発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

食事の時間を楽しく!発達障害の子どもの偏食をサポートする方法

author:dekkun
食事の時間を楽しく!発達障害の子どもの偏食をサポートする方法と記載されたイラスト

子どもの成長にとって、食事はただ栄養を摂るだけでなく、家族とのコミュニケーションや楽しい時間を共有する重要な機会です。特に発達障害を持つ子どもたちにとって、食事の時間は時として挑戦的なものになりがちです。偏食は多くの子どもたちに見られる行動ですが、発達障害のある子どもにとっては、さまざまな感覚的、情緒的な要因が影響しています。このコラムでは、発達障害の子どもたちが直面する偏食の課題にどう対処し、食事の時間を楽しいものに変えるかについて探ります。

発達障害を持つ子どもの「食事の苦手さ」

発達障害を持つお子様の食事の時間は、特別な配慮が必要です。彼らが食事で直面する困難は個性の一部であり、一般的な食事マナーが役に立たないこともあります。

特性による食事の課題

発達障害のあるお子様には、その特性に応じて、食事に関する特別な課題が存在することがよくあります。これらの課題は、子どもがわがままをしているのではなく、彼らにとって「どうしようもない」状況を反映しています。

一般的な食事指導の限界

通常の食事マナーやルールが役立たない場合が多く、子どもに合わない方法を押し付けると、逆にストレスや苦痛を感じさせる原因となります。

個別のアプローチの重要性

お子様一人ひとりの特性に合わせたアプローチをとることが非常に重要です。食事の時間を楽しく、また彼らにとって快適なものにするための工夫が必要です。

発達障害の子どもの「偏食」の原因と理解

発達障害のあるお子様が特定の食べ物だけを選ぶ「偏食」は、好き嫌いや食い渋りとは異なり、その子の特性によるものです。これは、苦手な食べ物を食べることが本当に辛い体験になることを意味します。

感覚過敏が影響する偏食

お子様が特定の味や食感、においに敏感である場合、それらの感覚を過剰に感じることがあります。例えば、苦い味やねばねばした食感、生臭いにおいなどが耐えられないことも。逆に、特定の感覚を好むこともあり、そのために特定の食感のものばかり食べたがることもあります。

こだわりが強い偏食

お子様には、特定の味や食感に強くこだわる特性がある場合があります。これには、「ハイコントラスト知覚」という、物事を極端に捉える傾向が関係していることがあります。これにより、一度の悪い体験から、特定の食べ物全体を避けるようになることもあります。

食事に関する固定観念

また、お子様は特定の状況やルールでしか食事をしないという固定観念を持つこともあります。例えば、「スープは温かい時にしか飲まない」「特定の食器でしか食べない」などのマイルールがあります。

視覚や口腔機能への影響

見た目に対する苦手意識も偏食の原因となることがあります。野菜の種が気になったり、揚げ物の衣が気持ち悪く感じたりすることも。さらに、噛む、舌を動かす、飲み込むなどの口の機能や、箸やフォークを使う運動機能の遅れが影響して、特定の形状や食感のものだけを選んでしまうこともあります。

子どもの特性を理解する重要性

発達障害は、外からは見えにくい障害です。そのため、子どもが抱える困難に気付きにくいことがあります。

特に、「偏食」は発達障害がない子どもにもよく見られるため、一般的な「好き嫌いの対処法」を試みがちです。しかし、特性が背景にある場合、これらの方法ではうまくいかず、時には状況を悪化させることもあります。

「感覚特性」の理解

例えば、「感覚特性」は、同じ刺激を受けても、発達障害のある子どもは脳が異なる反応を示すために生じます。これは単なる「好き嫌い」や「わがまま」ではなく、日常生活に支障をきたすほどの苦痛を感じることがあります。

「味覚過敏」の具体例

例として、「味覚過敏」を見てみましょう。生野菜を食べたときの味には「おいしい」「みずみずしい」「苦い」「青臭い」などがあります。一般的な子どもは「おいしい」「みずみずしい」というポジティブな味に注目しますが、味覚過敏のある子どもは、すべての味覚を同じくらい強く感じるため、「苦い」「青臭い」を強く感じてしまいます。

これは単に敏感な味覚というだけでなく、すべての味を強く感じるということです。これらの特性による「苦手」は、子どもにとって努力しても克服できないことがあり、無理をすると体調や心身に影響が出ることもあります。

保護者の理解とサポート

保護者は、子どもの特性を正しく理解し、周囲にその理解を求めることが大切です。学校での食育活動においても、事前に教師へ子どもの特性について説明し、適切な対応をお願いすることが重要です。

家庭での「偏食への対応」テクニック10選!

