発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

周りの声が聞こえないほどの集中?!過集中の謎とADHD、ASDの特性から見る対策法

author:dekkun
周りの声が聞こえないほどの集中?!過集中の謎とADHD、ASDの特性から見る対策法と記載されたイラスト

過集中—この言葉が示す現象は、時に私たちに驚異的な集中力をもたらし、非凡な成果を達成させる力となります。しかし、その影には、社会性や健康、さらには日常生活にも影響を及ぼす可能性が潜んでいます。特にADHDや自閉スペクトラム症(ASD)の特性を持つ人々にとって、過集中はより顕著な問題となる場合があります。この記事では、過集中のメカニズムを探り、それが人々の生活にどのように影響を及ぼすのか、そしてこの状態から如何にうまく抜け出し、またはそれを上手にコントロールするのかについて詳しく解説します。

過集中の謎を解き明かす!ADHDとASDの視点から深掘り

過集中とは?

過集中は、特定の興味や活動に深く集中しすぎて、日常生活に影響が出る状態を指します。特に、心身にも悪影響を及ぼす可能性があります。ADHDや自閉スペクトラム症(ASD)の人にこの特性が見られる場合があります。

ADHDと過集中

ADHDは、不注意、衝動性、多動性が主な症状です。これにより、興味のない事柄に対して集中しにくいイメージがあります。しかし、実際は、興味を持った活動に対しては過度に集中し、他のタスクに切り替えるのが難しくなる場合もあります。

自閉スペクトラム症(ASD)と過集中

ASDの人は、社交性やコミュニケーションに課題を持つことが多いです。また、特定の興味に非常に集中し、それ以外のことが目に入らなくなる傾向があります。これは、一度興味を持った活動に極度に没頭し、周囲の状況を顧みなくなるためです。

このように、ADHDとASDの人々は、自身の興味に基づいて過集中する傾向があります。これにより、日常生活や他の活動への参加が困難になる可能性があります。

過集中による問題点や困りごと

過集中は、時に優れた結果を生み出す力を持っている一方で、いくつかの問題や困りごとを引き起こす可能性があります。具体的な問題点は以下の通りです。

1. 時間管理の問題

過集中していると、設定した時間制限を超えて作業を続けてしまう可能性がある。これは他の予定やコミットメントに悪影響を及ぼし、計画の遅れや他の重要なタスクの遅延を引き起こす可能性がある。

2. 社会的なルールの無視

過集中状態の人は、他人の意見やアドバイスを無視しがちで、また自身の作業を優先し社会的なルールやマナーを犠牲にする可能性がある。これにより、人間関係のトラブルやコンフリクトが生じるリスクがある。

3. 健康問題

過集中により、適度な休息や食事をおろそかにすると、身体的な健康問題が発生する可能性がある。具体的には、免疫力の低下、疲労、睡眠障害などが考えられる。

4. 過度の疲労

過集中は心身のエネルギーを消耗し、作業後には極度の疲労感が残る可能性がある。これは次の日の作業効率や気分、モチベーションにも影響を及ぼす。

5. 興味・関心の偏り

過集中すると、興味や関心がある事項だけに時間を割くようになり、他の重要な事項が疎かになる可能性がある。これはバランスの取れたスキルや知識の獲得を妨げ、成長の機会を失う可能性がある。

6. 感情的な反応

集中している作業が中断されると、過剰な感情的反応を示す可能性がある。これは周囲の人々との関係を緊張させ、コミュニケーションや協力の障害となる可能性がある。また、後で冷静になった際に後悔や自己嫌悪を感じることもある。

適度な集中とリラクゼーション、そして他人との協力が重要です。それによって、生活全般のバランスと健全な関係が保たれ、効率的で充実した時間を過ごすことができます。

過集中の強みと困難さ、強みとデメリットについて

過集中の強み

  1. 集中力が高い
    過集中の状態では、時間や外界からの干渉を受けずに、目の前のタスクに集中できます。これにより、特定の活動に没頭し、目標に向かって努力することが可能です。
  2. 高い能力を発揮する
    過集中することで、特定のタスクに対して高いパフォーマンスを発揮することがあります。これにより、通常よりも短時間で作業を完了させたり、専門的な知識や技術を向上させることができます。

過集中の困難さ

  1. 日常生活への影響
    過集中は、食事や睡眠など日常生活の基本的な側面に支障をもたらす可能性があります。基本的な生活習慣が乱れると、身体的な健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。
  2. 感情的な反応
    過集中の状態から何かによって引き戻されると、感情的な反応を示すことがあります。これは、家族や周囲の人々との関係にストレスをもたらす可能性があります。
  3. 依存のリスク
    特定の活動、例えばインターネットやゲームなどに過度に集中することは、依存のリスクを高める可能性があります。
  4. 虚脱感
    長時間の過集中の後には、虚脱感ややる気の低下が現れる可能性があります。これにより、他の活動への参加や、新しいタスクへの集中が難しくなるかもしれません。

