発達障害児療育ポータルサイト 「dekkun.」

誰もが自分らしく生きるために、障がいを持つ人々を支援する障害者総合支援法 ①障がい福祉サービス

author:dekkun
障害者総合支援法 障がい福祉サービスと記載されてpたイラスト

福祉とのつながりがもたらす、多様な支援とサポートの輪

福祉には、人々を支えるための様々な手段が用意されています。その一つが、障がいのある人たちを支援する障がい者総合支援法です。この法律は、彼らの生活を応援し、サポートするために制定されました。働くことや遊ぶこと、自分で生活すること以外にも、学びたい、趣味を楽しみたい、人と交流したい、などの希望や夢も叶えるための福祉サービスがあります。

障がい福祉サービスとは

障がい福祉サービスは、障がいのある人々が自分らしく暮らせるよう、様々な支援を提供する福祉サービスのことです。障がい者総合支援法に基づき、自治体が提供しています。障がい福祉サービスは主に次のようになっています。

相談員のイラスト
  • 生活支援や就労支援
  • 通所支援
  • 施設入所支援
  • 自立支援 など

障がい福祉サービスに関する詳しいコラムはこちら

障がいある人々の自立と自己実現を支援する、生活支援と就労支援

生活支援とは

生活支援とは、日常生活における様々な場面で、障がいのある人々が自立して暮らすことができるよう、手助けをすることです。例えば、食事や入浴、排せつ、衣服の着脱など、日常生活の中での介護や支援を提供します。また、居宅介護支援や生活相談、相談支援などを通じて、生活上の悩みや問題に対してアドバイスを提供し、解決の手助けをします。

生活支援は、障がいのある人々が自立した生活を送るために、さまざまな手助けをする福祉サービスです。生活支援には、障がいのある人(以降、利用者)と一緒に目標を設定し、その人に合った支援を提供することが大切です。また、家族や地域の人々と協力して、より良い生活を送ることができるよう支援していきます。障がい福祉サービスは、利用者が笑顔で過ごせるよう、優しく寄り添った支援を提供します。

就労支援とは

就労支援は、障がいのある人々が職場で働くことを支援し、自立した生活を送るための支援です。具体的には、職業訓練、求職活動の支援、職場でのアテンド、就労移行支援、就労支援施設や作業所での支援などがあります。

障がいのある人々には、様々なニーズがあります。就労支援は、その人らしい働き方を見つけ、職場での自信やスキルを身につけることを支援します。例えば、就労支援施設では、利用者が自分のスキルや興味に合わせた作業や業務を学び、職場のルールやマナーを身につけることができます。また、職場でのアテンドや就労移行支援では、実際に職場に同行して、業務内容や職場の人間関係を理解することができます。このような就労支援を通じて、障がいを持つ人々が自信を持って働くことができるよう支援します。

また、就労支援には、就労後のフォローアップも重要です。就労支援を受けた後も、職場でのトラブルや困りごとがあった場合には、障がい福祉サービスや就労支援施設が相談に乗ります。このように、障がい者総合支援法に基づく就労支援は、障がいを持つ人々が自立して働くことをサポートし、自己実現の一助となる大切な支援の一つです。

障がいのある人々の生活を支える、通所支援

障がい福祉サービスの通所支援は、障がいをある人々が自宅から通所して利用できるサービスで、サービスを利用する人の自立した生活を送るための支援を提供し、家族や地域とのつながりを保ち、社会参加を促進することを目的としています。

  • 日中一時支援や通所リハビリテーション
  • 生活介護
  • 就労継続支援 など

例えば、日中一時支援は、利用者が自立した生活を送るために必要なスキルや知識を学ぶことができる場所です。通所リハビリテーションは、利用者が病気やケガなどで機能が低下した場合に、機能回復のためのリハビリを提供します。生活介護は、利用者が自宅で生活するために必要な介護を提供します。就労継続支援は、職業能力の向上や就労の継続を目的とした支援を提供します。

通所支援には、障がいのある人々(以降、利用者)の持つ人ニーズに合わせた様々なサービスが提供され、利用者が過ごしやすい環境が整えられています。また、通所支援を利用することで、利用者が自宅で感じる孤独感や不安感を軽減し、健康的な生活を送ることができるよう支援しています。障がい福祉サービスの通所支援は、利用者が笑顔で過ごせるよう、優しく寄り添ったサポートが提供されいます。

