発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

2歳の男の子に見る自閉症の初期徴候とは?チェックリストと早期相談のステップ

author:dekkun
2歳の男の子に見る自閉症の初期徴候とは?チェックリストと早期相談のステップと記載されたイラスト

自閉症スペクトラム障害(ASD)は、早期に発見することが非常に重要です。特に2歳の段階では、親や保護者が子どもの行動に日々接する中で、微細な変化に気づくことが可能です。この記事では、2歳の男の子に特に見られる自閉症の兆候を挙げ、そのチェックリストを提供し、早期介入へと導くための手順を解説します。

自閉スペクトラム症(ASD)の理解と2歳児の特徴

自閉スペクトラム症は、社会的な交流やコミュニケーションに課題を持ち、特定の行動の繰り返しや感覚の過敏さが見られる発達障害です。このセクションでは、2歳の男の子に特に見られる自閉症の特徴と、その診断の複雑さについて解説します。

2歳前後の発達と自閉症スペクトラム症(ASD)の兆候

2歳前後の子どもの発達は非常に重要な時期です。この時期には、他人との共同注意や言語発達が見られますが、自閉症スペクトラム症(ASD)の子どもには特有の行動や発達の遅れが現れることがあります。

1歳から2歳ごろの発達とASDの兆候

1歳から2歳の子どもは、他人と同じものに注意を向けたり、指さして他人の注意を引いたりする「共同注意」が見られます。これらの行動は他者の視線を追うことから始まりますが、自閉症スペクトラム症(ASD)の子どもは目を合わせないため、これらの行動が少ない傾向にあります。その結果、言葉の遅れや「クレーン現象」、極端な好き嫌い、睡眠障害が見られることがあります。この時期に療育を始めることが重要です。

2歳から3歳ごろの発達とASDの兆候

2歳から3歳のASDの子どもは、興味が限定的で好き嫌いが顕著になります。一つの遊びに没頭したり、順序にこだわるなどの行動が見られます。また、身体の動きが不器用で、ぎこちなさや全身運動の苦手さが目立ちます。常同行動や言葉の特異的な使い方も特徴です。この時期に言語発達の遅れが見られることが多く、ASDの兆候となります。一方で、一度見たものを覚える高い能力も見られることがあります。

自閉スペクトラム症の主な特徴

自閉スペクトラム症の子どもたちは、社会的な交流やコミュニケーションにおいて顕著な困難を示します。これは、言葉の使用が遅れる、繰り返しの言葉を使うなどの特徴に現れることが多いです。また、特定の行動の反復や強いこだわり、感覚の過敏さなども自閉症の一般的な特徴です。これらの行動は、子どもが周囲の世界をどのように経験しているかに大きな洞察を与えることができます。

社会的コミュニケーションの困難

2歳の子どもでは、言葉の遅れやオウム返しのような特有のコミュニケーションパターンが自閉症の初期兆候として見られることがあります。

反復行動と感覚の過敏さ

多くの自閉症スペクトラムの子どもは、特定の物や活動に異常なほどの興味を示すことがあります。また、普通の音や触感が耐え難いほど不快に感じることもあります。

2歳児における自閉症の診断

2歳は自閉症スペクトラム症を診断するには複雑な年齢であり、この時期の行動が「イヤイヤ期」の典型的な振る舞いと自閉症由来のものとの区別が難しいことがあります。そのため、親やケアギバーが日常的に観察した行動のパターンを詳細に記録し、発達の専門家に相談することが重要です。専門家は、様々な診断ツールや評価を用いて、より正確な判断を下すお手伝いをします。

「イヤイヤ期」との区別

2歳児は自己主張が強くなる「イヤイヤ期」にあるため、自閉症の診断は特に慎重に行う必要があります。通常の発達の範囲内で見られる行動と自閉症によるものを区別することが重要です。

診断へのアプローチ

早期発見には親や保護者の観察が重要で、異常な行動パターンや発達の遅れに気づいたら専門家に相談することが推奨されます。具体的な行動の例や子どもの反応を記録し、専門家と共有することが助けになります。

2歳児の発達の目安と期待されるスキル

2歳の子どもは身体的、言語的、社会的に急速な成長を遂げます。この段階では、基本的な身体活動から自立した日常のスキル、そして初めての社会的交流まで、さまざまな発展が見られます。ここでは、2歳児が達成することが期待される主なスキルを、具体的な例と共に解説し、保護者が子どもの成長をどのように支援し、理解深めることができるかを説明します。

