発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

発達障害かもしれない?子どもの発達障害の診断、受けるべきか否か

author:dekkun
発達障害かもしれない?子どもの発達障害の診断、受けるべきか否かと記載されたイラスト

「私の子どもは発達障害かもしれない」と感じたとき、親として直面する最初の大きな疑問は、「診断を受けるべきか」です。この疑問は、子どもの将来に大きな影響を与えるため、慎重な考えが必要です。このコラムでは、発達障害の診断を受けることの意義と、その決断に至るまでの考慮点を探ります。子どもの特性を理解し、彼らが持つ可能性を最大限に引き出すための一助となれば幸いです。

発達障害の診断を受けるメリットとデメリット

子どもが発達障害かもしれないと感じたとき、診断を受けるべきかどうかは大きな決断です。診断のメリットとデメリットをバランスよく解説し、ご家族が知識をもって適切な選択ができるようにサポートします。

診断のメリット

子どもが何に苦労しているのかを知ることは、親にとって非常に大切です。発達障害の診断を受けることで、子どもの「苦手」な部分の原因が明らかになり、どのようにサポートすれば良いのかがわかります。発達障害のある子どもには、彼らの特性に合わせた特別な支援が必要です。そして、この困難を一番感じているのは、子ども自身です。

診断に対する抵抗感

「診断は必要だとは思うけど、どこか抵抗がある」と感じる方や、「診断を受けることで本当にいいことばかりなのか」と疑問を持つ方もいるでしょう。確かに、診断を受けることにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

メリットとデメリットの理解

このコラムでは、診断を受けることの良い面と懸念点を両方考慮しています。ご家庭の状況やお子さまの個別の状態によって、考え方は異なります。この情報を参考にして、ご家族にとって最適な選択をするための一助としてください。

子どもの発達障害診断のメリット

子どもが発達障害かもしれないと感じたとき、その診断を受けることは、どのような意味を持つのでしょうか?

苦手なことの原因を知る

診断を受けることで、お子様が何に苦手意識を持っているかの原因が明らかになります。ADHDやASDなど、発達障害の特性を理解することで、それに合わせた対応策を立てられます。これは、子ども自身にとっても大きな助けとなります。

特性に寄り添った接し方

発達障害のある子どもへの接し方は、一般的な方法とは異なる場合があります。「なぜやったの?」と感情的に叱るのではなく、子どもが理解しやすい方法で伝えることが重要です。特性に基づいた接し方をすることで、子どもは新たなスキルを身につけ、問題行動を減らすことができます。

問題行動への対処

発達障害の特性により、子どもが日常生活で困難を抱えることがあります。これらの問題行動を理解し、適切に対処するための方法を学ぶことが、子どもの自信を育み、保護者としてのストレスを減らすことにつながります。

発達障害の診断によって受けられる支援

発達障害の診断を受けることには、子どもに適切な支援を提供するための多くのメリットがあります。

公的なサポートを受ける

発達障害の診断があると、子どもに必要なさまざまな公的サポートを受けることができます。これには、行政からの給付金を受け取りながら、障害児向けの福祉サービスを利用することが含まれます。たとえば、児童発達支援や放課後デイサービスなどがあります。これらのサービスは、子どもの成長と発達をサポートするためのものです。

学校での合理的配慮

また、学校での「合理的配慮」の依頼も重要です。これは、障害のある子どもが、他の子どもと同じように教育を受けられるようにするためのものです。具体的には、学校側に特別な環境調整やサポートを依頼することができます。これにより、子ども一人ひとりの特性や発達に応じた適切な教育環境が整えられます。

その他のサポート

診断により、障害者手帳の取得や障害年金、自立医療支援制度(医療費の自己負担額を軽減する制度)の利用も可能になります。これらのサポートは、家族の経済的な負担を軽減し、子どもの成長をサポートするための重要な手段です。

発達障害診断による育児の安心材料

発達障害のあるお子様を育てる上で、診断を受けることは保護者にとって大きな安心材料となります。

誤解からの解放

発達障害のある子どもは、障害特性により苦手なことが多いですが、これが「努力不足」や「しつけの問題」と誤解されることがあります。これにより、子どもは自信を失い、保護者も疲弊してしまうことがあります。しかし、発達障害は生まれつきの脳機能の特性であり、子どもや保護者のせいではありません。診断を受けることで、「なぜできないのか」が障害によるものであると理解し、無用な自責感から解放されることができます。