障がいのある人々が安心して過ごせる、施設入所支援

障がい福祉サービスの施設入所支援は、障がいのある人が自宅での生活が困難な場合に、専門的な施設での生活を支援するサービスです。

施設入所支援には、障がいのある人々が過ごしやすい環境が整えられています。また、専門的なケアやリハビリテーション、心理的なサポートなども提供され、障がいのある人の生活の質を向上させるための支援が行われます。

障がいのある人(以降、利用者)が施設に入所することで、生活上の問題や孤独感、不安感を軽減し、社会的なつながりや活動の場も提供されます。施設の職員は、利用者が安心して生活できるよう、温かいサポートを提供しています。

障がい福祉サービスの施設入所支援は、利用者と家族との相談をしっかりと行い、利用者が心地よく過ごせるよう、個性やライフスタイルに合わせたサポートを提供されます。専門的なケアやリハビリテーションを受け、利用者が居心地の良い環境で生活できるよう支援が提供されています。

障がいのある人自身が目標を決めて自立した生活を送るための、自立支援

障がい福祉サービスの自立支援は、障がいのある人がより自立した生活を送るために、必要な支援を提供するサービスです。自立支援には、家庭での生活訓練、日常生活や家事のサポート、コミュニケーション能力の向上などが含まれています。

障がいのある人が自立した生活を送るためには、障がいのある人自身が自分が望む生活を送るために必要な能力を身につけることが大切です。自分自身で決めることや、周りと交流を持つことで、自分で決めることのできる力(自己決定能力)や周りの人たちと関わりを持ち、楽しく交流することができる力(社会参加能力)が向上し、より自立的な生活を送ることができます。

障がい福祉サービスの自立支援は、障がいのある人自身が目指す生活を実現するために、必要な支援を提供していくことが目的です。障がいのある人(以降、利用者)自身の意思で生活することを大切に考え、利用者が納得のいく支援を提供することが重要です。利用者と一緒に目標を決めて、その目標を達成するために必要な支援を提供することで、利用者がより自立した生活を送ることサポートします。

障がいのある人の生活や就労などのお悩みに関する相談窓口、福祉事務所、障害者等相談支援センター、地域活動支援センター

相談員のイラスト

福祉事務所や障がい者等相談支援センター、地域活動支援センターは、障がいのある人やその家族が、生活や就労などの悩みや問題を相談できる場所です。障がいのある人やその家族が抱える問題に対して、専門的な知識や経験を持った職員が親身になって話を聴き、適切な支援を提供することが役割となります。利用者と共に目標を設定し、それに向かって必要な支援を提供していきます。福祉事務所や障がい者等相談支援センター、地域活動支援センターは、地域に根ざした支援を提供することで、利用者や地域の人々が安心して生活することができるようサポートしています。

福祉事務所

福祉事務所は、障がいを持つ人やその家族が生活や就労などの悩みや問題を相談できる場所です。福祉の専門家が親身になって相談者の話を聴き、必要な支援を提供しています。例えば、障がい者総合支援法に基づく福祉サービスの利用方法や、障がい者手帳の取得方法など、様々な情報提供を行っています。また、生活困窮者自立支援や生活保護の相談も受け付けており、利用者が抱える問題に対して適切な支援を提供しています。福祉事務所は、障がい者やその家族の不安を取り除き、安心して生活できるよう、温かくサポートしています。

障害者等相談支援センター

障がい者等相談支援センターは、障がいを持つ人やその家族が、生活や就労などの悩みや問題を相談できる場所です。利用者が抱える問題に対して、専門的な知識や経験を持った職員が親身になって話を聴き、適切な支援を提供することが役割となります。障がい者総合支援法に基づく福祉サービスや、障がい者手帳の取得方法など、様々な情報提供を行っています。また、障がい者独自の悩みや問題にも対応しており、自立支援や生活支援などのサービスの紹介や、地域の施設や団体との連携を図ることで、利用者がより充実した生活を送るための支援を提供しています。障がい者等相談支援センターは、利用者が抱える悩みや問題に向き合い、一緒に解決するための安心できる場所です。

