発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

仕事を辞めるべきか悩むママたちへ、自分らしく子育てする方法とは

author:dekkun
仕事を辞めるべきか悩むママたちへ、自分らしく子育てする方法とはと記載されたイラスト

母親である私は仕事を辞めた方がよいのでしょうか?多くの母親がこの問いに直面し、悩んでいることでしょう。子育てと仕事の両立は大きな課題ですが、辞めることと辞めないことの両方に選択肢があります。このコラムでは、母親の人生を考えながら、自分らしく子育てをする方法について探っていきます。

自分がいきいきと生きる選択肢を見つける

イキイキした女性の写真

母親である私たちが仕事を辞めるかどうか、それは自分自身の人生の選択です。子育てにおいても、自分が充実していなければ子どもたちにも充実を提供することは難しいでしょう。自分自身がいきいきと生きるための選択肢を見つけることが重要です。

一歩ずつ進む自信を持とう

子どもの成長や発達に関しては、一筋縄ではいかないこともあります。しかし、あなたは母親として最善のサポートを提供し、子どもの一歩一歩の成長を見守ることができます。自分のペースで進んでいく自信を持ちましょう。

辞めることと辞めないことの両方にメリットがある

電球が並びひとつ光っている写真

結論から言うと、仕事を辞めるか辞めないかは個人の判断です。どちらの選択肢にもメリットがあります。辞めてしまうことで、子育てに集中できる時間や自己成長の機会が増えるかもしれません。一方で、仕事を続けることで自己肯定感や社会的なつながりを保つこともできます。自分が納得できる選択をしましょう。

仕事を辞めるメリット
仕事を辞めることで、子育てに集中できる時間が増えることがあります。子どものサポートや発達に関わるプログラムに参加する時間を確保できるため、子どもの成長に密に関わることができます。また、自己成長や趣味の追求に時間を割くこともでき、自己充実感を得ることができます。
仕事を続けるメリット
仕事を続けることで、自己肯定感や社会的なつながりを保つことができます。仕事を通じて自己成長を遂げることや経済的な安定を得ることができます。また、職場の人間関係やプロフェッショナルな環境から得られる刺激は、母親の心の豊かさにつながることもあります。

具体的な選択のポイント

具体的な選択のポイントを考える際には、以下の要素を考慮しましょう。

  • 子どものニーズとサポートの必要性
  • 自己充実感と幸福感の追求
  • 家族やサポートシステムの協力
  • 経済的な状況と安定性
  • 自分自身のキャリアの将来性

これらの要素をバランスよく考慮し、自分が納得できる選択をすることが重要です。

心の健康と子育てのバランス

仕事のアイテムの写真

仕事をしている母親も、会社との接点を持つことで気が紛れることもあります。ただし、子育てに集中できる時間やサポートの必要性も考慮しなければなりません。肢体不自由など障がいが重いお子さんの場合、仕事との両立は難しいかもしれませんが、支援を受けながら仕事をすることも可能です。

サポート体制を整える

子どもの成長を支えるためには、適切なサポート体制を整えることが重要です。医療専門家や教育関係者とのコミュニケーションを活発にし、必要なサービスや支援を受けるようにしましょう。また、他の発達障害や発達グレーゾーンを持つ子どもを育てる母親との交流や情報共有も役立ちます。

自分がいきいきと生きるために

自己ケアの写真

母親の心が健康でなければ、子どもたちも健やかに成長することは難しいです。お母さんの人生は、自分がいきいきと生きるためのものです。自分自身の幸福感や心の充実度を考えながら、子育てと仕事のバランスを見つけましょう。

自己ケアを忘れずに

子どもの成長に専念する中で、自分自身のケアを忘れてしまいがちですが、自己ケアは非常に重要です。定期的な休息やリフレッシュの時間を作り、心身のバランスを整えましょう。自分自身が健やかで充実していることが、子どもにとってもプラスの影響を与えます。

まとめ

まとめ:

発達障害または発達グレーゾーンを抱える子どもを育てる母親にとって、仕事を辞めるか続けるかという選択は重要な決断です。どちらの選択肢にもメリットがあります。仕事を辞めることで子育てに集中できる時間や自己成長の機会が増える一方、仕事を続けることで自己肯定感や社会的なつながりを保つことができます。具体的な選択のポイントは子どものニーズとサポートの必要性、自己充実感と幸福感の追求、家族やサポートシステムの協力、経済的な状況と安定性、自分自身のキャリアの将来性などです。

最終的な選択は、あなた自身が納得できるものであるべきです。自分の幸福と子どもの成長を両立させるために、慎重に考えましょう。そして、選択に対して後悔や悔いが残らないよう、あなたの心と直感に従って進んでください。子どもとの絆を大切にしながら、自分らしく充実した子育てを実現しましょう。あなたは素晴らしい母親です。

こちらも参考にどうぞ

自閉症スペクトラムの子どもを育てる母親の仕事を辞めるか続けるかの選択と記載されたイラスト
自閉症スペクトラムの子どもを育てる母親にとって、仕事を辞めるか続けるかという選択は特に慎重に考えなければなりま…
calendar_today

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
8
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
9
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today