発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

吃音は治る?きっかけと改善方法とは

author:dekkun
吃音は治る?きっかけと改善方法とは。と記載されたイラスト

吃音(どもり)は、言葉を発する際に音がつっかえたり、滑ったりする言語障害の一形態です。吃音は個人によって程度や症状が異なり、治療の難しさも人それぞれです。しかし、吃音が治るきっかけや改善方法については、希望を抱くことができる情報も存在します。この記事では、吃音が改善する可能性に焦点を当て、治療のきっかけと改善方法について探求してみましょう。

吃音は治ることがありますか?

吃音について最も知りたいことの一つは、「吃音って治るものですか?」という疑問でしょう。この疑問に答えるために、実際の研究結果を見てみましょう。研究では、吃音が始まってからどのくらいで改善するかを調査しました。その結果、男の子は約3年で62%が自然回復し、女の子は同じく3年で79%が自然回復していました。

治療のタイミング

幼児期に吃音が現れた場合、専門家のサポートを受けることが最も効果的です。欧米では、吃音が出てから1年くらいは待つが、5歳頃までに治療を始めることが推奨されています。なぜなら、幼児期に治る確率が高く、その際の治療効果も高いからです。

しかし、日本では症状が軽い場合、「様子を見てください」と言われることがあります。これは、専門家が自然治癒の可能性を考慮し、必要ならば再度相談するための指示です。親御さんが専門家に見捨てられたと感じることはありません。

自然回復とは何ですか?

自然回復は、特別なセラピーを受けずに吃音が改善する現象を指します。言い換えれば、一部の吃音を持つ子供たちは、何もしなくても吃音が自然に改善することがあるのです。ただし、すべてのケースで自然回復が期待できるわけではなく、治療の必要性は個別の状況に依存します。

吃音の波状の特徴

吃音には、波のような特徴があります。これは、吃音の症状が時折増えたり減ったりすることを指します。つまり、吃音が改善したように見えても、しばらくして吃音が再び始まることがあるのです。この波状の特徴は、吃音の治療や改善のプロセスを予測しにくくする要因となります。したがって、吃音を持つ人々にとって、症状が波のように変化することは一般的な現象とされています。

女児が男児よりも自然回復しやすい脳科学的な秘密

なぜ女児は男児よりも自然回復しやすいのでしょうか?男児と女児の吃音に関する脳科学的な研究から得られた結果を通じて、この疑問に答えましょう。

男児は原発運動ネットワークの結びつきが弱く、女児は非吃音児と同等なため

ある研究によれば、男児の吃音群では、脳の特定の部位である左補足運動野から大脳基底核の左側部分にかけての機能的な結びつきが低いことが示されました。これは、話し始める際に内的なタイミング制御に関わるネットワークが弱っていることを意味します。この「内的タイミング障害」は、吃音の発生に関与していると考えられています。

女児は男児よりも自然回復しやすい理由

脳科学的な研究によれば、女児の吃音群では、男児と比較して脳の特定の部位である左補足運動野から大脳基底核の左側部分にかけての機能的な結びつきがより良好であることが示されました。このことから、女児は男児よりも吃音からの自然回復が可能である可能性が高いと考察されています。

吃音の脳機能障害は単純な話ではなく、特定の脳の部位やネットワークの異常が関与していることが示唆されています。女児が男児よりも自然回復しやすい理由の一つは、脳のこのような機能的な違いに起因していると言えるでしょう。

治療を受けて吃音が改善するケース

吃音の治療を受けることで、吃音が改善することがあります。

テクニックを学び、吃音にうまく対処できる人

こうした場合、テクニックを習得し、日常のコミュニケーションで吃音に対処できるようになることが重要です。これにより、吃音が出やすい場面や苦手な言葉を自己コントロールし、自信を持つことができます。

病院で吃音治療を受けたが、効果がなかった人

一部の人は病院で吃音治療を受けても効果を感じられないことがあります。しかし、アプローチを変えることで改善することがあります。心理療法や発声練習など、個々の症状に合った方法が有効です。

心理的なアプローチによる改善

心理的なアプローチを用いる場合、吃音に対する肯定的な考えを育て、心理療法に基づいたアプローチを行います。このアプローチにより、吃音に対する否定的な認知が減少し、吃音症状も改善されることがあります。

吃音への考え方が変わり、改善する人

吃音に対する肯定的な考え方を持つことで、吃音に対する苦悩が減少し、改善が見られることがあります。吃音についての考え方が変わることで、自然な話し方を引き出しやすくなります。

治療方法は個人に合わせて異なるため、適切なアプローチを見つけることが大切です。また、吃音治療は専門的な支援を受けることで、改善の可能性が広がります。

吃音治療を受ける人が少ない理由

吃音は日常生活で何とか適応できることが多く、また、吃音が治らないと考える人も多いことが挙げられます。さらに、吃音治療を提供している病院が限られていたり、治療費が高額であることも考えられます。

治療が効果を発揮しない吃音の理由

吃音治療が思うように効果を上げない場合、その背後にはいくつかの魅力的な要因が存在します。一生懸命取り組んだにもかかわらず、改善が難しい状況は、さまざまな要素が影響していることがあります。吃音の改善は、個人差が大きく、一つの決定的な治療法は存在しません。また、セラピストのスキルやアプローチにも影響を受けます。セラピストのアプローチが患者に合わない場合、治療の成果が出にくくなることがあります。

