発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

【発達障害を持つ親との関係について】特徴・影響、そして家族との向き合い方

author:dekkun
【発達障害を持つ親との関係について】特徴・影響、そして家族との向き合い方と記載されたイラスト

発達障害を持つ親とその子どもたちの関係性に焦点を当てる話題は、まだ十分には語られていません。特に自閉スペクトラム症を持つ母親や父親が抱える困難や、それが子どもたちの心に与える影響は、重要なテーマです。この記事では、発達障害を持つ親の行動や心理の特性を探り、親子関係の中での理解と対応のアプローチを提案します。もし「自分の親が発達障害かもしれない」と感じている方がいれば、この記事が一助となることを願います。

発達障害とは?基本を理解しましょう

発達障害とは、生まれながらに脳の働きに特性を持ち、日々の生活や学習、人との関わりに影響を与える状態を指します。この障害は、個人の成長とともに様々な形で現れ、生涯にわたって個人を特徴づける要素の一つとなります。

代表的な発達障害の種類

自閉スペクトラム症(ASD)

この状態の人々は、対人関係の構築、非言語的コミュニケーション、日常生活の変化に適応することに困難を感じることがあります。また、特定の分野に深い興味を持つことも特徴の一つです。

注意欠如・多動性障害(ADHD)

注意が散漫になりやすく、衝動的な行動や多動性が見られます。これらの特性は、学校や職場、家庭生活など、様々な場面で課題となることがあります。

若い世代と親世代の違い

若い世代では、インターネットなどを通じて発達障害に関する情報を得やすく、自ら診断やサポートを求める傾向があります。一方、親世代では発達障害の認識がまだ広まっていなかった時代の人々も多く、障害への理解が進んでいない場合があります。

成人における診断の難しさ

成人になると、社会生活を送る中で無意識にコミュニケーションや行動の調整を行うため、発達障害の診断が難しくなることがあります。特に大人になってから診断を受ける場合、長年の生活の中で形成された対応の仕方が、障害の特性を覆い隠してしまうこともあります。

発達障害を持つ親御さんが子育てをする上で、自分自身の特性を理解し適切なサポートを受けることが、子どもとの関係構築にとって非常に重要です。自身の特性を受け入れ、必要に応じて専門家の助けを借りながら、子どもと共に成長していくことが求められます。

発達障害を持つ親と子の日々、理解と対策のヒント

親が発達障害、特にADHDを持つ場合、家庭内での様々な困難が生じることがあります。例えば、片付けや整理整頓が苦手であったり、すぐに怒りがちであったり、物事を忘れやすかったりという特徴があります。一方で、ADHDを持つ親はコミュニケーションが比較的取りやすく、愛情表現も豊かなため、子どもはこれらを「親の個性」として受け入れやすい傾向にあります。

自閉スペクトラム症を持つ親の場合、コミュニケーションの課題や、他人への関心の低さ、強いこだわりが親子関係に影響を及ぼすことがあります。これらの特性は家庭内での課題となりがちで、子どもが親との関係で孤独感を感じる原因となることがあります。

発達障害を持つ親の特徴

ADHD親

衝動的、忘れやすい、片付けが苦手。

ASD親

コミュニケーションの課題、他人への関心が低い、こだわりが強い。

対策とヒント

情報と理解

発達障害についての正しい理解と情報を持つことは、親子の関係を改善する第一歩です。

サポートの活用

専門家やサポートグループからの助けを求め、家庭内での対策やストレス管理の方法を学ぶことが重要です。

コミュニケーションの強化

ASD親の場合、意図的にコミュニケーションのスキルを向上させる努力が必要です。ADHD親の場合は、忘れ物や約束を記録するシステムを作ることが役立ちます。

カサンドラ症候群、身近な人の理解を求めて

カサンドラ症候群は、心理学で使われる言葉で、自分が伝える真実が周囲から信じてもらえない苦悩を表します。この名前は、ギリシャ神話に由来し、特に自閉スペクトラム症のパートナーを持つ人が感じる孤立感や理解されない辛さを指します。しかし、この症候群は夫婦関係に限らず、親子関係や職場などでも見られます。

特にカサンドラ症候群に陥りやすい人は、真面目で献身的な性格の方が多く、パートナーや家族とのコミュニケーションを改善しようと努力するものの、その試みが報われず、徐々にうつ症状などの心の問題を抱えるようになります。

特徴と対策

自分の感情を認識する

自分の感じている孤立感や無力感を正しく認識し、自己理解を深めましょう。

専門家のサポートを求める

心理カウンセリングやセラピーを受けることで、自分の感情や状況に対する理解が深まり、適切な対処法を見つけることができます。

コミュニティの支援を利用する

同じような状況にある人たちと交流することで、共感やアドバイスを得られます。

親が発達障害の場合、子どもへの影響

発達障害を持つ親のもとで育った子どもは、独自の課題に直面することがあります。特に、自閉スペクトラム症の親からの情緒的なサポートが十分でない場合、子どもは以下のような心理的影響を受けることがあります。

