発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

ADHDのある従業員への合理的配慮と向いている職種 – 企業の取り組みと発達障害理解の重要性

author:dekkun
ADHDのある従業員への合理的配慮と向いている職種 - 企業の取り組みと発達障害理解の重要性と記載されたイラスト

ADHD(注意欠陥多動性障害)は発達障害の一つであり、特有の行動パターンや認知の特徴を持っています。近年、多様な才能を持つ人材の活用として、ADHDのある方の雇用が注目されています。しかし、彼らが職場で最大限の能力を発揮するためには、適切な配慮と理解が必要です。このコラムでは、ADHDの基本的な特徴を説明し、企業がADHDの従業員に対して行うべき合理的配慮と、彼らに適した職種について探求します。

ADHD(注意欠陥多動性障害)とは?大人のADHDの特徴について

ADHD、つまり注意欠陥多動性障害は、集中力の欠如、不注意、じっとしていられない、衝動的な行動などの特性を持つ発達障害の一種です。かつては主に子供の発達段階での問題とされていましたが、最近では大人になってから初めて診断されるケースも増えています。

ADHDの特性とその生活への影響

ADHDは独特な特性を持つ障害で、これらの特性は個人の日常生活や職業生活に様々な影響を及ぼします。

行動や思考を制御する機能の低下

ADHDの人は行動や思考のブレーキが効きにくい状態にあります。これは、行動や反応が衝動的になりやすいことを意味します。

生活への影響仕事における強み
例えば、活発な人の場合、この特性が衝動性として現れることがあります。また、好奇心が強い人では、一つのことに深く集中する傾向が見られます。この特性は、迅速な意思決定や集中力の高さとして仕事上の強みに変わる可能性があります。

ワーキングメモリーの弱み

ワーキングメモリーとは、短期記憶の保存や情報の一時的な処理を行う脳の機能です。ADHDの人は、この機能が低下しているため、情報を保持し、処理するのが難しいです。

生活への影響
臨機応変な対応が難しくなり、不注意や忘れ物が起こりやすくなります。これは日常生活や職場での小さなミスにつながることがあります。

対策の必要性

ADHDの特性を活かした職業がある一方で、これらの特性に対するセルフケアや適切なサポートが必要です。これには、日常生活や職場での具体的な戦略や支援が含まれます。

ADHDの特性を理解し、個々のニーズに合わせたサポートを行うことで、彼らの能力を最大限に発揮し、生活や職場での成功を支援することが可能です。

大人のADHDの各タイプの詳細

ADHDの特性は大きく「不注意優勢型」、「多動・衝動優勢型」、そして「混合型」の3つに分けられます。これらの特性はそれぞれ異なる挑戦をもたらすため、それぞれについてもう少し具体的に見ていきましょう。

不注意優勢型

  • 注意力の散漫:説明を聞き逃したり、指示や詳細を忘れたりすることが多いです。
  • 組織力の欠如:日常のタスクや仕事で計画を立て、それに従うことが困難です。
  • 物忘れ:重要な約束や業務の締切などを忘れがちです。
  • 多任務処理の困難:複数のタスクを同時にこなすことに苦労します。

多動・衝動優勢型

  • 過度の落ち着きのなさ:長時間座っていることが難しく、頻繁に立ち歩く必要があります。
  • 衝動的な行動:話す前に考えずに発言したり、計画せずに行動に移したりします。
  • 忍耐力の欠如:一つのことに長時間集中するのが苦手で、すぐに飽きたり、気を散らしたりします。

混合型

  • 不注意と多動の両方の特性:上記の不注意優勢型と多動・衝動優勢型の特性が混在しています。
  • 状況に応じて異なる反応:日によっては不注意が目立ち、他の日には多動や衝動的な行動が顕著になるなど、状況によって反応が異なります。

大人のADHDは、これらの特徴によって日常生活や職場での振る舞いに影響を与えることがあります。次に、これらの特性を持つ人々が職場でどのような支援を受けられるか、またどのような職種が彼らに適しているかについて見ていきましょう。

大人のADHD診断数の増加傾向と精神障害者の雇用の拡大

最近の研究とデータは、大人のADHD診断数が増加していることを示しています。

大人のADHD診断数の増加

急増する診断数

信州大学の研究によると、2010年から2019年の10年間で日本で約83万8,265人がADHDと新たに診断されました。特に20歳以上の成人においては、前回調査と比べて21.1倍の増加が見られました。