過集中の強みと困難さを理解することは、適切なバランスで活動を継続し、健康を維持する手助けとなります。

過集中の力を活かす!効果的な日常のコントロール術

過集中になりやすい人が日常生活で困らないための方法をいくつかご紹介します。以下の方法を試して、過集中からくる問題を予防しましょう。

1. スケジュール作成

子供と一緒に、作業時間や休憩時間を含むスケジュールを作成しましょう。これにより、時間管理がしやすくなり、日常生活に支障が出にくくなります。

2. 時計を確認する習慣

定期的に時計を確認し、作業にかかった時間を把握するようにしましょう。アラームをセットするのも一つの方法です。

3. 周囲の人からの協力を得る

過集中を防ぐために、家族や友人に声をかけてもらうようにしましょう。SNSを使って連絡を取る方法もあります。

4. ペアレンタルコントロールの使用

ゲームなど、依存のリスクがある活動に対しては、ペアレンタルコントロール機能を利用しましょう。これにより、一定時間後に自動で活動が制限されます。

5. 没頭する時間を設定する

没頭する日や時間を事前に設定するという方法もあります。計画的に時間を管理することで、他の日常活動にも支障が出にくくなります。

これらの方法を利用して、過集中からくる問題をうまくコントロールしましょう。これにより、日常生活がより快適になるでしょう。

発達障害が疑われる場合の相談先とサービス内容

発達障害の兆候や疑問がある場合、専門的な支援やアドバイスが求められます。ここでは、注意欠如・多動症(ADHD)、自閉スペクトラム症(ASD)などの発達障害が疑われる子どもたちのための相談先をいくつかご紹介します。各相談先では、子どもの状態に応じた適切な支援や指導を受けることができます。自分の子どもが発達障害の兆候を見せていると感じた場合、早期の相談と対応が大切です

相談先提供サービス
保健センター・発達に関する基本的な相談
・適切な専門家への紹介
・健康に関する一般的な相談
子ども家庭支援センター・発達に関する専門的な相談
・親のためのセミナーや情報交換の場
・心理士やソーシャルワーカーなど専門家の相談
発達障害者支援センター・発達障害に特化したサポート
・診断に関する相談
・セミナーやワークショップ
児童相談所・児童福祉法に基づいたサービス
・家庭環境や養育に関する問題の相談
・他の専門機関への紹介
自治体の福祉課・地域の支援機関情報の提供
・福祉に関する一般的な相談
・発達障害支援の窓口情報

まとめ

過集中は、私たちの能力を最大限に引き出す一方で、さまざまな困難ももたらします。理解と適切な支援があれば、過集中はコントロール可能なものです。自分自身や大切な人が過集中の困難に直面している場合、本記事の内容が少しでもお役に立てれば幸いです。過集中の特性を理解し、それに適した対策を講じることで、より豊かで充実した日々を送る一助となることを願っています。

dekkun.に相談しよう

弊社所属の専門職の一部をご紹介 ・保育士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士 ・児童指導員 ・理学療法士 ・言語聴…

looks 人気の療育コラム

1
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
2
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
3
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
4
3歳児の発達と発達障害のチェックリストと記載されたイラスト

3歳児の発達と発達障害のチェックリスト

子供の成長と発達は、親にとって喜びと不安を伴う重要な時期の一つです。特に3歳は、子供の発達において重要な節目の…

calendar_today
5
発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法と記載されたイラスト

発達障害と問題行動: やめてと言ってもやめない子供たちへの理解と対処法

発達障害を抱える子供たちの問題行動に対処することは、親やケアギバーにとっての大きな課題です。彼らが「やめて」と…

calendar_today
6
3歳児検診でのひっかかり割合とその意味について知ろうと記載されたイラスト

3歳児検診でのひっかかる割合とその意味について知ろう

育児の道を歩む親御さんなら、お子さんの健やかな成長を見守りたいという気持ちは共通しています。その一環として、乳…

calendar_today
7
WISC(ウィスク)検査について:具体的な検査内容から結果の見方までと記載されたイラスト

WISC(ウィスク)検査について:具体的な検査内容から結果の見方まで

WISC(ウィスク)検査は、子どもや青少年の知能を測定するための一般的な検査です。WISCは"Wechsler…

calendar_today
8
奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説と記載されたイラスト

奇声を上げる2歳児は発達障がい?成長目安と声を出す原因をわかりやすく解説

2歳児が奇声を上げることは、多くの保護者にとって疑問や不安の種です。一体、奇声は発達障がいのサインなのでしょう…

calendar_today
9

子どもの発達が気になる?7歳の子供に関する発達障害のチェックリスト

発達障害のチェックリストとは? 発達障害のチェックリストは、医師、心理士、教育者、保護者などが子供の発達を評価…

calendar_today
10

大人の癇癪はストレスや不安が原因?自己コントロールのためのアンガーマネジメント

大人の癇癪とは、怒りやイライラが爆発的になってしまい、周りの人や物を傷つけることがある状態のことを指します。一…

calendar_today