発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

【成年後見人のすべて】なれる人から職務内容まで徹底解説

author:dekkun
【成年後見人のすべて】なれる人から職務内容まで徹底解説と記載されたイラスト

「成年後見人」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?この重要な役割は、判断能力に制約がある人々を支援し、彼らの権利と福祉を守るために不可欠です。しかし、実際に成年後見人になるにはどうすればよいのでしょうか?このコラムでは、成年後見人になれる人の条件、職務内容、必要な手続きについて、分かりやすく解説します。

成年後見人の役割:判断能力が低下した人々を支える

成年後見人は、判断能力の低下した人々の生活と財産を守るための重要な役割を担います。ここでは、成年後見人の定義、直面するリスク、および具体的な職務内容について詳しく解説します。

成年後見人とその役割の概要

成年後見人の定義

成年後見人は、認知症や精神的な障害により判断能力が大幅に低下した人々を支援するための重要な役割を担います。これらの人々は日常生活での決定を自ら行うことが困難になることがあり、成年後見人は彼らのサポートと保護を提供します。

判断能力の低下に伴うリスクとその影響

生じる問題とその危険性

判断能力の低下は、財産の管理が困難になるなど多くの問題を引き起こします。たとえば、通帳や印鑑の紛失、詐欺による不当な商品購入などがこれに含まれます。これらの問題は、個人の財産や福祉に重大な影響を及ぼす可能性があります。

成年後見人の具体的な職務内容

財産管理の重要性

成年後見人は、本人に代わり財産を管理し、それを保護する責任を負います。これには、金融資産の管理や不動産の維持などが含まれます。

日常生活の支援

また、成年後見人は本人の日常生活の質を保つためのサポートも行います。これには、医療や介護サービスの利用決定、日常の支出管理などが含まれ、本人の生活の安定と福祉の維持を目指します。

成年後見人の種類と役割:法定後見人と任意後見人の包括的解説

成年後見人には、法定後見人と任意後見人の二つのタイプがあります。本記事では、それぞれの後見人の定義、役割、および選任される制度の違いについて、詳細にわたって解説します。

法定後見人と任意後見人の基本的な違い

法定後見人の概要

法定後見人は、家庭裁判所によって選任され、本人の財産管理や日常生活の支援を行う役割を担います。これは、判断能力が著しく低下した人々を保護し、彼らの福祉をサポートするための法的な枠組みです。

任意後見人の特徴

任意後見制度では、本人が判断能力を失う前に自ら任意後見人を選択し、任意後見契約を締結することが可能です。このシステムは、本人の意志を尊重し、より自立した財産管理や生活支援を実現するためのものです。

法定後見制度の詳細な説明

「後見」制度の説明

後見制度は、被後見人が一切の判断能力を欠いている場合に適用されます。この状況では、後見人が全面的に財産管理や生活支援を行います。

「保佐」制度の役割

保佐制度は、判断能力が著しく不十分な人々に適用されます。保佐人は、被保佐人に代わり、特定の法的行為を行う責任を負います。

「補助」制度の適用

補助制度は、判断能力が部分的に不十分な人々のためのものです。補助人は、被補助人と協力して、財産管理や日常生活の支援を行います。

任意後見制度の利点と注意点

任意後見制度のメリット

任意後見制度を利用することで、本人は自分の判断能力が失われる前に、信頼できる人物を任意後見人として選定し、その後の支援を受けることが可能です。これにより、より個人的な意志に基づいたサポートを受けることができます。

選定の重要性と自由度

任意後見人は裁判所の選任を必要としないため、手続きが比較的簡便ですが、適切な人物の選定には注意が必要です。本人の意志と利益を最大限に尊重するためには、信頼できる任意後見人の選定が非常に重要になります。

成年後見人の職務内容とその手続き

成年後見人の職務は、財産管理から身上保護、特定の権限の行使まで多岐にわたります。この記事では、成年後見人が行う主な職務内容と、それらに関する手続きの詳細を解説します。

成年後見人の主な職務

裁判所への初回報告

成年後見人は、後見開始後2カ月以内に裁判所へ初回報告を行う必要があります。これには、年間収支予定表と財産目録の作成、銀行の通帳コピーなどの提出が含まれます。

財産管理の実施

本人の財産を適切に管理し、保管すること。これには、権利証や通帳の保管、遺産相続手続き、収入と支出の管理、不動産の保全や処分などが含まれます。

身上保護の責任

成年後見人は本人の生活や療養監護に関わる契約を代行します。住居、医療、施設入所、介護サービスなどの契約がこれに該当します。

特別な権限の行使

取消権の行使(法定後見人のみ)

不要な契約など、本人が判断能力を欠く状態で結んだ契約を取り消す権利が法定後見人にはあります。

定期的な報告義務

職務内容の報告(定期報告)

