発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

大人の発達障害、男性のASD特性とその対応策について

author:dekkun
大人の発達障害、男性のASD特性とその対応策についてと記載されたイラスト

発達障害の一つである自閉スペクトラム症(ASD)は、大人の男性において特有の表れ方をします。このコラムでは、大人の男性が抱えるASDの特性と、それに対する効果的な対応策について探ります。対人関係の課題から職場での適応まで、彼らの日々の挑戦に光を当て、理解を深めることを目指します。

大人になってからの神経発達症(発達障害)の顕在化

神経発達症(発達障害)は、子どもの頃には気づかれないこともありますが、大人になってから顕在化することがあります。このセクションでは、大人になってから困難が明らかになる神経発達症の特性と、その理解について掘り下げています。

神経発達症の基本

神経発達症(発達障害)は、脳の機能発達に偏りがある状態で、コミュニケーションや対人関係に困難をもたらします。これは親の育て方によるものではなく、生まれ持った脳の特性によるものです。以前は知的障害を伴うとされましたが、現在では知的障害を伴わないケースも多く認識されています。

大人になって顕在化するケース

子ども時代は環境に適応できていても、大人になり複雑なコミュニケーションが求められる場面で困難が顕在化することがあります。特に職場などでは、これまで隠れていた発達障害の特性が明らかになり、診断されるケースがあります。

神経発達症の種類

神経発達症は大きく3種類に分類されますが、これらは明確な線引きが難しいものです。特に大人で注目されるのは、自閉スペクトラム症(ASD)と注意欠如・多動症(ADHD)です。これらは大人になってから困難が顕在化しやすい特性を持っています。

ASD(自閉症スペクトラム障害)の基本

ASD(自閉症スペクトラム障害)は多様な特性を持つ発達障害です。このセクションでは、ASDの基本的な定義、主な特性、および日常生活での影響について解説します。

ASDの定義

ASD(自閉症スペクトラム障害)は、発達障害の一つで、以前はアスペルガー症候群、広汎性発達障害、高機能自閉症と分類されていました。現在のDMS-5精神疾患診断基準では、これらがすべてASDとして一つにまとめられています。

主な特性

ASDの主な特性には、社会的コミュニケーションの障害や、限定的な興味の傾向があります。これには、相手の気持ちや非言語的な情報を読み取るのが苦手であること、自分の行動の不適切さを理解しにくいこと、人に対して適切な距離感を持ちにくいことなどが含まれます。

言葉の解釈と応用の難しさ

ASDの方は、言葉を文字通りに受け取る傾向があります。例えば、仕事で「特定の部分だけを見てください」と指示された場合、その部分だけに注力することは得意ですが、背景や文脈を読み取るのが難しいことがあります。これは、指示されたことに対する忠実な対応と、応用やニュアンスの理解の間に生じるギャップです。

認識のズレと対応

他者との認識のズレが問題を生じることもあります。ASDの方は、指示されていないことを察知するのが難しく、これが周囲とのすり合わせの難しさにつながります。

ASD(自閉症スペクトラム障害)男性の特徴

ASD(自閉症スペクトラム障害)は男性に多く見られると言われていますが、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか?ここではASD男性の行動や特性に焦点を当て、理解とサポートについて理解しましょう。

ASDの男性に見られる特徴

ASD(自閉症スペクトラム障害)は、男性に多い傾向があり、特定の行動や特性が見られます。男性のASDの特徴として、対人コミュニケーションの難しさや特定のことに強いこだわりを持つことが挙げられます。また、言葉を文字通りに受け取りやすく、想像力が乏しい傾向があります。予期せぬ出来事に対してパニックを起こしやすいこともあります。

理論的で融通が利かない傾向

ASDの男性は「超男性脳」とも表現されることがあり、理論的で理屈っぽく、融通が利かない特徴が見られることがあります。彼らは不明瞭なニュアンスを理解するのが難しいため、周囲とのコミュニケーションに困難を感じることがあります。

診断と対応

ASDの診断は、男性に多く見られる傾向があります。これには、コミュニケーション障害や、特定の興味や活動へのこだわりなどが関連しています。ASDの男性は、周囲に対して気を使わないように見えたり、空気を読めないと思われがちですが、これは彼らの障害の一部です。理解と適切なサポートが必要です。

ASD特性への対応策、5つの重要な視点とは

ASD(自閉症スペクトラム障害)の特性に効果的に対応するためには、どのような視点が重要でしょうか?このセクションでは、特性の由来から環境調整まで、5つの重要な視点をご紹介します。

1. 特性の由来を理解する

ASDの特性が何に由来しているのかを明確にします。これは発達障害由来か、それとも性格、成育歴、認知的な問題によるものかを把握することが重要です。

2. 特性の程度と頻度を把握する

特性の程度や頻度を理解し、それに基づいて適切な対策を立てます。特性がどの程度強いか、どれくらいの頻度で現れるかによって、対応の方法が異なります。

3. 対策の検証と改善

実際に対策を試し、その効果を検証します。何度も試して最適な方法を見つけ、状況や自身の状態に合わせて調整することが大切です。

4. コミュニケーションの工夫

他者とのコミュニケーションを円滑にするための工夫が必要です。ASDの特性を持つ人は、直接的で明瞭なコミュニケーションを好む傾向があるため、伝え方を工夫することが効果的です。