そのため、吃音の改善には「楽に話せる自信を持つこと」と「吃音への恐れを克服すること」が鍵となります。世界的な吃音研究者ヴァン・ライパーの言葉にもあるように、「吃音への恐れ」を乗り越えることが、成功への重要なステップです。

吃音者のカミングアウト、メリットとデメリットとは

吃音者がカミングアウトすることには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

メリット

吃音者のカミングアウトには、いくつかの重要なメリットが存在します。これについて詳しく探ってみましょう。研究によれば、カミングアウトは吃音者にとって、自分を「あるがまま」に表現し、自己受容を促す大きな一歩となります。吃音を隠す必要がなくなり、以下のようなメリットが期待されます。

自己受容と自信の向上

カミングアウトにより、吃音者は自己受容のプロセスを開始しやすくなります。吃音を隠さずに自分自身を受け入れることで、自己価値感が向上し、自信を持つことができます。これは心の健康にも良い影響を及ぼすでしょう。

ストレスの軽減

吃音を隠すために費やすエネルギーやストレスが軽減されます。カミングアウトにより、日常生活での不安やプレッシャーが減少し、よりリラックスした状態でコミュニケーションを楽しむことができるようになります。

オープンなコミュニケーション

カミングアウトは、周囲の人々とのコミュニケーションにおいて、よりオープンで健全な環境を作り出す一助となります。吃音者が自分の特性を共有することで、他の人々も理解と共感を示しやすくなり、コミュニケーションが円滑に進行します。

吃音コミュニティへの参加

カミングアウトにより、吃音者は吃音コミュニティに参加し、他の吃音者との交流を深める機会を得ます。共通の経験を共有し、互いに助け合うことで、孤独感が軽減し、精神的な支えを見つけることができます。

教育と認識の向上

カミングアウトは吃音についての教育と認識を高める役割も果たします。吃音についてオープンに話すことで、周囲の人々が吃音に対する理解を深め、偏見や無知を減少させる手助けとなります。

吃音者にとって、カミングアウトは自己受容と精神的な健康の向上につながる可能性があります。吃音を受け入れ、オープンに話すことで、より豊かな人間関係と自己発展の道が拓けるのです。

デメリット

一方、カミングアウトしても、他人の反応が思ったよりも冷淡であることがあるかもしれません。吃音者がカミングアウトしても、周囲の人々が驚くことなく、特別な配慮を払わない場合もあります。したがって、期待と現実のギャップに失望する可能性があることを考慮する必要があります。このような場合、吃音者は次のようなデメリットに直面するかもしれません。

理解不足

周囲の人々が吃音について理解していない場合、吃音者は誤解や無理解に直面する可能性があります。相手が吃音について知識がないため、適切なサポートを提供できないことがあります。

無神経な発言

一部の人々は吃音について無神経な発言をすることがあります。冷淡な態度や、不適切なジョークを言う人もいます。これらの状況に遭遇することは、吃音者にとって精神的な負担となります。

孤立感

カミングアウトに失望した場合、吃音者は孤立感を感じることがあります。自身の状況を理解してくれる人が少ないと感じることは、心の負担となるでしょう。

自己評価の低下

カミングアウトに失敗や冷淡な反応を経験すると、吃音者の自己評価が低下する可能性があります。自己否定感や不安感が増大し、コミュニケーションへの抵抗感が高まることも考えられます。

吃音者にとって、カミングアウトは期待通りにいかない場合もあることを認識することが重要です。しかし、これらの困難にも立ち向かい、周囲の人々とのコミュニケーションを築くために支援を求め、自己肯定感を高めることができます。

カミングアウトするときは?自分らしく伝える心得とアドバイス

ステップ説明
1. なぜカミングアウトするかを考えるカミングアウトの理由や目標を明確にする
2. タイミングを選ぶカミングアウトの最適なタイミングを見つける
3. 伝え方を考えるカミングアウトの方法を選択し、検討する
4. 言葉を選ぶ簡潔で分かりやすい言葉で相手に伝える
5. 反応に備える聞き手の反応に備え、心の準備をする
6. 自分の感情を観察するカミングアウト後、自分の感情や自尊心に注視する
7. 社会的な影響を考えるカミングアウトが社会や環境に与える影響を考慮する

具体的なアドバイス

カミングアウトの際には、個人の状況や目標に合わせて最適な方法を選ぶことが大切です。

方法説明
簡潔な言葉を選ぶシンプルで理解しやすい言葉を使用して説明する。“ときどき、言葉がつっかえることがありますが、気にせず聞いてください”
自然な会話に組み込むカミングアウトを自然な会話の一部として行い、リラックスした雰囲気を作る。“この間、友達と映画を見に行って、ちょっと言葉が詰まったことがあったんだよね”
感情を共有する吃音に関する感情や経験を共有し、相手に共感を促す。“吃音について話すのはちょっと緊張するけど、君に話してみたい気持ちがあるんだ”
質問を歓迎する相手の質問を歓迎し、分かりやすく答える。“何か質問があれば、どんどん聞いて。吃音について何でも教えてあげるよ”
自信を持つ自信を持って吃音について話す。“吃音があることは私の一部であり、それを受け入れています。どうぞ気にせず話してください”

まとめ

吃音は個人差が大きく、治療の難しさに悩む人々もいますが、希望は捨てるべきではありません。吃音の治療や改善に向けて、適切なセラピー、自己啓発、そして吃音へのポジティブなアプローチが可能です。吃音に苦しむ人々にとって、新たな可能性を見つける一助となることを願っています。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today