成人期の診断

武田薬品工業のデータによると、大人になってからADHDと診断された人の約75%は、小児期には診断されていなかったと報告されています。このことは、成人期になってから初めてADHDの特性に気づくケースが多いことを示唆しています。

精神障害者の雇用増加

これらの増加傾向は、社会におけるADHDへの理解が進んでいることを示しています。また、精神障害者の雇用数も増加しており、これは企業側がADHDを含む精神障害に対する適切な理解と配慮を進めている証拠です。これらの動きは、法定雇用率の引き上げや働き方の多様化、社会全体での障害者への認識の拡大によって支えられています。

このような変化は、ADHDのある人々が社会でより公平に扱われ、彼らの能力を最大限に発揮できる環境が整備されつつあることを示しています。今後もこの傾向は続くと予測され、より多くのADHDのある成人が適切な支援を受けて職場で活躍できるようになることが期待されます。

ADHDの持つ魅力的な5つの強み

ADHDのある人々は、特定の分野で卓越した能力を発揮することがあり、以下のような魅力的な強みを持っています。

スピード感ある行動力

即座にアクションを起こすことができ、迅速な環境変化に対応する場面で非常に有用です。この行動力は、特に変化が激しい業界やプロジェクトでの迅速な決断を要する場面で役立ちます。

具体例
スタートアップ環境でのプロジェクトマネージャー。変化の速いビジネス環境で素早い意思決定が求められ、ADHDの持つ迅速な行動力がプロジェクトの成功に直結します。

創造的なアプローチ

既成の枠にとらわれない独創的な発想で、新しいアイデアや解決策を生み出します。この創造力は、イノベーションやアートの分野で特に重宝されます。

具体例
広告代理店のクリエイティブディレクター。既成概念にとらわれない独創的なアイデアで、目を引くキャンペーンを生み出します。

情熱的な没入

何かに熱中すると、その分野に深く没頭し、高い集中力を発揮します。この情熱は、特定のスキルや知識が求められる専門職や研究分野で大きな成果を生み出すことができます。

具体例
ソフトウェア開発者。一つのプログラミングタスクに深く没頭し、短期間で高品質なコードを生み出すことができます。

柔軟な思考力

状況や課題に対して柔軟に考え、多様な解決策を提案できます。この柔軟さは、予測不能な問題に直面した際にも新しい視点を提供します。

具体例
経営コンサルタント。クライアントの複雑な問題に対して柔軟に考え、多様な解決策を提案することで、クライアント企業の成長に貢献します。

強い直感力

直感に基づいて素早い判断を下し、新たな可能性を開拓します。この直感力は、伝統的な方法では解決できない困難な問題に取り組む際に、新しい道を切り開くキーとなり得ます。

具体例
株式トレーダー。市場の微妙な動きを直感で察知し、他の人が見逃す可能性のある投資機会を捉えます。

これらの特性は、適切に理解し活用することで、ADHDのある人々が職場で輝くための鍵となります。企業はこれらの強みを生かし、より豊かで創造的な職場環境を築くことが可能です。

ADHDの才能を輝かせる!デジタル時代に最適な職種と業務

ADHDのある方々は、独自の強みを持ち、デジタル時代において非常に価値の高い才能を発揮することができます。ここでは、ADHDの特性を活かし、輝かせるための職種や業務についてご紹介します。

興味関心のある分野での没頭が可能な仕事

研究職

ADHDの方は、熱心に追求する能力があるため、自分の興味や好きな分野の研究職が適しています。彼らの集中力と情熱は、研究の進展に大きく貢献するでしょう。

想像力を活かせる仕事

Webデザイナーや広告ディレクター

創造的な思考が求められるこれらの職種は、ADHDの方のユニークなアイデアや新しい視点を活かすのに最適です。

専門的知識・技術を活かせる仕事

エンジニアやプログラマー

専門的な知識や技術を要するこれらの職種では、ADHDの方の高い集中力が大きな利点となります。

デジタル・IT分野での活躍

IT人材不足を感じている企業は、ADHDの特性を活かしたデジタル・IT領域の職務への採用を検討すると良いでしょう。彼らの新しいアプローチやアイデアは、企業にとって新たな価値を生み出す可能性があります。

このように、ADHDの方々は、そのユニークな才能を活かし、多様な職種や業務で大きな貢献をすることが可能です。企業はこれらの特性を理解し、適切な職場環境を提供することで、彼らの才能を最大限に引き出すことができるでしょう。