基本的な身体能力と自立行動

2歳の子どもたちは身体的に活発になり、歩く、走る、跳ぶなどの運動能力が向上します。また、食事や衣類の簡単な着脱を自分で行うようになるなど、自立した行動を試みるようになります。これには、指先の機能の発達も含まれ、より複雑な手の動きが可能になります。

言語と社会的スキルの発展

この時期の子どもは言語能力が飛躍的に向上し、二語文での会話が可能になり、自己表現が豊かになります。また、他の子どもや大人との簡単なごっこ遊びに興じることで社会的スキルも発展します。さらに、自我が形成され始めるために自己主張が強くなるのが特徴です。

2歳児の発達の目安

発達の領域期待されるスキル
身体的能力歩く、走る、跳ぶ、指先の機能発達
自立行動食事、衣類の着脱
言語能力二語文を話す、自分の意思や欲求を言葉で表現
社会的スキルごっこ遊び、他人との単純な社会的交流
自我と自己主張強い自己主張、イヤイヤ期に入る

2歳児の自閉スペクトラム症(ASD)の特性と発達の遅れについての理解

2歳の子どもたちは「イヤイヤ期」として知られる時期であり、強い自己主張や癇癪が見られますが、これらの行動だけで自閉スペクトラム症(ASD)を判断するのは難しいです。ASDの疑いがある場合、以下のような特性が観察されることがあります。

2歳児に見られる自閉スペクトラム症(ASD)の特性

特性カテゴリ具体的な症状
社会的交流の難しさ人見知りが強すぎる、または他人に無関心
模倣の欠如他人の行動を真似しない
共感の欠如興味のあるものを共有しようとしない
言語発達の遅れ2語文を話さない、コミュニケーションの困難
感覚過敏または鈍感極端な光や音に敏感、または反応が鈍い
情緒の不安定性突然の癇癪やその後の気持ちの切り替えが難しい
変化への抵抗日常の変化や新しい環境を極度に嫌がる
固執的な行動特定の物や状況への強いこだわり

これらの特性が見られる場合、専門家による評価が推奨されます。1歳6ヶ月の健診で使用される「M-CHAT」は、2歳の検診での参考にもなり、社会性や感覚の過敏さなど、自閉症スペクトラムの兆候をスクリーニングするのに役立ちます。

相談や受診の目安と保護者ができること

成長には個人差がありますが、次のような状況が見られる場合は、専門家に相談することをお勧めします。

相談・受診の目安

症状説明
過敏さが強く、まとまった睡眠がとれない感覚過敏により睡眠が乱れる。
ほかの子どもの遊びに興味を持たない社会的な交流や共感が少ない。
親にも積極的に働きかけない親とのコミュニケーションが少ない。
こだわりが強く、生活するのが難しい特定の物や行動への固執が日常生活に支障をきたす。
目が合わない、呼んでも反応が悪い視線の合い方や反応の鈍さ。

相談・受診先

相談機関説明
市町村の保健師・保健センター母子の健康をサポートするための相談やサービスを提供。
行政福祉窓口福祉課での相談、適切な相談機関の紹介。
発達障害者支援センター発達障害に関する専門的な相談。
保健所、療育センター地域の支援機関、親の会など。
療育はどのように受けられますか?

診断が出た場合や発達の遅れが気になる場合、早期に療育を開始することが重要です。療育は、子どもの特性に応じて身体的・精神的な発達を支援するもので、公的機関や民間の施設で受けることができます。自治体や医療機関の療育サービスも利用でき、通所受給者証を持っていると公費で受けられる場合があります。

早期発見と療育は、子どもの日常生活や社会生活に大きな影響を与えます。保護者は、子どもの行動に気になる点があれば、早めに相談し、適切な支援を受けることが大切です。

まとめ

自閉症の兆候を早期に認識し、適切な支援を受けることで、お子さんの成長と発達を大きく支えることができます。この記事が提供する情報とチェックリストを活用し、必要な場合は専門家への相談をためらわずに行ってください。一緒にお子さんの豊かな未来を築いていきましょう。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
7
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説と記載されたイラスト

ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説

「ギフテッド」という言葉は、特別な才能や能力を持つ人々を指すものですが、その特徴や顔立ちは一目では分かりません…

calendar_today
10
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today