発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

author:dekkun
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳幼児健診は大切な場面です。しかし、中には「ひっかかる」可能性があることに対して、不安や緊張を感じる保護者も多いことでしょう。このコラムでは、3歳児検診における「ひっかかり割合」の意味について探ってみましょう。健診の結果に悩む親御さんに寄り添いながら、その背後にある大切な意味に迫ります。

子供の成長への愛情を大切にする親御さんへ

子供の成長を見守る親御さんのお気持ち、よくわかります。乳幼児健診の受診率が高いことは、子供の未来を想う気持ちから来るものでしょう。私もお子さんの健やかな成長をお祈りしています。通知書を見て、平日の昼間に健診が行われることに驚かれたこと、とても理解できます。共働き世帯が増える中、時間の調整は大変ですよね。

子供の成長を大切にしたい気持ちと乳幼児健診の実施時期


お子さんの成長を大切にする親御さんなら、乳幼児健診の重要性を感じることでしょう。子供の発達や健康を確認するこの機会は、子育ての一環として大切なものです。乳幼児健診の実施時期について、ご説明します。一般的には3歳6ヶ月児から満4歳になる月までが対象です。この時期に行う健診で、子供の成長に遅れや問題がないかを確認することができます。

不安を感じる心に寄り添う乳幼児健診の重要性

不安を感じる気持ち、よく理解します。子供の未来を思う親御さんなら、発達についての心配は避けられないことでしょう。乳幼児健診で何かしらの兆候が見られた場合でも、心配することはありません。そのような場合、専門家のアドバイスを受けることが大切です。正確な評価と適切なサポートを通じて、お子さんの未来に明るい影響を与えることができます

未受診の児童へのサポートと地域の連携

未受診の児童についてのご心配も理解します。お子さんの安全と健康を守るために、未受診の児童へのサポートが重要です。地域全体で、お子さんたちの幸福と健康を支えるために一緒に取り組むことが大切です。未受診の児童に対するアウトリーチの努力も、子供たちの未来を守る一環として大きな意味を持ちます。

3歳児健診の基本情報と受診のスケジュール

3歳児健診は、子供の成長と発達を評価するための大切な検診です。一般的には、子供が3歳6ヶ月から4歳になる月までの間に行われます。この時期は、子供の身体的、社会的、言語的な発達が急速に進む時期でもあります。

健診の内容としては、身体の成長や体格、歯の健康、視力・聴力の検査などが含まれます。また、発達に関する質問や親子関係についてもアドバイスが受けられます。この健診を通じて、お子さんの成長過程を専門家と共に振り返り、未来に向けてのサポートやアドバイスを得ることができます。

健診の内容内容
身体の成長や体格子供の身長や体重などの成長を評価し、適切な成長曲線に合っているか確認します。
歯の健康歯の健康状態や歯並びをチェックし、適切なケア方法や予防についてアドバイスを受けます。
視力・聴力の検査視力と聴力の検査を行い、視力や聴力の異常がないかを確認します。
発達に関する質問子供の言葉遣いや行動、社会性などの発達に関する質問に対してアドバイスを受けることができます。
親子関係についてのアドバイス親子関係や育児に関する相談に応じて、専門家からアドバイスやサポートが提供されます。
成長過程の振り返りと未来へのサポート専門家と一緒に子供の成長過程を振り返り、適切な成長サポートや将来に向けたアドバイスを受けることができます。

3歳児健診のポイント:気になる「ひっかかる」項目とその意味

3歳児健診は、お子さんの成長と健康を確認するための大切な検診です。その中で、一部の項目が「ひっかかる」ことがあり、保護者の方々にとって緊張を伴う瞬間となることもあります。ここでは、気になる「ひっかかる」項目を詳しく見ていきましょう。

発達の遅れに関するアラート

3歳児健診では、お子さんの発達に関するアラートを捉えるための項目があります。例えば、言葉の発達や運動能力の遅れなどがその一部です。もしもお子さんが特定の発達段階を達成していない場合、それは発達の遅れの可能性を示唆するサインとなるのです。専門家のアドバイスを受けることで、必要な支援を受けるための第一歩となります。

発達段階具体的な例発達遅れのサイン
言葉の発達・簡単な単語やフレーズの理解や使用が遅い・同年齢の子供よりも言葉の発達が遅い
・コミュニケーションが十分に取れない・一般的なコミュニケーションが難しい
運動能力の発達・歩行や走行などの基本的な運動が遅い・同年齢の子供よりも運動能力の発達が遅い
・物をつかんだり投げたりする動作が難しい・運動協調性に問題がある
社会的な関わりや行動様式・他の子供と遊ぶことが難しい・集団での行動が難しい
・感情や意志の表現が少ない・適切な感情表現が難しい

視力検査の結果

健診では視力検査が行われ、その結果が「ひっかかる」ことがあります。これは、お子さんの視力に関する異常や問題が検出された場合です。視力は成長に大きな影響を与えるため、早期に異常を発見し、適切な処置やサポートを受けることが大切です。

年齢視力の基準視力に関する「ひっかかる」サイン
3歳両眼で0.3以上(1.0が最良)・視力が基準以下である可能性がある
1つの眼で0.2以上・片方の目の視力が他方と比べて低い可能性がある
眼球運動が正常である・眼が適切に動かない可能性がある

