発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

障害者雇用の実態、一般雇用との比較とメリット・デメリットとは?

author:dekkun
障害者雇用の実態、一般雇用との比較とメリット・デメリットとは?と記載されたイラスト

障害者雇用が社会的な注目を集めている今、多くの企業や個人がこの制度の実態について疑問を持っています。障害者雇用は一般雇用とどのように異なるのでしょうか?そして、これにはどのようなメリットやデメリットが存在するのでしょうか?本コラムでは、障害者雇用の基本的な枠組みから、その特徴、そして一般雇用との比較を通じて、障害者雇用が私たちの社会や経済にどのように影響を与えているのかを掘り下げていきます。

障害者雇用制度とは?

障害者雇用制度について簡単に説明すると、これは企業や自治体が障害のある人たちを雇用しやすくするための特別な制度です。その仕組みと企業や自治体の役割をわかりやすく解説します。

どんな制度?

障害者雇用とは、障害のある人たち一人ひとりに合った働き方を可能にするために、企業や地方自治体が彼らを雇う特別な制度です。

法律で定められている

この制度は、「障害者雇用促進法」という法律によって定められており、障害を持つ人たちが安心して長く働けるようにすることが目的です。

企業や自治体の役割

企業や自治体には、従業員の中で決められた割合で障害のある人を雇うこと、障害のある人に対する差別をしないこと、そして障害のある人が働きやすいように必要な配慮をすることが求められています。

障害者雇用で働くってどういうこと?

障害者雇用の目的と対象者

障害者雇用って、障害のある人が自分の能力や特性に合わせて働けるよう、企業や自治体が特別に用意した制度のこと。この制度は、障害のある人が安定して仕事を続けられるようにすることを目的にしています。

法律で守られている

「障害者雇用促進法」という法律で、企業や自治体には障害のある人を雇うことが求められています。2018年にはこの法律が改正されて、精神障害のある人の雇用が必須になったり、働き方の支援が強化されました。

障害者手帳を持っている人が対象

障害者雇用の対象となるのは、「障害者手帳」を持っている人たちです。この手帳には「精神障害者保健福祉手帳」「身体障害者手帳」「療育手帳」という3種類があって、それぞれの障害に応じた支援が受けられます。

ちなみに、障害者手帳を持っている人でも、一般の求人に応募することもできます。

障害者雇用と一般雇用の違いって?

障害者雇用と一般雇用、これらの働き方の違いとは何でしょうか?この記事では、それぞれの特徴や障害者の仕事への定着率について、わかりやすく解説します。

一般雇用とは?

一般雇用とは、企業の求人条件を満たせば誰でも応募できる職種です。職種や求人の選択肢が多いのが特徴。ただ、障害に対する理解や配慮が得られない可能性もあります。

障害者雇用とは?

障害者雇用は、障害者手帳を持つ人向けの求人です。面接や入社時に障害に関する理解を深めることで、障害に配慮した働き方がしやすくなります。

定着率の違い

障害者雇用では、障害を持つ人の仕事への定着率が一般雇用よりも高い傾向にあります。障害者雇用では約70.4%が1年後も続けているのに対し、一般雇用では約30.8%です。

障害者雇用を取り巻く社会と制度ってどんなもの?

障害者雇用を取り巻く社会環境と制度にはどのようなものがあるのでしょうか?障害者雇用の現状と、それを支える重要な制度について分かりやすく説明します。

社会の変化

最近、障害のある人たちも「大切な働き手」として認識されるようになってきました。この変化は、企業や社会全体の障害に対する理解が深まったこと、労働力としての価値を見直す動き、そして政府の障害者雇用政策の進展によるものです。

重要な制度たち

  1. 障害者雇用率制度: これは、民間企業や公共団体が、従業員の中で一定の割合を障害のある人たちで雇うことを義務付ける制度です。2019年の時点で、民間企業は2.2%、公共団体は2.5%を目標にしています。
  2. 障害者雇用促進法: 企業は、採用の際に障害のある人とない人に同じ機会を提供しなければなりません。賃金や福利厚生などの待遇においても、障害を理由に不当な差別をしてはいけません。
  3. 合理的配慮の義務: 企業は、障害のある従業員に対して、その人の障害の特性に応じた配慮をする義務があります。例えば、視覚障害のある人には拡大文字や音声ソフトを提供したり、聴覚障害のある人には筆談やメールでのコミュニケーションを取ったりすることです。

