発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

アスペルガー症候群を持つ大人とのコミュニケーションの秘訣とは?家族、恋人、職場での理解深めるアプローチ

author:dekkun
アスペルガー症候群を持つ大人とのコミュニケーションの秘訣とは?家族、恋人、職場での理解深めるアプローチと記載されたイラスト

私たちの社会は多様性に富んでおり、それぞれがユニークな個性や特性を持っています。アスペルガー症候群を持つ大人とのコミュニケーションは、時に挑戦的であるかもしれませんが、理解と適切なアプローチを深めることで、より豊かな関係を築くことができます。このコラムでは、家族、恋人、職場でアスペルガー症候群を持つ人々とどのように接すれば良いのか、そのコツや効果的な方法を探ります。

アスペルガー症候群とは?

アスペルガー症候群は、今では「自閉症スペクトラム障害(ASD)」という名前で呼ばれることが多いです。この名前の変わり方は、自閉症とアスペルガー症候群を一緒のグループとして考えようという考えからきています。アスペルガー症候群は、発達に関する特性の一つで、大人になると少しずつ上手に対処できるようになる人もいますが、日常生活で困ることがある人も多いです。

アスペルガー症候群の3つの特徴

アスペルガー症候群には主に3つの特性があります。

社会性の難しさ

  • 他の人との関わりで困ったことが起こることがよくあります。
  • 周りの雰囲気がつかみにくかったり、言われなくてもわかるルールが理解しづらかったりします。
  • 時には周りが驚くようなことを言ってしまうことも。悪気はなくても、他の人は「どうしてそんなことを言うの?」と思うことがあります。

言葉のやり取りの難しさ

  • アスペルガー症候群の人は、頭が良い人が多いのですが、言葉の使い方がユニークだったり、意思の疎通が難しかったりすることがあります。
  • 普段あまり使われない表現を好んで使うことがありますし、言葉の裏の意味や文脈が読み取れずに、言葉をそのまま受け取ってしまうことも。
  • 例えば、誰かが「つまらないものですが」と言った時に、「つまらないものね」とそのまま返してしまうことがあります。社交辞令や普通の表現が理解しにくいんですね。

こだわりが強いこと

  • 決まった手順やルールにとてもこだわりがあって、急な変更が苦手です。
  • 予期しないことが起こると、とても動揺してしまうことがあります。
  • 一方で、好きなことにはとことん集中できる特性があります。それはとても素晴らしいことですが、健康に気をつけながら楽しむことが大切です。

アスペルガー症候群についてもっと知ることで、お互いの理解が深まり、一緒にいる時間がより楽しいものになるでしょう。

アスペルガー症候群の方との上手な接し方

アスペルガー症候群の方とのコミュニケーションは少し注意が必要です。時に、相手が傷つくようなことを言ってしまったり、場の雰囲気を読まない発言をしてしまうこともあります。そんな時、相手の特性を理解し、上手にコミュニケーションを取る工夫が大切になります。

家族や恋人との接し方

もし家族や恋人がアスペルガー症候群なら、互いにストレスが溜まらないようにすることが大事です。相手を思いやるあまり、自分がストレスを感じすぎてしまうと、心身の不調を引き起こす「カサンドラ症候群」になることもありますので、バランスを大切にしましょう。

相手の得意・不得意を理解しましょう

コミュニケーションが難しい、こだわりが強いなど、生まれつきの特性を理解し、無理に変えようとせず、支えてあげましょう。

具体的な工夫をしましょう

例えば、リビングにホワイトボードを置いて、図や文字で説明する、趣味に没頭しすぎないようにタイマーで時間を管理するなどが有効です。

ルールを明確にしましょう

普通は何となく分かる常識も、アスペルガー症候群の方には明確なルールとして伝えると理解しやすくなります。

職場での接し方

職場では、アスペルガー症候群の方がより働きやすい環境を整えることが大切です。

肯定的なフィードバックを心がけましょう

ミスを指摘するだけでなく、良い点を見つけて褒めることで、自己肯定感を支えましょう。

コミュニケーションの方法を工夫しましょう

指示は視覚的にもわかりやすいようにし、困ったときの相談相手を一人決めておくと安心です。

タスクは明確に一つずつ伝えましょ

複数のタスクを同時に伝えると混乱することがあるので、ひとつずつクリアにしましょう。

感覚過敏に配慮しましょう

視覚や聴覚が敏感な方もいるため、必要に応じて作業環境を調整しましょう。

どうしても難しい場合は、支援機関や医療機関への相談も大切です。同じような状況の人たちと情報交換できる自助グループの存在も心強い味方になります。一人で悩まず、周りのサポートを活用しましょう。

アスペルガー症候群(ASD/自閉スペクトラム症)のある方との絆を深める方法

もし家族、恋人、または配偶者がアスペルガー症候群(ASD/自閉スペクトラム症)であれば、互いの理解を深めることがお互いのストレスを軽減し、共に楽しい時を過ごす鍵となります。お互いに寄り添い、理解し合うためのステップをご紹介します。

知識を身につける

まずは、アスペルガー症候群の症状や特性について学ぶことが大切です。正しい知識があれば、理解とサポートがしやすくなります。

生活上のルールを明確にする

「自分で考えればわかるだろう」という期待は、時にアスペルガー症候群の方にとって難しいことがあります。例えば、「薬はどこに置くか」「週末の家事はどう分担するか」など、具体的なルールを事前に決めておくと良いでしょう。

感情的にならずに話し合う

近い関係だからこそ、「言わなくても分かってほしい」と感じることもありますが、アスペルガー症候群の方にはそれが難しい場合があります。感情的になるのではなく、具体的に話し合い、一緒に解決策を探しましょう。

専門家のサポートを利用する

さまざまな努力にもかかわらず、関係に疲れを感じたり、理解し合うのが難しいときは、カウンセリングや家族療法を受ける選択肢もあります。専門家からのアドバイスが、関係改善のヒントになるかもしれません。

支援センターや自助会を活用する

地域の発達障害者支援センターや精神保健福祉センター、自助会などでは、アスペルガー症候群の方とその周囲の人たちの相談に応じてくれます。他の人たちの経験を聞くことも、新たな気づきやアイデアにつながります。

このような取り組みを通じて、アスペルガー症候群の方との関係をより豊かなものにしていきましょう。

まとめ

アスペルガー症候群を持つ大人との関係構築は、時に忍耐や理解を必要としますが、それは決して不可能なことではありません。適切なコミュニケーションと理解を深めることで、お互いにとって有意義で支え合える関係を築くことができます。このコラムを通じて紹介したアプローチを実践することで、アスペルガー症候群を持つ人々との絆を深め、共に成長していく喜びを感じ取れるでしょう。さあ、今日から一歩ずつ、理解と受容の旅を始めましょう。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today
10
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today