愛されている感覚の不足

子どもは親からの愛情表現や情緒的なやり取りが少ないため、「愛されていないのではないか」と感じることが多くなります。

自己価値の低下

親からの否定的な反応が多いと、子どもは自分に価値がない、自分が原因で問題が起こっているという思い込みが強くなります。

情緒の不安定さ

親からの適切な情緒的サポートがないため、子どもは精神的に不安定になりやすく、気分が落ち込みやすい状態になります。

自信の欠如

親とのコミュニケーションがうまくいかないことから、子どもは自信を持てず、何事にもやる気が起きにくい状態になります。

自己抑制

親と意見が異なると否定される経験を繰り返すと、子どもは自分の感情や意見を表現するのを避け、内に閉じこもる傾向が強くなります。

このような影響は、子どもの将来において自己判断や決断をする上での障害となることがあります。したがって、発達障害のある親としては、自身の特性を理解し、子どもとの関わり方に注意を払い、可能な限り外部の支援を受けることが重要です。親子ともに健やかな関係を築くためには、親が自己の発達障害に対する理解を深め、適切なサポートを求めることが助けとなります。

親との関わりが難しいときの心構えと対処法

発達障害を持つ親との関係で悩んでいる場合、以下のポイントを意識してみると良いかもしれません。

親子は別個の人間

親と自分は違う個人であり、それぞれ異なる考えや感じ方があると認識しましょう。親の行動や考えに流されず、自分自身の感情や意見を大切にすることが重要です。

気持ちの整理

子供の頃からの不満や要望を親に伝えることで気持ちが整理できる場合があります。しかし、親の反応には期待せず、自分の心の整理に焦点を当てましょう。必要であれば、手紙などで伝える方法もあります。

罪悪感からの解放

親の要求を満たせなくても自分を責めないようにしましょう。親の期待に応えられないことに対する罪悪感を手放し、自分自身の幸せを優先することが大切です。

自分軸で生きる

自分の価値観や希望に基づいて人生を歩むことを意識しましょう。他人ではなく、自分自身の幸福を追求することで、より満たされた生活を送ることができます。

親の背景を理解する

親が発達障害を持つ場合、彼ら自身もさまざまな困難を経験してきたことがあります。親の生きづらさを想像し、理解しようとすることで、感情的な距離が生まれ、問題に対する新たな視点が得られるかもしれません。

これらの対処法は、親との関係を改善するだけでなく、自身の心の健康を維持するためにも役立ちます。自分一人で抱え込まず、必要であれば専門家のサポートを求めることも一つの選択です。

発達障害の親との上手な関わり方

発達障害の特性を持つ親との関わり方は、時に悩みの種となります。以下のポイントを押さえて、より健全な関係を築くためのヒントをご紹介します。

コミュニケーションは明確に

発達障害のある親とのコミュニケーションでは、言葉を簡潔にし、感情的にならずに冷静に話すことが効果的です。親が感情的になった場合は、適切に会話を切り上げる勇気も大切です。

具体例
もし親が家事の手伝いを求める場合、「いつまでに何をどのように手伝うか」を明確に伝えます。例えば、「土曜日の午前中に掃除機をかける」というように具体的に伝えることで、誤解を防ぎます。

できる範囲での関わり

親からの要求に応える際は、自分のできる範囲を明確にし、具体的に伝えましょう。全てを自分一人で背負い込まず、役割分担や専門機関のサポートを利用することも検討してください。

具体例
もし親が買い物の同行を求めたとき、自分のスケジュールが許さない場合は、「週末だけなら同行できる」や「オンラインでの注文を代わりに行う」といった代替案を提案します。

愚痴や不満を適度に

親の愚痴や不満を聞くことが多いと感じたら、適度に距離を置き、自分の精神衛生を優先しましょう。場合によっては傾聴ボランティアなど第三者のサポートを活用するのも一つの方法です。

具体例
親が愚痴を言いたがる時は、「10分だけ話を聞く」と時間を決めておき、時間が来たら「今は他にやるべきことがあるので、また後で話しましょう」と伝えます。

専門機関の利用

親が発達障害の特性によって困っている場合は、発達障害者支援センターや地域包括支援センターなど専門機関に相談することも有効です。自分一人で解決しようとせず、適切なサポートを求めましょう。

具体例
親が日常生活で困難を感じている場合は、一緒に地域の発達障害者支援センターに相談に行くことを提案します。または、親の状態をよく知る主治医に相談し、適切なサポートが受けられるように手配をお願いします。

親の経験を理解

親自身も生きにくさを感じながら生きてきたかもしれません。その苦労を理解し、親としてではなく、一人の人間として向き合うことで、親子関係に新たな視点がもたらされることもあります。

具体例
親が昔苦労した話をする時は、ただ聞くだけでなく、「その時期は大変だったね」と共感を示し、親の過去の経験が今の行動にどう影響しているかを理解しようと努力します。これにより、親の行動の背後にある動機を理解しやすくなります。

このような対応を心掛けることで、発達障害を持つ親との関わり方においても、お互いにとって健全な関係を築くことができるでしょう。自分自身の感情や状況を大切にしつつ、適切なバランスで関わることが大切です。

まとめ

発達障害を持つ親との関係は、時に複雑で難解なものです。しかし、親の行動や反応の背景を理解し、適切な対応を学ぶことで、親子の絆はより深まり、相互の理解が促進されます。この記事を通じて、発達障害のある親御さんやその子どもたちが、より良いコミュニケーションと関係性を築いていけることを願っています。そして、このテーマに対する理解が社会全体で深まることで、支援やサポートがより充実することを期待します。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
9
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today