障害者雇用で働くメリットとデメリット3選

障害者雇用で働くことには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?この記事では、障害者雇用で働くことの利点と課題を、分かりやすく解説します。

メリット

職場の理解が深い

障害者雇用を行う職場では、障害に対する理解が深く、障害者が働きやすい環境を提供することが多いです。これにより、障害者は自分の能力を最大限に発揮しやすくなります。また、職場の同僚や上司とのコミュニケーションもスムーズになるため、職場全体の理解と協力が得られやすいのです。

働きやすい環境

障害者雇用では、障害のある個人に合わせた勤務時間の調整や仕事の内容の変更など、様々な配慮が行われます。例えば、通勤ラッシュを避けるための時間調整や、必要に応じた休憩時間の設定など、障害者がストレスなく働けるように配慮されています。これにより、障害者はより快適に働くことができます。

安定した就労機会

障害者雇用を促進する法律により、障害者に対して安定した就労機会が提供されるようになっています。これは、障害者が長期間にわたって安心して働くことができる大きなメリットです。特に、職場でのキャリア形成やスキルアップにも役立ちます。

デメリット

障害者手帳の必要性

障害者雇用で働くためには、障害者手帳を持っている必要があります。手帳の取得には一定の条件を満たす必要があり、これが障害者雇用を利用する際の最初のハードルとなることがあります。また、障害者手帳の申請や更新には時間と手間がかかることもあります。

求人数の限定性

障害者雇用の求人は一般雇用と比較して数が限られており、希望する職種や地域の求人がないこともあります。特に地方や小規模な都市では、選択肢がさらに限られる傾向にあり、職探しに苦労する場合もあります。

職種の限定性

障害者雇用の求人は特定の職種に限られることが多く、希望する職種が見つかるとは限りません。このため、障害者が自分のスキルや興味に合った職種を見つけるのが難しくなることがあります。また、キャリアアップの機会が限定されることもあるため、将来的な職業選択の幅が狭まる可能性があります。

障害者雇用で働くための社会制度の活用方法

障害者雇用で働くためには、どのような社会制度を活用できるのでしょうか?この記事では、障害者向けの求人探しから就職のサポートまで、役立つ制度について説明します。

求人の探し方や必要な配慮の整理

障害者雇用で働くことを考え始めたら、どこで求人を探せばいいか、自分に必要な配慮は何かなど、色々な疑問が出てくるでしょう。こうした時は、一人で悩まずに、さまざまな社会制度を活用するのがおすすめです。

公共職業安定所(ハローワーク)

ハローワークでは、障害者専用の求人を調べることができます。障害者専用の相談窓口もあるので、職員と一緒に求人の選択や面接の準備を進めることができます。

地域障害者職業センター

ここでは、就職に必要な訓練や講習を受けたり、職業適性検査などの支援を受けることができます。働くためのリハビリテーション計画の作成もサポートしてもらえます。

就労移行支援

障害のある方が一般企業への就職から職場定着まで、一貫してサポートを受けられるサービスです。就労移行支援は、特に職場での働き方の準備やスキルアップに役立ちます。

まとめ

障害者雇用と一般雇用の比較を通じて、私たちは障害者雇用が持つ多様な側面とその複雑さを理解することができました。障害者雇用は単なる社会的義務ではなく、企業や個人にとって新たな機会を提供し、社会全体の多様性と包摂性を高める重要な役割を果たしています。今後も、障害者雇用に対する理解を深め、それを支える環境と制度の充実を目指していくことが、より良い社会づくりに繋がることでしょう。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
4
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説と記載されたイラスト

ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説

「ギフテッド」という言葉は、特別な才能や能力を持つ人々を指すものですが、その特徴や顔立ちは一目では分かりません…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today