発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

家族のために知っておきたい!任意後見制度の基本とメリット

author:dekkun
家族のために知っておきたい!任意後見制度の基本とメリットと記載されたイラスト

私たちの生活では、予期せぬ事態に備えることが重要です。特に、年を取るにつれて、自分の財産や日常生活を管理することが難しくなる可能性があります。こうした状況に備えるための一つの方法が「任意後見制度」です。このコラムでは、任意後見制度がどのような制度で、どんなメリットがあるのかを、子育て中の家族にもわかりやすく解説します。

任意後見制度の基本

任意後見制度は、将来的に自分の判断能力が低下することに備えるための制度です。具体的には以下のように機能します。

契約の作成

判断能力が十分なうちに、将来の任意後見人となる人を選び、その人に委任する事務の内容を公正証書による契約で明確に定めます。

任意後見人の役割

本人の判断能力が十分でなくなった後、任意後見人が契約に基づいて本人に代わって事務を行います。

この制度の目的は、将来的に自分が判断能力を失った場合に備えて、事前に信頼できる人を指定し、自分の財産や日常生活の管理を任せることです。これにより、本人は自分の意志に基づいた適切なサポートを受けることができ、家族も安心して未来を計画することができます。

任意後見人の職務開始タイミング、いつから事務を始めるのか

任意後見人が実際に委任された事務を開始するタイミングは、以下のように決定されます。

家庭裁判所の関与

任意後見契約は、家庭裁判所が任意後見監督人を選任した時から効力を発揮します。

任意後見人の職務開始

任意後見監督人の選任が行われた時点で、任意後見人は契約に基づいて本人に代わって事務を始めることができます。

任意後見人の責任

任意後見人は、本人の判断能力が低下したことを認識した場合、速やかに任意後見監督人の選任を申し立てる責任があります。

この制度は、本人の判断能力が不十分になった場合に備え、事前に信頼できる人に財産管理や日常生活のサポートを委ねることができるようにするものです。任意後見人として選ばれた方は、この重要な役割を適切に果たすことが求められます。

任意後見監督人の重要な役割、家族の安心をサポートする

任意後見監督人の役割は、任意後見制度において非常に重要です。具体的には以下のような業務が含まれます。

任意後見人の監督

任意後見監督人は、任意後見人が契約に基づいて適切に職務を遂行しているかを監督します。これには、任意後見人からの財産目録の提出を求めることなどが含まれます。

利益相反時の代理行為

本人と任意後見人の利益が相反する法律行為が発生した場合、任意後見監督人が本人を代理して行動します。

家庭裁判所への報告

任意後見監督人は、自身の職務に関して定期的に家庭裁判所に報告することが求められます。

この役割は、任意後見人が本人の最善の利益を守るために正しく行動しているかを確認し、必要に応じて介入するために重要です。これにより、任意後見制度が本来の目的通りに機能し、本人の財産と福祉が守られます。

任意後見監督人の選任、適格な人選とその基準

任意後見監督人の選任については、以下の点を理解しておくことが重要です。

選任のプロセス

任意後見監督人は家庭裁判所によって選任されます。

選ばれる人の特徴

役割の性質上、通常は本人の親族ではなく、第三者が選ばれることが多いです。これには弁護士、司法書士、社会福祉士などの専門職や、法律や福祉に関わる法人が含まれます。

任意後見人やその親族の排除

任意後見人本人やその近い親族(配偶者、直系血族、兄弟姉妹)は、任意後見監督人にはなれません。

任意後見監督人は、本人の利益を守るために重要な役割を担うため、その選任には特に注意が払われます。適格な人選によって、任意後見制度が効果的に機能し、本人の財産と福祉が確実に守られることが目指されています。

任意後見制度の具体例、家族と専門家の連携

任意後見制度の実際の利用事例を以下に紹介します。

事例の概要

本人の状況

脳梗塞により左半身の麻痺と認知症の症状が出ています。

任意後見人の選任

本人は体力の衰えを感じ、将来に備えて長女を任意後見人として契約しました。本人は自宅での生活を望んでいました。

任意後見監督人の選任

脳梗塞発症後、長女が家庭裁判所に申し立てを行い、弁護士が任意後見監督人に選任されました。

任意後見人の活動

長女は、本人の意向を尊重し、在宅での福祉サービスを利用するよう手配しました。

この事例は、任意後見制度がどのように機能し、家族と専門家がどう協力して本人の福祉を守るかを示しています。家庭裁判所の審理を通じて適切な専門家が監督人として選ばれ、家族は本人の望み通りのサポートを提供することができました。このように任意後見制度は、高齢者や障害を持つ家族の生活を安心してサポートするための重要なツールとなります。

まとめ

今回は、任意後見制度について詳しく見てきました。この制度は、将来の判断能力の低下に備えて、事前に信頼できる人を後見人として指名し、自分の財産や日常生活の管理を任せることができるものです。任意後見制度を利用することで、自分や家族の将来を安心して計画することができます。さまざまな事態に備え、家族の安定と幸福を守るために、この制度の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today