ADHDの方にとって難しい仕事・業務の特徴

ADHDのある方々は特定の職種で素晴らしい才能を発揮しますが、一方で向かないとされる業務も存在します。ここでは、ADHDの方にとって挑戦的とされる業務の特徴について解説します。

マルチタスクが求められる業務

同時に複数のタスクやプロジェクトを管理し、進行させる必要があります。例えば、複数のメール対応、同時進行のプロジェクト管理、顧客との同時多発的な対話などが含まれます。

企業内での困難さ
企業の中では、特に管理職やコーディネーターのような役割でマルチタスクの要求が高いです。これらの役割では、細かなディテールへの注意と同時に大局的な視野を保つ必要があり、ADHDの方には挑戦的です。

少しのミスも許されない精度を要求する業務

医療関係者、財務管理者、法律関連の職務など、高い精度と正確性が要求されます。これらの職種では、細かいミスが重大な結果を招くことがあります。

企業内での困難さ
企業においては、経理部門や法務部門、品質管理部門などがこれに該当します。これらの部門では、細部にわたる慎重なチェックと正確な作業が求められ、ADHDの方には高いストレスとなる可能性があります。

これらの特徴を踏まえ、企業側はADHDの従業員に対して、彼らの能力を最大限に活かせるような職務の割り当てや作業環境の提供が求められます。また、ADHDの特性を理解し、適切なサポートや調整を行うことで、これらの業務でも彼らが効果的に働ける可能性を高めることができます。

ADHDのある方のための企業の配慮: 安定就労と活躍への道

企業におけるADHDのある従業員への配慮は、彼らの才能を発揮し、職場での安定した活躍を実現するために重要です。以下のポイントは、ADHDの特性を理解し、支援する上で効果的です。

ADHDの勤怠の安定性への理解

適切な職種への配置

ADHDは他の精神障害と比べて勤怠が安定しやすいとされます。従業員の障害特性を理解し、彼らの得意分野に合った職種に配置することで、安定した就労が実現します。

具体的な職場配慮

業務指示の明文化

口頭の指示に加えて書面での具体的な指示を提供し、仕事の優先順位や期限を明確にします。

タスクの単一化

同時に多くのタスクを依頼するのではなく、一つずつタスクを割り当てることで、集中力を保ちやすくします。

休憩時間の管理

作業の区切りごとに休憩を取るよう促し、作業と休息のバランスを保ちます。

追加で行うべき配慮

フィードバックとサポート

定期的なフィードバックを提供し、目標設定や業務進行に関するサポートを行うことで、ADHDの従業員が自信を持って作業できるようにします。

柔軟な勤務体系

必要に応じて柔軟な勤務時間や在宅勤務のオプションを提供することで、個々の従業員の状況やニーズに合わせた働き方をサポートします。

職場環境の調整

騒音や人の動きが少ない静かな環境、集中しやすい個別の作業スペースの提供など、ADHDの従業員が快適に作業できる環境を整えます。

これらの配慮は、ADHDのある従業員が職場で安定して働き、能力を最大限に発揮するための基盤を築きます。企業がこれらの点に注意を払うことで、従業員はより満足し、企業も効率的な人材活用が可能になります。

大人のADHDとは?女性に見られる独特の特徴と記載されたイラスト
ADHDは、子供時代に最もよく診断されますが、大人になっても続くことがあります。特に女性においては、その症状や…
calendar_today

まとめ

ADHDのある従業員を支援することは、単に個人への配慮を超え、企業全体の多様性と包摂性を高める機会です。彼らに向いている職種の理解と合理的な配慮の実践は、職場全体の生産性と創造性を刺激することができます。最終的には、ADHDを持つ従業員も、持たない従業員も、お互いに学び、支え合いながら、共に成長していく環境を作ることが大切です。このコラムが、ADHDのある従業員を理解し、サポートするための一歩となれば幸いです。

dekkun.で相談しよう!

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
7
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
8
発達障害の子どもたちが夢中になる遊び方アイデア!室内外で楽しむ活動とおすすめおもちゃとはと記載されたイラスト

発達障害の子どもたちが夢中になる遊び方アイデア!室内外で楽しむ活動とおすすめおもちゃとは

親御さんや育てる方々が常に模索しているのが、発達障害のある子どもたちが楽しめる遊び方です。どの子どももそれぞれ…

calendar_today
9
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today