発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

エリクソンの発達段階理論!人生の8つのステージを知り、育児と自己理解を深める

author:dekkun
エリクソンの発達段階理論!人生の8つのステージを知り、育児と自己理解を深めると記載されたイラスト

エリク・エリクソンの発達段階理論は、人生を通じて個人が経験する8つのステージを描き出し、それぞれの段階で私たちが直面する心理的・社会的な課題を明らかにします。この理論を理解することで、子育てにおける子どものニーズの理解を深め、また自身の人生を振り返ることで自己理解を促進することができます。今回は、この興味深い理論を探求し、育児と自己成長の両面からそのメリットを解説します。

エリク・エリクソンの発達段階理論とは?

エリクソンの発達段階理論は、人生を8つの段階に分け、各段階で直面する「心理社会的危機」という課題について解説します。これらの課題をどのように乗り越えるかが、個人の成長に深く関わっています。

心理社会的危機の意義

各段階での心理社会的危機の解決は、生きていくうえで必要な力を身につけるために重要です。これらの危機に適切に対処することで、個人の成長と自己実現へと繋がります。

エリクソンの人物像

エリク・H・エリクソンは、心理学の分野で大きな足跡を残した学者です。彼は「アイデンティティ」という概念を提唱し、自己認識と社会との関係性を探求しました。

アイデンティティの概念

アイデンティティとは、「自分が自分であること」や「社会から認められている存在である」という感覚です。この概念は、エリクソンの理論の中核をなすものであり、現代心理学においても非常に重要な概念とされています。

エリクソンの発達段階理論、子どもから大人までの心理社会的発展

エリク・エリクソンの発達段階理論は、人間のライフサイクルを8つの段階に分け、各段階で直面する心理社会的な課題とその課題の解決が個人の成長にどう影響するかを示しています。この理論は、子育てだけでなく、自己理解と個人成長にも役立ちます。

乳児期(0〜1歳半):信頼 vs 不信

この最初の段階では、乳児は親やケアギバーからの安定したケアを通じて世界を信頼できるかどうかを学びます。ここで信頼感が確立されると、子どもは安心感を持ち、将来に希望を持って進むことができます。反対に、不安定なケアや不規則な注意を受けると、不信感が生じ、将来的に人や世界に対する信頼を築くのが難しくなります。

幼児前期(1歳半~4歳):自律 vs 恥と疑い

この段階では、子どもたちは自己統制と自立を学びます。トイレトレーニングや自己ケアのスキルを通じて、子どもは自己効力感と自立心を育てます。過度の批判や制限を受けると、子どもは自分の能力を疑い、恥を感じることになります。

幼児後期(4歳~6歳):主導性 vs 罪悪感

子どもは自分の行動を主導し、積極的に周囲の世界と関わろうとします。親や教師から適切な支援を受けると、子どもは自信を持ち、新しいスキルを学ぶ意欲を高めます。一方で、批判や過干渉が多いと、子どもは自己表現を抑え、罪悪感を抱くようになります。

学童期(6歳~12歳):勤勉性 vs 劣等感

学校教育が始まるこの時期、子どもは学習や社会的なスキルによって自己評価を形成します。成果を出し、認められる経験をすることで、子どもは自己の能力を信じるようになります。しかし、失敗を経験したり、他人との比較で劣っていると感じたりすると、劣等感を持ちやすくなります。

青年期(12歳~20歳):アイデンティティ vs アイデンティティの拡散

青年は自己のアイデンティティ、つまり自分が誰であり、何を望んでいるのかを探求します。この探求が成功すれば、強い自己感覚と将来に対する方向性を確立できます。失敗すると、彼らはアイデンティティの拡散に陥り、自分が何者かを定義することができなくなります。

成人期(20〜40歳):親密性 vs 孤立

成人期に入ると、個人は親密な関係を築くことに焦点を当てます。成功すれば、愛情深い関係を築き、他者との絆を深めることができます。それがうまくいかないと、孤立感や孤独感が高まり、人間関係の構築が困難になります。

