発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

ワーキングメモリって何?発達障害や低下の原因と対策をわかりやすく解説!

author:dekkun
ワーキングメモリって何?発達障害や低下の原因と対策をわかりやすく解説!

ワーキングメモリとは

女性医師のイラスト

ワーキングメモリとは、短期間に情報を保持する能力のことを指します。簡単に言えば、情報を一時的に頭の中にとどめておく“作業場所”のような役割を担っています。例えば、電話番号を暗記したり、話を聞きながら考え事をしたりする際に使用されます。ワーキングメモリは、学習や思考、問題解決に不可欠な能力であり、日常生活に欠かせないものです。

人間の頭の中には、すごい作業場所がある!それが『ワーキングメモリ』という能力

人間は、頭の中で情報を記憶したり、思考したりする際に、ワーキングメモリという能力を利用しています。ワーキングメモリは、一時的に情報を保持するための作業場所のようなものであり、日常生活に欠かせない重要な役割を担っています。例えば、電話番号を暗記する際には、ワーキングメモリがその情報を一時的に頭の中にとどめておくことで、暗記が可能となります。また、話を聞きながら考え事をしたりする際にも、ワーキングメモリが重要な役割を果たしています。

ワーキングメモリは、学習や思考、問題解決に欠かせない能力であり、我々の日常生活に不可欠なものです。このような重要な役割を担うワーキングメモリについて、より詳しく理解しておくことは、より効果的な学習や思考、問題解決に繋がるでしょう。

ワーキングメモリの強化で学習や思考力が向上!発達障害でも可能な適切な支援とは?

例えば、ワーキングメモリが強化されることで、学習能力が向上することが報告されています。具体的には、情報を短期間に記憶し、それを長期的に記憶するための処理能力が向上するため、新しい情報をより効果的に記憶することができます。また、ワーキングメモリが強化されることで、情報の整理や処理能力が向上するため、問題解決にも役立ちます。これらの効果により、より効果的な学習や思考、問題解決が可能となります。また、発達障害などでワーキングメモリが低下している場合には、適切な支援を受けることで、学習や思考、問題解決における支障を最小限に抑えることができます。

ワーキングメモリが弱いと、集中力や判断力が低下?学習や社会生活に大きな支障が出る理由とは?

ワーキングメモリが弱い場合、集中力が続かず、忘れっぽくなることがあります。例えば、何かを考えながら話を聞く場合、ワーキングメモリが十分に働かないと、相手の話を理解できなかったり、会話に追いつけなかったりすることがあります。また、ワーキングメモリが低下すると、学習や思考、問題解決においても支障が生じることがあります。新しい情報を学ぶ場合、情報を一時的に保持し、整理する必要がありますが、ワーキングメモリが弱い場合はその処理が困難になるため、学習効果が低下することがあります。

ワーキングメモリが低下してときの日常生活に多大な影響とは?
会話において、相手の話を正確に理解できなくなるため、社交的な場面での交流が困難になることがあります
学習において、新しい情報を短期的に記憶するための能力が低下するため、学習効果が低下することがあります
思考や問題解決において、複数の情報を同時に保持する必要があるため、処理能力が低下することがあり、適切な判断や意思決定ができなくなることがあります
日常生活において、物事を忘れたり、約束を守れなかったりすることがあります

さらに、ワーキングメモリが低い人は、判断力や意思決定力が低下することが報告されています。判断力や意思決定力とは、膨大な情報を処理し、正確な判断を下すために必要な能力であり、ワーキングメモリが十分に働かないと、このような処理が難しくなるためです。

これらの理由から、ワーキングメモリが弱い場合は、学習や社会生活に大きな支障が生じる可能性があります。しかし、適切な支援を受けることで、ワーキングメモリを改善することができるため、早期の発見や支援が大切です。

発達障害とワーキングメモリの関係:適切な支援で社会性や学習における支障を最小限に抑えよう

男性医師のイラスト

発達障害の人々は、一般的にワーキングメモリの処理能力に苦労しやすい傾向があるとされています。しかし、発達障害のある人々もそれぞれ個性や強みを持っており、多様な能力を発揮することがあります。彼らの個性や強みを尊重し、適切な支援や理解を行うことで、彼らの可能性を引き出すことができます。ワーキングメモリが弱い場合でも、視覚的な情報処理や創造性などの得意分野があることがあります。また、適切な支援を受けることで、ワーキングメモリの処理能力を補うことができる場合があります。そのため、発達障害の人々には、個別の状況に合わせた支援や対応が必要です。

発達障害の人々は、一般的にワーキングメモリの処理能力に苦労しやすい傾向があるとされています。しかし、発達障害のある人々もそれぞれ個性や強みを持っており、多様な能力を発揮することがあります。彼らの個性や強みを尊重し、適切な支援や理解を行うことで、彼らの可能性を引き出すことができます。ワーキングメモリが弱い場合でも、視覚的な情報処理や創造性などの得意分野があることがあります。また、適切な支援を受けることで、ワーキングメモリの処理能力を補うことができる場合があります。そのため、発達障害の人々には、個別の状況に合わせた支援や対応が必要です。

ワーキングメモリの問題を抱える子供たちに必要な支援と、家族ができること

子育てをしている家族にとって、子供が発達に遅れを抱えているということはとても心配なことです。しかし、ワーキングメモリの問題がある場合には、適切な支援を行うことで子供たちの発達を促すことができます。 まずは、子供たちを注意深く観察することが大切です。ワーキングメモリに関する問題があるかどうかを見極めることができます。

