発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

HSPのための仕事ガイド!落ち着きをもたらす10の職業と理想の職場の見つけ方

author:dekkun
HSPのための仕事ガイド!落ち着きをもたらす10の職業と理想の職場の見つけ方と記載されたイラスト

世界は多様な人々で満ちており、私たちの中には特に敏感な感受性を持つ「HSP(Highly Sensitive Person)」の方々がいます。HSPの方々は、日常の刺激をより深く感じ取り、これが仕事選びにも大きな影響を及ぼすことがあります。このコラムでは、HSPの方々に特に向いていると思われる10の職業を探り、彼らが働きやすい職場環境をどのように見つけるかについて解説します。HSPの方々が自分に最適な職業を見つけ、充実した職業生活を送るための第一歩となれば幸いです。

HSPにおすすめ!自分に合った仕事の見つけ方

HSP(Highly Sensitive Person)の方々は、独特の感受性を持っており、それが仕事選びに大きく影響します。自分に合った仕事を見つけるためのコツは以下の通りです。

DOES特性を理解しよう

深い理解

HSPの方々は、DOES(Depth of processing, Overstimulation, Empathy and emotional responsiveness, Sensitivity to subtleties)の4つの特性を持っています。物事を深く考え、過剰に刺激を受けやすく、共感力が高く、細かいことに敏感です。

自己認識

これらの特性を理解し、自分の強みや限界を認識することが重要です。

業種より職種・働き方を重視

選択の基準

HSPの方々は静かで落ち着いた環境を好みます。そのため、業界や業種よりも、具体的な職種や働き方に注目してみましょう。

柔軟な働き方

リモートワークやフレキシブルな勤務体系が適している場合が多いです。

必要なら休憩を取る

ストレス管理

過剰な刺激に敏感なHSPの方々は、適宜休息を取ることが重要です。

自己ケア

短い休憩やリラックスタイムを設けることで、ストレスを管理し、持続可能な働き方を実現しましょう。

HSPセルフチェック – 繊細さを知る30の質問

HSPセルフチェックリスト

番号チェック項目説明
1周囲の微妙な変化に気づく小さな変化にも敏感
2他人の気分が気になる相手の感情を深く気にする
3他者の目が気になる他人の見方や評価が気になる
4言葉の裏を考える言葉の意味を深読みする
5人見知り新しい人となじむのが苦手
6一人でいるのが苦手寂しさや不安を感じる
7身体的接触への敏感さ触れられることに過敏
8人前での集中困難他人が見ていると集中できない
9空腹時の集中力低下空腹時に集中できない
10批判への過敏さ批判を受けると深く傷つく
11約束が気になる約束事が心に引っかかる
12カフェインへの敏感さコーヒーやお茶で眠れない
13味やにおいへの敏感さ好き嫌いがはっきりしている
14忘れ物への心配忘れ物やミスを何度もチェックする
15他人に対して良心的他者に対して思いやりがある
16驚きやすい小さなことにも強く反応する
17大きな音が苦手大きな音に敏感
18光や音への敏感さ明るい光や周囲の音が気になる
19動揺する状況を避ける落ち着かない状況を避ける
20想像力が豊か空想にふけることが多い
21美術や音楽への感動芸術に深く感動する
22勘がいい直感や勘が鋭い
23痛みに敏感痛みに敏感で、痛みを強く感じる
24暴力的な映像の苦手さ暴力的なシーンが苦手
25マルチタスクの苦手さ複数のことを同時にこなすのが苦手
26生活の変化への適応困難新しい環境や変化に対応するのが難しい
27プレゼンテーションの緊張人前で話すと緊張する
28肩こりや頭痛の頻発肩こりや頭痛に悩まされることが多い
29ストレスでの胃痛ストレスで胃が痛くなる
30幼少期の印象子どもの頃、「内気」「神経質」と言われたことがある

このリストを使って自分の特性を確認することで、HSPである可能性を把握できます。特に20個以上の項目に当てはまる場合、HSPの特質が強いと考えられます。自己理解を深めることで、日々の生活や仕事において、自分に合った対応を探ることができるでしょう。

(参考:保坂隆著「敏感すぎる自分の処方箋」)