問題解決への糸口

子どもの「苦手」の原因を知ることで、問題の解決に向けた具体的な対策が立てられるようになります。これは、子どもだけでなく保護者にも前向きな気持ちをもたらします。

専門機関でのサポート

診断があると、発達障害者支援センター、児童発達支援センター、子育て支援センターなどの専門機関に相談ができます。また、障害児通所支援などのサービスを利用する際には、施設のスタッフだけでなく、同じような悩みを持つ他の保護者と情報交換することができます。これにより、共感を得られるだけでなく、有益なアドバイスやサポートを受けることが可能になります。

発達障害診断の受ける際のデメリット

発達障害の診断を受ける際には、デメリットも考慮することが重要です。

障害の受容

子どもに障害があるという事実を受け入れることは、保護者にとって容易ではありません。特に、子どもの年齢や発達段階によっては、障害について話すタイミングを見極める必要があります。また、将来的に自立を目指すためには、子ども自身も自分の障害について理解することが大切です。

周囲の反応への不安

障害を明らかにした際に、周囲からの差別や誤解を受けることへの不安もあります。これは、保護者にとって大きな心の負担となることがありますが、周囲に対して理解を求めることも、保護者の役割の一つです。

保護者の理解の深め方

子どもの障害に向き合いながら、保護者が理解を深めていくことは、子どもの人生にとって非常に重要です。これにより、子どもは自分自身をよりよく理解し、適切なサポートを受けることができます。

発達障害診断のタイミングとその難しさ

発達障害の診断を考える際、特に幼い子どもの場合はタイミングが重要です。

年齢が低いと診断が難しい

発達障害の診断は、子どもの行動や発達の様子に基づいて行われますが、特に年齢が低い子どもの場合、障害による特性か、単に年齢や個性によるものかを見極めるのが難しいことがあります。例えば、ADHDに見られる多動性のような落ち着きのなさは、小さい子どもには一般的な行動ですし、ASDのコミュニケーションの障害である人見知りも、子どもの性格によるものかもしれません。

誤診や経過観察の可能性

このような理由から、早期に診断を求める場合、誤診されたり、経過観察となることがあります。子どもの発達段階を考慮し、行動や特性をじっくり観察することが重要です。

発達障害診断後の心配と過保護のリスク

発達障害の診断後、子どもへの過剰な心配や配慮が逆効果になることがあります。

心配と過剰な配慮

発達障害の診断を受けた場合、保護者は子どもの行動を制限したり、必要以上に手助けをしたりすることがあります。これは、子どもの自立を妨げる可能性があります。子どもが自分で試行錯誤し、できることを増やせるように、適切なサポートを考えることが重要です。

適切なアプローチの大切さ

子どもの「苦手」に対して工夫をし、「できる」ことを増やすアプローチが大切です。たとえば、中学生になれば、翌日の準備を自分でさせるなど、自立に向けたサポートを心がけましょう。

早期のサポートの利点

早期に発達障害が分かれば、子どもが困難に直面する前に、適切なサポートを提供することが可能です。特に、特性による「苦手」が自己肯定感に影響する子どもには、その特性に合った支援を受けることで、二次的な問題を防ぎながら発達を促すことができます。

子どもの発達障害診断を検討する際のアドバイス

子どもの発達について悩んだり、発達障害の診断を検討している保護者にとって、専門家に相談することは重要です。

相談の重要性

子どもが何かに困っている様子が見られたり、発達に関して気になることがある場合、保護者は一人で悩まず専門家に相談することが大切です。診断には時間や費用がかかること、結果を聞くのが不安なこともあるかもしれませんが、専門家と話すことで、悩みを軽減することができます。

相談先の選択肢

子どもの発達に関する悩みについては、自治体の子育て相談窓口、児童相談所、教育センター、発達障害者支援センターなどで相談することができます。これらの公的な窓口では、子どもや保護者に対して適切なアドバイスやサポートを提供します。

まとめ

発達障害の診断を受けるかどうかは、親にとって重大な決断です。しかし、重要なのはその決断が子どもの幸せと成長を支えることにつながるかどうかです。診断を通じて、子どもに適切なサポートを提供することができれば、彼らは自分らしい人生を歩むことができます。各家庭が最善の道を選び、愛する子どもたちがそれぞれの個性を輝かせることを願っています。

dekkun.に相談しよう

協力専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・介護福祉士 ・児童指導員 ・音楽療法士 …

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点と記載されたイラスト

【ダウン症の軽度と重度】知っておきたい違いと共通点

ダウン症は、私たちが多くの異なる形で出会うことがある遺伝的な状態です。この状態は、個々の人によってさまざまな特…

calendar_today
3
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
4
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
5
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
6
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
7
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
8
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
9
ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説と記載されたイラスト

ギフテッドの特徴や顔立ち、国際的比較などについて解説

「ギフテッド」という言葉は、特別な才能や能力を持つ人々を指すものですが、その特徴や顔立ちは一目では分かりません…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today