成年後見人は年に1回、裁判所に対して職務内容を報告する義務があります。報告書類には、後見事務報告書、財産目録、収支報告書、銀行通帳のコピーなどが含まれます。

報酬の申請

成年後見人は、職務に対する報酬を受け取ることができます。これは裁判所に報酬付与の申し立てを行い、裁判所が決定した額を受け取る形で行われます。

成年後見人が行えない職務とその理由

成年後見人の職務は多岐にわたりますが、できないことも明確に定められています。この記事では、成年後見人が行えない事実行為、身分行為、医療行為の同意、および身元保証に関する制限について詳しく解説します。

成年後見人に認められていない行為

事実行為の制限

成年後見人は、被後見人を代理して法律行為を行うことはできますが、事実行為は行えません。例えば、病院への送迎や買い物の同行などの日常の支援活動は、介護サービス事業者などに委ねられます。

身分行為の禁止

成年後見人は、被後見人の身分に関わる行為、例えば婚姻や離婚の手続きを代行することはできません。これらの行為は本人の意思が尊重されるべきものです。

日常生活行為の同意や取消権の制限

日常生活に関わる行為については、成年後見人に同意や取消権が認められていません。これは本人の自由と意思を尊重するため、また財産に与える影響が比較的小さいためです。

医療行為に対する同意の制限

成年後見人は医療行為に関する契約を締結することはできますが、手術など具体的な医療行為の選択は被後見人自身が決定する必要があります。

成年後見人の身元保証に関する制限

身元保証人や身元引受人としての禁止

成年後見人は被後見人の身元保証人や身元引受人になることができません。これは、成年後見人と身元保証人としての役割が利益相反を生じさせる可能性があるためです。

成年後見人の職務は、被後見人の権利と福祉を保護することに重点を置いていますが、本人の自立性や意思を尊重するために、これらの制限が設けられています。

成年後見人になれる人とその職務

成年後見人になれる人

資格要件の不要性

特別な資格は必要ありません。弁護士、司法書士、社会福祉士などの専門家、親族、地域の市民、複数人や法人でも成年後見人になることが可能です。

選任に関する欠格事由

未成年者、家庭裁判所で後見人解任歴がある人、破産者で復権を得ていない人、被後見人と訴訟中または過去に訴訟歴がある人、行方不明者は成年後見人になれません。

成年後見人の割合と傾向

2023年の日本における成年後見人の構成は、専門家の関与が顕著です。

専門家の割合

全体の約80.9%が専門家(司法書士、弁護士、社会福祉士など)。

親族の割合

全体の約19.1%が親族。

この傾向は、成年後見の役割における専門知識の重要性を示しており、支援が必要な人々の事務管理に専門性が求められていることを反映しています

成年後見人に専門家がなるメリットとデメリット

専門家のメリット

専門家が成年後見人になると、財産使い込みの防止や手間削減が期待できます。弁護士や司法書士は財産管理においてリスクが少なく、事務作業を一任できるため家族の負担が軽減されます。

専門家のデメリット

専門家に支払う報酬が年間24~72万円に上り、被後見人の財産に負担をかけることになります。

成年後見人に家族がなるメリットとデメリット

家族のメリット

家族が成年後見人になると経済的負担が軽減され、信頼できる人が財産を管理するため安心できます。

家族のデメリット

家庭裁判所への年次報告の負担が大きく、子どもが成年後見人になった場合、財産の不適切な使用のリスクがあります。

こちらも参考にどうぞ

家族を支える力に!成年後見制度利用支援事業のガイドと記載されたイラスト
親として、私たちは家族が安心して生活できるように支えたいと思います。特に、判断能力に制約がある高齢の親御さんや…
calendar_today

成年後見人の選任方法とは

成年後見人の選任方法について説明しています。法定後見人は家庭裁判所によって選任され、特定の基準に基づいて専門家が選ばれることがあります。一方で、任意後見人は本人が自由に選べる制度で、家庭裁判所は監督役を果たします。それぞれの方法は、被後見人の状況に応じて選ばれる重要な手段です。

法定後見人の選任手順

裁判所による選任

家庭裁判所が法定後見人を選任し、申立人は候補者を提案可能。しかし、裁判所は提案された候補者から必ずしも選ばないこともある。

選任の基準

親族が選任されるケースもあるが、親族間の問題や本人の資産状況が複雑な場合は、専門家が選ばれることが多い。

任意後見人の選任方法

本人による自由な選任

任意後見人は、本人が自分の意志で選ぶ。法定後見と違い、裁判所が選任するわけではない。

親族の選任

信頼できる親族を選ぶことにより、本人にとって安心感を提供する。親族が選ばれる場合、本人の財産に対する経済的負担が少なくなる可能性がある。

まとめ

成年後見人という役割は、社会の中で非常に重要な位置を占めています。今回のコラムを通じて、成年後見人になるための条件、その職務内容、さらには関連する手続きについて理解を深めることができたでしょう。もしこの職務に関心があるなら、今日の情報があなたの一歩をサポートすることを願っています。成年後見人になることは、多くの人々の人生に大きな影響を与える責任ある仕事です。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today