壮年期(40〜65歳):生産性 vs 沈滞

この時期の大人は、次世代の育成や社会への貢献に関心を持ち始めます。この達成感は、生産性や創造性をもたらし、自己実現につながります。この達成ができない場合、人は自己中心的になり、人生の停滞感を感じることになります。

老年期(65歳〜):完結 vs 絶望

人生の最終段階で、個人は自己の人生を振り返り、達成感を感じるか、未解決の問題に対して絶望を感じるかが決まります。過去の人生に満足できれば、晩年は平和と知恵に満ちたものになりますが、そうでなければ、失望や後悔に満ちた時間を過ごすことになります。

これらのステージを通じて、エリクソンは人生全般にわたる発達と成長のプロセスを明確に示しています。各段階での成功と挑戦は、個人の性格形成と人生の経路に深い影響を与えます。

エリクソンの発達段階理論の理解のメリット

エリクソンの発達段階理論を理解することで、子どもの心理的成長を深く理解し、適切なサポートを提供できます。また、自己理解を深め、教育的アプローチを調整する上でも大きなメリットがあります。

子どもの成長を深く理解

エリクソンの発達段階理論を知ることで、親は子どもが成長の各段階で直面する心理社会的な課題を理解し、子どもの行動や感情の変化に対して適切なサポートを提供できるようになります。

教育のアプローチを調整

子どもの成長段階に応じて教育方法を調整できます。例えば、「学童期」においては、子どもが成功体験を積むことで自己効力感を育み、自尊心を高めることができます。

自己理解と自己受容の促進

自身の過去を振り返り、どのような経験が現在の自己像や人間関係、価値観に影響を与えているのかを理解することができます。これにより、自己受容を深め、未解決の課題に向き合う機会を得られます。

エリクソン理論を活用した具体的な例

学童期のサポート

学童期の子どもには、興味を引く活動や学習を通じて「できた!」という感覚を経験させることで、自尊心を育て、将来の課題への自信をつけさせることが可能になります。

このように、エリクソンの発達段階理論を活用することで、子育ての質を高め、自分自身の成長にもつなげることができるのです。

学童期に始めるプログラミング学習のメリット

学童期にお子さんにプログラミング学習を始めさせることは、多くのメリットをもたらします。この時期に始めることで、子どもたちは次のような利点を享受できます。

小学校のプログラミング授業への準備

2020年度から始まった小学校のプログラミング必修化に伴い、幼いうちから基礎を学んでおくことで、学校の授業にスムーズに馴染むことができます。

基礎教養の習得

ITが日常生活に深く組み込まれる現代社会において、プログラミングは必要な基礎教養となっています。このスキルを早期に身につけることで、社会で活躍するための土台を築けます。

大学入試への対策

2024年度から新たに導入される「情報」科目において、プログラミングは重要な要素です。早期からの学習は大学入試における優位性につながります。

将来のキャリア選択肢の拡大

プログラミングスキルはIT業界だけでなく、多様な分野で求められています。早期教育により、子どもたちの将来のキャリア選択肢が広がります。

創造性や問題解決能力の向上

プログラミングは論理的思考や創造性を養うのに役立ちます。これらのスキルは学業だけでなく、日常生活においても有益です。

コミュニケーションスキルの向上

プログラミングプロジェクトはしばしばチームで行われます。子どもたちが共同でプロジェクトを進める過程で、協力し合い、アイデアを共有することが求められ、これがコミュニケーションスキルの向上に寄与します。

情報リテラシーの強化

プログラミングを学ぶことで、情報技術に関する基本的な理解が深まります。子どもたちは、単にデジタルデバイスを使うだけでなく、それがどのように機能するかを理解し、安全に使うための情報リテラシーが養われます。

これらのメリットを踏まえ、学童期のお子さんにプログラミング学習を始めさせることを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

エリクソンの発達段階理論を通じて、私たちは人生の各段階で直面する課題とそれを乗り越えることの重要性を理解しました。これらの知識は、子どもたちが健全な自己感覚を育む手助けをするだけでなく、自身の過去を振り返り、未来の課題に向き合う準備をするうえでも役立ちます。人生の旅は個々に異なり、それぞれのステージが私たちに独自の教訓と機会を提供することを忘れずに、発達の旅を楽しみましょう。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today
10
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today