発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

【軽度知的障害ボーダーラインの理解】特徴、診断、そして発達障害との関係

author:dekkun
【軽度知的障害ボーダーラインの理解】特徴、診断、そして発達障害との関係と記載されたイラスト

「軽度知的障害」という言葉を聞いたことはありますか?多くの人にとっては馴染みの薄いこの用語は、実は私たちの周囲に静かに存在している現実です。この記事では、「軽度知的障害ボーダーライン」の特徴から始めて、その診断方法や発達障害との関係について掘り下げていきます。誤解や偏見を解きほぐし、これらの障害を持つ人々への理解を深めることが、このコラムの目的です。さて、軽度知的障害とは一体どのようなものなのでしょうか?そして、私たちはどのようにしてその特徴を理解し、適切に対応すべきなのでしょうか?

軽度知的障害とは何ですか?

子どもの成長には個性があるもの。中には「軽度知的障害」と呼ばれる、ちょっと特別なサポートが必要な子たちもいます。日常生活には大きな問題はないものの、時には少し困難を感じることがあります。

知的障害の基本を理解しよう

知的障害とは、子どもの知能や認知の発達が少しゆっくり進むことを意味します。これには言葉の理解、運動スキル、友達との交流などが含まれます。

軽度知的障害の割合

私たちの周りには約1%の人が何らかの知的障害を持っています。その中でも、「軽度知的障害」の割合は約85%です。これは、多くの場合、日常生活に大きな支障はないものの、時々困難を感じることを意味します。

日常生活でのサポートの重要性

子どもが学校や遊び場で上手に過ごせるよう、私たち大人の理解とサポートが重要です。軽度知的障害の子どもたちは、少し特別な配慮が必要ですが、適切なサポートで社会の一員として元気に過ごせます。

知的障害とは?

子どもの成長にはさまざまな形があります。知的障害という言葉を聞くと心配になるかもしれませんが、ここでは、その意味と子どもたちが直面する困難について解説します。

知的障害の簡単な説明

知的障害って聞いたことはありますか?これは、お子さんの思考や学習の発達が少しゆっくりな状態を意味します。日常生活でのちょっとした困りごとも含まれるんですよ。お子さんが18歳になるまでにこのような特徴が見られることが多いです。

知的障害はどのようにわかるの?

知的障害は、IQテストの結果だけでなく、日常生活での困りごとも考慮して判断されます。例えば、一人での食事や着替え、友達とのコミュニケーション、学校や社会のルールの理解など、日常のさまざまな場面でのできることが見られます。

知的障害の種類

知的障害にはいくつかの種類があります。IQスコアと日常生活の能力によって、「軽度」「中度」「重度」「最重度」と分類されることが多いです。例えば、軽度知的障害の場合、日常的な買い物や待ち合わせなどができるけれど、少し特別な配慮が必要かもしれません。

知的障害の分類IQ範囲日常生活の特徴精神年齢の目安
軽度知的障害50~69– 簡単な時間管理が可能<br>- 日常的な買い物や銀行利用が可能<br>- 簡単な内容のコミックや小説の理解が可能<br>- 少人数でのコミュニケーションが可能約9歳~12歳相当
中度知的障害35~49– 指定された時刻の待ち合わせが可能<br>- 日常的な買い物は可能だが銀行関係は難しい<br>- 文章の部分的な理解や記憶<br>- 1対1のコミュニケーションが可能約6歳~9歳相当
重度知的障害20~34– 時刻は読めるが時間管理は難しい<br>- 限定的な条件下での買い物が可能<br>- 文章の理解が困難<br>- 2~4語の指示の理解が可能約3歳~6歳相当
最重度知的障害20以下– 行動の時間によるコントロールが困難<br>- 自動販売機など極限られた条件での買い物が可能<br>- ストーリーの理解が困難、単語の理解は限定的に可能<br>- 本人の生活パターンを知る人とのコミュニケーションが可能約3歳未満相当

一人一人が違うことを理解しましょう

知的障害を持つ子どもたちは、それぞれに個性があり、特性の表れ方も異なります。この情報は一例として、お子さんを理解するための参考にしてみてください。

軽度知的障害と発達障害の理解

子どもの学校での挑戦や行動から、軽度知的障害や発達障害の兆候を見つけることがあります。ここでは、これらの障害の特徴と、子どもたちへの理解とサポートについて解説します。

