発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

電車を活用して学ぼう!!発達が気になる子どもたちにおすすめの教材

author:dekkun

発達が気になる子どもたちにとって、学習は時に難しいものです。特に、日常生活のルーティンや社会生活のマナーなどを理解することは、子どもたちにとって難しい場合があります。そこで、dekkun.オンライン療育では、身近な電車を活用して学ぶ教材を提供しています。

身近な電車を使った動画など教材で、発達が気になる子供たちの学びをサポート

「電車好き」な子どもたちは多いです。身近な電車に興味を持っている子どもたちは、電車を使った教材で楽しみながら学ぶことができます。

電車の車内アナウンスの有効性とは

電車の車内アナウンスは、発達が気になる子どもたちにとって、理解しやすく、視覚的な表現や音声に工夫を凝らした教材として最適です。電車のアナウンスを聞くことで、子どもたちは「電車に乗るときは何をするか」といったことはもちろん、日常生活様々なのルーティンを学ぶことができます。

子どもたちの興味を引きつける!電車を題材にした視覚的な表現が有効な教材を提供

視覚的な表現を取り入れた教材が有効な理由は、発達が気になる子どもたちが、言葉の理解や表現に課題を抱えている場合があるからです。視覚的な表現を使うことにより、言葉だけで理解するよりも、より具体的でわかりやすい表現が可能となります。

例えば、日常生活のルーティンを教える場合、視覚的な表現を用いた教材では、実際に何をすればいいのかを、手順ごとに細かく示しています。一方、言葉だけの教材では、手順を説明するだけで、具体的なイメージがつかみにくいことがあります。

視覚的な表現を取り入れた教材により、子どもたちはより具体的でわかりやすい表現を通じて、学びを深めることができます。また、視覚的な表現を用いることで、子どもたちの記憶力を補助し、学習の定着率を高めることもできます。

電車好きな子どもたちにも!学習の分量を調整した教材で集中力アップ

集中力が続きにくい子どもたちには、長時間同じことをすることが苦手であり、短時間で頻繁に休憩をとる必要があります。また、何か新しいことに取り組む場合には、その難易度に応じた適切な量で始めることが重要です。このため、学習の分量を調整した教材は集中力が低い子どもたちにとって適しているといえます。

集中力が低い子どもたちは、学習の分量が多い教材を与えられると、疲れやストレスがたまり、逆に学習効果が低下することがあります。そのため、学習の分量を調整した教材を提供することで、子どもたちが自分に合ったペースで学びを進めることができます。さらに、短時間で集中して学習できるよう、教材の構成を工夫することも必要です。

学習の分量を調整した教材を提供することで、集中力が低い子どもたちでも、無理なく学習を継続できるようにしています。例えば、学習内容を小分けにして、短い時間で完結するようにしたり、繰り返し練習する機会を設けることで、子どもたちが理解を深めることができます。集中力が低い子どもたちにとっても、学習が楽しくできるような工夫を凝らした教材を利用しましょう。

社会性やマナーなどを意識つけるのにも電車で楽しく学ぼう!

社会性やマナーなどに悩みがある子どもたちは、周囲の人々とのコミュニケーションに苦手意識を持っていることが多く、社会生活に不安を感じることがあります。このような子どもたちにとって、身近な電車を用いた教材は、以下のようなメリットがあります。

まず、電車は社会生活の中でも身近であり、日常的に触れることが多いものです。そのため、電車を題材にした教材は、子どもたちが自分の生活に直結させることができ、学びを実践的に活かすことができます。

さらに、電車の車内アナウンスは、社会生活において必要なマナーやルールを示すものが多いため、教材として取り入れることで、子どもたちは適切な行動や言葉遣いを身につけることができます。

また、車内アナウンスには特有のリズムやトーンがあり、それを聴くことで集中力が高まり、情報を覚えやすくなるというメリットもあります。集中力が低い子どもたちにとって、電車を題材にした教材は、学びを楽しく身につけることができるため、効果的な方法と言えます。

身近な電車を用いた教材は、社会性やマナーに悩みがある子どもたちにとって、学びやすく実践的な方法として適しているといえます。

車内アナウンスは視覚的な表現や音声に工夫が凝らされているため、発達が気になる子どもたちにとって理解しやすい教材であると言えます。また、身近な電車に興味を持っている子どもたちにとって、より学びやすく、興味を持って学び続けることができるというメリットがあります。さらに、日常生活のルーティンや社会生活のマナーなどを学ぶことができるため、実践的な学びを提供することができます。

dekkun.オンライン療育では、車内アナウンスを活用した教材を多数取り揃えております。発達の気になる子どもたちにとって、より効果的な学びをサポートするために、車内アナウンスに加えて、視覚的な表現や音声に工夫を凝らした教材を提供しています。ぜひご利用いただき、子どもたちの学びの可能性を広げてみてください。

現在提供中の電車関連オンライン療育はこちらです

電車が好きと記載されたイラスト
・動画の内容についてはやり取りを行ってから検討します ・ご要望に合わせた内容で動画(1分程度)の作成時間を考え…

dekkun.が提供する教材を利用するメリット

dekkun.が提供するオンライン療育教材では、日常生活のルーティンだけでなく、電車に乗る際のマナーや注意点など様々な内容をご用意しています。※順次公開予定

就学前や就学後など子どもの発達レベルに合わせています

発達が気になる子どもたちは、一般の子どもたちと同じように学びたいという欲求を持っています。しかし、発達が気になる子どもたちは、学習に障害を抱えているため、同じ教材を用いても十分に学びを得ることができません。

教材の内容をオーダーメイドで作成することも可能です!

発達にはそれぞれ個人差があることから興味・関心にも差が生じます。同じ教材であっても、子どもたちによって理解度や受け取り方が異なることがあります。そのため、当プラットフォームでは、個別にお申込み頂いた場合、教材の内容をオーダーメイドで提供しています。

例えば、数学や言語などの学習においても、同じテキストや問題集を与えられても、子どもたちの理解度や興味によって、得意不得意が生じることがあります。オーダーメイドで提供することで、その子どもに合わせた学習内容を作成し、より効果的な学習が可能となります。身近な電車を題材にした教材においても、子どもたちの興味やレベルに応じたカスタマイズが必要です。

豊富なラインナップをご用意

発達が気になる子どもを育てている家族を対象に、多彩な教材を取り揃えています。数学や言語などの基礎的な学習から、社会生活やマナーなどの実践的な学びまで、幅広い学習領域に対応しています。

「こんなの欲しい」「あんなやつがあったらいいな」などご要望を受け付けております。お問い合わせより気軽にご連絡下さい。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today