発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

帰国子女の入試戦略:明確な定義と学校ごとの条件を押さえよう

author:dekkun
帰国子女の入試戦略:明確な定義と学校ごとの条件を押さえようと記載されたイラスト

帰国子女という言葉は、一般的な意味と入試における基準とで微妙な違いがあります。親の都合で長期間海外に住んでいた子どもを指す帰国子女には、入学試験での「帰国子女枠」を利用する機会がありますが、その条件は学校ごとに異なります。お子さまの進路に対して適切な戦略を立てるためには、帰国子女に関する明確な定義と学校ごとの条件を理解することが重要です。このコラムでは、帰国子女の定義や入試における条件を詳しく解説し、お子さまの未来を輝かせるためのアドバイスを提供します。

帰国子女の定義とは?親の都合で長期間海外に住んでいた子どもを指す言葉

帰国子女とは、簡単に言うと「親の都合で長期間海外に住んでいた子ども」のことを指します。具体的には、海外勤務者等の子供が1年以上連続して海外に在留し、年度間(4月1日から翌年3月31日)に帰国した児童・生徒を指すことが総務省によって定義されています。ただし、帰国子女として入学試験などの「帰国子女枠」を利用する場合は、学校が設けた帰国子女の基準を満たす必要があります。

帰国子女の「子女」とは?息子・娘のことを指す言葉

帰国子女の「子女」という表現について、あまり聞き慣れないかもしれませんが、これは「子ども」のことを指しています。具体的には、息子や娘のことを意味します。

帰国子女の判断基準

帰国子女の定義が理解できましたが、具体的な判断基準を考えてみましょう。総務省の情報によれば、帰国子女に関して以下の3つの基準があります。

【基準その①:理由】

帰国子女として認定されるには、親の都合による海外滞在である必要があります。ただし、親が海外勤務者等であることだけでなく、語学留学などの理由も含まれます。一方で、自分の意思で海外に滞在する「留学」とは区別されます。

【基準その②:期間】

連続して1年以上海外に滞在していることが、帰国子女としての基準となります。ただし、学校ごとに定める期間が異なるため、注意が必要です。多くの学校では2年以上の滞在を要求しているため、帰国子女枠を利用する際はこの点を確認してください。

【基準その③:年齢】

帰国子女は、学齢期である期間に海外に滞在し、年度間(4月1日から翌年3月31日)に帰国した児童・生徒を指します。学齢期とは、小学校に上がる満6歳から中学校を卒業する満15歳までの期間を指します。この期間内に海外に滞在し帰国した子どもが帰国子女として認定される対象となります。

中学・高校入試における帰国子女の定義

これまで一般的な帰国子女の定義についてお話ししてきましたが、次は中学・高校入試における帰国子女の定義を見てみましょう。

帰国子女の定義が入試に影響するのは、主に「帰国子女枠」の出願資格に関わります。中学入試や高校入試において、帰国子女として出願できる条件は学校によって異なります。

中学入試の場合、海外滞在期間が学校ごとに定められており、短い場合は1年以上、長い場合は3年以上など様々です。一部の学校では期間を特に問わず、「海外在留経験のある者」として帰国子女枠を設けている場合もあります。同様に、高校入試でも海外滞在期間により出願資格が異なります。

お子さまが希望する学校の帰国子女枠に該当するかどうかを確認するためには、学校ごとに受験条件を調べることが重要です。

入試で「帰国子女枠」を利用する際の学校ごとの条件も把握しましょう

帰国子女の定義には一般的な意味と入試における帰国子女枠の基準に違いがあることが明らかになりました。お子さまが一般的な帰国子女の定義に該当していても、入学を希望する学校の帰国子女枠の基準を満たすかどうかは異なる可能性があります。

入試で帰国子女枠を利用する場合は、早めに希望する学校の受験条件を詳しく調査しましょう。帰国子女枠の条件を把握することで、入試の戦略をより効果的に立てることができます。お子さまの進路をサポートするためにも、帰国子女枠に該当する学校をしっかり把握しておくことが重要です。

さらに、帰国子女枠だけでなく、他の入試制度や受験方法についても検討することで、お子さまの才能や個性を最大限に活かす進学の選択ができるかもしれません。入試の準備を進める際には、熟考と計画が必要ですので、しっかりとサポートしていきましょう。

まとめ

お子さまの進路決定には慎重な準備と計画が必要です。帰国子女としての経験を最大限に活かし、希望する学校への入学を目指すためには、明確な定義と学校ごとの条件を把握し、戦略を立てることが大切です。また、帰国子女枠に限らず、他の入試制度や受験方法についても検討することで、お子さまの才能や個性を最大限に引き出す進学の選択が可能になるかもしれません。お子さまの未来を明るく輝かせるために、丁寧なサポートをお約束します。皆さまの進路決定に向けて、心からの応援を送っています。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
4
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today