5. 環境調整の重視

周囲の環境をASDの特性に合わせて調整することも重要です。例えば、騒音や光の過剰な刺激を減らす、予測可能なルーチンを作るなど、快適な環境を整えることが効果を高めます。

長期就労のための重要な5つのポイント

長期就労に成功するためには、どのような要素が重要なのでしょうか?ここでは、仕事を続ける上で避けられない「人間関係」の構築、自己理解と伝達の重要性、合理的配慮の利用に焦点を当てて解説します。

退職の主な理由

厚生労働省の調査によると、退職の主な理由には「仕事内容の不満」「給料の低さ」「労働時間の長さ」「会社の方針への不満」「人間関係の問題」などが挙げられています。最近の調査でも、「人間関係」が離職の大きな原因の一つであることが指摘されています。

人間関係の重要性

長く働き続けるためには、人間関係に不適応が起きないよう対策を講じることが重要です。良好な人間関係を構築するためには、適切なコミュニケーションが必要となります。

自己理解と伝達

特にキャリアアップを目指す場合や、淡々と仕事をこなしたい場合でも、上司との良好な関係を築くためには、自分自身の特性をきちんと伝えることが大切です。自分に合わない仕事や環境に配属されることを避けるためには、自己理解と相手への適切な伝達が必要です。

合理的配慮の重要性

特に発達障害や精神疾患がある場合、自分の特性を理解してもらい、適切な配慮を受けることが重要です。オープン就労では、合理的配慮を通じて働きやすい環境を作るために、自身の特性を上司や同僚に説明する必要があります。

良好な人間関係の構築

長期就労の鍵は「良い人間関係」にあります。コミュニケーションを通じて他者との意思疎通を図ることは避けられないため、コミュニケーションスキルを活用して、周囲との関係を良好に保つことが重要です。

神経発達症(発達障害)に関する医療機関への相談

神経発達症(発達障害)の疑いがある場合、一人で悩まず専門の医療機関に相談することが重要です。このセクションでは、診療の流れや適切な相談先の選び方、対処法などを詳しく解説します。サポートを得る第一歩を踏み出しましょう。

相談先としての医療機関

神経発達症(発達障害)を疑う場合、精神科や心療内科が相談先となります。ただし、すべての医療機関が成人の神経発達症を診療しているわけではないため、事前に確認することが重要です。

診療の流れ

診療は、まずは症状や困りごとを詳細に聞くことから始まります。幼少期の情報も重要なため、可能であれば親の話や学校の通知表などを持参します。心理検査を行うこともあり、これらの情報を基に総合的な診断が行われます。

ADHDとASDへの対応

ADHDには対症療法として薬物治療が利用されることがありますが、ASDに対する特有の薬はありません。ASDの場合は、うつや不安障害などの二次的な疾患があれば薬物治療が考慮されます。また、グループワークなどを通じたデイケアプログラムも有効なサポートの一つとして提供されています。

生きづらさを軽減するためのアプローチ

自分の特性を理解し、工夫をする

自分が苦手なことを認識し、それをカバーする方法を見つけることが大切です。忘れがちならメモを取る、約束の時間に遅れないようアラームを設定するなど、小さな工夫が効果的です。また、コミュニケーションが苦手な場合は、積極的に他人に頼ることや相談することで、問題解決を容易にします。

小さな成功体験の積み重ね

神経発達症(発達障害)を持つ人は、自己評価が低いことが多いです。小さな目標を設定し、達成ごとに自分を褒めることで自尊心を高めましょう。

周囲の理解とサポート

周囲の人々に神経発達症(発達障害)の特性を正しく理解してもらうことが重要です。特性に合わせた業務や環境の調整により、個人の能力を最大限に発揮できるようになります。

受診を考える

うつや不安障害など、神経発達症(発達障害)以外の要因で困りごとが発生している可能性もあるため、心配なときは医療機関に相談することをおすすめします。

まとめ

大人の男性におけるASDの特性を理解し、適切な対応策を講じることで、彼らの生活の質は大きく改善される可能性があります。このコラムを通じて、ASDの特性を持つ大人の男性やその周囲の人々が、より良いコミュニケーションと相互理解を築くための一助となることを願っています。発達障害のある個人のポテンシャルを最大限に引き出し、彼らが豊かな人生を送るために、私たち一人ひとりの理解とサポートが不可欠です。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
4
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
9
ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説と記載されたイラスト

ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説

「ギフテッド」という言葉は、特別な才能や能力を持つ人々を指すものですが、その特徴や顔立ちは一目では分かりません…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today