地域活動支援センター

地域活動支援センターは、地域の障がいを持つ人々が、自分らしい生活を送るために必要な情報や支援を提供する場所です。利用者の個性やニーズに合わせた支援を行うことが特徴となります。利用者が望む「暮らし方」や「働き方」を叶えるために、生活支援や就労支援、趣味やコミュニケーションの場を提供する活動支援など様々なサービスがあります。また、地域の人々との交流を深めることで、地域社会の一員として自己実現を目指すこともできます。地域活動支援センターは、利用者にとっては自分らしい生活を送るための情報や支援を、地域にとっては障がいを持つ人々が地域の一員として生き生きと暮らすための場となっています。

まとめ

障がい福祉サービスは、障がいを持つ人々が自分らしい生活を送るために必要な様々な支援を提供する制度です。障がい福祉サービスには、生活支援や就労支援、通所支援、施設入所支援、自立支援など様々なサービスがあり、利用者の個性やニーズに合わせた支援が提供されます。福祉事務所や障がい者等相談支援センター、地域活動支援センターなどが利用窓口となり、専門的な知識や経験を持った職員が利用者の相談に親身になって対応してくれます。障がい福祉サービスは、利用者が自立した生活を送るための支援を提供し、社会参加を促進することで、障がいを持つ人々が地域社会に溶け込んで生き生きと暮らすことができるよう支援しています。

こちらのコラムもご覧ください

障がい福祉サービスは、障がい者や障がい児が日常生活や社会参加を円滑に行うための大切な支援を提供する仕組みです。…
calendar_today

looks 人気の療育コラム

1
ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める と記載されたイラスト

ADHDの大人の顔の特徴:見逃されがちなサインと理解を深める

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、子供の発達障害としてよく知られていますが、実際には多くの大人もこの障害を抱え…

calendar_today
2
【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴についてと記載されたイラスト

【ADHDの顔つきと行動の特徴】ADHDの子どもたちにみられる特徴について

最近、発達障がいと診断される子どもたちが増えており、親たちは自分の子供がその中に含まれるのではないかと心配に駆…

calendar_today
3
赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?と記載されたイラスト

赤ちゃんの手足バタバタは不機嫌だけじゃない!その理由とは?

赤ちゃんの成長過程は、親にとって一つ一つが驚きと喜びに満ちたものです。特に、生後数か月の赤ちゃんが手足をバタバ…

calendar_today
4
「他人に興味がない」ASDの理解への一歩と記載されたイラスト

「他人に興味がない」ASDの理解への一歩

私たちの周りには、さまざまな思考や感情を持つ人がいます。中でも、「他人に興味がない」と感じる人もいるでしょう。…

calendar_today
5
一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイドと記載されたイラスト

一歳半の子の発達障害を見逃さない、初期サインと対応策の完全ガイド

一歳半のお子様の発達段階と、発達障害の初期サインを識別する方法に焦点を当てています。発達障害の早期発見は、お子…

calendar_today
6
ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する と記載されたイラスト

ADHDの軽度・中度・重度: 特性、症状、診断基準の違いを理解する

私たちは個々に異なる特性や個性を持っており、その中には注意欠如・多動症(ADHD)と呼ばれる発達障害を抱える人…

calendar_today
7
赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサインと記載されたイラスト

赤ちゃんの発達障害リスク:自閉症を含む特徴と成長のサイン

新たな命が誕生する瞬間から始まる成長の旅。赤ちゃんの一歩一歩は、未知の世界への探求心と成長のサインをもたらしま…

calendar_today
8
アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法と記載されたイラスト

アスペルガー症候群とコミュニケーションの壁、怒られると黙る理由と対処法

アスペルガー症候群を持つ人々が怒られたときに黙ってしまう、その深層にある理由と、このような状況でどのように対応…

calendar_today
9
【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイントと記載されたイラスト

【大人の愛着障害チェック】症状、困りごと、および克服のポイント

「愛着障害」という言葉はよく耳にするかもしれませんが、これが大人の日常生活にどのような影響を与えるのかは、意外…

calendar_today
10
子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト と記載されたイラスト

子離れできない親の特徴と影響:対処法とチェックリスト

親子の絆は特別なものであり、子どもが成長する過程でのサポートや愛情は不可欠です。しかし、時には子どもが自立する…

calendar_today