判断基準

  • 20個以上の項目に当てはまる: HSPの特性が強い可能性大。
  • 数は少なくても、特性が強い: 1〜2個でも強く当てはまればHSPの気質あり。

仕事選びで覚えておくべきこと

長所を活かす

HSPの方々は、細やかな注意力や豊かな想像力を持っており、それを生かせる職場を選びましょう。

環境への適応

自分に合った環境を見つけることが、長期的なキャリアの成功への鍵です。

HSPの方々には、丁寧で緻密な作業、危機管理能力、他者への深い理解といった素晴らしい長所があります。これらを活かせる職場を見つけ、自分らしく働くことができれば、仕事も充実したものになるでしょう。

項目説明
長所を活かすHSPの方々は細やかな注意力や豊かな想像力を持っています。このような特性を生かせる職場を選ぶことが重要です。
環境への適応自分に合った環境を見つけることがキャリアの成功に繋がります。自分らしい働き方を模索しましょう。

HSPにおすすめの職場環境

特徴説明
丁寧で緻密な作業ができる細部にわたる注意を要する仕事は、HSPの方にとって適しています。
危機管理能力を活かせるHSPの方々は、問題を予見し、解決策を考える能力があります。
他者への深い理解他者の感情を理解し、共感する能力を活かせる職場は、HSPにとって理想的です。

HSPにおすすめの仕事選び:業界より職種と働き方を重視

通常、多くの人は仕事探しの際に業界や業種を重視します。しかし、HSP(Highly Sensitive Person)の方々には、職種や働き方に焦点を当てたアプローチが特に有効です。

仕事内容と環境のマッチングがカギ

個々の適性に注目

HSPの方々は、自分の感受性を活かせる仕事内容と働き方が重要です。例えば、人とのコミュニケーションが多い営業職よりも、パソコンと向き合うプログラマーのような職種が向いているかもしれません。

職種別の働き方を理解

職種によって日常の業務内容や働き方が異なります。自分に合った職種を見極めることが、快適な働き方への第一歩となります。

自分に合った環境での働き方

ストレスの少ない環境選び

HSPの方々は、適切な職場環境であれば、必要以上に疲れることなく働くことが可能です。穏やかで静かな職場、フレキシブルな勤務体系などが、彼らにとって理想的です。

自分の強みを活かす

HSPの方々は、細部に注意を払う能力や共感力が高いため、これらの強みを活かせる職種を選ぶことが大切です。

HSPと仕事探し「ひとやすみする」の重要性

HSPの人が新しい仕事を探す際、休息を取ることはストレスを軽減し、より良い選択をするために欠かせません。

集中とリラックスのバランス

特性を生かす

HSPの人は、一つのことに集中し、深く没頭する能力があります。しかし、これは反対に、マルチタスクや複数のタスクを同時に処理することが苦手ということを意味します。

休息の重要性

微細な変化や小さなことにも深く反応するため、多くの刺激にさらされると疲労やストレスを感じやすくなります。これを避けるためには、適時休憩を取り、リフレッシュすることが重要です。

仕事探しに専念するための準備

一点集中

仕事探しに集中するためには、他のタスクを一時的に停止することをおすすめします。これにより、仕事探しに必要なエネルギーと集中力を確保できます。

環境の整備

1つのことに集中できる環境を作ることで、HSPの人はその能力を最大限に発揮できます。静かで落ち着いた空間で、じっくりと仕事を探しましょう。

HSPにとって挑戦的な仕事環境の特徴5選

HSPの方々が直面する可能性のある職場の挑戦を詳細に解説します。

目標達成が厳しい職種

営業職など、目標達成が厳しい職種は、HSPの方々にとって圧倒的なプレッシャーとなり得ます。日々の売上ノルマやクライアントとの緊密な関係構築が求められるため、HSPの深い感受性が逆にストレス源に変わることがあります。

変化が激しい職種

激動する業務環境、例えばマーケティングやメディア業界などは、常に新しい動きに対応する柔軟性が求められ、これはHSPの方々にとって疲労の原因になります。緻密な計画と反射的な行動のバランスが必要とされるため、HSPの方々には特に注意が必要です。

対人関係が密接な職種

接客業や保育士、カウンセラーなど、人々との深い関わりを必要とする職種は、HSPの方々にとって感情的なストレスが大きくなりやすいです。他者の感情に対する高い共感能力が、過度の疲れや感情的な消耗を招くことがあります。

短期間で成果を出す職種

締め切りが厳しいプロジェクト管理やイベント企画など、短期間での成果が求められる職種は、HSPの方々に過度な緊張とストレスを与える可能性があります。迅速な決断と行動が求められる環境は、慎重に物事を進めたいHSPの方々にとっては挑戦的です。