聴力検査の結果

聴力検査も健診の一環として行われ、その結果が「ひっかかる」ことがあります。聴力の問題は、言葉やコミュニケーションの発達に影響を及ぼす可能性があるため、早期の発見と対処が重要です。専門家の指導を受けながら、適切なサポートを受けることが大切です。

年齢聴力の基準聴力に関する「ひっかかる」サイン
3歳低い音(500Hz)で20dB以下・基準以下の音でも聞こえにくい可能性がある
中音(1000Hz)で20dB以下・特定の音が聞き取りにくい可能性がある
高い音(4000Hz)で25dB以下・高い音が聞き取りにくい可能性がある

行動や社会性の評価

健診では、お子さんの行動や社会性に関する評価も行われます。例えば、集団での行動や他の子供とのコミュニケーションの取り方などが含まれます。もしもお子さんが適切な行動や社会性を示していない場合、これは発達や社会性の面での課題がある可能性を示唆します。適切な支援を受けることで、お子さんの成長をサポートすることができます。

行動や社会性の要素具体的な例発達や社会性の課題のサイン
集団での行動・他の子供たちと遊ぶことが難しい・集団での行動が苦手である可能性がある
・自分からコミュニケーションをとらない・他の子供とのコミュニケーションが少ない
他の子供とのコミュニケーション・適切な距離感を保てない・相手にぶつかったり触れたりすることが多い
・相手の目を見て話すことが難しい・視線を合わせることが難しい
・感情の表現が乏しい・適切な感情表現が難しい

3歳児健診の不安と緊張:保護者の気持ちに寄り添って

子供の成長を見守る親として、3歳児健診の前に憂鬱な気持ちや緊張感を感じることはよくあります。この気持ちを共有する保護者の方々も多いことでしょう。ネット上で見つかる声を通じて、その胸の内を探ってみましょう。

様々な側面での不安

健診の内容について話題に上るのは、視力検査や聴力検査だけではありません。家庭での尿検査についても驚きの声が多く寄せられました。まさに、「トイレに座ることを覚えたばかりの子供の尿採取は至難の業」と言っても過言ではありません。

健診への憂鬱感や緊張感

3歳児健診には、想像以上の憂鬱感や緊張感を抱える保護者の方々が多いことが分かりました。健診は、子供の成長や健康をサポートする場であるはずなのに、実際には「子供に問題があるのではないか」「自分の育て方に問題があるのではないか」という不安が渦巻いてしまうこともあるようです。

健診を通じた視点の転換

健診に憂鬱感を抱える保護者の方々へ、一つの視点を提案します。健診の結果が「スルー」されても、子供の成長や発達に関する気になる点を無視してしまうことは惜しいことです。子供は、自分に合った教育や支援を受ける権利を持っています。健診を通じて見つかる指摘やアドバイスは、子供が持つ可能性を最大限に引き出すための道標となることでしょう。

支援を受ける大切さ

「ひっかかる」項目があった場合、それはあくまでサポートが必要なサインであり、負担ではありません。お子さんの成長を専門家と共に見つめ直し、適切な支援を受けることで、お子さんの将来に希望と可能性を広げることができます。

親御さんの懸念を共有し、専門家のアドバイスを受けましょう

成長の過程で起こる懸念や不安は、多くの親御さんが抱えるものです。しかし、その懸念や不安をシェアし、専門家のアドバイスを受けることで、次のステップを踏み出す勇気が湧いてくるかもしれません。

お子さんの成長に自信を持たせる

また、お子さんにとっても、自分に合ったサポートを受けることで、自信を持ち、成長していく力を養うことができます。専門家の存在は、ただ問題を指摘するだけでなく、お子さんの強みを見つけ出し、伸ばす手助けをしてくれる貴重な存在です。

適切なサポートで未来の選択肢を広げる

また、お子さんが適切なサポートを受けることで、将来に対する選択肢が広がります。発達や行動、社会性の面での課題が早期に発見され、適切に支援されることで、お子さんの可能性を最大限に引き出すことができるのです。

専門家と協力して前進しましょう

つまり、問題があるからといって自分たちだけで抱え込む必要はありません。専門家と協力して、お子さんの成長に向き合い、最良の道を選ぶことが大切です。未来への希望を持ちながら、一歩ずつ進んでいくことで、お子さんの可能性を広げることができるのです。

まとめ

「ひっかかる」という言葉には、不安や緊張がつきものです。しかし、その裏にはお子さんの成長を真剣に見つめる専門家たちの思いや、必要なサポートを受けることで広がる可能性が待っています。3歳児検診の側面を深く理解することで、不安を少しでも和らげ、前向きな気持ちで向き合えるかもしれません。親子の未来に希望を持ちながら、大切な成長のステップを踏み出していきましょう。

こちらも参考にどうぞ

3歳児の発達と発達障害のチェックリストと記載されたイラスト
子供の成長と発達は、親にとって喜びと不安を伴う重要な時期の一つです。特に3歳は、子供の発達において重要な節目の…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
4
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
8
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
9
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today