への反応が強い。

周囲を過度に気にする

  • 他人の目や評価を過剰に意識する。
  • 人間関係のストレスや、社会的なプレッシャーに弱い。

こだわりが強い

  • 自分の考えややり方に強く固執する。
  • 変化や新しい状況への適応が苦手。

過労や睡眠不足

  • 長期間の過労や慢性的な睡眠不足により、心身のバランスが崩れやすい。

うつ病などの既往歴

  • 過去にうつ病や他の精神疾患の経験がある場合、パニック障害のリスクが高まる。

年齢層と性別

  • パニック障害は10代後半から発症し始めることがあり、特に20代〜30代の働き盛りの年代で発症しやすい。
  • 女性は男性に比べて2〜3倍の頻度で発症する傾向がある。

これらの特徴や年齢層を踏まえ、日常生活でのストレス管理や健康状態に注意を払うことが重要です。また、早期発見と適切な対処がパニック障害の悪化を防ぐためにも効果的です。

パニック症を抱えて働く際の心構えと対処法

パニック症を抱える方が仕事をする際には、いくつかの重要なポイントを意識し、日常生活と仕事のバランスを取ることが大切です。

十分な睡眠を確保する

身体的ストレスを軽減するため、質の高い睡眠を確保することが非常に重要です。睡眠は心身の回復に必要なプロセスであり、規則正しい生活リズムを保つことが、パニック症の症状を和らげる助けになります。

通勤方法を工夫する

通勤時のストレスはパニック発作の引き金になることがあります。公共交通機関の混雑を避けるために、通勤時間の調整や、可能であれば在宅勤務を検討すると良いでしょう。また、通勤中にリラックスできる音楽を聴くなど、ストレス軽減のための工夫をすることも効果的です。

無理せず休む

パニック症の方々はしばしば、高い責任感を持って仕事に取り組む傾向がありますが、これが過労やストレスの原因となることがあります。心身の健康を第一に考え、不調を感じた際には適切な休息を取ることが重要です。

職場の理解を得る

パニック症の状態を職場に伝えることで、必要な配慮を受けることができる場合があります。例えば、発作が起きたときのための休憩時間の確保や、緊急時の対応計画の共有などが挙げられます。

転職を検討する

現在の職場環境や仕事内容がパニック症の症状を悪化させている場合は、転職を考えることも一つの解決策です。障害に理解のある職場や、自分に合った仕事内容、ストレスが少ない環境を見つけることが重要です。

パニック症のある方向けの転職サポート

パニック症を持つ方が転職を検討する際には、以下のようなサポートや支援機関を活用することをお勧めします。

障害者専門の転職サイト

キャリアアドバイザーが、求職活動から入社後のサポートを提供します。これにより、障害に対する理解が深い職場を見つけやすくなります。

ハローワークや障害者就業・生活支援センター

専門の職員が配置されており、個別の相談に応じた支援サービスを提供しています。職場への障害理解の促進や、就労に関する情報提供を行います。

就労支援事業所

職業訓練や就労に向けた準備支援を提供します。個々の障害の程度や就労の目標に応じたサポートを行い、就職へのスムーズな移行を支援します。

就労支援サービスの種類
サービスの種類特徴
就労移行支援– 必要なスキルや知識の習得を目指す訓練と、個々の適性に応じた求職活動の支援を提供します。
就労継続支援A型– 雇用契約を結びながら、仕事に必要なスキルを身につけるための訓練を行います。雇用形態として給与が支払われます。
就労継続支援B型– 専門的な作業を通じてスキルを身につける訓練を行いますが、雇用契約は結ばれません。作業分の工賃を受け取ることが可能です。
就労定着支援– 新たな職場での適応をサポートし、職場内での問題や悩みに対応するための支援を提供します。就労定着支援員が個々の状況に合わせてアドバイスを行います。

パニック症のある方が就労する際には、自分自身の状態を適切に理解し、ストレスを軽減するための工夫や、必要に応じたサポートの利用が重要です。自分に合った職場環境や仕事内容を見つけることで、安定した就業生活が送れる可能性が高まります。

まとめ

パニック障害は個人の生活に大きな影響を及ぼす可能性がありますが、理解し適切な対処を行うことで、症状の管理は可能です。この記事を通じて、パニック障害の特徴と発作時の対応方法を学び、万が一自分や身近な人が経験した際に冷静に対応できるようにしましょう。パニック障害を抱えるすべての方々が、より良い生活を送れるようサポートします。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
熱せん妄に注意!なりやすい子の特徴と予防法と記載されたイラスト

熱せん妄に注意!なりやすい子の特徴と予防法

子どもが熱を出したとき、ただの発熱とは違う異変を感じたことはありませんか?熱によって引き起こされる「熱せん妄」…

calendar_today