無理に苦手な食べ物を食べさせたり、食べないことを叱ると、お子様が食事自体を嫌いになってしまうことがあります。特に、発達障害を持つお子様は、嫌な記憶を強く覚えてしまいやすいので、注意が必要です。

お子様のペースを尊重する

食事は子どもの興味や好奇心に合わせて進めましょう。焦らず、食べる量やスピードを子どもに委ね、食事時間をリラックスした雰囲気で過ごします。

具体例
子どもが食事にかける時間を自分で決められるようにし、急かさずに待つ。食べる量も強制せず、子どもが満足するまで食べさせます。

苦手な感覚を理解する

お子様が苦手とする味や食感、におい、見た目について具体的に話を聞きます。どの感覚が苦手で、それがどう不快かを理解することが大切です。

具体例
苦手な味が「甘すぎるもの」であれば、砂糖の量を減らしたレシピを試す。食感が苦手なら、カリカリに焼いた食材を柔らかく煮たりする。

誤学習へのアプローチ

過去の悪い食体験に基づく食わず嫌いを見つけ出し、正しい情報と優しい誘導で新しい経験を積ませます。一緒に食材を選んだり、料理をすることで、食への理解を深めさせます。

具体例
「魚はいつも骨がある」という誤解がある場合、骨なしの魚料理を一緒に作り、安全で美味しいことを体験させる。

調理方法の工夫

苦手な食材をすりつぶしたり、細かく刻んで好きな料理に混ぜたりするなど、食材の形状や食感を変えてみます。これにより、苦手な感覚を感じにくくし、徐々に受け入れやすくします。

具体例
野菜が苦手なら、スープにしてみる。果物が苦手なら、スムージーや果物のケーキにしてみる。

小さなステップから始める

まずは一口だけ食べることから始め、徐々に量を増やしていきます。一口食べたら大きく褒めて、その日はそれで終了するなど、焦らず徐々に進めます。

具体例
苦手な食材を一口だけ食べることから始め、少しずつ量を増やしていく。一口食べたら、その日はそれで成功とする。

食事の練習を楽しむ

食事の練習をゲームのように楽しむことで、食に対する興味や好奇心を育てます。例えば、食べ物を色や形で分類するゲームを作るなどして、食事を楽しい体験に変えます。

具体例
お子様と一緒に野菜の顔を作るサラダを作ったり、色とりどりのフルーツでアートを作るなど、創造的なアプローチを取り入れます。

褒美を用いたモチベーションの向上

頑張ったご褒美として、子どもが喜ぶ小さなプレゼントや特別な活動を用意します。これにより、新しい食べ物に挑戦するモチベーションを高めます。

具体例
新しい食材を試すごとにスタンプを集め、一定数たまったらお子様が望む小さなご褒美を提供。

代替案の検討

食べられない食材に代わる栄養源を探し、栄養バランスを保つ工夫をします。例えば、特定の野菜が食べられない場合は、似た栄養素を持つ他の野菜やサプリメントを検討します。

具体例
乳製品が苦手なら、カルシウムが豊富なアーモンドミルクや大豆製品を取り入れる。

食事のルーチンを確立する

毎日同じ時間に食事をする、特定の場所で食べるなど、予測可能なルーチンを作ります。これにより、食事の時間に対する安心感や安定感を高めます。

具体例
毎日午後6時に夕食をする、特定のお気に入りのテーブルセットで食べるなど、一定のパターンを作ります。

サポート体制の構築

家族で協力し合い、必要に応じて専門家のアドバイスを取り入れます。お子様の食事に関する疑問や悩みを共有し、最適なサポートを模索します。

具体例
家族で食事計画を立て、どの食材をどの日に試すかを決める。必要であれば、栄養士や発達支援の専門家に相談し、アドバイスを得る。

まとめ

発達障害を持つ子どもの偏食に対応することは、親としての忍耐と理解が必要ですが、同時に家族での絆を深め、子どもの成長を支える機会にもなります。食事の時間を楽しく過ごすことで、偏食の課題を乗り越え、子どもの食生活にポジティブな変化をもたらすことができます。家庭での小さな一歩が、子どもの自信と自立を育てる大きな一歩となるでしょう。このコラムを通じて、発達障害の子どもを持つすべてのご家庭が、食事の時間をもっと楽しく、有意義なものにするためのヒントを見つけることができれば幸いです。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
4
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
5
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
6
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
7
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
8
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
9
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
10
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today