発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

言葉のループを解き明かす!同じ言葉を繰り返す心理とその対策・表現技法のすべて

author:dekkun
言葉のループを解き明かす!同じ言葉を繰り返す心理とその対策・表現技法のすべてと記載されたイラスト

人はなぜ同じ言葉を繰り返すのでしょうか?この現象は日常会話から文学、演説に至るまで幅広いコンテキストで見られます。同じ言葉やフレーズの反復は、単なる癖や忘れっぽさから、強い感情表現や強調、さらには特定の心理状態を反映している場合もあります。このコラムでは、言葉を繰り返す背後にある心理やコミュニケーションの目的、そしてその対策や創造的な表現技法について探求します。

「同じ言葉を繰り返す」現象の背後にある心理

なぜ人は同じ言葉を繰り返すのでしょうか。ここでは、その行動の背後にある主な原因をやさしく解説します。

自分の感情に夢中になっている

人は特に感情が高まっている時、喜びや怒り、驚きなどを強く伝えたくなります。そんな時、大切なポイントを何度も言い返すことで、自分の感情を強調しようとします。例えば、「部長が自分でやるって言ったのに、なんで私が叱られるの?」という言葉を繰り返すことで、自分の不満や怒りを伝えているのです。

お気に入りの言葉を使いたい

誰にでも好きな言葉やよく使うフレーズがあります。しかし、その言葉がどんな状況でも適切かというと、そうではありません。たとえお気に入りの言葉でも、場面に応じて使い分けることがコミュニケーションの基本です。いつも同じ言葉ばかり使っていると、話が単調に聞こえたり、相手に飽きられたりするかもしれません。

言葉を繰り返す行為は、私たちの感情や思いを伝える手段の一つですが、過度になると相手に誤解を与えることも。自分の言葉の使い方を意識し、相手に伝わるコミュニケーションを心がけましょう。

「同じ言葉を繰り返す」5つの心理

人が同じ言葉を繰り返すとき、その背後にはさまざまな心理状態が隠れています。ここでは、その状況をわかりやすく解説します。

不安からくる繰り返し

人は不安を感じている時、確認や安心を得たいという気持ちから同じことを何度も繰り返し言うことがあります。例えば、初対面の人に大切なことを伝える時、「本当に伝わっているかな?」という不安から、同じ内容を何度も確認してしまうのです。

緊張による反復

緊張している時は、思考がうまく働かず、言葉を繰り返し使ってしまうことがあります。面接などで自己紹介をする際に「私の強みは…私の強みは…」と同じフレーズを繰り返すのは、緊張による典型的な例です。

集中による繰り返し

自分の話す内容に深く集中していると、相手の反応よりも自分の話に意識が向いてしまい、同じ言葉を繰り返してしまうことがあります。これは、自分の言いたいことに夢中になり、相手とのコミュニケーションを二の次にしてしまうためです。

強調したい気持ち

人は重要だと思う情報や自分の強く伝えたい感情があるとき、意図的に同じ言葉を繰り返します。この繰り返しは、聞き手にそのポイントを強く印象づけるための方法です。たとえば、何かを強く主張したい時に、「本当に大事なのは、本当に大事なのは…」というように同じフレーズを使うのは、その部分に注目してほしいという心理が働いています。

慣れ親しんだ表現への依存

人は慣れ親しんだ表現やフレーズに安心感を覚えるため、それらを繰り返し使うことがあります。これは特に緊張や不安を感じている時に顕著で、自分を落ち着かせるために馴染みのある言葉を反復します。たとえば、プレゼンテーション中に緊張して「この点は重要です、この点は本当に重要です」と繰り返すのは、自分自身を安定させようとする心理が作用しています。

これらの追加した心理状態を含めることで、「同じ言葉を繰り返す」行動の背後にあるさまざまな心理をより深く理解することができます。

同じ言葉のループを断ち切る、繰り返しを減らす方法と対応策

繰り返し言葉を使うことは、コミュニケーションの質を下げることがあります。自分自身または他者の言葉のループをどう断ち切るか、ここでいくつかの方法をご紹介します。

自分の繰り返しを減らすために

自己認識

まずは自分が繰り返し言葉を使っていることに気づくことが重要です。

要点をまとめる

話す前に、何を伝えたいかを明確にし、ポイントを簡潔にまとめておきましょう。

書き出して整理

考えを整理するために、事前にメモを取るのも効果的です。

繰り返す人への対応法

聞き流す

すべてを真剣に捉える必要はありません。適度に相槌を打ちながら聞き流すのも一つの方法です。

オウム返し

相手の言葉を繰り返すことで、理解していることを示し、安心感を与えます。

話を要約する

相手の長話を簡潔に要約して返すことで、話の終わりを促し、新たな話題への移行を助けることができます。

表現技法としての「反復法」

文の強調

言葉を繰り返すことで、メッセージに力を加え、聞き手の記憶に残りやすくします。

リズム感の演出

文章やスピーチにリズムをつけることで、聞き手の注意を引きやすくなります。

これらの方法を活用し、より効果的なコミュニケーションを目指しましょう。繰り返しは時には強力な表現手法ですが、過度になるとその効果を損なうことがあるため、バランスが重要です。

話し方を上達させる3つのポイント、明確で魅力的なコミュニケーションのために

話し方を改善するためのコツは、単に言葉遣いを変えるだけではなく、伝えたい内容の構造を考え、聞き手に焦点を当てることです。以下のポイントを意識することで、より効果的なコミュニケーションが可能になります。

1. 聞き手に焦点を当てる

スピーチや会話では、緊張から自分の感情や失敗への恐れに意識が向きがちです。しかし、大切なのは「聞き手に何を伝えたいのか」です。自分が伝えたいことだけでなく、聞き手が何を求めているかを考えることで、内容がより響くメッセージになります。

2. 事前の準備を怠らない

事前準備はスピーチの成功に不可欠です。すべてを暗記する必要はありませんが、「伝えたい核心」を明確にし、それを支える情報を整理しておきましょう。準備が行き届いていると自信に繋がり、自然と緊張も和らぎます。

3. 話の構成を意識する

話には序論、本論、結論の流れを持たせることが重要です。「はじめに言うこと」「次に説明すること」「最終的に伝えたいこと」をはっきりさせ、聞き手が追いやすい話を心掛けましょう。この構成は、話を論理的に展開し、繰り返しを防ぐ助けにもなります。

これらのコツを意識することで、同じ言葉を繰り返すことなく、聞き手にとって理解しやすく、魅力的な話ができるようになります。話し方一つで、相手に与える印象は大きく変わりますので、積極的にこれらのポイントを取り入れてみてください。

まとめ

同じ言葉を繰り返す行為は、単にコミュニケーションの一部として見るだけではなく、その背後にある心理や意図を理解することで、より深いコミュニケーションや創造的表現が可能になります。私たちが何気なく使用している繰り返しも、その意味を掘り下げることで新たな発見があるかもしれません。言葉の繰り返しを通じて人との繋がりを深め、表現の幅を広げるためのヒントを、このコラムが提供できれば幸いです。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
9
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today