学校での困り事から気づく軽度知的障害

軽度知的障害を持つお子さんは、外見では分かりにくいため、学校での困りごとが増えるまで気づかれないことがあります。学業での挑戦が「努力不足」と思われがちですが、実はそれ以上のことが関わっていることもあります。残念ながら、理解されないことでうつ病などの二次障害を抱えやすくなることもあります。

発達障害との共通点

発達障害もまた、軽度知的障害と同じように、外見上は分かりにくい特性を持っています。自閉スペクトラム症やADHDなどの発達障害を持つ子どもたちは、コミュニケーションに困難を抱えることが多いです。適切な理解やサポートがないと、これらの子どもたちも二次障害を抱えるリスクがあります。

軽度知的障害と発達障害の併存率

軽度知的障害と発達障害は、しばしば一緒に見られることがあります。どちらも誤解を受けやすいため、早期に適切な支援を受けることが非常に大切です。

学習障害と軽度知的障害の違いを理解する

学習障害(SLD)とは?

学習障害、またはSLDとは、お子さんが読む、書く、計算するといった特定の学習分野で困難を抱える状態です。これは軽度知的障害とは異なり、特定の学習の領域に限られた困難が見られます。

学習障害と軽度知的障害の違い

学習障害は、例えば文字を読むことや計算することに困難があるのに対して、軽度知的障害の場合は、学習の多くの面にわたって困難が見られることが特徴です。これらは似ているように思えますが、それぞれに違った特性と対応が必要です。

軽度知的障害の子どもたちの特徴

軽度知的障害の子どもたちは、幼児期から就学期にかけて異なる特徴を見せることがあります。言葉の発達や学校生活での困りごとに注目し、理解を深めましょう。

幼児期の軽度知的障害のサイン

軽度知的障害を持つ幼児は、言葉の発達に遅れが見られることがあります。例えば、他の子が話し始めているのに、まだ発語が少ない、または言葉を組み合わせるのが遅いなどです。しかし、言葉の発達には個人差が大きいので、これだけで軽度知的障害と判断するのは難しいです。

定期的な検診で言葉の発達をチェックし、気になることがあれば、医師や保健師に相談するのが良いでしょう。

就学児に見られる軽度知的障害の特徴

学校に入ると、勉強や友達との関わりで困りごとが増えることがあります。例えば、授業についていくのが難しい、読み書きや計算がなかなか身につかない、冗談や比喩が理解しにくい、集団の中での会話が難しいといった困難が見られることがあります。

就学児に見られる特徴具体的な内容
授業についていくのが難しい– 複数の指示を同時に理解するのが難しい<br>- 長い話や説明を聞いている間に集中力が切れる
読み書きや計算の困難– 単語の発音やスペルを覚えるのが遅い<br>- 簡単な足し算や引き算でも間違いが多い
冗談や比喩が理解しにくい– 文字通りにしか受け取れないため、比喩的な表現を理解できない<br>- 冗談を真に受けてしまうことが多い
集団での会話が難しい– 会話の流れについていけない<br>- 他の子どもたちとのコミュニケーションで適切なタイミングを見失う

軽度知的障害の診断方法を知ろう

診断を受けることができる医療機関

お子さんが軽度知的障害かもしれないと感じたら、次の医療機関で診断を受けることができます。

  • 小児科
  • 児童精神科
  • 小児神経科
  • 発達外来

ただし、すべての病院で診断ができるわけではないので、事前に相談の予約をすることをお勧めします。

診断方法について

軽度知的障害の診断は、主に問診と知能検査を通して行われます。知能検査にはさまざまな種類があり、お子さんの年齢に合った検査が選ばれます。2~3歳から受けられる検査もあり、この検査の結果(IQ)と日常生活の様子を合わせて、専門家が軽度知的障害の有無を判断します。

軽度知的障害のボーダーラインとは何か?

