発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

2人目の子供を産むか、産まないか?発達が気になる子供をもつ夫婦と家族の未来とは

author:dekkun
2人目の子供を産むか、産まないか?発達が気になる子供をもつ夫婦と家族の未来とはと記載されたイラスト

発達障害を抱える子供を育てる夫婦が2人目の子供を考える際、さまざまな悩みや不安が押し寄せることでしょう。そこで今回は、発達障害児の兄弟姉妹を持つ夫婦が次の一歩を踏み出す際の思考やサポート方法について探っていきます。

2人目の子供における発達障害の確率

医療の専門職が並んでいるイラスト

発達障害児の兄弟姉妹の場合、2人目も発達障害になる確率は一般の人より高いことがあります。発達障害の確率は、個々の状況や環境によって異なるため、一概には言い切ることができません。確率は研究や統計データに基づいて推定されていますが、その数値はあくまで一般的な傾向を示すものです。以下に、一部の研究結果や統計データをご紹介します。

自閉スペクトラム症(ASD)アメリカ心理学会の報告によれば、ASDの兄弟姉妹の発症リスクは約18%程度とされています。ただし、具体的な確率は病歴や家族の特性によって異なります。
注意欠陥多動性障害(ADHD)研究によれば、ADHDの兄弟姉妹の発症リスクは一般人口よりも高く、約25%から35%程度と推定されています。ただし、これも個別の状況によって異なる場合があります。
学習障害(LD)学習障害の発症リスクは一般的に高いとされており、約30%から50%程度と推定されています。ただし、具体的な確率は異なる研究間で幅があります。

これらの数値はあくまで参考の一つであり、個別の状況や遺伝的な要因、環境要因なども関与して確率が変動することがあります。

サポート体制の整備

家族のアイコン

2人目の子供を育てる場合、発達障害の兄弟姉妹に対するサポート体制を整えることが重要です。主治医や周囲の支援者との連携を図り、適切なサポートを受けることで、夫婦の負担を軽減し、家族全体で支え合いながら成長していくことができます。例えば、以下のようなサポート体制を整えることが考えられます。

  • 主治医や専門家との連携
  • 療育・リハビリテーションプログラムへの参加
  • 兄弟姉妹のサポートグループへの参加
  • 学校や教育機関との連携
  • 家族や友人の理解と支援

これらのサポート体制を整えることで、夫婦の負担を軽減し、家族全体で支え合いながら子供たちの成長をサポートすることができます。それぞれの家族の状況に合わせて、適切なサポート策を見つけていくことが大切です。

家族それぞれの状況とバランス

夫婦それぞれが自身の状況や生活の安定度を考慮することも、次の一歩を踏み出す上で重要な要素です。例えば、単身赴任中や経済的な不安定がある場合、シングルマザーとしてのワンオペ育児は更なる負担となる可能性があります。ですから、専門家のアドバイスを受けながら、自身の状況を冷静に判断し、家族全体の幸福を最優先に考えましょう。

あなたとご家族の状況や限られたリソースを踏まえながら、次の子供を迎えることが本当に最善の選択であるのかを吟味してください。これは、あなたがより安定した状況で育児に取り組むことを可能にし、家族の幸福を確保するための重要な判断です。

兄弟姉妹がいることで何が変わるのか

お遊んでいる子ども2人のイラスト

兄弟姉妹の刺激と成長

発達障害の兄弟姉妹がいる場合でも、2人目の子供との交流や刺激は互いの成長にプラスの影響を与える可能性があります。兄弟姉妹の存在によって、共感や優しさを学ぶ機会が生まれ、絆を深めることができます。

兄弟姉妹の絆と共感

発達障害の兄弟姉妹が2人とも発達障害を抱えている場合でも、彼らの間には特別な絆が生まれることがあります。共通の経験や困難を通じて、互いに理解し合い、励まし合うことで、兄弟姉妹の絆が深まります。

サポート体制の充実:

2人目の子供を考える際、発達障害児の兄弟姉妹に対するサポート体制を整えることが重要です。主治医や周囲の支援者との連携を図り、適切なサポートを受けることで、夫婦の負担を軽減し、家族全体で支え合いながら成長していくことができます。

経験の活用と知識の共有:

発達障害の兄弟姉妹を既に育てている夫婦は、その経験を活かし、2人目の子供に対してより早期のサポートや適切な介入を行うことができます。過去の経験から得た知識やツールを共有し、家族全体で成長を支えましょう。

これらのメリットを踏まえながら、夫婦で慎重に考慮し、情報収集や専門家の助言を活用しながら次の一歩を進んでいくことが大切です。それぞれの家族にとって最適な選択をするために、互いにサポートしながら未来を築いていきましょう。

まとめ

夫婦として2人目の子供を迎える選択は、きっと深い思いを抱えることでしょう。あなたたちの愛と家族の幸福を考える気持ちが、この決断に導いています。

どんな決断をされても、あなたとご家族の幸福を大切にすることが何よりも重要です。自己の状況や生活の安定度を冷静に見つめ、無理のない範囲で進む道を選びましょう。

専門家のアドバイスを受けながら自身の状況を考えることは、賢明な行動です。専門家はあなたたちの味方であり、サポートの手を差し伸べてくれます。家族の幸福を考え、自己のケアとバランスを保ちながら進んでいくことが大切です。

また、どんな選択をされても、あなたとご家族は愛に満ちた絆で結ばれています。家族はお互いを思いやりながら成長し、困難に立ち向かう力を持っています。信じてください、あなたたちは必ず幸せな未来を歩んでいくことができます。

こちらのコラムも参考にどうぞ

発達障がいをもつ子どもの、きょうだい児へ対応と必要なサポート方法とは?と記載されたイラスト
発達障がいをもつ子どもの成長と発達に向き合う中で、きょうだい児(兄弟姉妹)への適切なサポートが重要な役割を果た…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
7
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
8
発達障害の子どもたちが夢中になる遊び方アイデア!室内外で楽しむ活動とおすすめおもちゃとはと記載されたイラスト

発達障害の子どもたちが夢中になる遊び方アイデア!室内外で楽しむ活動とおすすめおもちゃとは

親御さんや育てる方々が常に模索しているのが、発達障害のある子どもたちが楽しめる遊び方です。どの子どももそれぞれ…

calendar_today
9
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today