騒々しい職場環境

工場や大型店舗のような騒がしい職場環境は、HSPの方々にとってストレスの要因となります。周囲の騒音や忙しい動きは、集中力を削ぎ、感受性の高いHSPの方々には特に負担が大きくなりがちです。

HSPにとって挑戦的な職種の特徴

ストレス要因具体的な職種例説明
目標達成が厳しい職種営業職売上目標やノルマが厳しく、HSPの人には大きなプレッシャーとなる場合があります。
変化が激しい職種マーケティング、メディア業界関係者常に新しいトレンドに対応する必要があり、HSPの人にとってはストレスの原因になりがちです。
対人関係が密接な職種接客業、保育士、カウンセラー他人との深い関わりが多く、感情的なストレスが大きい職種です。
短期間で成果を出す必要がある職種プロジェクト管理、イベント企画者締め切りが厳しく、迅速な行動が求められます。HSPの方々にとっては挑戦的です。
騒々しい職場環境の職種工場作業、大型店舗スタッフ周囲の騒音や忙しい動きが集中力を削ぎ、ストレスを与える可能性があります。

HSPに適した仕事の特徴5選とおすすめ職種

HSPの方々の独特な感受性を活かすことができる仕事の特徴は以下のようになります。

精密さや緻密さを要する仕事

特徴

細部に対する鋭い注意力と丁寧な作業が求められる仕事に適しています。細かいミスを見落とさず、正確性を保ちながらタスクをこなす能力があります。

おすすめ職種

経理、データ分析、品質管理、図書館員、研究職など。

集中力と創造性を活かせる仕事

特徴

感受性が豊かで、一つのタスクに深く集中する能力があります。創造的な解決策を生み出す能力が高く、静かな環境で独立して作業を進めることが得意です。

おすすめ職種

プログラマー、グラフィックデザイナー、作家、アーティスト、建築家など。

共感性を活かせる仕事

特徴

他者の感情に対する高い共感力を持ち、人の心を理解しやすいです。このため、人間関係が重視される職種での対人スキルが非常に高いです。

おすすめ職種

教育関連職、カウンセラー、人事、ソーシャルワーカー、カスタマーサポートなど。

環境変化に敏感でない職種

特徴

騒がしい職場や頻繁な変化に疲れやすいため、安定した環境で深く集中して作業できる職種が適しています。

おすすめ職種

図書館員、博物館や美術館のキュレーター、研究所の研究員、リモートワーク可能な職種など。

人間関係が少ないまたは深い関係が少ない職種

特徴

大勢の中での作業や表面的な人間関係に疲れやすいため、限られた人々との深い関係を築くか、独立して作業することができる職種が適しています。

おすすめ職種

フリーランスのライターやエディター、独立した職人、リモートワークやフレックスタイム制の職種など。

HSPに向いている仕事10選とその特徴

職種特徴ワンポイントアドバイス
地方公務員安定した環境、ルーティン業務が多い地域の役に立つ意義を見出し、一定のペースで業務を進める
事務人との接触が限られた細部に注意を払う仕事緻密な作業に集中し、静かな環境で効率よく業務を進める
マーケティング創造的思考と深い分析が求められる市場のトレンドを敏感に察知し、新しいアイデアを生み出す
プログラマー集中的なコーディング、論理的思考が必要イノベーションを生み出す技術力を磨き、専門性を高める
インフラエンジニアITシステムの基盤構築、技術的知識が重要最新のIT技術に精通し、システムの安定性を保証する
在宅ワーク自分のペースで働ける、対人関係が少ない自宅で快適に働き、効率的な時間管理を心がける
講師教育・指導、個別対応が多い生徒の成長を支え、教育の質を高める
製造業繰り返しの作業、精密性が要求される集中力を活かし、品質の高い製品作りに貢献する
経理数字の精度が重要、緻密な作業が中心会計の正確性を確保し、財務管理の信頼性を高める
大企業の一般職チームサポート、安定した環境での作業チームの効率化を図り、企業内の円滑なコミュニケーションを促進する

まとめ

HSPの方々にとって、職業は単なる収入源以上のものです。それは自己実現の場であり、個人の感受性や才能を活かす機会です。このコラムで紹介した10の職業が、あなたにとっての新しい道しるべとなり、あなた自身のペースで、ストレスの少ない環境で能力を発揮する手助けになればと思います。自分にとって最適な職場を見つけることは、時間と労力を要するかもしれませんが、その旅は決して無駄ではありません。自分自身を大切にし、あなたに合った職業を見つけてください。HSPとしての特性を活かし、充実した職業生活を送ることを願っています。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today