軽度知的障害のボーダーライン、または境界知能は、特定のIQ範囲を指します。これらの子どもたちは特別な配慮が必要であり、療育を通じて日常生活をより良くする方法を学ぶことができます。

境界知能について

軽度知的障害のIQ範囲は50~69とされ、平均的なIQは85~115です。では、IQが70~85の「境界知能」と呼ばれる範囲の人々はどうでしょうか。この範囲は、昔は障害と見なされていましたが、現在は軽度知的障害とは別のカテゴリーに分類されています。

境界知能の人々は、軽度知的障害には当てはまらないため、必要な支援を受けにくいことがあります。また、素直さや純朴さを持つ人が多く、これが人に利用されたり、誤った行動につながることもあります。

軽度知的障害は治るもの?

軽度知的障害は、脳の働き方が健常者とは異なるため、完全に「治る」ものではありません。しかし、療育を通じて障害と上手く付き合う方法を学ぶことで、日常生活をスムーズに過ごすことが可能です。療育は、自分の障害や特性を理解し、それに応じた対処法を学ぶもので、周囲の人々も軽度知的障害について理解を深める機会になります。

軽度知的障害の子どもとの向き合い方

軽度知的障害の子どもたちには特別な配慮が必要です。具体的な指示の出し方、ITツールの活用、スモールステップでの目標設定など、効果的なコミュニケーションとサポートの方法を紹介します。

具体的な指示を心がける

軽度知的障害の子どもたちは、抽象的な言葉よりも具体的な指示を理解しやすいです。「できる所まで」ではなく、「このページまで」や「5分で終わらせて」といった明確な目標を設定してあげましょう。

指示の明確化曖昧な言葉を避け、「このページまで読む」「5分以内に終わらせる」といった具体的な指示を出しましょう。
結果の視覚化 目標が達成されたときの結果を、絵やチェックリストで視覚化してみましょう。

ITツールの活用

ITツールは軽度知的障害の子どもにとって非常に役立ちます。TODOリストのアプリで作業の順番を明確にしたり、リマインダーやアラームで時間管理をサポートしたりすると良いでしょう。また、授業中に黒板の内容をタブレットで撮影して後で見返すことも効果的です。

TODOリストアプリ子どもがやるべきことをリスト化し、1つずつチェックオフできるようにしましょう。
リマインダーとアラーム忘れやすい子どもには、リマインダーやアラームを設定して、時間管理を手助けしましょう。
授業のサポートタブレットで黒板の内容を撮影し、授業に集中できるようにしましょう。

スモールステップで進める

一度に多くの情報を処理するのが苦手な子どもたちには、小さなステップで目標を設定することが重要です。小さな成功体験を積み重ねることで、自信を持って次のステップに進むことができます。つまずきがあれば、さらに細かいステップに分けてトライしましょう。

小さな目標の設定 大きなタスクを小さなステップに分け、1つずつクリアできるようにしましょう。
ポジティブなフィードバック小さな成功ごとに称賛やポジティブなフィードバックを与え、自信を育てましょう。
つまずいた時の対処子どもがつまずいた時は、さらに小さなステップに分けるか、説明の仕方を変えて再度トライしましょう。

まとめ

軽度知的障害と発達障害に関する旅は、ここで一つの終わりを迎えますが、理解と対応の旅はまだ続きます。私たちが学んだ知識は、社会においてこれらの障害を持つ人々へのより良い理解とサポートにつながることでしょう。診断や特徴の理解だけではなく、日常生活での適切な対応と支援が重要です。この記事を通じて、軽度知的障害ボーダーラインについての理解を深め、より包括的で寛容な社会を築く一助となれば幸いです。最後に、この話題に関心を持ち、理解を深めることで、私たち一人一人が変化をもたらすことができることを忘れないでください。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
4
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today
9
発達障害の子どもたちが夢中になる遊び方アイデア!室内外で楽しむ活動とおすすめおもちゃとはと記載されたイラスト

発達障害の子どもたちが夢中になる遊び方アイデア!室内外で楽しむ活動とおすすめおもちゃとは

親御さんや育てる方々が常に模索しているのが、発達障害のある子どもたちが楽しめる遊び方です。どの子どももそれぞれ…

calendar_today
10
通所受給者証の取得から活用まで!デメリット、割引施設、グレーゾーンを徹底解説と記載されたイラスト

通所受給者証の取得から活用まで!デメリット、割引施設、グレーゾーンを徹底解説

児童発達支援や放課後等デイサービスを利用するためには、「通所受給者証」が必要です。しかし、この受給者証の取得プ…

calendar_today