もし発達障害である可能性がある場合には、早期の発見と適切な支援は必要となります。 学習に困難を抱えている場合には、学習内容を少しずつ分けて教えることや、繰り返し学習することで長期的な記憶を促すことが有効です。また、社交性においては、相手の話に注意を向けるための具体的な方法を教えることが有効です。例えば、相手の目を見ながら話を聞くこと、相手の言葉を繰り返して確認することなどです。

家族は、子供たちの成長を願い、子供たちの個性を受け入れることが大切です。子供たちの発達を促すためには、個々の状況に合わせた適切な支援を受けることが必要です。そして、子供たちが自信を持って成長するためにも、愛情を持って寄り添い、支援することが大切です。この文章の魅力的な見出しを考えて。

ワーキングメモリを鍛える方法

子どもが学んでいるイラスト

ワーキングメモリを鍛えることは、私たちが日常生活で行うさまざまな活動にとって非常に重要な能力です。例えば、電話番号を暗記したり、話を聞きながら考え事をしたりする際に使われます。特に、学生やビジネスパーソンなど、情報を扱うことが多い人々にとっては、ワーキングメモリの強化が必要不可欠です。

記憶力を鍛える

ワーキングメモリを鍛えるためには、記憶力を鍛えることが有効です。例えば、日々の生活で見かけたものを覚えておくようにすることや、シンプルな数学の計算を頭の中で行うようにすることが挙げられます。

課題を分割する

多くの情報を同時に扱うことはワーキングメモリに負荷をかけます。そのため、大きな課題を小さな課題に分割して取り組むことが有効です。

集中力を高める

ワーキングメモリを鍛えるには、集中力を高めることが重要です。環境に集中しやすい場所を選ぶ、雑音を避ける、スマートフォンやSNSの使用を控えるなど、自分に合った集中力を高める方法を探してみましょう。

パズルやゲームをする

ワーキングメモリを鍛えるためには、パズルやゲームをすることが有効です。例えば、数独やクロスワードパズル、ジグソーパズル、カードゲームなどは、集中力や記憶力を鍛えるのに役立ちます。

メモを取る

情報を覚えることが難しい場合には、メモを取ることが有効です。手書きのメモを取ることで、記憶力やワーキングメモリが改善されるとされています。

これらの方法を実践することで、ワーキングメモリを鍛えることができます。しかし、個人差があるため、自分に合った方法を見つけることが大切です。また

ワーキングメモリを測る方法

リストアイコン

ワーキングメモリを測るテストには、以下のようなものがあります。

数字逆順再生テスト

このテストでは、被験者に数字列を聞かせ、その後、逆順に数字を再生するように指示します。数字列の長さを徐々に増やしていき、逆順に再生できる数字列の最大の長さを測定します。このテストでは、ワーキングメモリの容量を測定することができます。

N-backテスト

このテストでは、被験者に数字や文字列を提示し、その中から直前に提示された数字や文字列と同じものがあるかどうかを判断するように指示します。N-backテストでは、直前に提示された数字や文字列の個数を変えることで、ワーキングメモリの保持時間や切り替え能力を測定することができます。

ドティングテスト

このテストでは、被験者に複数の図形を提示し、その中から特定の図形を選択するように指示します。ドティングテストでは、ワーキングメモリの切り替え能力や処理能力を測定することができます。

これらのテストは、ワーキングメモリの評価によく使用されますが、どのテストも完全なワーキングメモリの測定には至りません。ワーキングメモリは複数の機能が絡み合っているため、複数のテストを組み合わせて総合的に評価することが求められます。

海外の事例に学ぶ、ワーキングメモリの向上方法

海外においても、ワーキングメモリの重要性が認識されています。例えば、アメリカの一部の学校では、ワーキングメモリを鍛えるためのトレーニングが取り入れられています。これらのトレーニングでは、数字や文字の並びを覚えたり、複数のタスクを同時にこなしたりする練習が行われます。また、英国でもワーキングメモリのトレーニングが行われ、特に学習障害を持つ子供たちに対して効果があることが報告されています。

海外では、ワーキングメモリのテストも一般的に行われています。例えば、アメリカのIQテストの一つであるWISC-IVには、ワーキングメモリを測るためのサブテストが含まれています。また、英国でもワーキングメモリのテストが行われており、子供たちの学習に対する影響や、ADHDやディスレクシアなどの発達障害との関連性などが研究されています。

海外の事例を見ると、ワーキングメモリが学習や思考、問題解決などに与える影響の重要性が認められ、その鍛錬に向けた努力が行われていることがわかります。また、ワーキングメモリのテストも一般的に行われており、正確な測定によって個々の能力評価が可能になっています。

まとめ

ワーキングメモリは、日常生活に不可欠な能力であり、学習や思考、問題解決に大きく関わっています。ワーキングメモリが弱い場合、多くの影響が出るため、改善するためのトレーニングやテストも存在します。また、発達障害と密接な関係があるため、早期の発見や支援が重要です。家族の方がワーキングメモリについて理解することで、子どもたちの発達に役立つことが期待されます。是非、今後の子育てや教育に活かしていただければ幸いです。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today